■タグ「テクノ」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Deep Space/Model 500


DEEP SPACE : MODEL 500 (RS95066RM)DEEP SPACE : MODEL 500 (RS95066RM)
(2008/06/03)
MODEL 500

商品詳細を見る




 デトロイトテクノ界のパイオニアであるJuan AtkinsのソロユニットであるModel 500の95年リリースの作品。レコーディングはドイツのベルリンで行われている。タイトルとジャケットそのままの正にスペーシーかつディープなデトロイトテクノであり、単にテクノの範疇では収まらない雑多な要素を統率し、聴き手の五感をフル稼働させ、静かに広がる星の輝きを連想させる至高の作品に仕上がっている。



 今作の音はまずミニマルな手法に基づいて構成されており、それでいてハウスやテクノの要素をしっかりと盛り込んでいる。シンセの若干揺らいだ音色を反復させ、無駄な音を完全に削ぎ落とした物ではあるが、その少ない音の音色を軽やかかつ静かに広げていく手法だ。第1曲「Milky Way」からタイトル通りの甘いメロウな旋律の反復が神経を通過し、柔らかに世界を広げ浸透し、そこから深遠なる宇宙への旅路は始まる。また今作の音はファンキーかつコズミックでもあるし、ミナマルさを前面に押し出しながらもそのビートはどこか重いグルーブを感じさせる第2曲「Orbit」はそれを強く感じさせてくれる。女性ボーカルをフューチャーした第3曲「The Flow」では艶やかな音色で脳を溶かし、持ち前のミニマルさを前面に出し、同時に揺らぎが宙を彷徨うような感覚に陥らせる第4曲「Warning」と本当に楽曲毎に確かなカラーを持っているし、持ち前の雑多さをそれぞれの楽曲で十分に生かしている。それらの音は深遠なる宇宙へと繋がっているという点で統率され、幻惑の世界へと引きずり込まれる。より深みへと入り込んだミニマルテクノである第6曲「Starlight」、メロウな旋律が精神の高揚を否応なしに引き起こす第8曲「I Wanna Be There」、今作で最も深みを重みを持ったグルーブに満ちた最終曲「Lightspeed」と全編通しての楽曲の完成度は本当に高く宇宙の果ての果てへと軽やかにワープし、飲み込まれる精神世界のディープゾーンを旅するかの様な擬似体験を今作を聴く事で味わう事が出来るのは保障する。



 デトロイトテクノというジャンルに関してはあまり馴染みが無かったのだが、今作の深遠なる音の世界はデトロイトテクノに明るくない僕も引き込まれたし、今作を再生する事によって聴き手の世界は間違いなく宇宙へと変貌する。スペーシーとかそうゆう類の言葉で語られる音楽はジャンル問わず多いのだけれど、今作は正に宇宙へのパスポートであるし、煌きの中で漂う感覚を味わう事の出来る傑作だ。
スポンサーサイト

■E2-E4/MANUEL GOTTSCHING


E2-E4E2-E4
(2010/05/04)
Manuel Gottsching

商品詳細を見る




 ASH RA TEMPELのメンバーであり、ジャーマンプログレやクラウトロックに大きく貢献しながらもミニマルやテクノにまで大きく貢献した偉大なるミュージシャンであるMANUEL GOTTSCHING。その代表作でもあり屈指の名盤である84年発表の今作はテクノ・ミニマルに多大なる影響を与えた作品だ。1曲58分半の終わりなく反復するシンセの音色が生みだす反復の音色の快楽と美しさは絶品であり、オーガニックなサウンドスケープの宇宙だ。



 基本的に打ち込みのビートパターンは作品の中で変化せずに終わりなく反復し、シンセのフレーズも終わりなく反復する。序盤のオーガニックでクリアなシンセの音色の反復は聴き手の脳細胞を刺激し、快楽の海へと導く。前半は殆ど展開といった展開も無く、ただひたすらに規則的なビートと反復するシンセのみで進行するが、そのループが生み出すうねりに気がついたら引き込まれているし、音色の微かな変化にハッとさせれれる瞬間もある。派手な音など何も無いけれど、だからこそ静かに浸透する音の波にただ身を任せていたくもなるし、静かに感覚を覚醒させる音だ。静かに変化する上モノの音の展開も全てナチュラルだし、その音が結びつき快楽の化学反応への方程式として存在する。そんなオーガニックな音色の反復は終わり無く続くが後半になってMANUEL GOTTSCHINGのギターフレーズも入り、そのクリアでリリカルな旋律が電子の海に新たな色を加えていく。どこかブルージーな感触すら感じさせるギターが電子音の上で歌っているかの様な感覚にもなるし、多くを語らないからこその豊かさを持っているし、反復の音色に新たな煌きと陶酔を与えている。そして一時間近くに及ぶ電子の海の旅路は静かにシンセがフェードアウトし終わっていく。そのミニマルな音色は終わりなき快楽と高揚感に満ちているし、ただ何も考えないでその電子の海に漂うだけで良いのだ。その瞬間に煌きの静かな電子世界と柔らかに歌うギターの虜になってしまう。



 クラウトロックとかそういった枠すら超えて、テクノ。ミニマルの大きな道しるべとなった今作の評価は発表当時よりもそれ以降になって高まったらしいし、それだけ少ない音の反復の中にあまりにも豊かな世界が存在している事の証明でもあるのだ。今作は多くのミュージシャンに多大なる影響を与えたらしいし、Larry Levanが今作を広めた事によって大きく評価される事になった。84年の作品であるが、現在でも全く色褪せない名盤であるし、聴けば聴く程に新たな発見もある作品だ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。