FC2ブログ
■タグ「グラインドコア」

■流転の幻日/Red Ran Amber

10527417_689251587814693_8744707144944897495_n.jpg



 ここに存在するのは禍々しい凶音のみだ。元324のギターだった天野氏がドラムを叩いているベースレス3ピースカオティックグラインドコアであるRed Ran Amberの2014年リリースの5年振りの2ndは正にそんな作品だ。単なるグラインドコアでもなく、単なるカオティックでもない、圧倒的速さと美しさと熾烈さとダークさが渦巻く圧倒的な邪音の坩堝だ。



 第1曲「硝子のシャワー」から驚かされる、轟音でありながら美しさを強く感じさせるギターフレーズから始まり、それがメタリックなリフを鳴らし、破裂音みたいな天野氏のドラムと共に確かな調和を生み出しながら、同時に破滅の予感を感じさせ、日本語での熾烈なるボーカルととんでもない速さのブラストビートが叩き出された瞬間に生まれる混沌。このバンドのグラインドコアは一般的なグラインドコアと全然違って、ベースレスの編成や熾烈なるブラストビートとかはあるけど、とにかくギターワークが異質すぎる。カオティックハードコア要素を感じるフレーズが非常に特徴的で、楽曲もショートではあるが非常に複雑だ。のっけからブラストビートとカオティックかつブルータルなギターリフが横断する第2曲「夢遊の宴」は非常にグラインドらしかったりもするけど、1分弱の中で目まぐるしく楽曲が展開され、単なるブラストビートでは無く、複雑なキメや店長を駆使しながらも、激烈なドラムを叩き出しまくる。第3曲「砂の悲鳴」なんてボーカルもギターもドラムも圧倒的テンションとボルテージで畳みかけまくっているし、絶妙なビートダウンからのドス黒いメロディアスさを確かに感じさせるギターフレーズの禍々しい美しさと、確かな激情を放つ第4曲「キラークイーン」、ブルータルグラインド絵巻である第5曲「カナリア」と、とにかく容赦なんて全く無いし、これぞ正に殺しに来ている音だ。ボーカルとギターとドラムだけで、おぞましい程にドス黒い音を放ち、瞬く間に血飛沫のシャワーが一面に広がる速さと混沌のカオティックグラインドに聴き手は確実に失禁&脱糞&嘔吐だ。
 ダークな美しいアルペジオと熾烈なブラストビートと言う相反する音が闇の美しさを描き、その美しさに見入っていたら、メタリックなギターがいきなり顔を出し奈落への最強特急と化す第6曲「毒蛾」、合間に非常にハードコアライクなソロも盛り込みながらも、高速で刻まれるギターリフに惨殺な第7曲「何も見えずに」、今作で一番ストレートなグラインドコアを放ちながらも、リフの禍々しさと、ヘイトを吐き出すボーカルも、ブラストビートもブチ切れたテンションで腰を抜かす第8曲「真冬の夏」、のっけからクライマックスなギターリフから極悪なビートダウンのギロチンで首ちょんぱからのブルータルな疾走、そして再び極悪ビートダウンで死ぬ第9曲「destruction,me」、後半の破滅感溢れるギターフレーズが印象的な第10曲「遥かなる静寂」と、作品全体で本当に休まる暇なんて無い位の激烈なテンションは本当にどこから来るのだろうか。非常に複雑な楽曲ばかりだが、基本的にショートな楽曲ばかりだし、闇とカオスが濃厚過ぎる位だし、単なる速さと混沌ではなく、殺意の音を撒き散らしている。最終曲「忘却の空」も決して安易なドラマティックさに走ってはいないのに、激速サウンドから、冒頭同様に轟音の美しいギターが渦巻き、最後はあくまでも混沌とブラストビートと共に生命エネルギーを全て放ち、搾りカスになっても構わねえ!!とばかりの圧巻のエンディング。その瞬間に僕達はただ立ちすくむしか無くなる。



 今年はこの手の音はZENANDS GOTSの一人勝ちだと個人的に思っていたけど、それは大間違いだったし、Red Ran Amberが負けず劣らず暗黒のカオティックグラインドの地獄をドロップした。とんでもなく速く、とんでもなくブルータルであり、とてつもない混沌は紛れも無い激音であり、グラインドの枠に嵌らない、暗黒激音の最強レベルの音が正に目の前にあった。凶暴すぎるサウンドでありながら破滅的美しさもあり、他のバンドには生み出せなかった混沌だ。グラインドフリークスは勿論、カオティック・激情好きもマストな一枚。



■Offensive Grind Dude/O.G.D


Offensive Grind Dudes(オフェンシヴ・グラインド・デューズ)Offensive Grind Dudes(オフェンシヴ・グラインド・デューズ)
(2014/05/14)
ORGASM GRIND DISRUPTION、オルガズム・グラインド・ディスラプション 他

商品詳細を見る




 もう禍々しさしかない作品が生まれた。精力的なライブ活動でその名を広めてきたグラインドコアの求道者であるO.G.Dの2014年リリースの2ndアルバム。リリースはBLOODBATH RECORDSとTILL YOUR DEATH RECORDSの共同リリース。本編であるスタジオ録音が23曲で、ライブテイクが15曲と言う全38曲という収録内容ながら、やっぱり一分未満の曲ばかり並び、グラインドコアとはこうだろ!!と見事に提示している。



 基本的路線は前作とは大きく変化はしていない。でもバンドの音自体の破壊力を研ぎ澄ましに研ぎ澄ましているから、インパクトと極悪さは前作の比じゃない。BRUTAL TRUTH等の影響下にありながら、その影響をより自らの物にしたバンドがO.G.Dだと思うし、オールドスクールなグラインドコアスタイルを徹底的に貫き、何よりも余計な物を極端に削ぎ落とし、暴走するブラストビートと邪悪なリフと殺意を撒き散らすボーカル。たったそれしかない。だからO.G.Dは信頼出来るし最高なんだ。清く正しくグラインドコアしながら、単なるお手本グラインドに唾を吐き、より凶悪な音を追求し、ライブを重ねる事によって暴走しまくるサウンドは最高に格好良い。非常にショートカットな曲ばかり並んでいるのに、より音の幅も広がったと個人的には思う。ロウな音質でブルータルに暴走するサウンドで、基本的にはブラストでバーストしまくり、一瞬で殺す音をノンストップで繰り出しまくる、ライブのテンションそのままな作品ではあるのに、時折入る速さではなく、ダークでミドルテンポなパートのメロディやビートダウンやスラッシュメタル直系のソロとかグラインドコアを機軸にしながら随所随所にクロスオーバーした音が入っているのも大きいし、でもそこに振り切らないであくまでもグラインドコアを貫いてるからこその説得力。ショートカットでノンストップな音の洪水に対して一曲一曲語るのもアホらしくなる位に、全23曲の本編は強大な禍々しい邪音しか無いし、その作品全体で一つの作品であり、一つのライブでもある。一瞬たりとも気が休まる瞬間なんて無いし、アプローチの幅を広げても結局は邪音の暴走によるエクストリームグラインドでしか無い。だからこそ最高だ。
 そしてライブ音源の方は音質こそ中々に悪いけど、その激音のテンションは本編のスタジオ音源と全く変わらないし、20分にも満たないライブ音源でありながら15曲をノンストップで繰り出し、狂騒のグラインドが渦巻き、悪い音質が逆にO.G.Dの持つブルータルさを増幅させているし、得体の知れなさを余計に強く感じさせてくれる。このライブテイクを聴いて是非ともO.G.Dのライブに行こう!!



 非常に堂々とグラインドコアのド真ん中でしかない作品でありながら、極限まで狂気と禍々しさと速さを追求し、何よりも表現力も手にしたO.G.Dはグラインドのバンドとして大きな進化を遂げたし、数多くの修行僧みたいなライブとストイックさを積み重ねた事によって生まれた必然だと思う。禍々しさと速さこそ正義であり、それこそがO.G.Dなんだと僕は思う。地鳴りと咆哮によって世界が血で染まる瞬間がそこにあるのだ。



■暗夜に蠢く/ZENANDS GOTS

1006282989.jpg



 本当に煉獄の音がこの世に産み落とされてしまった…04年結成と実は地味に活動期間は長かったりするギターボーカルとドラムの2ピースで残酷過ぎる世界を生み出すゼナンズの待望の正式リリースの1stミニアルバム。レコーディングは初代ドラムである中川氏在籍時にされた物であり、リリースは自主レーベルである不動の庵から。何度もライブを拝見させて頂いているし、エクストリームミュージックの極北とも言うべき、凄まじいライブに多くの人が殺害されているのは言うまでも無いけど、今作ではこれまでライブで魅せた残酷で救いの無い理不尽な暴虐さが濃縮されている。



 彼等の音は極限の最果て。ハードコアやグラインドコアの影響を受けているサウンドだけど、そこのルールを守る事を全否定し、そして彼等が選んだのは、極限の音に極限の音を更に加える事だった。言い切るとゼナンズはエクストリームミュージックの純粋すぎる悪鬼だ。グラインド・カオティックハードコア・ドゥーム・スラッジ、それらの音楽の一番純粋で危険な部分だけを抽出し、それを整理せずに、ゼナンズというボウルに全部ブチ撒け、そこに悪意・憎悪。殺意といった負の感情の、これまた純粋に濁りまくった感情をブチ込み、その結果必然として生まれたのがゼナンズというバンドであり今作だ。ほぼ全ての曲がショートカットチューンであり、全7曲15分というライブでの圧倒的ファストさをそのまま音源にした作品だ。しかしゼナンズにかかればたった15分で聴き手を完全獄殺なんて容易い話だ。だってライブでもそうだったんだから。
 本当に冗長さや余計な音は何一つ無い。ギターボーカルとドラムと言う最小限の2ピースであると同時に、彼等が必要とする音はただ人を苦しめる音と殺す音だけだったから。極端に短い楽曲も、速さも混沌も重さも殺意も全てがたった一瞬で襲いかかり、そして殺す。一撃で人間を単なる肉塊にする人でなしとか畜生とかサイコパスとかいう言葉すら生温いであろう異常快楽猟奇殺人鬼、彼等は絶望と恐怖しか与えてくれないし、彼等の音に救いは無い。第1曲「奈落」から逃げ場の無い世界が始まる、苦痛をそのまま音にしたスラッジなリフの血塗れの轟音のギロチンが落とされ先ず現世からさようなら。ドラムの音の重さも訳分からないし、どうやったらこんな音出せるんだっていうギターの音も訳が分からない。ミドルテンポで地獄の入り口すらすっ飛ばしのっけから地獄の最奥へと拉致。どっかの総書記ですら小便漏らすの確実な地獄への拉致加害者。ギターボーカルである千葉氏の憎悪に満ちたボーカルによる現世こそ最悪の地獄と言う生きる人間全てをドン底に叩き落す声明から「ここが地獄だ」という殺害宣言を皮切りにBPMは一気に加速。グラインドとカオティックとドゥームの織り成す地獄絵巻の始まりだ。「異形狩り」、「首斬れ」、「broken」、「骸」と禍々しいタイトルの曲ばかり並ぶけど、第2曲から第5曲までは本当に一瞬で駆け巡る。怒涛のブラストビートと、カオティックすら超えて、最早ただの煉獄XTC過ぎる音塊なギターのみで血で染め上げ、合間合間のブレイクすら一瞬で、「お前ら全員死ね」じゃなくて「お前ら全員殺した」って感じ、もう恐怖に震える暇すら与えてくれない「異形狩り」と「首斬れ」の2曲はゼナンズの危険過ぎる音だけで生み出した悪夢だ。憎悪・絶望・殺意・狂気・暗黒・地獄、そんな言葉すらチャチに聞こえてしまうレベルだし、もう訳が分からない。まだカオティックハードコアらしいギターフレーズで始まり、濁流のサウンドの中から微かにメロディを感じさせ、しかもそれがやたら美しく聞こえる第4曲「broken」ですら殺意は増幅するばかりだし、千葉氏の吐き出す言葉は絶望だけだ。第5曲「骸」なんてかなりファストで短い曲なのに、とんでもなくドゥームという矛盾すら生まれた始末だ。もう訳が分からない。
 終盤になると一転して今作で唯一曲が長い第6曲「変わり果てた空」では今までの曲と違ってギターが鳴らすメロディが明確になり、千葉氏のボーカルも叫び吐き捨てる憎悪全開のボーカルから読経的なボーカルを見せる。そしてゼナンズ流のポストメタルな美しさも感じる。BPMも再びミドルテンポになり、悲壮感とか超えた、絶望感とか超えた、もう分からないけど、地獄って多分メロディにするとこんな音なんだろうなって感じのアルペジオと容赦無く叩き付けるスラッジリフが織り成す美しさは完全に闇の世界に身を落としたゼナンズだから生み出せた物だし、それは本当に震える美しさだ。最終曲「赤い月」はまたまた一転してメランコリックで美しいアルペジオから始まり、それが今作で一番の美しさで堪らないけど、でも結局混沌に満ちたサウンドに変わる。でも違うのはさっきまで絶望を歌っていた千葉氏が絶望を抱えても生き続けてやるという覚悟を歌っている事だ。さっきまで散々地獄だとか絶望とか言ってたけど、でもその絶望すら抱えたまま生きて叫び続けてやるという覚悟を歌う事はもしかしたらゼナンズなりの一つの救いなのかもしれない。結局何処に行っても地獄なら、その地獄すら生き抜いてやるという声明は最高に格好良すぎる!!



 決して万人に受け入れられるバンドでは無いのかもしれないし、聴く人をかなり選ぶ音だと思う。しかし地獄系(こんなカテゴライズあるのか知らないけど)サウンドな他のバンドすら「お前らこんなんで地獄とか笑わせるぜ!!」とばかりにブチ殺し、更なる地獄で上書きするゼナンズ。千葉拓也という人の頭の中にはどんな悪魔が住んでいるのか心配になるし、現世がどんな苦痛に満ちた世界に見えるのかちょっと本気で心配してしまうレベルなんだけど、個人的に千葉拓也という人は屍の板倉氏同様に負の世界に選ばれた表現者である事は間違いないだろう。しかも彼等はライブバンドであり、音源でも凄い事になっている煉獄をライブじゃ更に凄まじい煉獄として放つから訳分からない。軽々しく暗黒だとか地獄だとか鬱だとか言っているバンドに飽き飽きしている人たちも多いのかもしれないけど、そんな人たちには心置きなく今作をお奨めする。確実に本当に地獄を見れるから。
 それともう一個、蛇足的な追記というか僕の個人的な妄想でもあるけど、幽遊白書には仙水編で「黒の章」というビデオが出てくる。蔵馬曰く「黒の章には 今まで人間が行ってきた罪の中でも最も極悪で非道のものが、何万時間という量で記憶されています。」っていう内容で、もしかしたら千葉拓也という表現者は黒の章を見てしまった仙水や御手洗と同じ感情を現世を見て感じてしまったのかもしれない。でもそれを音楽と言う表現に昇華し、この苦痛の世界を生き抜くという宣言をしている千葉氏はこれ以上に無い位に最高のアーティストだと僕は思うんだ。



■Detest/O.G.D

a1023103669_2.jpg



 先日のAfter Foreverとの2マンライブでも全44曲50分の圧巻のグラインドコア絵巻を見せてくれた国産グラインドの注目株であるO.G.Dの2011年リリースアルバム。これがもうダーティで極悪なグラインドコアど真ん中な作品で非常にナイスなのだ。アートワークで表現されている劣悪で極悪な地獄を正に音で体現している作品だ。



 先ずは何と言っても潔い収録内容だ。彼等のライブは20分もしないでライブは終わるし、MC無しほぼノンストップでショートカットグラインドを吐き出すスタイルなんだけど、それがそのまま収録されていると言って良いだろう。全12曲13分というグラインドコアに余計な物はいらねえとばかりの内容が先ず最高。そして音源でもライブのテンションがそのまま収録されているから最高なんだ。
 O.G.Dのグラインドコアはまるでグラインドコアとは何なのかと言う物を追求している様に見える。他のジャンルの音とのクロスオーバーは完全に拒み、ひたすらブラストビートとブルータルで劣悪なギターリフの殺気を追求し、そしてほぼ全ての楽曲が約1分程度と言う内容。時にはダウンテンポなパートもあったりするけど、基本的にはとにかくひたすらにグラインドコア。ブラストビートは止まる事無く暴走し、ギターソロなんていらねえとばかりにお光速のギターリフで更に畳み掛ける。更にはそのギターも高音質なんざ糞喰らえじゃ!!とばかりに歪に歪んだサウンドを機軸に、速さだけで無く、地獄の底の殺気と狂気を体現したみてえなブルータルさ。とにかくゲスさを極めようともしているんじゃねえかって位にダーティ。そしてそのロウで放たれるサウンドはグラインドを追求していながら、個人的にはそのビートやキメの入れ方なんかは凄いクラスト的な物を感じたりもする。
 プリミティブな怒りと殺気を止まらない激しさを加速させにさせまくる事によって生まれるO.G.Dのエクストリームなグラインドコアだけど、その根底は凄くハードコアパンクだと僕は勝手に思っているし、それがあるからこそ単純に格好良いし、「Orgasm Grind Disruption」という彼等の正式名称通り、この音には確かなオーガズムがあるし、というか最初から最後までオーガズムしかない。ボーカルのミナガワ氏はライブでのテンションそのままにグロウルとがなり声を使い分けながら、正に吐き捨てる様なボーカルしかしていないし、彼等は地獄の門番の様でもありながら、グラインドコアの求道者であり、グラインドコアに取り憑かれてしまった猛獣なんだと思う。のっけから凄まじい猛威を放ちながらも、作品の終盤はそれが更にとんでもない事になっているし、制御不能の暴力をグラインドコアの快楽として吐き出しているのだ。



 過去に何度かライブも拝見させて頂いているけど、そのライブも音源そのままにただひたすらにグラインドコアの殺意を吐き出し暴れ狂うとんでもない物だし、たった20分で全てを出し切る完全燃焼なライブはとんでもなく格好良い。そんな彼等の音がそのまま収録された今作はグラインドコアの極限に迫る危険な作品だ。



■Superficial/Self Deconstruction

019574682f3e0ea8af7215e9c0337a6b.jpg



 ex SETE STAR SEPTの葛葉氏も在籍する、現在各所で話題を呼びまくっているカオティックグラインドコアバンドであるセルコンの1st音源。これが実に混沌と破壊のみが存在する極悪音源なのだ。収録内容が先ずぶっ飛んでいるし、全13曲で10分という超絶ショートカットチューンがノンストップで繰り広げられている。一番長い曲で1分19秒だし、ほぼ全ての楽曲が1分未満と言う内容だ。そしてそのショートカットチューンの中にとんでもない音の洪水が詰め込まれている。



 このバンドは最早単なるグラインドコアという枠に収まらない。ギタリストの葛葉氏のギターワークが本当に秀逸で、豊かな音楽知識を見事に生かしまくり、グラインドを機軸にしていながら、ゴアもカオティックもハードコアもスラッジも全てをその凶悪なギターワークに詰め込んでいる。全く休む暇なんて無いギターの凶悪な殺戮具合の連続が先ず凄まじいし、頭で理解する前に聴き手の体はズタズタに切り刻まれてしまうだろう。ドラムも怒涛のブラストを叩き出しながらも、転調の連続で、高速回転で暴走しながら横転しまくり、辺り構わずにその破壊のビートで無差別に巻き込んでいくのだ。そんなギターとドラムに乗るのはまたしても怒涛の男女ツインボーカルで、呻き声に近い呪詛を吐き出す女性ボーカルと、がなり声で捲くし立て叫びまくる男性ボーカルがこちらもノンストップでバトルを繰り広げる。セルコンの音に安全地帯なんて何処にも存在なんかしていない。
 グラインドコアとしてもとんでもない破壊力を持っているバンドだとは思うけど、やはりセルコンはグラインドを分解し、そこにあらゆる要素の危険な部分だけを組み入れ、再構築した上でまた破壊するサウンドが本当に大きな魅力だと思う。本当に短いショートカットチューンの中で楽曲は本当に目まぐるしく展開を繰り返すし、どのパートも日和なんて存在していない。破壊的な音の乱打をこれでもかと組み合わせて、とんでもない情報量を僅かな時間でフルスロットルで放出するスタイルだし、しかも徹底して速さで攻めると思えばまた違って随所にミドルテンポのパートやビートダウンを取り入れる事によって更なる混沌を生み出す。



 というかこうして文にしてセルコンの音を紹介する事自体が最早野暮だとすら思うし、とにかく破壊と混沌が全方位で迫ってくるサウンドは一瞬で聴き手を皆殺しにしてしまう事は間違い無いし、これはグラインドコアの最新で最凶の異質の狂気なんだと僕は思う。先日初めてセルコンのライブを観たけど、ライブも実に合計演奏時間15分未満の音源同様のノンストップショートカットチューンの嵐だったし、音源よりも更に凶悪になっている。混沌の先の混沌をセルコンは生み出しているのだ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター