■タグ「ダブ」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■GONG/BOMBORI

gongalbum.jpg



 この音は必然的にサイケデリックであると僕は思う。都内で活動するBOMBORIの2013年リリースの1stを聴いて僕はそう思った。一年前にたまたま彼等のライブを観て、そのダブのヘビィなグルーブも飲み込んだ末に生まれた危険な高揚としてのサイケデリックサウンドに完全に脳髄を粉砕されたのだけど、彼等の記念すべき1stでも、その意識を彼方へと連れ去りながら、ギリギリのラインで窒息しそうな感覚と、そこから解き放たれた時のトランス感覚は健在だ。



 ツインドラム、ダブからサイケデリックからヘビィさを横断するサウンド、microKORGを取り入れている事、彼等のサウンドは一概にこれっていう形容が中々に難しいバンドだと思うのだけれども、彼等はまず本当に卓越した演奏技術を持っているバンドで、ツインドラムの二人とベースに関しては本当に郡を抜いた物を持っていると思うのだけど、彼等の音のキモの一つとしては本当にグルーブという物が大きな物を占めていると思う。ギターやコラージュされた音が自由自在に音の色を変化させながらも、一貫としているのは確かなリズムセクションだ。特にツインドラムだからこそ生まれた緻密かつ複雑でありながらも、聴き手の本能に訴える原始的なリズムの躍動という物をこのバンドから強く感じるし、ダブの緊張感からドゥーミーさまで感じさせる重厚なグルーブとノイジーさが生み出すサイケデリックな高揚、それらを一つの音として纏め上げたバンドだし、やっている事は難しい様でいて、実は非常に分かりやすい形で「ヘビィさとグルーブから生まれる緊張感とサイケデリックとしてのトランスミュージック」を生み出していると思う。
 盤を再生した瞬間に耳に入ってくるmicroKORGの耳を劈く旋律から、ドープに展開される音の濁流。和笛みたいな音と、ツインドラムが織り成す妙にオリエンタルなサウンドが先ず脳髄から離れなくなってしまうけど、第2曲「Kingdom」からは更に不穏さを加速させる上物の音と、確かな地盤を作りながらも、変則的かつダイナミックに展開されるリズムセクション。原始の世界へと聴き手をトリップさせる本能的な音は意識のレベルを確実に一つ上まで上げるし、圧倒的情報量で放出される音を感じる為に、脳の普段はロクに動いてない様な所までフル稼働していく感覚を個人的には覚えた。よりダンサブルになった第3曲「Land」では更にトランスしていく音がまた脳の意識を更に上の次元まで持ち上げてくるし、とにかく不穏な緊張感が充満しているにも関わらず、本当に踊れるのだ。それはまるで体中が冷や汗でタラタラになっていながらも、本能が勝手に自らの肉体を起動させる様な物だし、脳の意識と本能が同時にフル稼働する様な音が生み出す確かなサイケデリックさだ。時にドゥーミーな重低音も放出し、本当に多くの音階を支配しながら、それを解き放たせている。
 特に終盤の楽曲は本当に別次元になっており、第6曲「Summer」は正にダブの方面から、夏の哀愁と狂騒を生み出している楽曲で、一つのメランコリックささえ持ちながらも、持ち前のサウンドは全くブレてなんかいない。終盤ではストーナーなギターフレーズまで飛び出し、多くの側面を持つ音が縦横無尽に駆け巡りながらも、狂騒が生み出す何かが新たなる覚醒を生み出す。そして決まり手は第7曲「Granule」だ。哀愁溢れるギターフレーズから始まりながらも、それらが熱を浴びて、そこから今作屈指の狂騒へとワープする。手数多く叩きつけるツインドラムのビートの散弾銃、大胆不敵にサイケデリックとダブとドゥームを飲み込むギター、そしてそれらの音を加速させる不穏のmicroKORG。最後の最後では全ての音が一つの音塊としてのビッグバンを生み出し、宇宙へと聴き手を突き放しやがる。そして最終曲「Gang Of Six」で聴き手を完全に置き去りにして終わる。



 グルーブとトランスするサウンドが生み出す一大エクスペリメンタルサイケデリックオーケストラであり、46分に渡って新たな次元へと聴き手を放り投げる様なサウンドを見事に展開している。非常階段のJOJO広重氏の「BOMBORIの音楽は向こう側への渡し船」という言葉は非常に的を得ている。そして彼等はライブが本当に音源以上に凄くて、本当に彼岸の更に先まで飛ばされる感覚を覚えるだろう。是非ライブにも足を運んで欲しい。今作はバンドの公式サイトの方で現在通販で入手可能だ。



スポンサーサイト

■Loaded, Lowdead, Rawdead /BOSSSTON CRUIZING MANIA

Loaded,Lowdead,Rawdead



 東京Boredomの首謀者の一人でもあり、様々な形で東京のアンダーグラウンドシーンの工作員として暗躍するボストンの実に7年振りの2011年発表の4th。その行動理念の自由さやユニークさもそうだが、それは彼等の音楽にも現れており、ポストパンクの独自解釈と破壊と構築を際限無く繰り返した末の分類不能なサウンド、首謀者のカシマエスヒロのポエトリーリーディングともラップとも言えそうで言えない独自のボーカルスタイルで繰り出す圧倒的な情報量の言葉の数々が放出する独特の毒に気が触れそうになる作品だ。プロデュースはPANICSMILEの吉田肇を迎えている。



 ファンク・ダブ・ポストパンクを独自解釈した末に破壊し構築したサウンドは非常にグルーブ感に満ちた物であるが、同時にポリリズムは大量導入した末にズタズタなビートにもなっている、しかしジャンクになると見せかけてズタズタのビートは新たなビートとして構築されており、時にパーカッシブなビートも取り入れ、難解ではあるが、肉体への有効性は失われるどころかよりダイナミックになっている。ギターワークも切れ味鋭いカッティングをメインに攻めるリズムギターともう1本の不意にディストーションギターを見せ付けたり、リズムギターと同時にカッティングの絡みを見せたり、空間的なノイジーさも見せるフリーキーさ。そんなバンドの音に乗るエスヒロ氏のボーカルはかなり独自であり、分解と構築を繰り返しまくったサウンドとの調和を目指した末にポエトリーでありながらも独特のタイム感とグルーブを持ち、時に性急になりながらもどこかクールな感触も持った毒として際限無く言葉を繰り出しているのだ。パーカッシブなビートを機軸にし、楽曲によってはダブ的なコラージュも施され、その毒の効能をより強くしている。緻密に裏拍を取り入れ、際限無く反復していくフレーズのグルーブを積み重ね時にそれを崩壊させる構成もやはり神経質であり、異質だ。ファンキーな音を見せ付ける第1曲「完璧な隠れ家」から彼等の異質さは発揮されているし、ドープさの中で破壊と構築を繰り返す第2曲「Low Down」、ポストパンクとファンクの配合と、時に緻密な重厚なグルーブを破壊する転調が印象的な第5曲「Building Is Destroyed」、ボストン流のダブサウンドを聴かせる第8曲「Who Is Next」、スカスカのビートの空白すらグルーブにし、ジャンクなビートと地下に沈んでいく感覚に襲われる第9曲「Tokyo Custro」とどの楽曲でもボストンの破壊と構築の美学は徹底して貫かれている。特に終盤の楽曲である、痙攣ビートと麻薬的な断層のサウンドの業を感じさせる第10曲「FiX!」と、今作で最も多い情報量を持ち、緊迫感と脅迫観念に襲われ、終盤の性急さに満ちた生き急ぎの音の切迫感へと帰結する第11曲「Loadead,Lowdead,Rawdead」は本当にボストンにしか作れない楽曲だ。



 今作は全ての概念を知り尽くしているからこそ生まれた概念を破壊し、それを新たな概念として生み出すパラノイアの音だ。幻想的なサウンドなんか全く無く、現実世界とリンクした冷ややかな感覚と重苦しいグルーブは熱情も絶望も無いフラットな感情を行ったり来たりしてる。ミクロとマクロのどっちにも偏執し、それを具現化するセンスと演奏技術のレベルの高さには脱帽だし、それを最終的には聴き手の肉体への信号として発信するダンスミュージックにすらしてしまっているのが驚きだ。自らの音を完全に独自の領域まで持っていったボストンは異質でありながらもどこまでも徹底して面白い音楽を鳴らしているし、東京アンダーグラウンドシーンの参謀として絶対的な存在であるのだ。



■Heavy Methyl/SINE


HEAVY METHYLHEAVY METHYL
(2010/03/03)
SiNE

商品詳細を見る




 nemoの本間氏を中心にPLUGDEAD、LimitedExpress(has gone?)、Maiysha、shobu、toddleというオルタナシーンの猛者が集結して結成されたダブバンドSINE(シネ)の2010年発表の1stアルバム。SINEは既存のダブとは全く違う音を模索しているユニットだ。その音はダブとハードコアの異種交配とも言うべき音になっており、更にはノイジーさも付加された新鮮な音を鳴らす意欲作になったと言えるだろう。レーディング~マスタリング・エンジニアに益子樹氏(ROVO)を迎えており、益子氏の仕事もSINEの音をより明確な物にしているのも見逃せない。



 言うなればSINEの音は本当にジャンクな音だ。隙間を埋め尽くすノイズとサックスの不穏さと、ハードコア・オルタナ通過のギターフレーズ、ハードコアとダブを行き来するグルーブ、ダブ処理を惜しみなく施したかと思えば、一気にノイズ塗れのハードコアさが表に出たり、楽曲によってそのアプローチを使い分け、未整理なジャンクさでありながら、確実にハードコアダブとしか言えないSINEの音を成立させている。ダブのグルーブ感とハードコアな攻撃性が融合してより肉体へと効果のあるゆらめきとアグレッシブさが高まった音は直接的でありながらも、じわじわと脳内に入り込んで行くかの様な感覚を覚えてしまう。第2曲「夢魅たて」なんかはそんなSINEのサウンドコンセプトが凄く分かりやすく伝わってくるし、自在にダブ・ハードコアを行き来し、更に雑多な要素を詰め込んだジャンクさも非常に魅力的な1曲になっている。フリージャズ要素を盛り込み、メンバーそれぞれの演奏が火花を散らす緊張感に満ちた第4曲「ボーダー」、青臭い旋律とノイジーさが際限無しに加速するハードコアさに、真夏の秋霜感のレゲエサウンドをミックスした第6曲「回想ホログラム」、アグレッシブなグルーブとダブ処理が見事にマッチした、縦からも横からも揺るがしてくれる不穏のダンスナンバーである第7曲「HACHI」と今作の音は本当に縛りの無い物であるし、豊富なアイデアを柔軟に生かし、それをシーンの猛者共がグルーブ感と緊張感でぶつかり合うハードコアさこそが今作の魅力だ。



 それぞれが確かなキャリアを持つ猛者が集結したバンドであるが、それぞれの経験を最大限に生かしながらそこから更に新しい音を生み出していくSINE、その自由度の高いダブサウンドは百戦錬磨でありながらも、大人になりきれない大人達の青臭さすら感じさせてくれる。ハードかつドープなこの音は病み付きになります。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。