■タグ「インダストリアル」

■Iron Scorn/Legion Of Andromeda

Iron Scorn



 東京で活動するミニマル・プリミティブ・デスメタルユニットLegion Of Andromedaの2015年リリースの1stアルバム。レコーディングはかのスティーブ・アルビニが手がけている。
 彼らは昨年末のZOTHIQUEとの2マンで知ったが、極限のトーチャーサウンドにド肝を抜かれてしまった。



 イタリア人ボーカリストと日本人ギタリストの2人組インダストリアルユニットである彼らだが、ミニマル・プリミティブ・デスメタルと称される所以は今作を聴けば分かるだろう。
 音の構成自体はどの曲も殆ど終わりのないループにより構成されている。ノイジーかつ無感情なギターとリズムマシーンのビートが繰り返す反復、ボーカルが楽曲に変化を付けている感じで、曲の中で展開という物は実質存在しないに等しい。最小限の音階と展開によって構築されている楽曲は確かにミニマルではある。
 だが音の構築方法がミニマルなだけであり、構築する音その物は極端な地獄。メロディという概念は完全に皆無であり、デスメタル成分がプンプン匂うブルータルなリフの拷問的スラッジリフに悶絶。しかもリズムマシーンのビートもほぼ変化が無く繰り返されるだけだから感情移入する余地なんて全く与えてくれない。
 こう書くと聴いているとひたすら自分との戦いな音だと思ってしまうかもしれない。だけど拷問的な音でありながら、ミニマルに繰り返される音がもたらす陶酔的効果により、聴いている内に苦悶の音が快楽へと繋がってしまうのがこのユニットが持つ不思議な魅力だ。
 単純にリフ自体のセンスが良いってのもあるけど、GodfleshやSWANSといったインダストリアルのゴッド達の流れを汲んだ音でありながら、Big Black辺りの機械的反復の美学、そこにKhanate的拷問スラッジなテイストを加えた事による黒がドロドロに溶け合った物を機械的に放出・切断された異形さ。非常にオリジナリティに溢れる物となっている。



 ライブでは終わり無く繰り返されるストロボのみの照明によって視覚にもダメージを与える毒素のみのステージングを提示。音だけじゃなくアートワークやステージングに至るまで徹底的に猛毒だけを生み出している。
 トーチャー系の音だから聴く人こそ選んでしまうとは思うけど、デスメタルやインダストリアルが持つ最も危険な部分を凝縮したサウンドは変態極悪音楽愛好家にとっては眉唾物だろう。その手の音が好きな人は要チェック!!



スポンサーサイト

■I Shall Die Here/The Body


I Shall Die HereI Shall Die Here
(2014/04/01)
Body

商品詳細を見る




 先日来日もアナウンスされたポートランドの極悪インダストリアルスラッジデュオであるThe Bodyの2014年リリースの5thアルバム。僕自身は今作で初めてThe Bodyに触れたけど、数多く存在するスラッジの中でもここまで極限に全てをドス黒く塗りつぶし、拷問どころか、本当に人をいたぶるのに特化したサウンドは無いだろう。人間味なんて皆無、負の感情すら寄せ付けない、完全なる殺意の音楽だ。



 The Haxan Cloakのプロデュースによって制作された今作だが、本当に極限過ぎる。第1曲「To Carry the Seeds of Death Within Me」の時点で聴き手は完全に死ぬだろう。ヒステリックな音のコラージュから幕を開け、鉄槌なんてチャチな物じゃない、本当にプレス機の様な人力インダストリアルなビート、そして極限まで重さを追求し過ぎた殺戮第一なベース、メロディなんてそもそも存在しないし、感情なんて存在しない。ただひたすらに殺意と悪意だけの音。BPMも完全に遅くて推進力放棄。ダブっぽいコラージュの施された叫び声は断末魔の様であり、ビートや各所に散りばめた音は細部まで徹底的に拘っているけど、機軸になっているのはやはり極限のスラッジビートで、這い回る重低音が精神を蝕み、ビートが肉体を粉みじんにする。まさに外道だ。更に推進力を放棄した第2曲「Aloneh All the Way」もとんでもなく、ベースとドラムを機軸にしたサウンドだからこその装飾の無さ、ただベースの重低音の残響が血だるまになった目前の光景を嘲笑い、心臓すら停止しそうなBPMで嬲り殺す。終盤になるとトライヴァル要素のあるドラムの応酬が攻めてくるけど、そこに高揚感は無いし、絶望に打ちひしがれる精神を更に追い詰める。SUNN O)))だとかKHANATEだとかGARADAMA辺りの猛者すら只の肉塊にしてしまうであろうベースの重音によるドローンスラッジな第3曲「The Night Knows No Dawn」なんてもう馬鹿じゃねえのって感じで笑いすら込み上げる。それは恐怖によって生み出される笑いである事は言うまでも無い。
 インダストリアルな無機質なビートによって生み出される今作で一番インダストリアルらしい第4曲「Hail to Thee, Everlasting Pain」は特に秀逸で、ヒステリックな叫びがひたすらに木霊し、ダンスミュージックへと接近したスラッジサウンドは今作で一番キャッチーであるけど、このシェイクシェイクブギーな胸騒ぎスラッジには陰鬱さしか無いし、中盤で一転してスラッジになった瞬間にSMAPは全員死亡。香取は「ほげええええええええええ」って言うまでも無く死ぬし、草薙君は勿論全裸で死んでいる。キムタクは「ちょ、待てよ!」って言う前に全身が肉の破片だし、稲垣メンバーが起こした事故なんて非じゃ無いレベルの大惨事だ。勿論中居も死んでる。森君の怨念すら凌駕する地獄が目の前に広がるのだ。第5曲「Our Souls Were Clean」もダンスミュージック的な音を使用しているけど、精神のドン底をただ這う様な重低音の持続音から、ラストのハウリングノイズからの煉獄へと変貌する瞬間は最早今作を聴いていると最高に気持ちよくなってくるし、今作で最も長尺である最終曲「Darkness Surrounds US」は殺戮ショウの終わりを告げるダークアンビエントから、目前に作った死体の山すら粉々に分解してしまっているんじゃねえかって感じの今作屈指のスラッジ地獄。これさ、完全に狂っている。



 ただ単純にスラッジとしても極限だけど、インダストリアルを機軸として、ダブやダンスミュージックも飲み込み、とんでもない完成度の作品になっている。しかし極限を突き詰めたスラッジは拷問から瞬殺まで何でもあり、2014年の激重暗黒部門受賞間違い無しなスラッジ作品。スラッジもとうとうここまで来てしまったのだ。



■Posthuman/JK Flesh


POSTHUMAN (ポストヒューマン +ボーナス・ディスク)POSTHUMAN (ポストヒューマン +ボーナス・ディスク)
(2012/05/09)
JK FLESH (JK フレッシュ)

商品詳細を見る




 今年は再結成したGodfleshでの待望の来日というニュースも入り込んでいる我らが孤高の天才ジャスティン先生。Jesuを始めとして本当に数多くのユニットで活動し、その創作意欲には脱帽の一言だが、彼が新たに始めたユニットがこのJK Fleshであり、今作は2012年にリリースされた処女作。Jesuではヘビィでありながらも天へと昇る美しい光の福音を鳴らしているが、今作はGodfleshを彷彿とさせるユニット名通り、インダストリアルへの回帰で終わらないジャスティン先生が描く新たな闇の始まりが録音されている。



 基本的な音楽性は打ち込みによるインダストリアルのビートを基調にした、Godfleshの先の音とでも言えば言いのだろうけど、ジャスティン先生がただ単にインダストリアルに回帰して終わる筈が無く、Blood Of Heroesでの経験を生かした緻密なビートの構成とダブステップ要素を盛り込んだインダストリアルサウンドはGodfleshとは全然違う。第1曲「Knuckledragger」から不穏の空間的コラージュの音色とヘビィなギターが地を這い、血を吐き散らし、無慈悲なリズムマシーンの冷徹なビートと共にジャスティン先生は加工しまくったボーカルでJesuでは全然聴かせなかった暗黒のボーカルを解き放っている。ビートの構築理論なんかはインダストリアルのそれだけど、単純なインダストリアルで終わらないダブステップのドープさを生かしたビートの構築により、ダンスミュージック特有の快楽的要素を切り捨てて、脳髄に染み込む闇が呼応している。第2曲「Idle Hands」ではジャスティン先生のヒステリックな叫びと激重インダストリアルギターと踊れるビートである筈なのに無慈悲に死刑宣告を繰り出すビートが化学反応を起こし、肉体を高揚させつつも、精神面と脳髄をドープなビートの闇に叩き落す暗黒ビート地獄とも言うべきサウンドが展開されており、とにかく熾烈さを極めまくっている。一方で第3曲「Punchdrunk」ではアーロン先生とタッグを組んだユニットであるGreymachineを彷彿とさせる暗黒ノイズが不協和音として吹き荒れる地獄サウンドを展開しているし、第4曲「Devoured」はかなりダブステップに接近した曲、第5曲「Posthuman」ではドラムンベースの要素を取り入れ、今作で最も踊れるビートを展開しながらも不穏のサウンドがただ単に躍らせるだけでなく、脳髄の覚醒を強制的に発生させて冷や汗と血飛沫の中で覚醒したまま踊るといった楽曲に仕上がっている。、暗黒と無慈悲さの規格こそは徹底しているけど、まるでジャスティン先生のこれまでの数多くのユニットでの経験をフルに生かしたサウンドの幅広さや、それを完全にJK Fleshの音としてアップデートした力量、本当に孤高の天才の本気が炸裂しまくっている。後半の楽曲はインダストリアルのビートの重さを分解し再構築した事によってビートの重みを十二分に生かした上で、複雑なビートが細部まで構築され、そして新たな闇を描き出しているといった物になっており、特に最終曲「Walk Away」では現在メインのユニットであるJesuを若干ではあるが感じさせるボーカルを展開し、闇と微かな色彩がビートと共に交錯し、閉塞的な楽曲ばかりが続いた今作の中で最も開放的な展開と音を見せてくれて、その高揚感と共に聴き手は完全なる死を迎えるのである。



 単なるGodfleshへの回帰とは全く違う、Godfleshも含めたジャスティン先生の長きに渡る多数の音楽活動の経験と叡智をフルに生かした完全なる暗黒ジャスティン劇場であり、徹底してドープな漆黒の奈落が広がる1枚となっているし、Jesuでのイメージを完全に破壊しかねない闇の賛美歌集。2012年だからこそ生まれた作品であると思うし、ジャスティンは何一つ歩みを止めないし、あの化け物は常に進化を続けている事を証明した怪作だ。ヘビィさとダークさがビートの轟音として脳を洗浄する渾身の作品。もう何て言うか皆さん死ぬ前に聴いて下さい。



■Disconnected/Greymachine


DisconnectedDisconnected
(2009/08/04)
GreyMachine

商品詳細を見る




 これは最凶のタッグが生み出した悪夢だ。Godfreshの首謀者でもあり現在はJesuで活動するジャスティン先生とISISのフロントマンであり、こちらも現在は多岐に渡り活動するアーロン先生。二人が師弟関係であるのは有名であるが、そんな二人がタッグを組んだユニットがこのGreymachineであり、今作は09年にリリースされた1stである。そして悪夢のインダストリアルノイズ絵巻だ。



 JesuとISIS、それぞれヘビィでありながら美しい幽玄の音を奏でているバンドであるが、今作はその真逆を行った作品であり、美しさなんて微塵も無いし、ノイズまみれの陰鬱な音がただひたすらにインダストリアルなビートと共に暗黒エクスペリメンタルミュージックと化している。確かにジャスティンのかつてやっていたGodfreshはスラッジすら巻き込んだ無慈悲で極悪なインダストリアルユニットではあったし、初期ISISはGodfresh、Neurosisフォロワーであったし、かなりスラッジ要素の強い音を打ち鳴らしてはいた。しかしそれらを越えるドス黒いノイズが空間を支配するインダストリアルの範疇を越えてしまった作品なのだ。ジャスティン先生はJesuではほぼ封印していた殺気だったシャウトを完全に開放しているし、ほとんどノイズ放出マシーンと化したギターが冷徹なリフを弾きながら、脳髄を締め付ける緊張感と共に全身をズタズタに切り刻む。極端に低域と高域を主張するベースはバキバキに歪み、インダストリアルビートがそれらの音の無慈悲さをより加速させている。音質に至ってはハイファイさとは完全に無縁になってしまった歪んだ音像と化しており、低域の音なんて音割れを当たり前の様に引き起こしていたりする。しかしただ狂気と粗暴さを馬鹿の一つ覚えにしてる訳では無い。こんな音楽性でも効果的に挿入されるサンプリング音や随所でボーカルにループをかけたりと細かい部分での芸でも魅せるのは流石の一言。作品全体で徹底してダウナーかつ冷徹なインダストリアルノイズが展開され、聴き手が休まる暇は無いし、極限まで癒しとか美メロとかいった要素を排除し、常人なら発狂確実な音像のみが今作では展開されている。特に極限まで殺意を高めた第5曲「We Are All Fucking Liars」は今作のハイライトとも言うべき1曲で、渦巻くノイズギターと、無機質に輪郭が崩壊したビートを容赦無く振り落とし、そんな音ですら楽曲の奥底から見える微かな旋律で神秘性を感じさせるから完敗。



 二人の鬼才がタッグを組んだ時点で只事では終わらないのは安易に予想出来たけれど、まさかここまで極限の音を作り上げるとは思ってもいなかった。初期ISISともGodfreshとも違う、ノイズの方向からインダストリアルの狂気を極めんとする今作。緻密でありながらも破壊的な音はやはり二人の鬼才ならではの物である。



■Scum/Bacteria

34234641.png



 80年代半ばよりノイズユニットとして活動を開始し、90年代からはバンド編成になり、現在でもその活動を続けているBacteriaの03年発表の3rdアルバム。COTDのNARASAKIが大絶賛するその音楽性は様々な方向へと変化を続けているらしいが、今作ではノイズユニット上がりらしい爆音のノイズをシューゲイジングさせ、ラウドでありながらもどこかキャッチーな音楽であり、非常に中毒性に満ちた激トランス盤だと言える。



 まず第2曲「Wired」から轟音ノイズとインダストリアルなビートに脳髄粉砕確実だろう。ワウを巧みに使いこなし、シューゲイジングするノイズを操り、それをラウドなビートで叩き付ける。言葉にすると非常に物々しい印象になってしまうかもしれないけど実際は非常にキャッチーな要素も強く。ラウドさとキャッチーさを絶妙なバランスで融合しているから非常に聴き易くもなっている。そして音質は少し荒々しく、超爆音でその音が入り込んでくるから脳髄がシューゲイジングするギターに完全に溶かされそうになる。そこら辺の音はこの盤を推薦しているNARASAKIがやっているCOTDともリンクする部分はかなりあったりするけど、彼等の音には一辺の容赦や甘えが全く以って存在していない。あくまでもジャンクに自らのノイズを放出し、sおれをモダンヘビィネスやインダストリアルやジャンクといった音楽的要素を通過させて、よりヘビィで殺気立った世界を生み出している。随所であらゆる音を通過しつつも、それをよりラウドかつハードコアなシューゲイジングノイズ絵巻にしているのはインダストリあるさを高めたビートの役割が非常に大きいと思うし、作品全体で徹底してその音を貫いているからこそ破壊力が落ちる場面なんて全く存在しない。



これは悪意に満ちているという意味では作品のタイトル通りスカムな音であるのは間違いないのかもしれない。キャッチーさを持ちながらもCOTDが持っている破壊的ノイズの音をより濃密にした彼等の音は長時間聴けば聴く程に快楽に変わり、それが彼等の持つノイズトランスの魅力になるのだ。悪意に満ちたノイズ惨殺音源!!

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター