■タグ「オーストラリア」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Raw Nerve/Jack The Stripper

ダウンロード



 先日日本に来日し、NoLAと共にツアーを行ったオーストラリアのカオティックハードコアであるJack The Stripperの2013年リリースの2ndアルバム。
 来日公演で目撃したライブでは脳筋丸出しな強さとビートダウンとヘビィさを全力で突き詰めたパワフルかつ獰猛なライブアクトにド肝を抜かれたが、ライブで見せた強さは音源の方でも健在。である。

 音楽性としては決して斬新な事をやっている訳では無いし、Convereg凄く大好きなんだろうなって感じの正統派カオティックハードコアサウンド。でもカオス感よりもビートダウンを基調とした重さの方を重視している印象を受けるし、非常にストレートな部類のバンドだと思う。
 曲の随所随所で不協和音駆使のギターフレーズを盛り込んだり、曲の中で転調を繰り返したりするサウンドスタイル以上に、極悪に刻まれるギターリフだったり、瞬発力重視で繰り出されるビートといった点で勝負している感じだし、カオティックハードコアなサウンドになったのは結果論な気もするし、それこそConvergeも結果としてのカオティックハードコアなサウンドだし、あくまでもヘビィなハードコアを突き詰めた上でのサウンドだ。

 爆走パートを随所に盛り込みながらも基本はビートダウンパートで攻めるスタイルだから音に鈍器感が出まくっているし、ツインギターを活かして片方がカオティックなフレーズを弾いても、もう片方がヘビィなリフをゴリゴリ刻んでいく男臭さしか無いギターワークは熱い。
 ビートダウン重視と言っても、あからさまな前フリをしてからのビートダウンだったり、パワーヴァイオレンスの唐突にビートダウンする極端さでも無く、往のも年の硬派なメタルコアバンドの曲の中で緩急を付ける意味でのビートダウンを他のバンドよりも比率マシマシで繰り出しているのも彼等のサウンドの特徴だ。

 アルバムを通して聴いても曲毎に大きな変化は無く、男気一本でカオティック&ビートダウンなスタイルだし、時折少しエモっぽくてメロディアスなパートもあったりするけど、それもアクセントでしか無いし、良い意味で金太郎飴な投擲サウンド。
 その瞬間の事しか考えてないぜ!!とばかりに瞬発力系の筋肉を使いまくった汗臭さムンムンハードコア。来日公演ではボーカルが流血する始末だったし、そんな大馬鹿っぷりはアルバムでも健在。男は黙ってリフとビートダウンじゃ!!な兄貴達はマストな作品だ。



スポンサーサイト

■Free To Rot, Free Of Sin/THE BRODERICK

1351269684-7b9aad08cc45.jpg



 先日の来日公演にて本格的に日本進出を果たしたオーストラリアのハードコアバンドであるTHE BRODERICK。CONVERGEのオーストラリアツアーのサポートを務めた実績もある彼等の2012年リリースの1stアルバム。アナログとカセットのフォーマットでのリリースでアナログの方にはダウンロードコードも付いている。



 今作は多くの人々が2012年最も新鮮でヘビィな作品と評した作品であるらしく、そんな評価を裏切らない内容となっている。彼等の音楽性はとにかくヘビィで熾烈なハードコアとなっており、2本のギターが繰り出す激重リフと、加速するパートを絶妙に盛り込みつつも、基本はダウンテンポで推進力低めで重心のあるビート、徹底してダークさとヘビィさを追及しているバンドだと思うし、とにかくサウンドの重みが凄い。しかも単純にヘビィなだけのハードコアに終わらず、とにかく強靭な力を感じさせる音を一つの芸術性すら感じさせる美意識で鳴らしているから凄い。基本的にはダークで重いリフとダウンテンポのグルーブで進行しながらも随所に盛り込んだプログレッシブな要素を生かし、単なるパワー馬鹿では無く、スラッジの美意識すら彼等には感じる。しかも楽曲の尺も一番長尺の楽曲で5分弱で冗長さが全く無いのがまた良い。乱暴な言い方をするとコンパクトになったNeurosisとも言うべき音で、ソリッドに削ぎ落とす部分は徹底して削ぎ落とし、でも音の厚みやヘビィさは逆に最大限に生かされていると言える。不協和音と化した音階を一つの神々しさで鳴らし、コンパクトだからこそ持ち前の芸術的ヘビィネスがよりダイレクトに迫ってくる圧巻の音に満ちている。
 第1曲「Black Lung」から徹底的にダークさとヘビィさをスラッジな感覚で打ち出し、基本的な楽曲の路線こそ変わらないにしても、絶妙な色付けの変化や、展開の構築方法の変化で、一本調子には決してなってないし、必要最低限のコンパクトな構成の中で見事な情報量と熾烈さをアピール。第2曲「Distance」なんかは前半のスラッジなパートと後半の暴走するハードコアパートで見事な対比を生み出しているし、第3曲「1950 DA」は1分半程の楽曲でありながら、今作でも屈指の奥行きのある美しさを披露し、最後は今作で屈指の暴走するカオティックサウンドへと雪崩れ込んでいくから凄い。合間にSE的な子品的楽曲も盛り込み、クールダウンさせる要素があるのはまたニクいし、特に終盤の第8曲「Savages」と最終曲「Diving Bell」は今作でも特に芸術的美意識が生かされた楽曲だと思うし、ヘビィさを極めようとしながら、同時に美しさも追求し、それをコンパクトな楽曲の中で見事に炸裂させているからこのバンドは凄い。



 1stでありながらも、その完成度は非常に高く、ConvergeやRussian Circlesのライブのサポートを務める実力を嫌でも痛感させられる1枚となっている。壮大さとダークさとヘビィさを徹底して追及しながらも決して冗長にしないで、あくまでハードコアの方法論の中でそれを生み出しているから凄いし、まだまだ日本では知名度は全く無いとは思うけど、これからこの日本でも彼等の猛威は広がっていく筈だ。最新型の熾烈なるハードコアがそこにある。



■3×33/CYBERNE×DEAD×knellt

c0049495_18521922.jpg



 先日の小岩でのリリースパーティでもCYBERNEとDEADは凄まじいアクトを見せていたが、四国は愛媛の国宝級レーベルである Impulse Recordsからとんでも無いスプリットがリリースされた!今作は大阪を拠点に活動するCYBERNEとknelltに加えてオーストラリアのDEADによる2012年リリースの3wayスプリットである。各バンドそれぞれ3曲ずつ提供している。全くタイプが違いながらも完全に独創的な音を鳴らす3バンドによる極悪異種格闘技戦だ!!



 一番手はCYBERNE。今作からツインドラム編成となっているが、とにかく彼等の音はエクストリームハードコアの極北に位置するバンドだと思う。「メタル化したジーザスリザード」とか「プログレの皮を被ったケダモノ」等と評されているらしいが、とにかくそんなチャチな物ではない。パーカッシブなツインドラムのイントロから一気に歪みまくったジャンクサウンドが咲き乱れ、変拍子駆使のキメを乱打し、圧倒的な情報量で畳み掛ける「Deflush - 月皇-」から完全に異形の世界が見えてくる。しかもこのバンドトリプルボーカルと来ているし、畳み掛けまくる3人のボーカルがエクストリームジャンクサウンドをより混沌へと導く。拡声器による歪んだ叫びが狂気を高めているし、あらゆるエクストリームサウンドをごちゃ混ぜにしたらとんでもないゲテモノが生まれてしまった上に更に凶悪な殺人マシーンだったみたいな感じだ。もしくは中本と二郎のスープをミックスしてしまったかの様な音を不特定多数にブチ撒けている感じだ。「Zomist -散死-」なんて不気味な呻き声から始まり、どんよりとしたベースラインからもう殺される予感しかしないし、スラッジ色を強めたリフが降り注いだ瞬間に死刑宣告無しの鉄槌が聴き手にもれなく降り注いでくる。そして終盤では怒涛のジャンクサウンドが超音圧で吹き荒れ、粉みじんになった聴き手の遺体をご丁寧に血や肉片すら残さず喰らう乾いた笑顔の殺人鬼としての凶悪さを誇る。一発目からこんなヤバい音がお構い無しに迫ってくる時点で今作は異常さを極めている。
 続く二番手はオーストラリアのベースとドラムのみの2ピースであるDEAD。「The Carcass Is Dry」では最初はアンビエントなパートで焦らしに焦らして、そこからバキバキに歪んだベースとタイトかつフリーキーなドラムのみによる異質のポストハードコア劇場が始まる。少し引き摺る感じがするベースの音はスラッジ要素を感じさせつつも、彼等の本質はポストハードコアだ。非常にバンカラで男臭いボーカルがまず良いし、時にタッピング等を用いながらも基本はピック弾きでメロディラインをゴリゴリに弾き倒し、しかもその旋律が渋さとキャッチーさをしっかり持ちながらエモさも生み出しているのが驚きだ。シンプルな音数のベースは歪んだ音で地を這い、ドラムは手数多目に攻めながらも、ビートの軸は全くブレず安定感を誇りながらも、自由なサウンドを鳴らしている。「Of All The People I Hate Most,I Hate You MORE」ではよりスラッジに接近した激重かつ煙たさを持つ重低音が這い回り、一発一発の音がミドルテンポで繰り出されつつ、ポストハードコアのスタイルを破り、ドープなまま突き抜けるスラッジ絵巻。ポストハードコアからエモからスラッジまでを最小限の編成で自在に行き来する彼等もまた違うベクトルで危険だし凶悪。
 そしてラストはknellt、「The 33 unearthly」から完全にフューネラルなドゥーム絵巻を展開しており、今にも止まりそうなビートがツインドラムの緻密さと音圧で鳴らされている。激重サウンドである推進力を半ば放棄しながらも、非常にメロディアスであり聞きやすさはしっかり残してあるし、その中でドゥームの毒素をより抽出したかの様な楽曲を高い完成度で鳴らしている。悲壮感に満ちた絶望的なクリーントーンのボーカルも印象的だし、不意にBPMを速めるパートを入れたりして、更に予測不能の音像を打ち鳴らしていたりもする。その一方で「TOG」では少しBPMも速くなり、暗黒リフが押し寄せる黒の濁流の中でSeekのボーカルであるSUGURU氏がゲストボーカルとして参加し、ドスの効いたハードコアなボーカルを聴かせている。こちらも中盤ではしっかりメロディアスなフレーズを盛り込んだりしているし、危険値はそのままでよりハードコアの接近した事により音の破壊力と歪みがよりダイレクトに伝わってくるし、終盤のツインドラムの正確無比な音の乱打は圧巻!!そして「Singing Objects into existence」では不穏かつ妙なキャッチーさを持つクリーントーンのギターフレーズから始まり先程までの空気を変えてしまうが、それを更にブチ壊す暗黒ドゥームリフがタイトなツインドラムと共に叩きつけられ、残酷な鮮血が飛び散るラストを迎える。



 3バンドに共通項はあまり多くないけれど共通して言えるのは非常に独創性があって尚且つエクストリームな音を放出しまくっている点だ。単なるスプリット作品に留まらない凄みを今作から嫌でも感じる事が出来るし、極限世界に足を踏み入れてしまった物達による宴が見事にパッケージングされている。最初から最後まで休まる暇すら無く、脳細胞すら書き換えられてしまいそうな一枚。2012年のエクストリームミュージックのマストアイテム!ゲス野郎は聴いておけ!!!!!



■The Book Of Kings/Mournful Congregation


The Book Of KingsThe Book Of Kings
(2011/11/01)
Mournful Congregation

商品詳細を見る




 EVOKENやSKEPTICISMやWorshipと共にフューネラルドゥームの代表格として数えられているオーストラリアのバンドであるMournful Congregationの2011年発表の4th。全4曲でありながらも70分超えの収録時間を誇る超大作ばかりが並ぶ作品であるが、音も徹底的に遅く重いフューネラルドゥーム。それでいて物悲しい陰鬱さとメロウさが複雑な構成の中で絡み合い、それが終わりへと美しく堕落していく作品。重苦しいが感情移入の余地もあるしかなり聴き易い部類の作品になっている。その上、完成度もとんでもない事になってる屈指の傑作だ。



 のっけから19分にも及ぶ第1曲「The Catechism of Depression」で奈落の悲しみが幕を開けるが、荒涼とした旋律の乾ききった悲しみと極限まで音数を減らしたビートと悲痛なグロウルが渦巻く暗黒世界へと僕達を導く。音の構成自体はシンプル極まりないのに、その中で少しずつ複雑に絡み合う音の螺旋と、残響音も含めて重なり合う音の負のハーモニー細やかな弦の振動やシンバルの振動の残響までをも聴かせるその繊細さや緻密さはかなりの物だ。物悲しいアコースティックギターのフレーズの挿入からそれを打ち砕くドゥームの破壊力はより悲しみと嘆きを加速させているし、音楽的にはまた違うけれど、大作志向の時ののCorruptedなんかが好きな人にも有効だし、ゴシックメタル好きなんかにもアプローチ出来る泣きの要素も存在、陰鬱さを極めながらも、多くの人をその絶望のドゥームの世界へと導くだけの力がこいつらには確かに存在している。第2曲「The Waterless Streams」でもその悲しみの音に全く揺らぎは無いし、徹底して聴き手の負の感情に訴える痛烈なドゥームサウンドを展開、シンプルだからこそ旋律を最大限に生かした音になっているし、それは聴き手の胸を抉るのだ。負の蓮華が乱れ咲く美しさは本当に圧巻だ。その一方で第3曲「The Bitter Veils of Solemnity」はアコースティックな楽曲になっており、自らのドゥーミーなサウンドを削ぎ落としているが、それでも持ち前の感情を刺激する旋律は健在。厳かなボーカルもそのスケールを膨張させているし、終盤は漆黒の闇から救いの光すら感じさせる旋律まで飛び出し、柔らかな感触と共に聴き手の闇を少しだけ晴らす様な温もりを感じさせてくれる。そして第4曲「The Book Of Kings」は33分にも及ぶ超大作ナンバー。今作の中でも屈指の叙情性を持った1曲。ストリングスの音色がまたその音に耽美さを加えているし、中盤では持ち前のドゥーミーさも開放、緩やかに変化していく楽曲は壮大なドラマその物で前半の絶望的世界から、その絶望を超えた先の救いすら感じさせてくれる美しさに涙すら溢れるメランコリーの世界となっている。そしてラストの静謐なオルガンと語り部で今作が終わる瞬間に一大叙情詩の余韻に酔いしれるしかないのだ。



 その絶望的なフューネラルドゥームのへビィネスにも圧巻なのだが、漆黒の闇から救いの光までへの壮大な旅路のスケールもそうだし、何よりも感情移入し放題の音にはただ酔いしれる事が出来るし、それらの要素はフューネラルドゥーム初心者も、他のジャンルの愛好家にも有効な音になっている。芸術的緻密さと小細工無しのシンプルなサウンドスケープで描かれる涙腺崩壊必至のドゥームサウンドは本気で心を揺り動かされる。屈指の傑作であるのは言うまでも無い。



■Dirty Three/Dirty Three


Dirty ThreeDirty Three
(1995/07/21)
Dirty Three

商品詳細を見る




 オーストラリアが生んだ偉大なるインストバンドであるDirty Three。バイオリンとギターとドラムという変則的な編成の3ピースバンドであるが、彼らはmogwaiに並ぶ轟音インストバンドの帝王であり、その唯一無二の音楽は凡百のフォロワーが永遠に追いつけない孤高の音だ。今作は95年に発表された1stアルバムである今作で既にそのスタイルを確立しており、静謐な美しさとバイオリンが暴れまわる粗暴な轟音が同居した極上のカタルシスが存在するのだ。



 美しいバイオリンの音色が前面に出ており非常に厳格な空気を漂わせているが、ギターの音色と、タイトで力強いドラムが正に三位一体となって絶妙なバランスで鳴らされている音は非常にドラマティックな景色を描く。mogwaiでいうフィードバックノイズ代わりに、バイオリンの音が暴れ、とてつもない高揚感を持ち、徐々に熱を上げて爆発していく様は想像を絶する破壊力を持っている。特に第2曲「Better Go Home Now」のエモーショナルさは体中の熱を一気に高める物だ。また第3曲「Odd Couple」でクラシカルで体温の温もりを静謐に鳴らしているのも見逃せない。広大な大地を想起させ、そこで流れていく雲を眺めているかの様な壮大さを見せてくれるのもDirty Threeの魅力と言えるだろう。第4曲「Kim's Dirt」のスケールの大きいポストロック絵巻も絶妙な緊張感とオーガニックな温もりを感じさせ、包み込むかの様な音の優しさに心が洗われてしまう感覚に陥る。そしてラストを飾る第7曲「Dirty Equation」は間違いなく今作のハイライトだ。序盤から一気にメーターの振り切った轟音の嵐が吹き荒れ、ギターのフィードバックノイズと粗暴なバイオリンが重なりとんでもない熱量を生み出し、性急なドラムがそれを加速させdirty Threeが全てを解き放ち音のハリケーンで一気に全てを破壊する混沌は今作最大の聴き所だ!



 1stアルバムでありながら自らのスタイルを完全に確立し、緻密に楽曲を組み立てていながら、三人の音がぶつかり合う即興性やカタルシスも見せつけ、インストルメンタルとしてほぼ完全とも言えるサウンドが今作では渦巻いている。今でこそインストルメンタル形式のバンドはとんでもない数存在するが、やはりオリジネーターとしての存在感はとてつもなく、ここまでのレベルまで達しているバンドは本当に少ない。Dirty Threeはインストルメンタルの静謐な美しさに感情のまま鳴らされる楽器の音のエモーショナルさや暴力性もブチ込み、轟音の最果てに到達してしまった。彼等の音楽は純度100%の無垢さを持っている。だから言葉と歌が無くても人の心を揺さぶる轟音を生み出しているのだ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。