■タグ「グランジ」

■SUNDAY BLOODY SUNDAY/SUNDAY BLOODY SUNDAY

Sunday Bloody Sunday
Sunday Bloody Sunday
posted with amazlet at 17.09.30
Sunday Bloody Sunday
Fixing A Hole 販売:密林社 (2016-11-30)
売り上げランキング: 494,754




10年以上に渡り活動を続ける埼玉の3ピース・オルタナティブ・ロックバンドSUNDAY BLOODY SUNDAY(以下SBS)の2016年リリースの1stアルバム。
リリースから既に一年近く経過しているが、数多くの人が2016年のベストリリースに挙げる名盤となっており、SBSの名前を一気に世に広めた作品である。



バンド名から僕は真っ先にU2が思い浮かんだが、彼らが鳴らすのは90年代グランジ/エモを軸に、ストーナー・ロックなどのヘヴィ・ロックのテイストを加えた物となっている。
確かにサウンドスタイルとしては00年代以降のテイストは薄く、人によっては懐かしさを感じさせるものではあるが、単なる懐古主義なバンドでSBSは終わらない。

今作を代表するキラーチューンである第2曲『Still Spins』を聴けば、SBSはスタンダードなオルタナティブ・ロックを鳴らしながら、未来へと向けてその音を放つバンドだと分かる。
ヘヴィな煙たさを放つリフ、ミドルテンポで重心が効いたリズム隊のグルーヴ、そこに乗るギター・ボーカル冨永氏の歌は透明で情念あふれる伸びやかな物だ。
リフから想起させられる郷愁のグッドメロディ、歌とギターリフがシンクロし、確かな泣きとして聴き手の感情を揺さぶる。

個人的にNIRVANAやALICE IN CHAINSといったグランジバンドが大好きなので、SBSのサウンドスタイルはドンピシャに刺さるが、それらのバンドが持つ湿り気やダークさだけがSBSの持ち味ではない。
SUNNY DAY REAL ESTATEといったバンドの持つきらめきのエモーション、さらに初期BLACK SABBATH的なヘヴィ・ロックの源流をくみ取り、メインストリームからサブジャンルまで飲み込みながら、ポップネスとエクストリームの隙間を突き刺すSBS節を完成させている。

歌詞こそ全曲英詞であるが、彼らのライヴでサビを一発聴いただけで、観る人をシンガロングさせてしまう様な歌心こそSBSの一番の武器だろう。
第8曲『Don't Know Who I Am』は個人的に今作のベストトラック。流れゆくギターフレーズと歌が心の奥底まで染み渡り、力強く羽ばたく名曲となっている。


ヘヴィネスを保ちながら黒さだけではなく、多彩な色彩を描き歌うSBSは、時流や流行り廃りを越えたスタンダードミュージックである。
マニアックな音楽愛があるからこそ、それらを不変のオルタナティブ・ロックに帰結させたSBSの手腕に軍配だ。

力強いグルーヴとギターリフ、そして泣きのメロディと一発で耳に残る歌。それらのシンプルな要素だけで高らかに青空へと駆け上がる音楽を作り上げている。
今作は現在だけでなく、未来へと語り継がれる一枚となるだろう。3ピースの一つの理想形として、全音楽好きへ突き刺さる名盤だ。



スポンサーサイト

■Glutamic Acid/Twolow





 As Meias、Kulara、Hellish Life、Detrytusに3LAとメンバーのこれまでのキャリアを挙げたらキリが無いスーパーバンドTwolowの1stフルアルバム。
 2014年秋の自主企画での初ライブからの精力的な活動で名を広め、またバンド名からも分かる通り全員がラーメン二郎フリークスという事実も色々話題になったりもしたが、悪ふざけは全く無しで全てが大マジで全マシだ。それは今作の音が全て物語っている。



 まるで3ピースの限界に挑む様なサウンドプロダクトがまず現代の小難しさばかり先行するヘビィロックに対する宣戦布告だろう。メンバー3人のプレイはそれこそ複雑なフレーズを叩きつけてはいるけど、極太麺の如く図太い一本の線としてアウトプットし、バンド名は伊達じゃないとばかりに一口目でガツンと衝撃に襲われるだろう。
 Twolowを語る上で絶対に外せないのは90年代の混沌とした時代のヘビィロックだろう。それはグランジから始まり、モダンヘビィネスやジャンクロックといった部分にまで渡るけど、Unsane、Today is the Day、先日のワンマンでもカバーしていたTadの様なSUB POPのバンド、ヘビィネス代表格であるHelmet、果てはメタルまでと幾多に渡るエッセンスを調合してコクと旨味を引き出している。
 ただTwolowは90年代焼き直しバンドでは無い。タイトに複雑なビートを叩きながらも、躍動感を絶対に失わない塚本氏のドラム、ストイックに太く歪んだベースラインを弾き倒す亀井氏のベース、そしてダミ声で吐き捨てるボーカルと共にリフに次ぐリフで堂々と攻める水谷氏のギター。そこに余計な味付けは全く無いし、素材の味を最大限に生かし、現行のヘビィロックに対して真っ向から立ち向かい、だけどそれを90年代から続くヘビィロックを2015年の物として表現しているのが今作のキモだ。
 「Turning On」から全マシのリフがダークネスを振りまき、リズム隊の音が内蔵を圧迫していく。空研的なエフェクトはほぼ使用せずに、生々しさ重視のレコーディングやミックスが施されるライブ感、ベタな言い方だけど、鉄と血の匂いが充満する音がTwolowの持つ90年代ヘビィロック感の正体だろう。
 疾走感がメジャー感を生み出す「Lost Inからドゥーミーさすら匂わせ、Twolowの武器であるミドルテンポの業火の真骨頂「Article #9」、そしてめくるめくリフとビートのドープさからラスト1分の疾走によって貪りながら食った、完飲!!って感じの絶頂感と焦燥感と使命感という衝動で締めくくられる「Dead Man Working」まで素材の味と体に悪い成分をてんこ盛りにした極上の一杯ならぬ極上の一枚だ。



 バンド名は二郎だし、自主企画名は「ニンニク入れますか?」だし、アルバムタイトルはグルタミン酸だから知らない人は悪ふざけしたラーメンバンドだと勘違いしてしまうかもだが、それはギルティだ。
 全てが大マジじゃなきゃこんなシリアスでダークなヘビィロックが生まれる訳が無いし、オルタナティブロックっやハードコアのリスナーは勿論だけどメタラー兄貴が聴いても大満足な一枚だろう。
 REDSHEERやBB等、90年代から時代を作り上げた猛者がその時代の空気感を受け継ぎながらも新たな音を創造する現在、Twolowもそんなバンドだし、腹ペコ野郎共は食い逃してはいけないのだ。



■OSRUM/OSRUM


OSRUMOSRUM
(2014/12/17)
OSRUM

商品詳細を見る




 正に再生の歌がそこにあった。2012年のAS MEIAS解散、2013年のZの解散を経てスーパーギタリスト魚頭圭が、ex.NAHTの羽田氏とBALLOONSの藤本氏と新たに結成したOSRUMの2014年リリースの1stアルバムが今作だが、この重鎮三人が集まったらこんな音になるって納得するしかない音でありながら、同時に魚頭氏がとうとうこの境地にまでたどり着いてしまったのかと驚く作品にもなっている。魚頭氏はこれまで数多くのバンドで活動して来たけど、これまでのキャリアの中で一番のグッドメロディ、そしてシンプルさと深みを持つ音になっているのだ。



 魚頭氏はゼアイズやZでもボーカルを取った事はあったけど、OSRUMではギターボーカルとして全てのボーカルを担当している。そして時にエモーショナルな叫びに近い歌を聞かせたりもしながらもほぼ全てクリーントーンのボーカルになっている。3ピースって編成もあるけど、サウンドはこれまで以上にシンプルに削ぎ落とし、魚頭氏もこれまでプレイして来た変態的フレーズはほぼ封印し、本当にシンプルなコードストロークのサウンドを基調にしたギターを聞かせてくれる。メンバーそれぞれが90年代のハードコアやエモやグランジなんかをルーツに持っているのもあるだろうけど、その空気感を現代のエモリヴァイバルな空気を融合させ、そこに渋みを加えたのがOSRUMというバンドだ。楽曲はほぼミドルテンポ、分かりやすい激情爆音サウンドはほぼ無し、あるのは長年シーンの最前線で戦った3人だからこそ生み出せた誰にも壊すことの出来ないアンサンブルの美しさ、波紋を作りながら浸透する優しいメロディと歌、たったそれだけだ。いやそれだけで十分だとすら言える。
 第1曲「2013」を聴いて僕は涙が止まらなくなってしまった。2013年は正にZが解散した年であり、今作で魚頭氏が日本語詞で歌っているのはZ解散からOSRUMを結成し再びステージに立つまでの再生の物語なのだから。勿論この3人の描くアンサンブルも凄い。魚頭氏はZやAS MEIASでも聞かせていたエフェクトワークこそあれど、フレーズは本当にシンプルなフレーズで攻める。そして機材の鬼でもある魚頭氏だ。ギターの鳴りが本気で泣いている。藤本氏のドラムは決して自己主張をしている訳では無いけど、ミドルテンポの重みをドラムで体現、羽田氏はズ太いベースラインを前に押し出しながらも、常に前に出るのでは無く、押しと引きを生かしたラインだ。魚頭氏がリードフレーズを弾けばエモとブルースが融合した音階を奏でているし、曲展開こそ決して多くないし、シンプルにフレーズを繰り返しながら、徐々に熱を帯びさせるサウンドスタイル。こんな音はこの猛者達じゃなきゃ生み出せないし、歌詞の内容も含めて本気で泣いてしまう名曲だ。
 一方で第2曲「満月か低気圧」ではそれぞれの音が主張しながらも、絡み合っていくアンサンブルが本当に気持ちが良いし、引きのフレーズで高める音はディストーションと共に静かに炸裂していく。個人的にはこのサウンドスタイルはオリジナルグランジにエモを持ち込んだ音になっていると思うし、曲の中で激の要素はかなり強い筈なのに、そこで感じるのは熾烈さでは無くて、変速性をアクセントにして寄せては返す波の様であり、同時に心臓の鼓動の様でもあるのだから。インストである第3曲「調和」は今作の中では一番各楽器のコアな要素を絡め合わせたポストロック色の強い楽曲。個人的には再結成してからのEarthの様な雄大なアメリカーナ感すら感じるし、魚頭氏の空間系エフェクターの使い方が絶妙過ぎるし、藤本氏のスネアの音色が深い所に叩き落としてくる。ディストーションサウンドになってからはより涅槃感が高まり、ループするフレーズと共に聴き手をトランスさせてくる。
 そして終盤の第4曲「新しいこと」と最終曲「全然終わってない」は今作でも特に熱い2曲だ。勿論ただ単に直情的なサウンドを奏でる訳が無い、キレまくったギターのカッティングと吐き捨てる様なボーカル。これ再結成してからのアリチェンが持っている物と同じじゃん!!ってなった。ソロフレーズなんか滅茶苦茶ブルージーで枯れているのに熱いし、ここぞって所でリズム隊の音が主張を強めて炸裂してくる「新しいこと」、「調和」同様に静謐なアンサンブルの反復から熱が爆発し、羽田氏のベースラインがメロディアスでありながらボトムを作りまくった末に、最後の最後は必殺のフレーズが炸裂!!しかしそこにあるのは負の感情では無くて、それでも前に進もうとする気迫だ。魚頭氏は今作でも時にはZやAS MEIAS時代にも聞かせていた攻撃的なフレーズをここぞとばかりに使ってくるけど、それは誰かを傷つける為の音じゃ無い、誰かを奮い立たせる為の音だ!!


 
 しかしAS MEIASとZという変態バンドを経て魚頭氏が到達した音は、魚頭氏らしさ全開であり、同時に羽田氏と藤本氏という強烈な個性とぶつかり合った末に調和を生み出しながらも、これ以上に無い位に素直な歌だったのは本当に驚いたけど、でもメンバー3人のこれまでの偉大なキャリアと実力があったからこそ到達出来た音だと思うし、シーンの重鎮の新たな攻めのサウンドでありながら、最早万人受けしても全然良いんじゃないかってレベルの歌心の説得力と深さ。最高に渋いんだけど最高に熱い作品だし、熟練の力と続けて来たからこその説得力が半端じゃない。2014年の最後の最後に産み落とされた再生の歌は本当に涙無しじゃ聴けないと僕は思う。



■The Bulls & The Bees/Melvins

4664.jpg



 地下世界の帝王としてアンダーグラウンドシーンに現在も君臨するMelvinsの2012年発表のEPである今作はまさかのフリーダウンロード作品。トヨタがアメリカで展開するブランドScionの運営サイト「Scion A/V」の企画として配布された物であり、何とも太っ腹で気前の良い作品。昨年はライブ盤もリリースしたが、約2年振りの純粋な新作である今作はこれぞMelvinsと言うべき、ヘビィでグランジな5曲が並んでいる。



 基本的な路線はここ最近のMelvinsでツインドラムの複雑なビートを生かしながらも、基本はスラッジかつグランジなリフを中心に攻め立てる楽曲構成。第1曲「The War On Wisdom」から複雑なツインドラムの絡みで始まるけど、バズがシンプルでありながらもヘビィなリフを鳴らした瞬間に完全にMelvinsにしか鳴らせないグランジサウンドが展開される。変拍子で緩急を付けつつもストレートなリフの強さを見せるし、複雑なリズムセクションはそれをより強調する。転調やブレイクダウン等を取り入れ、捻じ曲がりながらも直接的なヘビィネスをぶつけてくるし、Melvinsファンは勿論、今作でMelvinsに初めて触れた人も十分に取り込める力がある。続く第2曲「We Are Doomed」はタイトル通り、ミドルテンポの後乗りのスラッジ・ドゥームな1曲でスラッジなMelvinsを見せる1曲。ストーナーなリフと共に煙たさを出しながらグランジとドゥームの融和するグルーブが噴出しながらも、殺気立っていてそれでいたロック・グランジの精神を感じさせるサウンドはやはり彼等ならではの物だろう。よりドープでノイジーなうねりまくる激重リフと砂埃が舞い上がるサイケデリックな第3曲「Friends Before Larry」、不気味なアンビエントである第4曲「A Really Long Wait」、ジャンクなビートが楽曲を引っ張り、Melvinsの変態性とグランジ・ヘビィロックの馬力が結びつき哀愁の歌メロを聴かせつつも最終的にはスラッジリフで攻め立てる第5曲「National Hamster」、この様にここ最近のmelvinsのサウンドを本当に分かりやすく見せてくれる全5曲であるし、フリー配布作品とは思えない完成度とどこをどう切ってもMelvinsでしかない音が確かに存在している。あくまでもここ最近の作品の延長線上の作品ではあるけど、十分に初心者もファンも引き付ける納得の内容だ。



 言ってしまえば企画盤的な作品ではあるけれど、今作にパッケージされたのはもうただMelvinsでしか無いヘビィロック・グランジサウンド。フリー配布とは思えない気合の入り具合を見せてくれている。長年地下世界の帝王として君臨するMelvinsの余裕すら感じるし、長年帝王の座に君臨する彼等の実力を改めて見せ付ける作品。6月にはBuzzDaleにMr.bungleの元メンバーであるTrevor DunnとMelvins Lite名義で作品を発表する事もアナウンスされており、2012年のMelvinsの動向から益々目が離せない。今作は下記リンクからダウンロード可能。



 The Bulls & The Bees試聴&ダウンロードページ



■Alice in Chains/Alice in Chains


Alice in ChainsAlice in Chains
(2001/02/01)
Alice In Chains

商品詳細を見る




 グランジムーブメントの最重要バンドの一つであり伝説的バンドであるAlice In Chainsの95年発表の3rdにしてレイン在籍時のラストアルバム。3本足の犬のジャケは色々と物議を醸したらしく日本盤の方は真っ白なジャケットになっていたりする。グランジ勢の中でもメタリックな音を鳴らしていた彼等だが、今作はスラッジの域にまで到達したヘビィさとそれに反するキャッチーさ、そして薬物問題で心身ともにボロボロになってたレインの歌声の陰湿さがよりヘビィさを加速させる傑作だ。



 とにかくミドルテンポの楽曲が並び、レインとジェリーのツインボーカルの編成を取り、自らの持っていたヘビィさをより突き詰めた作品だ。ミドルテンポの中で引き摺るギターリフは完全にスラッジコアのそれであるが、決して難解にはなっていないし、歌心とヘビィさの中から見える旋律のキャッチーさが奇跡的に組み合わさったもいる。レインのボーカルは今にも消え入りそうな絶望感に満ちているし、ズタズタの精神状態が否応無しに感じられるし、それが作品全体のヘビィさに間違いなく繋がっている。第1曲「Grind」は序盤からドゥーミーなリフが登場し、今作のヘビィさを見せ付けるが、歌メロに重きをおいているからこそ決して派手では無いし、仄暗いサウンドではあるけれど、精神の深遠を見る様でもありながらそれは凄くストレートに伝わってくる。アンプラグドでのアクトで分かると思うが彼等の楽曲はどこまでも歌を大切にした物だし、ヘビィに仕立て上げても彼等の歌心という魅力は全く消える事は無いし、それはスラッジなサウンドの中で静かに光っている。第3曲「Sludge Factory」は個人的に今作でも屈指の名曲であると思う1曲であり、タイトル通りスラッジなリフで攻めてくる1曲であるが、サビでは持ち前の歌心をしっかり見せてくれるし彼等のヘビィなグランジサウンドと剥き出しの歌心が最高の純度のまま結び付いた1曲だと思う。第4曲「Heaven Beside You」はアコースティックな1曲でヘビィさを抑えた今作の中では異色の1曲だが、作品の中で自然と同居しているし、どんなサウンドでも彼等の根底は何も変わりはしない事の証明となっている。深遠さとメロウさを前面に出した第7曲「Shame In You」の哀愁もまた素晴らしい物であるし、今作の中では大分BPMが早めな第9曲「So Close」でも灰色の世界をフラフラしたまま疾走するドープさを感じさせてくれる。今作はレインのボーカルがボロボロであったり、全体的に乾いたサウンドが批判されたりもするけれど、それが逆に彼等のヘビィさをより明確にしているし、核になっている彼等の歌は何もブレちゃいない。終末観漂い完全にドゥームの域に到達した第11曲「Frogs」と美しい旋律に惚れ惚れするエンディング「Over Now」の終末の世界の美しさは本当に心に突き刺さるし、今作の純度の高さを最後まで守り通す。



 Alice In Chainsは今作発表以降は活動停止状態になり、レインは2002年にオーバードーズでこの世の人では無くなってしまった。今作は破滅的なヘビィさと美しさに満ちているがその結末は破滅であった。その燃え尽きる瞬間の深遠なダークさは彼等にしか生み出せない物であったし、レイン亡き今でも今作の仄暗い輝きは決して消える事は無い。間違いなく彼等の最高傑作であるし、グランジムーブメントが生んだ最後の傑作だと思う。





プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター