■タグ「ゴシックドゥーム」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Rites of Separation/Agrimonia


Rites of SeparationRites of Separation
(2013/05/02)
Agrimonia

商品詳細を見る




 MARTYRDOD、BOMBS OF HADES、MIASMAL、AT THE GATES、SKITSYSTEMのメンバーも在籍するスウェーデンのAgrimoniaの3rdアルバム。リリースはSPUTHERN LORDから。元々はネオクラストのバンドであったが、2ndから大きく路線を変え、ポストメタル・ゴシックドゥーム色を強く出してきたが、今作は前作の流れを引き継ぎながらより深化させた物だと言える。買ったのが今年に入ってからなので年間ベストに入ってなかったが、ちゃんと去年買えていたら年間ベストに入れてた傑作だ。



 今作も大作志向の作品で5曲中4曲が10分越えの長尺曲中心の作品だが。それは1stの頃から変わってないし、1stの頃もネオクラストとはいえ大作志向だったし、それを作品を重ねる毎に進化させてきた彼等の真骨頂が今作にはある。単なるゴシックドゥームとは違って、ポストメタル要素は勿論あるし、ネオクラスト派生型バンドだからこそ単なるゴシック志向とは全然違う。確かにメロディは前作以上にメランコリックさが高まっているし、今作はより洗練された完成度を誇るし、長尺ながらもより聴き易くなった印象も大きい。ドラマティックに展開される楽曲のストーリー性だとかもそうだけど、ゴシック系のバンドにあるある種の臭みを絶妙に抑えているからこそ、メランコリックなメロディの良さを押し付けるんじゃなくて、しっかりと聴かせる物になっているし、そういった類の音が苦手な人でも今作は是非とも触れて欲しいと思う。そしてネオクラスト派生型バンドであるからこその、激情系ハードコアのあの展開の仕方を今作でもしっかり取り入れている。彼等はLight BearerやMorneに並んでネオクラスト派生ポストメタルバンドの重要バンドだと僕は思うのだ。
 第1曲「Talion」の冒頭のギターフレーズなんてモロにゴシックメタルなそれなんだけど、でもメロディの塩梅が本当に絶妙で、嫌らしさを感じないし、ハードコアな直情的な激情とゴシックメタルの耽美さが正面衝突する展開はドラマティックでもあるし、単純に格好良い。成分としてはメタルの成分が大きいとは思うけど、それを絶妙に入ったハードコア成分で見事な調和を果たしている。疾走するパートの格好良さも、メタルらしいある種のベタさも、ポストメタル的な構築美も、静謐なパートで胸を掻き毟るメランコリックさも、言ってしまえばまだネオクラストだった1stの頃から確かにあったし、その核は実は変わっていないのかもしれないとも思う。15分にも及ぶ壮大な第2曲「Hunted」はメタリックな熾烈なるリフの応酬からポストメタル感を一気に広げていく壮大極まりないスケールに脱帽するしかないし、特に曲の終盤はその要素がかなり出てくるけど、そこではゴシックな成分が逆に良いエッセンスとして働いてるからズルいとも思ってしまう。そして最後はまたメタリッククラストな獰猛なるサウンドの応酬だから昇天間違いなし。今作で唯一の10分未満の第4曲「The Battle Fought」はいきなりポストブラックな冷え切ったリフの応酬で始まり、1stの頃を思い出させる曲でもあるけど、同時に今作で見せる洗練と言う物をまた感じさせる1曲にもなっている。終始吹き荒れるブリザードな音がまた堪らない!そして再び15分以上の壮大なる最終曲「Awaiting」は今作で最もドラマティックな楽曲であり、美しさもドラマティックさも熾烈さも今作で屈指のレベルを誇っているし、ドラマティックな全5曲のクライマックスを見事に締めくくっている。



 ネオクラストからスウェーデンらしい耽美な美意識を前面に押し出し深化を遂げたAgrimoniaの洗練を見事に感じる作品であるし、1stと2ndとまた違う物をこの3rdでも見せてくれた。一つの形に固執せずにクロスオーバーに自らの音を進化させるAgrimoniaの精神はやっぱりネオクラストバンドの進化の精神のそれであるし、その形式に拘らずに自らを鍛え上げているからこそ生まれた美しく熾烈な物語が今作なんだと思う。



スポンサーサイト

■Emerald Forest And The Blackbird/Swallow The Sun


Emerald Forest & the BlackbirdEmerald Forest & the Blackbird
(2012/02/14)
Swallow the Sun

商品詳細を見る




 ゴシックドゥーム界の代表的なバンドであるSwallow The Sunの2012年発表の最新作。前作「New Moon」では激泣きと激メランコリックな美メロが咲き乱れるゴシックドゥームを展開し、多くのリスナーの心を号泣に導いた傑作となったが、今作はより音のレンジを広げた作品になっており、前作程は前面には出してはいないにしてもメランコリックな美メロは健在。そしてそれらの旋律の重みも増している。



 今作はシンセを中心に楽曲の旋律を作り上げ、泣きのギターといった要素は少し後退している。それに楽曲の尺も長くなりよりスケール感を高めている。第1曲からシンセの哀愁の旋律から壮絶なストーリーを展開しており、前作に比べたら格段にスケールアップが施されている事が分かると思う。アコースティックギターも取り入れ、フォークメタル要素も強めている。ポストメタル要素も以前からあったが、今作のストーリー性と静謐さと激情の広がりはよりポストメタル的なサウンドスケープを拡張した物だ。フォークやプログレッシブといった要素を強めて、元々かなり強かった彼等のストーリー性のあるゴシックドゥームの世界は本当に大きな広がりを見せているし、ゴシックドゥームの枠では収まらない。第4曲では静謐さを前面に押し出しながらも、序盤から泣きのギターが炸裂するクラシカルさと共にクリーントーンの男女のボーカルが織り成す幻惑とメランコリックな歌世界は本当に魅力的であるし、今作に於ける彼等の成熟を本当に痛感させられる名曲になっている。中盤からはグロウルも飛び出し、その静謐さからヘビィなリフが飛び出す展開を見せたりもするが、今作で比重が増えた静寂の中で見せるクリーンさが、ゴシックドゥームとしての暴虐さをより際立たせているし、その暴虐パートから再びメランコリックな美メロパートに移行しても楽曲の中で一貫したストーリーを感じさせる物だ。そして何よりも彼等の暗闇から新たな光へと連なる世界は今作で本当に大きな説得力を持つ様にもなったし、ドゥームサウンドは健在ではあるがドゥームである必然性を自ら捨て去り、新たな要素を貪欲に取り込んだからこその進化だと思う。第10曲の美メロが轟音として迫り来る感覚から、静と動の明確な対比、そして壮絶でありながらも救いへと繋がるラストへの流れは本当に美しい。



 美メロは健在ながらもあからさまな泣きの要素は後退したし、ドゥーム要素は壮絶なグロウルボーカルも減ったから前作に比べたら派手な作品ではないし、冗長になってしまった部分があるから前作を愛した人の中には戸惑いを覚える人もいるかもしれないが(僕も初めて今作に触れた時はそうだった)、より複雑になりよりスケールの増した楽曲と作品全体のレンジを広げ、そのサウンドの中にあるのは一貫して美しいメランコリックさだ。聴き込む程に彼等の凄さを痛感させられるし、本当に長い時間をかけて触れる事の出来る作品になったと思う。今作でSwallow The Sunは完全にネクストレベルへの飛躍を遂げた。



■Until Fear No Longer Defines Us/Ghost Brigade


アンティル・フィアー・ノー・ロンガー・ディファインド・アスアンティル・フィアー・ノー・ロンガー・ディファインド・アス
(2011/10/19)
ゴースト・ブリゲード

商品詳細を見る




 フィンランドのゴシックドゥームバンドの2011年発表の3rdアルバム。10月に国内盤も発売されるらしいのでこの日本でも人気が出ているバンドであろう。僕は今作でこいつらの音に始めて触れたが、ヘビィなリフで攻めるパートは徹底的に攻めて、泣きのギターが炸裂するパートは徹底的にメランコリックにというメリハリをしっかりと付けた作品であると言える。Opethやポストメタルのバンドの様な構築の美学も感じさせながら、スラッジなヘビィさも、ゴシックの泣きのメロディも全部ブチ込んだハイブリットな音になっている。



 同じフィンランドのゴシックドゥームのバンドであるSwallow The Sunに近い物をこいつらにも感じたりするのだが、Swallow The Sunはヘビィでありながらもメランコリックな旋律の比重が大きいのだけれど、こいつらはヘビィなパートは徹底的にヘビィに攻めてくる。第1曲「In The Woods」でアコギとボーカルのみで耽美なトラッドフォークを奏で、その耽美な世界を展開し今作は始まるのだけれども、第2曲「Clawmaster」では殺気に満ちたグロウルとスラッジなリフが襲い掛かり、ポストメタル的な緻密さで緩急を付けながらも自らのヘビィさを叩き付けて来ている。しかし泣きのパートに突入した瞬間にギターはこれでもかと感情を直撃する旋律をかき鳴らし、一気にメランコリックな音へと変貌する。ドスの効いたグロウルボイスとヘビィなリフのパートとクリーントーンで美しい歌声を聴かせ泣きのフレーズが咲き乱れるパートのメリハリと対比がこのバンドの大きな魅力であるのは間違い無いだろう。しかし第3曲「Chamber」や第6曲「Grain」の様なメランコリックさで攻め立てる楽曲も非常に魅力的でもある。北欧のトラッドな要素を前面に押し出し、深い闇から光の差し込む方向へと進んでいくかの様な様は非常にドラマティックでもある。一方で第7曲「Breakwater」の様なメロディアスでありながらもヘビィネスを全開にした楽曲もある。だが時折見せるメロウさがヘビィさを際立たせているのも確かであり、幻想的と狂気が渦巻くゴシックな世界観を確立しているのだ。そして今作屈指のメランコリックかつ壮大な「Soulcarvers」にて幕を閉じる。この曲はこいつらの魅力を如何無く発揮した名曲であり。今作のラストを締めくくるに相応しい出来だ。



 作品全体でもメリハリの効いた構成になっており、楽曲も芯の部分を守りながらもそれぞれが作品の語り部となっている印象を受けた。単純に1曲1曲の完成度も高いし、作品全体を通して聴いても全く飽きの来ない物になっている。それでいて否応無しに発揮されるメランコリックな旋律を生かす楽曲構成も素晴らしいと言えるだろう。OpethやAnathema辺りが好きな人には堪らないし、このスラッジさと構築美はポストメタル愛好家である僕も惹きつけられた。ゴシックドゥームというマイナーなジャンルの音ではあるけれど取っ付き易さは普通にあるし多くの人に薦めたい名盤である。



■New Moon/Swallow The Sun


New MoonNew Moon
(2009/11/17)
Swallow the Sun

商品詳細を見る




 フィンランドのゴシックドゥームバンドであるSwallow The Sunの09年発表の作品。ゴシックというだけあって、その音は非常にメロディアスで耽美な物になっている。寧ろドゥームというよりもポストメタル的な感触の音にドラマ性と陰鬱で美しい旋律を取り入れ、グロウルを駆使するボーカルスタイルでありながらも、極悪さよりも激情の感情に襲われるし、全ての旋律が泣きの音を作り上げる非常にドラマティックな作品だ。



 CDを再生した瞬間に耳に入るのは非常にメランコリックなアルペジオの旋律、そこから轟音のリフと泣きのギターが入り最初から胸を抉る様な涙の音が流れる。この作品にがドゥームらしい煙たさや極悪さは全く無く、寧ろゴシックメタルにポストメタル的要素を取り入れた感触を感じるのだ。だからこそ2本のギターとキーボードの音は緻密に組み合わさっているし、グロウルとクリーンを巧みに使い分ける事でその泣きの感情を最大限にまで引き出すボーカルがまた大きな要素を持っていたりする。荒涼とした空気の中でどこまでも感情をメランコリーさをスロウテンポの轟音の中で描く音楽だと言える。
 特に中盤からの流れは今作の大きなポイント。第5曲「Lights On The Lake (Horror Pt. III)」は女性ボーカルをフューチャーし、どこまでも泣きまくりな旋律と、無慈悲に刻まれるヘビィなリフ、静謐なパートから一気にポストブラックメタルな爆走ブラストビートの嵐に移行するプログレッシブさや、壮大なスケールの楽曲と構成力の強さが本当に感情を揺さぶりまくる。そこから第6曲「New Moon」への流れは本当に鳥肌が立つ。やり過ぎだと思ってしまう位に押し寄せるメランコリーな感情を揺さぶる泣きの旋律とドラマ性。しかしこいつらの場合はそれが陳腐な物ではなく、大きな流れの中でその感情をドラマティックに描くのだ。そこにある優しさと温もりの感触こそがこのバンドの泣きの要素なんだと思う。



 作品全体を通しての完成度も高く全ての曲がメインを張れる位だし、作品全体が一つの作品として一貫した流れを作り上げている。冷たい感触や陰鬱な感情を感じさせながらも冷徹な音では無く、ヘビィでありながらその音は本当に優しい温もりを感じさせる。だからこそ本当に残酷だ。この音は聴き手の感情をどこまでも揺さぶってくる。夜の静寂の世界を切り裂く感情の轟音を鳴らすゴシックドゥーム。心が震えることは間違いない。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。