FC2ブログ
■タグ「デスメタル」

■DEAD BEAT/NoLA


DEAD BEATDEAD BEAT
(2015/01/21)
NoLA

商品詳細を見る




 これまで何度もライブを観て来たし、観る度に凄いライブを展開して来たNoLA。2013年末からmakino氏が加入し、ベースレスツインギター編成にもなったが、その新編成も板に付いていよいよリリースされた2ndは現在のNoLAの凶悪なる宴をパッケージした作品になった。1stの頃のNoLAは既にいないし、二年半の歳月を経て進化を続けてきたからこそ生み出せた作品だと思う。激烈なる憎悪をメタルだとかハードコアを衝突させて生まれた集大成だ。



 今作は自主レーベルNoLA Recordsを設立してリリースされた訳だけど、自主レーベルリリースという事もあって気合十分だ。自主企画での猛者との共演やオーストラリアでのライブ経験は見事に生かされている。NoLAが選んだ道は洗練でなく、狂気をより増幅させる事だった。変な言い方になるけど、1stよりもある意味では1stらしさもある作品であるし、でも1st以上の作品である。より衝動は暴走し、同時にツインギターになりより凶悪になったサウンドが押し寄せてくる。何よりも1st以上にアプローチが明確になりより暴力的になった。現在のNoLAの強靭過ぎるサウンドはより禍々しくなり、安心する暇なんて与えてくれない、刺し違え上等、通り魔的であり、テロリスト的でもある、狂気以外に形容する言葉が見当たらない、制御不能のエクストリームミュージックだ。
 のっけからダウンテンポのブルータル地獄が始まる第1曲「The Dead Beat」から異様だ。Takeruのボーカルはキレまくっているし、Kotarouのドラムは今まで以上に音に重さと説得力が満ちている。ベースレスである事を前以上に感じさせなくなったのはツインギターになった事も大きいだろうけど、それでお上品に纏めるんじゃなくて、Keyakiとmakino氏のギターが共に凶悪なフレーズしか弾いてない事も大きい。突発的にビートを加速させ、引き摺り回しながらブン投げる遠心力溢れるアンサンブルはこれまでのNoLAには無かったし、その流れを引き継ぎ1分弱の激速ヘビィネス煉獄「Pull」へと雪崩込むのは最高に格好良い。リフとリードのダークなフレーズの対比を見事に展開しながら、変則的な曲展開を活かし、着地点が見えないままにカオティックさを爆発させる第3曲「狂宴-kyouen-」もお見事。デスメタルやスラッシュメタルの要素もより濃厚になりながら、突発的にグラインドするビートだったりとか、もっとハードコアパンク的な音の荒々しさは、彼らが影響を受けた国内外の多くのバンドが持っている物だけど、それをごった煮にして、凶暴なビートとリフで全て片付けてしまっている痛快さは本当に気持ちが良い。個人的には第5曲「The Pit」のモロに90年代前半のモダンなヘビィネスサウンドをベタに展開してしまっているのも痛快だったし、ボーナストラックである前作に収録されていた楽曲のリミックスである第6曲「燈 DJ NOdISC Remix」ではNoLAをダークなダンスミュージックへと料理していて、NoLAの別視点の魅力を浮き彫りにしているけど、でもNoLAは元々ダンスミュージックであるのだ。特に今作の楽曲は地獄の閻魔すら巻き込んで血湧き肉躍る狂宴を生み出しているんだから。



 凶悪さはそのままにある種の分かりやすさやキャッチーさも今のNoLAは持っているんだと思う。前作にあった長尺のドゥーム曲こそ今作は無いけど、でもより小細工無しにリフ・ビート・叫び、それだけで全てを殺すのは容易いとNoLAは笑っているんだ。全方位に喧嘩みてえな音で喧嘩を売りまくっている痛快さはより進化し、暗黒であり地獄でありながら、もっとヘビィロックの暴力をダイレクトに伝えるだけの力量を確かに手に入れているし、この若武者はまだまだ血に飢えているんだろう。僕はNoLAはメタルでも無く、ハードコアでも無く、ヘビィロックでしか無いと断言したい。余計なカテゴライズは犬にでも食わせておけとばかりにクロスオーバーを繰り返しまくったからこそ今作は生まれた。本当に聴いてて痛快だし、素直に脳天ブチ割ってくれる。だからNoLAは格好良い!!

■Agony/The Donor


AGONYAGONY
(2014/06/25)
The Donor (ザ・ドナー)

商品詳細を見る




 これは完全に激音の極地だ。SEC DIMENSIONの元メンバー達によって結成され、あのGREENMACHiNEのメンバーが在籍する金沢のThe Donorの2014年の待望の1stアルバムだが、完全に期待を超えるどころか、極限の極限の音が生み出されてしまった。凄いベタでアレな言い方だけど、ジャンルの壁を本当に破壊しているし、ありとあらゆるエクストリームミュージックを吸収し、それをシンプルな3ピース編成で鳴らしながらも、全音圧殺のサウンドしか無い、メタルだとかハードコアだとかを超えて、全てのエクストリームミュージックフリーク必聴の大名盤だろ!!リリースはINCLUSIVE inc.とTILL YOUR DEATH RECORDSの共同リリース。



 各地で本当に絶賛しか浴びてないし、先日観たライブも圧巻だったけど、このバンドに先ず言えるのは全ての音がボーダーレス過ぎる。メタル・ハードコアの線引きなんて完全に無効でしかねえし、ハードコアパンク・スラッシュメタル・デスメタル・スラッジ・ドゥーム・ネオクラスト・ブラッケンドハードコア・グラインドとこのバンドの音を形成する要素を挙げると本当にキリが無いんだけど、それを全てヤサイニンニクアブラマシマシで食らって、捻り出したのが今作の音だし、全てを完全に消化してしまっている。それをシンプルな3ピースの編成で鳴らしながらも、圧巻させる音しかないのは海外でのライブ経験もあると思うけど、日本国内のバンドだったら音こそ違えど、それこそメンバーが在籍するGREENMACHiNEだったり、世界レベルバンドとして名を轟かせているChurch Of MiseryやCoffinsといったバンドと肩を並べるどころか、下手したらそんなバンドすら圧殺するレベルの音しかねえ!ヤンマーディーゼルが完全に倒産間違い無いな人力重機ドラムの破壊力と、本当に潰しに来てるとしか思えない圧殺のベース、そして血飛沫を振りまきながら惨殺する冴えまくりブチ切れまくりなギター、本当にたったそれだけでここまで人を殺せる音が生み出せてしまっている。
 第1曲「Fearless」の最初の一音で完全に殺された。何をどうしたらこんな音が出るんや!!ワケワカンナイってかの西木野真姫が「ヴェエエエエエ」って叫び声上げるの間違いなしな激音で始まるし、つうかもうそれしかない。たった3分未満の楽曲なのに、いきなり暗黒重戦車のサウンドが暴走しまくり、がなり上げる咆哮と共に爆発する。ギターワークもドゥームだとかデスメタルだとかを完全に消化しまくっているし、ブラストビートの爆散と共に速さと遅さを行き来しながら、全てがヘビィ、その殺気はブラッケンド勢のそれであるのに、それらのバンドと完全に違うのは、GREENMACHiNEもそうなんだけど、誤解を招く言い方かもしれないけど、全てのギターフレーズが実は凄く耳に残るキャッチーさもあったりするからだし、何よりも完全にキラーリフしか弾いてねえもんこのバンドのギター。それと本当に単純に全てが強い。実は根底にシンプルなハードコアがこのバンドの音にはあると思ったりもするし、それをあらゆる激音を消化した末にとんでもなくビルドアップされた音になっているからこその激音なんだろう。ネオクラストらしいギターフレーズから始まり、暴走重音ハードコアを展開する第3曲「Circle」はひたすらに格好良いし、しかもボーカルが地味にシンガロングしたくなるボーカルだったりするのもまた熱い!タイトル通り業火を放ちまくる第5曲「Inferno」のグラインドなビートと最強に格好良いビートダウンパートから、ブラッケンドなテンションで焼き殺す様は狂気しか感じないし、その一方でサザンロック・スラッジ要素を充満させる漆黒のギターフレーズと全盛期Neurosisに迫る勢いの邪悪さに心奪われる第6曲「Feeding by the worm」、デスメタル影響下にあるネオクラストバンドのそれを感じさせるメロディがエモい第7曲「Unforgiven」。本当にこのバンドの武器の多さには驚くしかないし、それを小難しさなんてファックだと言わんばかりに、直球の音で生み出しているから最高なんだよ!!カオティックなタッピングフレーズから惨殺ビートダウンが迫りまくりながらも、やっぱりギターフレーズは本当に耳に残る第8曲「Face」、土石流を音にしちまったみてえな音を出しまくってる癖にギターソロはめっちゃハードロックな第10曲「Thousands come」も素晴らしい!そして終盤の第11曲「Shine」は激情系ハードコア好きな僕としては完全にブチ上がるしかない名曲で、泣きに泣きまくった美しいギターフレーズの応酬によるエモティブさに涙を流しそうになるけど、そんな曲でも全く日和らないし、轟音と共に縦断するビートの凄みは半端じゃないし、最終曲「Keshite」は今作で唯一の6分超えの長めの曲だけど、最後の最後はドゥーミーな煉獄の音で聴き手を亡骸にして、ラストのNeurosisやAmenraといったバンドを思い出させる美しき激重のクライマックスは鳥肌物だ。



 もうこれは最高法規で全国民に聴くの義務付けるべき大名盤だと思うし、何よりもあらゆる音が渦巻き混迷する2014年のシーンに産み落とされるのが必然だったとしか思えない作品だ。本当に余計な不純物は全く無く、エクストリームミュージックの一番危険な成分だけしかない危険音源。しかし本当に単純に格好良すぎる作品だし、彼等もまた先を行くハードコアバンドでしか無いのだ。最強最高の大名盤!!



■Procession of Heretics/Necros

necrosCD.jpeg



 フランスのデスメタルバンドの2012年リリースの5曲入EP。同名のハードコアバンドもいるけど、そちらとは全く無関係。今作はたまたま俺達の3LAさんの方で見つけて入手させて頂いた音源なので、元はTorment Painというバンドであった事以外の細かい予備知識は全く皆無なバンドなんだけど、デスメタルでありながら劣悪な憎悪と音が渦巻く快盤となっている。



 一聴して感じたのは、このバンドの音はデスメタルではあるけど、とにかくブラックメタルかなってレベルのロウな音質と荒々しさ。かといって極端に音質が悪い訳ではないし、持ち前の荒々しさを最大限に生かした音作りになっていると思う。導入の第1曲「Black Mass」では不穏なアルペジオの反復が不気味な空気を生み出し、そして入り込む地獄のディストーションギター、この先にある地獄を予感させ、そして第2曲「Procession of Heretics」に入った瞬間に完全なる地獄。とにかくリミッターを完全に振り切った獰猛なドラムが暴走し、デスメタル成分をしっかりと感じさせながらも、同時にブラックメタル感も出しまくりなトレモロリフの応酬。そして地獄の奥底からの野獣の様なド太いボーカルがとにかく攻める。このバンドの音はデスメタルとブラックメタルの正面衝突的なカタルシスを感じさせてくれるし、とにかく第1曲以外は全く遠慮が無い。ただひたすら獰猛な音を地獄の奥底からこれでもかと繰り出しまくってくる。しかし曲の尺とか割とコンパクトだったりもするし、これらの音に耐性があるなら非常に清清しく気持ちがいい音になっているだろう。第3曲「God You've Failed」も序盤のミドルテンポのパートが良い感じで雰囲気を生み出しつつも、暴走するパートはとにかく聴いてて気持ちが良い。テンポを落としたパートではドゥーミーな成分を取り入れて怨念が渦巻く感覚を体現し、暴走パートでは殺すというスタイルはまた小気味が良い。作品全体を通して言えるのは暴走パートでもダウンテンポのパートでもとにかくギターリフの殺傷力がとんでもないという事だ。高速のトレモロリフで攻めまくるギターはとにかく極悪であるんだけど、ダウンテンポのパートで聴かせる地獄感を良い感じに出してるフレーズなんかも見逃せないし、ひたすら切れ味を求めて血の匂いを感じさせる音はブルータルさも十分に感じるから格好良い。最終曲「Dawn of Purgatory」は完全にデスドゥームな序盤で聴き手を粉砕しておきながら、そこからお得意の暴走ブラスト&極悪トレモロの応酬で更に殺す。どの楽曲にも言えるけど、熾烈さとダーティさは常に振り切りながらも、暴走パートとダウンテンポのパートの取り入れ方が非常に上手いと思うし、それが余計に堪らない。



 3ピースでひたすらに極悪でダーティな音を追求しまくったデスメタルだと思うけど、ブラックメタルの寒々しさを良い感じに取り入れ、更にドゥーミーな成分も入れてきている割とクロスオーバーな音だと個人的には思ったりもしたけど、とにかくやり過ぎな位の地獄感溢れる音はこの手の音が好きな人なら凄く好きになると思うし、何よりもトレモロの寒々しさとデスメタルの地獄感を同時に放出しながら、殺傷力抜群なギターがナイスな一枚になっている。完全粉砕型のサウンドが生み出すカタルシスが濃密な作品だ。



■The Fleshland/Coffins


FleshlandFleshland
(2013/07/04)
Coffins

商品詳細を見る




 世界進出も果たしている日本のデス系ドゥームバンドであるCoffinsの2013年リリースの4thアルバム。リリースは数多くの猛者を排出してる世界的極悪レーベルであるRelapse Recordsから。僕自身は今作で初めてCoffinsというバンドにしっかり触れたんだけれど、これがもう極悪な地獄デスドゥームで、とにかく暴走する、音が爆音で迫りくる惨血噴出す作品になっているのだ。



 今作を聴いて思ったのはCoffinsのサウンドは確かにドゥームメタルのそれであるけど、遅いパート中心で攻めるというスタイルでは無いし、ドゥームを機軸にしていながら、同時にデスメタルやスラッジといった要素も色濃く感じさせる作品になっているのだ。遅いパートもしっかり盛り込みながらも、基本はBMP速めで、ドゥームとデスを見事にクロスオーバーさせて、ゴリゴリの極悪激重リフの応酬で攻めに攻めるスタイル。引き摺りながらも超重量級のデスマシーンが全てを押し潰して爆走するという何か矛盾してる気もするけど、速さと重さという点を徹底して極めているだけでなく、遅さも同時に支配し、しかもブルータルさも絶頂と言う、エクストリームミュージックの美味しい所をとにかく喰い尽くしている猛禽絶倫巨根っぷりだ。しかもギターソロなんかは絶妙にロックな要素を取り入れて暴走ブギーな感じにもなっているし、でも持ち前のデスっぷりは殺さず、絶妙なアクセントにしている点もニクい。
 作品全体で言えるのは、とにかく熾烈じゃないパートが全く無いって事だ。徹底してブルータルであるし、殺気と憎悪がグルーブとして充満している。徹底して低域グロウルで攻め立てるボーカル、強靭過ぎるリズム、最早音階すら分からなくなってしまいそうな重苦しさと劣悪さで押しまくりなギターリフ。本当にとんでもないデカさの隕石を至近距離で脳天にブン投げられる様な物だ。第2曲「Hellbringer」なんて見事に暴走しまくりなデスドゥームを展開しており、遅いだけがドゥームでは無く、速くてもドゥーミーさは極められる事を証明している。それだけでなく、ロック要素もしっかり際立っているし、熾烈極まりないのに、取っ付き易さもしっかり作ってくれていたりする。一方で第3曲「The Colossal Hole」は一気にBPMを落としてダウンテンポでビートとリフが展開し、地獄の無限行脚みたいな音になっている。その中で後半のBPMが速くなるパートはこれまでの低域グロウルだけでなく、ハイトーンのシャウトも取り入れて来たり、遅さと速さを楽曲の中で見事なバランスを作っていたりしてる点も見逃せない。また他の楽曲にも言えるけど、Coffinsの音は見事にハードコア要素があったりする。絶妙なソロの入れ方だったり、ドゥームとはまた違うスラッジさもあったりするから、本当にドゥームとかデスって枠では全く収まってくれない。クロスオーバーさせた音を徹底して熾烈で凶悪に進化させる事で、本当に多くのフリークスが脱糞しながら歓喜する音にしているのだ。楽曲の尺も長くて6分台だし、半分近い曲が5分未満になってる点も大きく、本当にエクストリームミュージックの美味しい所を凝縮している証拠だと思う。だから熾烈ながらも聴き手を飽きさせないし、また楽曲の中で絶妙な変化があったりするから尚更だ。全9曲に及ぶ地獄行脚は本当にこの世の全てを粉砕するだけの物になってると断言する。



 今作で初めてしっかりCoffinsを聴いたのだけど、ドゥームを機軸にしながらあらゆるエクストリームミュージックを喰らった音は、正に地獄と言う言葉が一番相応しいと思うし、あらゆる枠を粉砕して、猛威を見せつけまくっている。世界的に評価されるのも納得だし、デスメタラーからドゥーム愛好家からハードコア好きまで、あらゆるエクストリームミュージック好きを飲み込める作品だと僕は思う。チャーチの新作とは方向性こそ全然違うけど、チャーチの新作同様に2013年の国内ドゥームの最重要作品になると僕は思う。



■Meliora/Eryn Non Dae.

Eryn-Non-Dae-Meliora1.jpg



 フランスの5人組激カオティックポストメタルバンドであるEryn Non Dae.の3年振りのアルバムである2012年リリースの2ndアルバム。1stではあまりの完成度の高さと、極限まで緻密な楽曲と暴虐のブルータルなスラッジさにド肝を抜かれた反面、1stであれだけの物を作ってしまって2ndは大丈夫なのか!?って心配にもなったが、今作は前作よりはブルータルな要素は若干抑え目になってはしまっているが、彼等の持ち味であったポストメタル的緻密さが更に磨きがかかった傑作になった。



 7曲で約60分という長尺の楽曲ばかりが並ぶ楽曲の構成もそうだけど、今作はかなりの大作志向の作品になっており、彼等の暴虐さの裏にあった緻密な頭脳的なアプローチといった部分がより表に出ている。しかし極悪さは相変わらずで、分かりやすいアプローチが出てきた反面、よりカオティックさとデスメタル的粗暴さとスラッジな重さが正面衝突し、それをDjent的なアプローチで鳴らした作品になっている。不穏な空白すら聴かせる重みは相変わらず健在ではあるけど、それに加えてカオティックさがバーストするパートではより破壊力とカタルシスが鍛え上げられているし、少しばかりメロウさも加わり、間口を広くしつつも、計算に計算を尽くした混沌が暴発する。
 第1曲「Chrysalis」から約2分間のアンビエントなドローンサウンドがSE的に始まり、そこから一気に変拍子炸裂のツインギターが複雑に絡み合いながら地獄の果てにダイブする激カオティックサウンドが展開。ひたすら絶唱を繰り出すボーカルもあり、瞬く間に視界がドス黒い血飛沫で染まってしまう。更にUneven Structureにも負けないレベルの壮大なスケールと高い演奏技術による緻密さもあるし、Uneven Structureがカオティックさから宇宙へと飛び立って行くなら、彼等はカオティックさから煉獄をありとあらゆるダークな色彩で描いていくのだ。静謐なパートを盛り込みつつ、複雑怪奇なドラムがその先にある破滅を予感させ、そして暴発するカタルシスは本当に絶頂物。約12分にも及ぶ第2曲「The Great Downfall」に至っては完全にポストメタルの独自解釈の領域に達した複雑かつ壮大な楽曲を無慈悲な激重スラッジで叩きつけているし、まるで最も凶悪だった頃のNeurosisとMeshuggahが正面衝突したかの様なエクスペリメンタルさすら感じるサウンドを展開しているし、最後は引き摺る音が終末を体感させてくる。
 今作の中では一番分かりやすいカオティックハードコアサウンドを展開しながらもスケールは変わらない第3曲「Scarlet Rising」、よりDjent感が出ている第4曲「Ignitus」と続いて第5曲「Muto」では今作屈指のカオティックブルータル絵巻が展開され、統率された世界観の中で地獄の堂々巡りを繰り返している感覚すら覚えそうになる中盤の3曲も凄いし、完全にNeurosisレベルのエクスペリメンタルさを手に入れてしまった事に恐怖しか感じない第6曲「Black Obsidian Pyre」と、あまりの楽曲の完成度の高さに驚くしかないが。最後の最後に待ち構えている最終曲「Hidden Lotus」は正に今作屈指の出来を誇る名曲。悪魔達のパレードを想起させる冒頭の激重リフの応酬から、カオティックハードコア・デスメタル・ポストメタル・Djentとあらゆるエクストリームなサウンドを食い尽くた先にある血みどろの世界を描き、今作の凄まじさを総括し終わる。



 前作を初めて聴いた時は、新人若手バンドとはとても思えない極悪さと緻密さと完成度の高さにド肝を抜かれたが、2ndである今作は更にエクストリームさを拡大させ、より混沌をダイレクトに伝え、アンサンブルの強度と破壊力を鍛え上げ、独自のカオティックサウンドを自らの手で掴み取った作品だと思う。先人達の叡智を継承しながらも、その先人すら喰い殺そうとする暴虐の限りを尽くす5人組。こいつらは本当に凄いバンドだと思う。そして今作を聴いて本当に強く思ったのは、もうこれ以上の作品作れるの?3rd大丈夫?って前作を聴いた時と同じ事を思ったが、こいつらは次回作でまたとんでもない化け物を生み出してくれる筈だ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター