■タグ「トラッドフォーク」

■Kveldssanger/Ulver


KVELDSSANGER(黄昏の詩)(直輸入盤・帯・ライナー付き)KVELDSSANGER(黄昏の詩)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2010/05/22)
ULVER(ウルヴァー)

商品詳細を見る




 ノルウェーの森ブラックメタルバンドであるUlverの96年発表の2ndアルバムである今作。まず初めに言っておきたいのが今作はブラックメタル要素は全く無い作品になっている。アコースティックな小品的な楽曲ばかりが揃った、厳かで神秘的なアコースティック楽曲集となっているのだ。



 まず今作はブラックメタル界屈指のボーカリストであるGarmのクリーントーンの美しい歌声をどこまでも味わえる作品だと断言出来る。静謐なアコースティックギターの美しく神秘的な旋律とそれを彩るフルートやバイオリン等の楽器、そこに乗るGarmの歌声はより神秘性を高め、聴き手を幻想世界へと導く案内役としての役割を果たしている様にも思えるのだ。Ulverは1stアルバムにてブラックメタル屈指の神秘的で美しい轟音を鳴らしたが、バンドサウンドで制作のされてない今作は、そのUlverの幻想的御伽噺の核を剥き出しにしており、それによってUlverが持つ不穏の美しさがより前面に出ており、それこそがUlverが初期ブラックメタル界で異質であった理由だと僕は思っていたりするのだ。北欧のトラッドさが今作からはかなり感じる事が出来るし、そこがUlverのブラックメタルの根底になっているのだ。



 今作は小品的な楽曲集ではあるのだけれども、陰鬱で不穏で美しいUlverの世界は完全な純度の高さで表現された名盤だと言える。異形のブラックメタルの本質を感じる事が出来るし、単純にトラッドなアコースティック作品としても純粋に完成度が高い。やはりUlverは初期ブラックメタルシーンの中でも完全に異質であるし、だからあの当時にUlverの様なバンドがいなかったのかもしれない。幻想と黄昏の短編集に是非酔いしれて欲しい。
スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ギターロック グラインドコア ハードコア ロック プログレ ポストブラックメタル インタビュー ポストパンク マスロック デスメタル スウェーデン カナダ スラッシュメタル ブラックメタル モダンへビィネス エクスペリメンタル ギターポップ インダストリアル ジャンクロック エレクトロニカ イタリア フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン オーストラリア ジェント フォーク ラーメン ブラッケンドハードコア ミニマル ポップス モダンヘビィネス プログレッシブメタル ニューウェイブ ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル ファストコア メタルコア ロシア ハードロック フィンランド アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ヘビィロック ノイズコア ゴシック シンガポール ダブ パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー メキシコ ヴィジュアル系 スイス ポーランド ジャズ オルタナティブ インディーロック メタル ブルデス アシッドフォーク アイルランド デンマーク ポジパン チェコ ヘビィネス ドラムンベース テクノ ウィッチハウス メロディックパンク シンフォニックブラック クラストコア USハードコア スクリーモ プリミティブブラック ドリームポップ アイスランド スコットランド トラッドフォーク 年間ベスト ボイスCD ハンガリー 台湾 モダンクラシカル ガレージ トルコ ギリシャ ソフトロック カントリー 声優 ポルトガル ファンク 韓国 イラン フリージャズ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター