■タグ「デンマーク」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Abalam/Hexis


abalamhexisLP.jpg



 この日本でも(ごく一部で)人気を集め始めているデンマークの暗黒ブラッケンドハードコアバンドであるHexisの2014年リリースの満を持しての1stアルバム。リリースはHalo Of FliesとMusic Fear Satanでの共同リリース。しかしこれがとんでもない作品だった。凄くベタな言い方をすると本当に漆黒の濁流が容赦無く襲い掛かり、鼓膜を破壊する激烈音。これはまた新たなエクストリームミュージックの悪魔が生まれてしまったようだ。



 バンド自身がCelesteから影響を受けている事も公言しているし、ブラッケンドハードコアでありながらブラックメタルやスラッジとも見事にクロスオーバーし、各音楽の特に危険な部分を抽出して掛け合わせた結果生まれたのが今作であり、本当に箸休めの時間なんて全く無い地獄音のみで構成された楽曲は確実に聴き手を選んではしまうだろうけど、その手の音が好きな暗黒エクストリームフリークスからしたら悶絶必至だろう。Celesteが持っているスラッジな漆黒の濁流をブラックメタルなトレモロリフを取り入れ、更に速くしてみましたみたいな音だし、Celeste同様にそれぞれの楽曲でやっている事は正直あんま変わらなかったりするけど、トレモロと叫びのSEである第1曲「Faciem」から既に何かとんでもない事が起きそうな予感しかしないし、第2曲「Tenebris」で本編が始まるともうただの地獄だ。激重激烈のトレモロの濁流と高速でありながらとんでもない重みを持つビートが耳をレイプし、あらゆる負の感情を吐き出す様なボーカルが更に熾烈さを加速させる。絶妙にブラッケンドハードコアなパートとスラッジなダウンテンポのパートを交互に繰り出し、速さと重さという極端さを行き来しながらも、その音の色彩は常にドス黒く、メロディアスなんか完全に放棄した陰湿で残忍な音を無慈悲に繰り出している。バンドの音自体の馬力もかなり凄いけど、肉体的に訴えるというより、強靭さと陰鬱さは精神攻撃だし、ほぼノンストップで繰り出される楽曲は完全に拷問すら放棄して殺しにしか来ていない。こんな激烈音、鼓膜に入って来た瞬間に即死確定なのに、それをやり過ぎなまでに徹底して放ってくるのが今作の凄い所だと思う。そしてそんな楽曲が12曲も繰り出され(インストの曲も中盤にあるけど、それでも破壊力が全く衰えないし極悪)、最後の最後に待ち構える最終曲「Inferis」にて、これまでの楽曲でも取り入れてたスラッジ要素に特化した9分にも及ぶ暗黒スラッジで聴き手は粉微塵になって死ぬ。這いずるドス黒いリフの残響音と、とにかく重い推進力を放棄したビートが生み出す奈落の奥底を体現したみたいなスラッジは今作の地獄巡りのエンディングに相応しいし、本当に重くて深い。



 ブラッケンドハードコアとブラックメタルとスラッジの闇鍋的な作品でありながら、その研ぎ澄まされた激烈音は完成度も高いし、徹底して漆黒の美学が貫かれた音は他のバンドとは明らかに違う物になっている。ハードコアとして聴くには快楽的な音では決して無いかもしれないけど、負の方面に振り切ったクロスオーバーサウンドは聴く価値があるし、暗黒音楽の虜になってしまった人々は絶対に外してはいけない一枚だろう。また今作を含めたHexisの作品はbandcampページにてname your priceで購入可能となっているし、盤で欲しい人は3LA(僕は3LAでLPで購入)辺りで購入可能だ。



スポンサーサイト

■Ligfaerd/Nortt


LigfaerdLigfaerd
(2010/04/05)
Nortt

商品詳細を見る




 デンマークのフューネラルドゥームユニットであるNorttの2006年発表の2ndアルバム。その音はドゥームメタルの規格を超えて、ダークアンビエントやデプレッシブブラックにまで及んでいる徹底して黒を貫いた音と言えるだろう。ただでさえ暗黒の音を描くフューネラルドゥームであるが、そこにより精神的漆黒や死への渇望といった鬱な方向へ特化した要素を取り入れた結果、安易な救いなんか存在しない極端極まりない音楽になっている。



 まず第1曲「Gudsforladt」ではドゥームやブラックメタルの要素すら感じさせないひたすらアンビエントな音が繰り広げられている。静謐なシンセの音が薄らと聞こえ、ただ虚無感に満ちた音で埋め尽くされるだけの曲。しかしこの時点で精神を十分に蝕むだけの陰鬱さは発揮されている。そして続く第2曲「Ligprædike」で本領発揮。ノイジーで全てを搾り出すかの様なディストーションのギターがとてつもなくスローなリフを鳴らし、それに加えて生気の無いシンセが終わり無く反復し、そこに今にも止まりそうなドラムがギリギリでリズムを刻み、怨念に満ちた低域のボーカルが乗るという極端極まりない音を展開。ここに存在する音にバンドとしての音圧は皆無で、全てが今にも消え入りそうな音圧で鳴らされているから余計におぞましい空気を生み出している。そして後半のパートがまたこの陰鬱さを高めていく。展開も無くただ止まりそうな音を鳴らすだけの低域ギターは最早ホラーであり、そこに若干の感情を感じさせるフレーズが入るから感情移入してしまいそうになる。
 続く第3曲「Vanhellig」も死後の無の世界の様な感触を徹底して作り上げており序盤のアンビエントパートで嫌になる位にそのコールタールの様な音でズブズブに沈めてから突如鳴るギターリフは当然の様に生気を感じさせない物だ。というかここまで徹底して無機質とはまた違う、無感情の漆黒の音を徹底して鳴らしているから本当にタチが悪い。SilencerとかWorshipはまだその感情の部分を感じる事が出来るから救いがあるのだけれども、Norttが鳴らしてるのはその先に逝ってしまった人間の抜け殻の音なのだ。第5曲「Dødsrune」はそれを極めた最も凶悪な楽曲。鐘の音色と怨念の蠢く様なアンビエントな音とチャーチオルガンが奏でる感傷的な音色と無感情のギターが重なり合って、ある意味壮大なスケールで鳴らされている楽曲。そこから中盤のダークアンビエントな音だけになるパートなんか本気で心臓が止まりそうな感覚に襲われるし、そして再びボーカルとギターとドラムが入った所でその感触は消える事無く終わっていく。



 いくら何でもやり過ぎって言って良いレベルで抜け殻の様なフューネラルドゥームを鳴らしている今作であるが、楽曲そのものの完成度は非常に高い。しかし盛り上がり所なんか全く無いし、ドラマ性はおろか、感情を感じさせるパートすら皆無の本当に抜け殻になる感覚に襲われそうになる音楽だ。スローさを極めた音とリズムは心拍数が停止する寸前の死に向かう寸前の感覚を描いているかの様だ。ここまで徹底的に無感情で漆黒の音を描いてしまっては本当に極端だとしか言えないけど、そういった音楽がまた人間の救いになる事だってあるのだ。コールタールの海に沈んでいくかの様な音がただ終わり無く広がっている。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。