■タグ「ゴシックメタル」

■Sonic Mass/Amebix


Sonic MassSonic Mass
(2011/09/23)
Amebix

商品詳細を見る




 80年代ハードコアに於いて最重要バンドの一つと言われる伝説的バンドであるAmebix。2008年に再結成したが、今作は2011年にリリースされた再結成後初のアルバムであり、実に25年振りのオリジナルアルバム。しかし80年代はメタルクラストバンドであった彼等だが、その面影は全く無く、一言で言うなら全てを超えた先にあるドラマティックな物語があった。枠組みを破壊し、本当に素晴らしい作品であるその一言に尽きる。



 本当に野暮になってしまうけど、今作はメタル・ハードコアだけでなく、プログレッシブロック。ゴシックとかそういった要素も入り込んだ作品になっており、ジャンルで形容するのは最早意味が無いし、本当に一言で素晴らし過ぎるハードコアとしか言えない。そして作品の楽曲が全て繋がった組曲形式の作品になっており、楽曲の合間合間にはSEが入っていたりもするし、本当に壮大な物語としてのハードコアだ。全楽曲にてシンセが本当に重要な役割を果たしており、そのシンセがゴシックな感覚を生み出し、また組曲形式になっている楽曲が本質的な意味でのプログレッシブさを生み出している。また楽曲の傾向も本当に幅広く、メタリックなハードコアからゴシックメタルまで本当に幅広い、しかし全ての楽曲が一つの太い線で間違いなく繋がっているし、楽曲の尺も4分台5分台で占められており、長尺な楽曲は無い。しかも決して難解では無いし、ハードコア・メタルの要素を思いっきり感じさせる音にもなっている。それでも今作は全てが一線を画している。もうそれはあらゆる要素の音を極限まで極めたからこそ生まれた物だと思うし、楽曲の完成度の高さと作品としての気高さを極めたからこその凄みであり、分かり易いアプローチをしても芸術性をとことん追求し鍛え極めたらとんでもない化け物になる事を今作は証明してしまった。
 うねるベースに引っ張られシンセのフレーズと独特な爬虫類ボーカルが耳に残る第1曲「Days」から「Sonic Mass」という壮絶な物語は幕を開け、楽曲の終盤ではゴシックかつクラシカルな世界が広がり、その壮大な超大作映画の様な世界に圧倒される。メタリックな第2曲「Shield Wall」でも単なるヘビィロックでは終わらず、プログレッシブなビートと細部まで作り込まれたシンセとSEの音が壮大さを与え、読経ボーカルから始まり正にプログレッシブメタルとしか言えない、トライヴァルさとゴシックさとプログレッシブさを極限までダイレクトに伝える第3曲「The Messenger」で今作の物語は一気に絶頂。第4曲「God Of The Grain」の様なシンプルなパンキッシュさを出してる楽曲こそあるけど、それでも常に入り込むシンセが聞き流すのを許さないし、肉体的なアンサンブルの強度とは裏腹に本当に細かい所まで洗練されたアレンジの緻密さも光る。Amebix流ゴシックメタルな第5曲「Visitation」、オリエンタルな旋律が印象的なアコースティックナンバーである第6曲「Sonic Mass Part 1」、その空気を切り裂き今作屈指の高速ヘビィネスメタルサウンドを展開する第7曲「Sonic Mass Part 2」、アッパーでエモーショナルなロックナンバーである第8曲「Here Come The Wolf」、ソリッドさからスケールを加速させる第9曲「Here Come The Wolf」と本当に捨て曲が全く無いどころか、全曲が本当に名曲で目まぐるしく変わるサウンド、そして決して変わらないバンドとしての屈強なアンサンブルと芸術性、それらを高めた先に待ち構える最終曲「Knights Of The Black Sun」は間違いなく今作のハイライトであり、「Sonic Mass」という闇と光が交錯する天変地異の物語から新たな誕生を想起させる本当に生命としての原始的かつポジティブなエネルギーを感じさせ、そしてその先にある新たな光と物語の幕開けを告げるクラシカルな音像が力強く響き渡る。もうこれは本当に終わりの無い生命の輪廻の様でもあり、今作に満ち溢れている生命エネルギーがビッグバンを起こしている!!!!!



 何度も言うけど、今作には枠組みなんて本当に不要だし、あらゆる要素を飲み込みそれらを極めた先にある壮大な世界、正に進化の精神がネクストレベルに突入している事から今作は最高に素晴らしいハードコアであり、そして最高のロックアルバムであるのだ。今作では全ての音が一つの円を作り出し循環をしている、そして第1曲と最終曲が一つの繋がりを持ち、まるで円環その物であるし、そして生命が還る場所であり、新たに旅立つ場所でもある。それがこの「Sonic Mass」で描かれる物語だ。もう自分でも何を言っているか分からないけど、一言で言えばメタルとかハードコアとか抜きにあらゆる音楽好きを屈服させるだけの壮絶な1枚になっているのだ。歴史的名盤!!!!!



スポンサーサイト

■Skylight/Atoma


SkylightSkylight
(2012/04/03)
Atoma

商品詳細を見る




 スウェーデンのSlumberというデスメタルバンドの解散によってそのSlumberのメンバーを中心に結成されたゴシックメタルバンドであるAtomaの2012年リリースの1stアルバム。僕はSlumberの方は未聴ではあるが、耽美で開放感に満ちた神秘的な音を鳴らしており、メタル要素も味付け程度にはあったりはするが、ゴシックの空気を持ちながらも、高揚感に満ちたサウンドスケープで宇宙的サウンドを鳴らす作品になっている。



 イントロダクション的な位置にある第1曲「Atoma」から異次元への幕開けを告げており、パーカッシブなビートと、やたら壮大なストリングス的な音色等を用いており、途中から打ち込みの電子音も入り込み、そこにはまろやかで耽美な歌声が入り込むというなんとも異質なオープニング。第2曲「Skylight」にてそのスケールを拡大。やり過ぎな位に壮大なシンセの音色と、手数多目で攻めるドラムが楽曲を引っ張り、グロウルボイスを用いるというゴシックメタルバンドらしい要素を持っていながら、クリーントーンで伸びやかに歌い上げるパートになるとおぞましさは鳴りを潜めて、一気に美しい旋律が輝き始める。メタリックなバッキングのリフ等を用いてはいるけど、メインはシンセとリードギターの旋律だし、5分間の中で明確な起承転結を発揮し、非常にドラマティックに仕上げている事もあって、メタラー以外にも受け入れられる要素は十分にある必殺の1曲に仕上がっている。ゴシックメタルらしい、やり過ぎ感がある泣きメロを用いていながら、それを緻密なアレンジによって宇宙的サウンドの宇宙へと導く手腕が発揮されてる。続く第3曲「Hole In The Sky」ではメタリックなバッキングとシューゲイジングするトレモロの音と、スペーシーなシンセの音色が奇妙な調和を果たし、そこに美しいボーカルが乗り見事な輝きを放つ。第4曲「Highway」では淡く美しい女性ボーカルとデュエットを果たし、ピアノが天上の旋律を奏でて、轟音ギターがそれを加速させていく様には最近のAnathemaにも負けない耽美さと美しさがあると思う。第6曲「Resonance」はシンフォニックさを高めたメタルサウンドを展開し、ゴシックドゥームバンドの様なサウンドスケープをより重厚なアレンジで仕上げ、泣きのギターソロと天から降り注ぐシンセが美しく調和する終盤の流れは鳥肌物だし、第8曲「Rainmen」にてゴシックとシューゲイザーサウンドの見事な融和を果たした壮大な神秘的世界に心が浄化され、聴き手はその美しさにただ酔いしれるだけになってしまうだろう。クラウトロック的シンセの反復と女性ボーカルの歌声から大気中で輝く粒子の舞の様なサウンドへと雪崩れ込む最終曲「Cloud Nine」と、楽曲の幅の広さもありながらも、それを決して冗長にはせずに4分台5分台でまとめて、その中で一つの物語を描くAtomaというバンドの手腕の凄みが発揮された作品になっている。



 ゴシックメタル作品ではあるが、シューゲイザーやクラウトロック等の要素も取り入れ、メタリックなリフの重みもありつつも、美しい旋律と過剰なまでに重厚なシンセが見事に高揚感を生み出し、高次元のサウンドスケープを発揮し、肉体と精神の両方に効果的な魂の解放を導く音楽になっている。ゴシックメタルを基盤にはしているが、ゴシックメタルの範疇だけでは収まらないオリジナリティ溢れた作品であると思うし、これは幅広いフリークスの評価される作品では無いかと思う。2012年の注目作品なのは間違いない筈だ。



■Weather Systems/Anathema


Weather SystemsWeather Systems
(2012/05/07)
Anathema

商品詳細を見る




 降り注ぐのは正に眩いばかりの光の至福の福音。ゴシックメタルの世界では最早大御所の位置にいると言えるベテランバンドであるAnathemaの2012年リリースの9枚目のアルバム。前作「We're Here Because We're Here」にて彼等の天上の音色に心を奪われてしまったが、今作は路線こそは変わってはいないけれども、より洗練され、更にストリングスの重厚さも加わりより神秘的な世界へと導く至高の1枚になっている。



 Anathemaに関してはここ最近の音しか知らないからアレなのだが、前作から彼等を知り、メタルの概念を捨て去り、ボーダーレスかつ徹底した美意識によって作られた清らかで美しい旋律を神秘的に鳴らし、無数の光の雨を描き出す彼等の音には本当に心を鷲掴みにされてしまっていたが、今作では大胆にストリングスを導入し更なるスケールにて神秘の世界を描いているし、より清らかかつ多くの人の胸に届く美旋律が咲き乱れる世界が広がっているのだ。第1曲「Untouchable, Part 1」のアコギの旋律から一発持っていかれるし、そこから広がるスケールと歌に脱帽だし、そこから純度を高めて高揚感溢れる純白の世界へと広がる。精神の純粋な開放と共に多幸感に満ち溢れて心が豊かになる。第2曲「Untouchable, Part 2」では少しダークな深遠さを感じさせるピアノの旋律が印象的であり、女性ボーカルも途中で入り込み、そのダークさを塗り替えるストリングスの豊かな音色の豊潤な味わいの深みと共に昇天。分かり易い轟音パートとかは前作同様に無いにしてもリズムの微かな強度の変化や旋律のテンションを徐々に上げる事による音の広がりの表現力が実に見事だし、それを豊かで重厚な音でありながらも耳に優しく入り込む優しさと、その奥底にある確かな強さを実感するしかないし、それでいてより深みと重みを以って入り込む頭のこの2曲だけで今作の凄みを嫌でも味わう事になるだろう。第4曲「Lightning Song」は今作でも個人的にかなり気に入ってる1曲で、アコギとストリングスの旋律が生み出すハーモニーから女性ボーカルが入り、静謐さの中で広がっていく幻想世界、そしてクライマックスではギターとストリングスが一気に天をも貫く音を鳴らし、力強いビートと共に新たな世界の誕生を祝福する至高の1曲であり、何度聴いても涙が流れそうになって明日が見えなくなりそうな事は間違いない。第6曲「The Storm Before the Calm」では打ち込みの導入という新たな試みを見せている、そこからアンビエントやドローンの要素を随所に交えたパートを盛り込みつつ、最後にはストリングスが大爆発して壮絶なクライマックスを見せるこの大曲もまた今作の肝になっている。特にラストのギターソロはストリングスとシンクロし、泣きに泣きまくっているじゃないか!!第7曲「The Beginning and the End」ではゴシックメタルバンドらしい泣きのギターが更に炸裂し、哀愁に満ちたボーカルと共に物語を一気に絶頂へと運んでいるし、前作でもそうだったけど何よりも1曲1曲の完成度の高さが素晴らしい。そして最終曲「Internal Landscapes」にて今作屈指の高揚感と共に幕を閉じる。



 路線自体は前作とあまり変わらないけど、大胆な打ち込みとストリングスの導入とより洗練された楽曲の完成度が絶唱レベルにまで極まっており、2012年の絶対に外せない1枚と言って間違いないだろう。メタル要素こそ皆無ではあるが、涙腺と心の琴線を刺激しまくる至福の音。心が天へ導かれる感覚を今作を聴いてると味わえるし、どこまでも底知らずの幽玄かつ美しい音が重厚かつ深く感動的に響き渡っている。正に涙無しでは聴けない1枚だ。



■We're Here Because We're Here/Anathema


We're Here Because We're HereWe're Here Because We're Here
(2011/06/07)
Anathema

商品詳細を見る




 My Dying Bride、Paradise Lostと並びゴシックメタル御三家として名高いAnathemaの2010年発表の8枚目の作品。しかし今作ではメタル要素はあまり無く、ゴシックらしい耽美さこそあれど、天へと登り詰めるかの如き、気高く優しい音が入ってくる、その旋律の美しさだけで無く、眩いばかりの光を感じさせてくれる神々しさを放つ光の音楽を気高く美しく鳴らした傑作だ。



 その音はゴシック上がりの美意識は勿論であるが、ネオ・プログレを独自に消化し、ポストロック的な静謐な美しさを配合させながらも、楽曲のコード進行や展開は非常にドラマティック。バンドとしての音だけで無く、ピアノ・ストリングスも取り入れ、轟音とはまた違う厳かな音が幾重にも重なり合った壮大さと音の厚みを強く感じる。優しい旋律とソフトなボーカルは取っ付き易さもあるが、その音は緻密であり厳か、どこまでも登り詰めていく神々しさと耽美な破滅的感傷が交じり合いながらも最終的には眩い光へと突き進む様な感覚に陥る。第1曲「Thin Air」の柔らかな旋律から徐々に熱量を高めて行き、終盤でその音圧を高め登り詰めていく感情的な音と眩いばかりのドラマティックさ、第2曲「Summer Night Horizon」でのゴシック要素の強いピアノの旋律から始まる、シリアスでスリリングなダークさから少しずつ光が差し込むかの様な展開、冒頭の2曲はそのカラーこそ違うが、今作での音は見事に体現した楽曲であるし、それぞれが行き着く先は涙が溢れそうになる位の美しさと、包み込む様な旋律からのドラマティックさと、その先にある光だ。女性ボーカルのコーラスもまた今作の音の魅力を大きく引き出している。第4曲「Everything」なんて冒頭のピアノのフレーズから感情を刺激し、乾いた心に優しく水を与える様な、または温かい毛布の様な温もりと安らぎを施される様なそんな気分にすらなってしまう。繊細でありながらも、バンドとしての確固たる強さを感じさせてもくれるし、安らぎの音でありながらも、そのボーカルも音も美しいラインを描く様は本当に感動的。しかしながら光差し込む美しさだけで無く、第7曲「A Simple Mistake」の様なゴシックな耽美さ、悲しみに満ちた儚さを物語の様に紡いでいく長尺の楽曲も見事。中盤ではゴシックメタルなリフも登場し、ドラマティックで美しい破滅へと向かう様なんか本当に堪らないのだ。ストリングスの音がまた感傷的でもあり、終末へと加速する破滅の美学そのものを体現したかの出来であるのも注目すべき点だ。しかしながら1曲1曲の完成度が本当に高いし、一貫して儚くも芯の強い旋律が途切れる事無く鳴り響き、それをより浮き彫りにするストリングスやピアノの音であったり、細かい部分にまで拘った徹底した美意識に基づくアレンジであったりと本当に完成度の高い光と涙の美しさに満ちた作品だ。



 僕は今作で初めてAnathemaの音に触れたが、その神経や細胞レベルまで拘ったアレンジや美意識はそうだが、全ての音が確かな強度を持ちながらも、聴き手の体と心に優しく入り込んで行く様な温もりに満ちているし、ジャケット同様に眩い光を感じさせてくれる純潔の美意識と美しさに満ちた作品だ。そして決して長尺の楽曲は多くないのだけれども、その壮大なスケールは本当に一つの神話の様であり、そのドラマティックさにも魅了される。本当に多くの音楽ファンに受け入れられる作品だと思うし、今作の音の有効範囲は半端じゃ無く広いと思う。紛れも無い大傑作。



■Cultus Sanguine/Cultus Sanguine

cultussa.jpg



 イタリアのゴシックメタルバンドであるCultus Sanguineの95年発表の1stEP。ゴシックメタルではあるが、ブラックメタルの要素をかなり色濃く持ったバンドであり、劣悪な音質の中で淡々と展開していく楽曲の世界はデプレッシブブラックメタルが持っている陰鬱さと、ゴシックメタルの耽美さが見事に混ざり合った物となっている。スローテンポで進行する楽曲は引き摺る様な重さを持っていて、精神を蝕んでいくかの様な感覚を覚える醜さの中で美しさを放つゴシックメタルだ。



 安いリズムマシンで録音したとしか思えないチープなドラム。霧の様に原型を掴めない陰鬱さが際立ったギターリフ、絶望を淡々とガナリ声で歌うボーカル、独り宅録ブラックメタルを彷彿とさせる音の感触が非常に印象に残るのだが、そこに留まらないのはキーボードの存在がかなり大きいと思う。美しく耽美な旋律を終わり無く奏で続けるキーボードが下手したら単調になりかねない楽曲をやたらドラマティックな物へと持っていってくれているからだ。フューネラルなその世界観をブラックメタル的な手法で鳴らし、結果としてゴシックな要素も際立たせているのだ。特に最終曲である第4曲「Into the fields of screaming souls」はその世界観を最も色濃く表した楽曲だと思う。フランジャーをかけたイントロの旋律の奇妙な次元の歪みから始まり、明確な旋律を掴めるギターの音がまた寓話的世界を加速させていく。ただ地獄を堂々巡りしていくかの様な構成もそれを加速させ、窒息してしまいそうな閉塞感の中で微かな甘さを感じさせ、奈落の底の様な音にただ溺れていくしか無くなるのだ。



 僅か4曲入りの音源ではあるが徹底して劣悪な音質でダークで美しいゴシックメタルを展開している。正直、ゴシックよりもブラックメタル要素のが強いとは思うのだけれど、この押しつぶされそうな感覚の中に、破滅の美学を持ち込んでくる辺りは確かにゴシックであると思う。淡々と無慈悲に繰り広げられる緩やかな破滅の歌に、言い知れる神秘性を感じてしまうのは間違いないだろう。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター