■タグ「エレクトロニカ」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■EP †/†††(Crosses)

img_356729_35737087_0.jpg



 世界的モダンヘビィネスの帝王として君臨するカリスマであるDeftonesのチノだが、彼はDeftones以外にも本当に数え切れない位の別プロジェクトで活動していたりもする、どう考えてもウィッチハウスのそれなユニット名である†††(Crosses)もその一つであり、Fraのギタリストであるショーン・ロペスとタッグを組んだユニットだ。今作はそんな彼等の処女作であり、5曲入のEPとなっている。



 このユニットはトリップホップやエレクトロニカやミニマムといった要素の強いトラックにチノのセクシーな歌声が乗ると言った物。しかしそのメロウさや耽美さはウィッチハウスのそれに近い物もあったりする。ミニマムな音の反復を基調にしながらも、トラック自体が明確な構成を持っており、チノのボーカルはかなり前面に押し出され完全に歌物の作品になっている。それでいてトラックだけで無く、所々に挿入されているギターも絶妙な効果を生み出している。トラックもDeftonesの耽美なダークさを継承しており、エレクトロニカとかトリップホップの要素を持ちつつももっとオルタナティブロックのカラーが本当に色濃く、チノのボーカルと完全に嵌りきった物だ。トリップホップ等の新たな試みを取り入れつつも、それを自らの物にしるチノのボーカリストとしてのポテンシャルの高さは最早言うまでも無いけれど、シャウトを完全に封印して、全編クリーントーンで歌った今作ではそのポテンシャルの高さを再認識させるだけでなく、どんな楽曲も歌いこなすチノと、オルタナティブでありながら絶妙に重苦しいトラックの完成度の高さが最高の形で結びついていると言えるだろう。特に第2曲「Op†ion」はバンドアレンジにしたらDeftonesの新曲としても全然行ける歌心とヘビィさを持ちながらも、Deftonesのエレクトロバージョンといった安易さではなく、それをあくまでも†††の音として作り上げている所もポイントが高い。第4曲「†hholyghs†」ではかなりバンドサウンドに接近したサウンドを鳴らしながらも、より間口の広い歌物の楽曲になっており、エモーショナルな轟音と共にチノの歌声が咲き乱れ、ダークさの中から光を生み出し照らし出すドラマティックさも持っている感動的な1曲だし、非常に壮大なバラッドに仕上がっている。そして最終曲「†」はウィッチハウス的なゴスでメロウな旋律がダークに締めくくる。



 新たな試みを取り入れながらも、あくまでそれを取り入れたサイドプロジェクトではなく、本隊であるDeftonesやFraに負けない完成度を持っているどころか、マニアックさの中に間口の広さをしっかり用意し、一つの歌物作品としてもウィッチハウスやエレクトロニカの作品としても高水準の完成度を持った1枚であると言えるだろう。チノという男の才能はやはり底無しだ。また今作は下記リンクのオフィシャルサイトからフリーダウンロードで配信されている。



††† オフィシャルサイト



スポンサーサイト

■Fractal Hair Geometry/Black To Comm

333.jpg



 ドイツDekorderレーベルのオーナーMarc RichterのソロプロジェクトであるBlack To Commの08年発表の作品。サイケデリック極まりないジャケットからして先ず色々とヤバさを感じたりもするのだけれども、今作は電子音とオルガンを駆使して、多方面に跨るドローンサウンドを展開した作品であり、ドローンの可能性を探った作品と言える。地獄のダークさからスペーシーな高揚まで今作には存在する。



 オルガンと電子音の持続を駆使し、Growingに近い音の感触を見出したりも出来たりする。極彩色のジャケットとは裏腹にオーガニックな音色を見せてくれたりもする。しかしジャンクで狂騒に満ちた音を展開したり、精神の深遠に探りを入れる様なダークさや、メロディアスの色彩や、それらが混ざり合った作品だからこそジャケットの様な禍々しい色彩へと繋がっているのかもしれない。第1曲「Negative Volumes」はいきなり読経的な低音が持続し、不協和音となった電子音の持続音がそれに乗り、精神の奈落へと誘う1曲になっており、この曲だけ聴くとズブズブと沈んで行くタイプのドローン作品だと思ってしまうけれど、第2曲「Orange Record」ではパルス音がミニマルに反復し、狂騒の中でオーガニックな色彩が見える全く別物の楽曲になっており。その幅広さや落差が今作の持つ不気味さを加速させている様に見える。第3曲「Play Eggchess 3」では電子音の音圧を強めホワイトノイズが視界を覆い尽くし、第5曲「M.B. Memorial Building」では薄っすらと四つ打ちのビートを取り入れてミニマルテクノに近い感覚を見せているが、その楽曲でも幾重にも重なった持続音は健在で、クリアな音色が徐々に禍々しい色彩を見せて、脳髄の中で破綻していく様は中々やられてしまう物があったりする。今作を通して聴くと天上の音色から奈落の音色を行き来し、ジャンクな感触で未整合さすら感じる狂騒が気がつけば隣に潜んでいて、そいつに飲み込まれてしまうであろう音が繰り広げられている。



 ドローン作品としてエレクトロニカとジャンクさを吸収し、それが美しい持続音にもなれば奈落の不協和音にもなるレンジの広さを持っている。そしてそれらが脳髄に酩酊を与え溶かし、その行き先の見えない無へと連れて行くのである。今作には楽園も無ければ地獄も無い。ただ狂騒が繰り出され行く末は漆黒の無か純白の無かのどちらかでしか無い。



■AL_X/AL_X

al-x300.jpg



 2012年に突入してからもコンスタントに作品をリリースし続けるFluttery Recordsだが、ポストロックだけで無くアンビエントやエレクトロニカの良質な作品をリリースし続けるレーベルなだけあってまたナイスな1枚を届けてくれた。プロデューサーやアレンジャーとして活動するAlex Dunfordがコンポーザーを務めるユニットであるAL_Xの2012年発表作品である今作も、またナイスなエレクトロニカ作品になっている。



 今作はビンテージリズムマシーン等を駆使し、エレクトロニカでありながら妙にアナログで懐かしさを感じさせる音作りが施されており、それに加えて非常にキャッチーであるし、聴き手が童心に帰れる様な作品になっている、それでいてクラシカルな幽玄さを同時に見せているし、ポップでありながらも不思議の国に迷い込む様なエレクトロニカ作品になった。第2曲「Here Before」はその飛び跳ねる電子音がポップな感触と共に魔法の世界へと誘う。たおやかな主旋律と共にウィスパーの女性ボーカルが幻想世界へと手招きし、御伽噺の様な電子音に気付いたら取り込まれている。ストリングスの幽玄さとキャッチーな電子音が融和し、魔法の時間を提供してくれる。続く第3曲「Bloom」では打って変わって柔らかな電子音が音色を膨らませ、クラシカルな要素をかなり強めているし、後半からその音色の音圧を強めてエモーショナルな感動をもたらす。第4曲「Lose You」では再びキャッチーな旋律が登場するが、女性ボーカルの伸びやかさとコズミックな音色が混ざり合い、小宇宙の音色が聴き手を優しく包み込む。今作はエレクトロニカの中でもかなり歌物に近い仕上がりになっているし、ボーカルをフューチャーした楽曲ではその要素は本当に強い。それでいてクラシカルなストリングスの音色を巧みに取り入れてくるから、そのキャッチーさと共に音に良い塩梅で深みも加わっているし、それが揺らめきの世界観を加速させているのだ。殆どの曲がボーカリストをフューチャーしており、その歌い手のボーカルを生かした音作りを施されているから女性らしいポップさにクラシカルさを感じさせる楽曲もあれば、第8曲「Failed」の様にアコースティックギターの旋律と共に進行し、緊張感のあるアンサンブルが印象に残る楽曲もあったりと、作品全体での単調さは全く無く、次第に色彩を変化する音色と共に電子の小波を感じる事が出来る筈だ。第11曲「Honey Trap」の幽玄なストリングスと共に青い色彩が徐々に広まり波打つ色彩の世界も個人的にはお気に入り、エレクトロニカではあるが作品全体の色彩は本当にキラキラしているし、説教臭い要素は全く無い。歌と共に広がる電子音は聴き手の耳に優しく入り込み、聴き手の心を優しく包んでくれる。



 幽玄でありながらもふわりとした魔法の世界の様なエレクトロニカであり、白昼夢の様な世界が次々に繰り広げられている。また歌物エレクトロニカとしても優秀な作品になっていると言えるし、聴き手を選ばない懐の大きさを今作から感じ取れる筈だ。また今作の視聴&購入は下記リンクのbandcampから可能。



AL_X bandcamp

■東響組曲/UM-アム-

flcum-01l.jpg




 男女二人組のオルタナティブ・エレクトロニカ・アバンギャルドの雑多な音楽性をモダンかつポップネスに鳴らすUM-アム-の07年発表の1stアルバム。この作品を発表した当時はアムという名義で活動していた。ライブではサポートを加えてバンド編成で行っているが音源では完全に打ち込み導入のエレクトロニカとオルタナティブを融和させ、それを多方面に渡る要素を盛り込み鳴らしている。今作は東京をテーマにした作品であるが、今作の混沌とした感触は東京という街のそれともしかしたらリンクしているのかもしれない。



 SE的な第1曲「デザイン」からTBSラジオのジングルをサンプリングするというどこまでも人を食った真似をしてるが、第2曲「リダ椅子」でいきなりオリエンタルな空気に変貌し、ボーカルの豪徳寺リカイの伸びやかで艶やかなボーカルが印象の残る。ほぼEmで進行するシンプルなコード進行に反してアレンジは妙に込み入った物になっており、ポップでありながらも妙にザラついた感触を覚える。第3曲「上下対象のニコ」もシンセとグロッケンとシンプルな打ち込みのビートにリカイ嬢のウィスパーボイスが織り成すふわふわした揺らめきのポップネスとリカイ嬢作曲の2曲はアムの持つポップさを伝える名詞代わりの楽曲だが同時に心の奥底に残るざらつきも覚える。そして本領発揮でありハイライトは藤宮氏作曲の第4曲「トモダチバイオリズムⅡ」だ。エレクトロニカ×シューゲイザーの融和な楽曲であるが、不協和音が織り成す冷徹な旋律の切れ味と絶対零度の幻想が生み出す美しくも人間の深層心理を抉り取るへビィネス。リカイ嬢の声はどこまでもウィスパーなのに、楽曲その物の重みがカオティックな方向へと導きながらも同時に癒しの旋律だと勘違いしてしまいそうな感触もある。そこからパラレルワールド的世界が繰り広げられる。第5曲「サクラカーテンランドセル」の四つ打ちとアコギ基調のポップの歌物楽曲でありながら不意に入る転調と変拍子が自らのポップネスを分断し、第6曲「トーキョーソレイユ954」トリップホップとシューゲイザー要素の入り込みそこにリカイ嬢のウィスパーボーカルが妖しさを加速させていく。アムはポップさの中にあるアバンギャルドさとアバンギャルドさの中にあるポップさが魅力であるし、その断層を不明確に時折見せてくる本当に掴めない音を聴かせてくる。それを分断した終盤の2曲は秀逸で、第7曲「キリ」の今作で唯一のバンドサウンドで繰り広げられる正統派ギターポップ的なアプローチとポジパンを彷彿とさせるリカイ嬢のボーカルとそのポップさの中にある歪みを見せつけ、第8曲「新宿アーカイブス」ではインダストリアルなビートを基調に作り出したノイジーなエレクトロニカな音は自らのポップネスを放棄し、聴き手を嘲笑うように終わるのが本当に彼等の輪郭をぼやけさせてしまう。



 モダンかつクラシカルな感触という点ではどの楽曲もある意味統率はされているけど、アプローチは本当にバラバラだし、更にはリカイ嬢のボーカルも楽曲によって全く違う顔を見せる。持ち前のポップネスで輪郭を掴んだと思わせておいて、その奥のアバンギャルドさで煙に巻く。そしてそんな聴き手を嘲笑ってすらいると思うのだ。ポップでありながら見えない深淵の世界を描くアムというバンドは正体不明の柔らかな狂気を見せ付ける、だからこそ入り込んだら抜け出せなくなる。

■James Blake/James Blake


James BlakeJames Blake
(2011/03/22)
James Blake

商品詳細を見る




 世界各国で多くの賞賛を浴び、この日本でも話題にもなっている新鋭のポストダブステップのアーティストであるJames Blakeの2011年発表の1st。今作で日本でもブレイクを果たしたと言っても過言では無い。James Blakeの音は最小限の音で生み出すビートと旋律の美しい機能美と儚げな歌声が生み出す静謐さの中のどこか耽美な音の奥深さに気が付けば引き込まれてしまっているのだ。



 基本的には王道のダブステップの音の揺らぎを生かしたビートが主軸になっているのは間違い無いのだけれども、最小限まで絞った引き算によるビートと音の構成理論は静けさの中で一個一個の音が確かな存在として鳴らされている。効果的に取り入れられるシンセの旋律の歎美さも美しく、音的にはスカスカではあるけど、その空白も生かすビートの機能美はJames Blakeの手腕が光る。しかしJames Blakeの儚い歌声を生かすという意味でこの楽曲の作り方は本当に大きな意味を持っている。今作は非常に歌物要素の大きい作品であると言えるし、そのサウンドフォルムは歌を最大限に生かすのに大きな効果を持っている。第3曲「I Never Learnt to Share」なんてそんなJames Blakeの歌を堪能できる1曲だ。その中で時折主張を強めるシンセとビートがまた楽曲に良いアクセントを付けているし、その旋律は甘い哀愁にも満ちているからこそダブステップとしての音の機能美と染渡る歌の両方を生かし堪能出来る様にしているのがニクい。哀愁のピアノと揺らぎのビートに乗る歌声が非常にソウルフルな第6曲「Limit to Your Love」の最小限の音と歌で生み出す深遠さにはかなり引き込まれるし、ミニマムなビートの中で幽かな光が差し込む様な第1曲「Unluck」と聴き所も多い。哀愁の歌とビートが生み出す幽玄な音の世界には本当に引き込まれる。



 James Blakeの音は多くは語らないが、その最小限の音の中で微かな感情が確かに根付く感触がある。独創的な音と同時に研ぎ澄まされたビートは聴き手に覚醒感を時に与えてくる。そしてコンパクトな作りの中でどこまでも心にスッと入り込んでくる歌は世界を虜にするのも納得である。新鋭アーティストによる静謐で優しいビートと歌の世界の効力は本当に大きいみたいだ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。