■タグ「トリップホップ」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■EP †/†††(Crosses)

img_356729_35737087_0.jpg



 世界的モダンヘビィネスの帝王として君臨するカリスマであるDeftonesのチノだが、彼はDeftones以外にも本当に数え切れない位の別プロジェクトで活動していたりもする、どう考えてもウィッチハウスのそれなユニット名である†††(Crosses)もその一つであり、Fraのギタリストであるショーン・ロペスとタッグを組んだユニットだ。今作はそんな彼等の処女作であり、5曲入のEPとなっている。



 このユニットはトリップホップやエレクトロニカやミニマムといった要素の強いトラックにチノのセクシーな歌声が乗ると言った物。しかしそのメロウさや耽美さはウィッチハウスのそれに近い物もあったりする。ミニマムな音の反復を基調にしながらも、トラック自体が明確な構成を持っており、チノのボーカルはかなり前面に押し出され完全に歌物の作品になっている。それでいてトラックだけで無く、所々に挿入されているギターも絶妙な効果を生み出している。トラックもDeftonesの耽美なダークさを継承しており、エレクトロニカとかトリップホップの要素を持ちつつももっとオルタナティブロックのカラーが本当に色濃く、チノのボーカルと完全に嵌りきった物だ。トリップホップ等の新たな試みを取り入れつつも、それを自らの物にしるチノのボーカリストとしてのポテンシャルの高さは最早言うまでも無いけれど、シャウトを完全に封印して、全編クリーントーンで歌った今作ではそのポテンシャルの高さを再認識させるだけでなく、どんな楽曲も歌いこなすチノと、オルタナティブでありながら絶妙に重苦しいトラックの完成度の高さが最高の形で結びついていると言えるだろう。特に第2曲「Op†ion」はバンドアレンジにしたらDeftonesの新曲としても全然行ける歌心とヘビィさを持ちながらも、Deftonesのエレクトロバージョンといった安易さではなく、それをあくまでも†††の音として作り上げている所もポイントが高い。第4曲「†hholyghs†」ではかなりバンドサウンドに接近したサウンドを鳴らしながらも、より間口の広い歌物の楽曲になっており、エモーショナルな轟音と共にチノの歌声が咲き乱れ、ダークさの中から光を生み出し照らし出すドラマティックさも持っている感動的な1曲だし、非常に壮大なバラッドに仕上がっている。そして最終曲「†」はウィッチハウス的なゴスでメロウな旋律がダークに締めくくる。



 新たな試みを取り入れながらも、あくまでそれを取り入れたサイドプロジェクトではなく、本隊であるDeftonesやFraに負けない完成度を持っているどころか、マニアックさの中に間口の広さをしっかり用意し、一つの歌物作品としてもウィッチハウスやエレクトロニカの作品としても高水準の完成度を持った1枚であると言えるだろう。チノという男の才能はやはり底無しだ。また今作は下記リンクのオフィシャルサイトからフリーダウンロードで配信されている。



††† オフィシャルサイト



スポンサーサイト

■Somewhere Near The Pulse/Inner Trip

Somewhere Near The Pulse 1



 Saman Nというイランのミュージシャンでありグラフィックアーティストがいる。今作はそんな彼のソロユニットであるInner Tripの2011年発表の1stアルバムだ。リリースはFluttery Recordsからであり、Fluttery Recordsの国籍を超えた良質なアーティストの発掘の目に感服するばかりだ。今作はメロディアスなアンビエント作品であり、トリップホップのビート理論を取り入れながら情景豊かな音を鳴らす作品になっている。



 揺らぐ音は正にアンビエントであるのだけれども、今作の音は本当に輪郭がはっきりしている。ギターやベースの音を入れ、ポストロックに近い感触のサウンドを鳴らしながらも、それを加工し、空間的な揺らぎと響きに重きをおいているし、モダンクラシカル色の強いストリングスの音なども取り入れているし、ビート構築はトリップホップに近い物であるけれど、純粋なトリップホップとは違ってエレクトロニカな方法論も取り入れられている。実験的に多岐に渡る音を取り入れながらも、それを散らかしっぱなしにはしないで、一つの方法論として帰結させる手腕は見事。楽曲自体も展開が明確になっているし、起承転結のはっきりとした構成で静謐で奥行きのある旋律が情景とドラマを生み出している。幅広い方法論と楽器と音を用いながらも、それを内面的な神経へと作用する音に仕上げ、視覚的な刺激まで生み出すセンスは評価すべき点だと思う。第1曲「Eltanin And Old Melodies」ではポストロック的アプローチからトリップホップを食らい、そこからドラマティックかつプログレッシブな展開を見せ、情景を膨らましていくのに対し、第3曲「Lifestream」もトリップホップの方法論は取っているがクラシカルな音の残響からシャープな音の配列が静謐なレクイエムとして響いている。この様な多彩な方法論を取りながら、描く色彩は一貫しているし、白銀の情景が冷たさと鋭利さを孕んだままドラマティックな宇宙へと導いてくれる。第6曲「Labyrinth」の様な静謐なピアノと、ダークさのあるアンビエントなカラーの強調された楽曲であり、アンビエントに接近した音を鳴らしているのもニクいが、どの楽曲もエレクトロニカから派生した音が様々な音を飲み込んだ末に立体的なサウンドを作り上げ、様々な角度で光り方や色彩を変える結晶の様な音になっている。その色彩の情景は残酷でありながらも美しい。



 浮遊感とはまた違う、重みのある重厚さを前面に出し、実験精神と豊かな情景が結びついた作品でありSaman Nという男の才能と懐の大きさを感じることげ出来る。冬景色の澄み切った空気もブリザードの様な残酷さも今作では描かれているし、その美しさは電子と肉体の境界線を崩した先にある孤高の音である。また今作は下記リンクのbandcampページで購入可能だ。



Inner Trip bandcampページ

■SECOND CIRCLE/REDЯUM


SECOND CIRCLESECOND CIRCLE
(2000/04/28)
REDЯUM

商品詳細を見る




 かつて元THE BACK HORNのメンバーや元COCK ROACHのメンバーも在籍していた事で有名な今は亡きREDЯUMというバンドであるが、多くの人は後期のロック路線の方が馴染みが深いのかもしれない。しかし初期REDЯUMはPortisheadに大きな影響を受けており、生バンド形態でPortisheadの様な音楽をやるというコンセプトのバンドであった。今作は2000年発表の2ndEPであるが、初期REDЯUMのコンセプトが色濃くアウトプットされて面白い作品だと言える。



 音楽性はPortisheadの影響を色濃く感じさせる物であるが、決してその模倣では無い。Portisheadの持っているダークなグルーブをしっかりと継承しながらも、生バンドのシンプルさとタイトさが特徴的でもある。YUMIのボーカルは艶やかでクールでありながらもどこか粘着質の感触を持っており、そのしっとりとしていながらも聴き手に粘りつくボーカルは当時のREDЯUMの大きな武器だったのでは無いだろうか?第1曲「4 A.D. (4 ASIAN DOCUMENTS)」はバンド版Portisheadらしいダークなグルーブが特徴的な楽曲であるが、それと同時に時折顔を出すノイジーなディストーションサウンドがロックバンドとしてのうねりをまた生み出しており、スクラッチ音なんか入れていながらも、あくまでもロックバンドとしてのグルーブを殺すのではなく、ロックとトリップホップをクロスオーバーさせた物としてアウトプットされているし、それこそがこのバンドの面白さだと僕は思っている。
 逆に第2曲「SWALLOWING THE SUN」はロックバンドとしての要素のが大きく出ており、その中で冷徹なグルーブを生み出すといった物だ。しかしその冷徹さと耽美さは徹底しているし、その情緒性は日本人である彼らの持ち味であるし、それはこの音楽性とマッチし、ダークでありながらも感情豊かな音楽へと仕立て上げる要因にもなっている。第3曲「CIRCLES」も硬質のビートを刻みながらも、その旋律は非常にメランコリーであるし、生バンドでありながらもそれを感じさせないアレンジと、幻想的で浮遊する音と不意に入り込んでくるファズギターがまた良い味を出している。ラストの第5曲「PLANET OF YOUR SIXTH」は今作の集大成的な楽曲であり、クールなビートとグルーブとは対照的にYUMIが紡ぐ歌とギターの旋律はクリアな音を作り出し、重苦しくも透明感溢れるサウンドとなっており、そこに徐々に熱量を高める構成と展開が同居する事によって非常にドラマティックになっている。



 生バンド形態でPortisheadの様な音楽をやるというコンセプトの音楽ではあるが、決してそこに止まっていないし、あくまでもロックバンドである事に自覚的な作品であると思うし、そのアイデアだけでなくバンドだからこそのグルーブを殺さずに不穏のグルーブを生み出してるのが今作だ。それでいて絶妙な冷たさと硬質さを兼ね揃えているし、そこに乗る歌声と旋律は優しく儚い。これを2000年に日本でやっていたバンドがいたって事はもしかしたら大きな意味があるのではないかと僕は勝手に思っている。

■Child's Hill/Kuroi Mori

kmp1.jpg



 Kuroi Moriはサウンドクリエイターである古谷弘毅によるユニットだ。2011年発表の今作は2010年にロンドンでレコーディングされた作品であり、国内国外の様々なアーティストと作り上げられた作品である。その殆どが古谷氏一人の手で作り上げられており、オーガニックなエレクトロニカからダークなトリップホップまで多彩に行き来し、それでいて多数の風景を想起させる様な音の快楽を味わう事が出来る、音響の螺旋を描く作品だ。



 今作はエレクトロニカを軸にしてはいるが、コラボレーションしたアーティストによってそれぞれの楽曲が違う表情を見せる非常に多彩な作品だと思う。例えばフランス出身のシンガーであるAmdineとは3曲コラボしているが、第2曲「Boy」はダークなトリップホップになっているし、一方で第4曲「Urja Ibra」は静謐なアンビエントといった仕上がりだ。同じアーティストと製作した楽曲でもその表情や手法を変え、それでいてそのアーティストの魅力を引き出す作品と言っても良いだろう。その殆どの音を自らで作り上げながらも、様々なアーティストと共に楽曲を作り上げた事によって自らのプロデューサーとしての力量も確かに見せ付けてくれている。
 個人的には第3曲「Breathe」のシンプルなビートと音を機軸にしながらも、徐々に広がっていく音の世界であったり、第7曲「There's Nothing Ahead On This Way」のハードコアを解体し、トライヴァルなビートのドープさとサイケデリックな感触は今作の中でもかなり気に入っていたりするのだけれども、どの楽曲も最終的にはKuroi Moriの音に帰結しているし、余計な装飾を施さずシンプルな音のみで構築された楽曲は、より聴き手の想像力と快楽を刺激していくのだ。この音には何の縛りも無いし、何の括りも必要としないけど、全ての音はオーガニックで静謐な音の美しさに帰っていく。



 今作の音はどんな時間でもどんな場所でも有効な音になっている。エレクトロニカでありながら無垢でまっさらな音だからこそどんな時もそこに馴染んでくれるし、どんな状況でもその音は不変のままだ。シンプルで美しい音の波が作り上げる約一時間の小旅行、ただその音の世界に静かに入り込むだけで、非現実にある静かな世界へと旅立つことが出来るのだ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。