■タグ「ドイツ」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Aeon Unveils the Thrones of Decay/Downfall of Gaia





 いよいよ来日が迫ったジャーマンブラッケンドクラスト最高峰であるDoGの2014年リリースの3rdアルバム。前作の2ndアルバムから大手レーベルMetal Bladeと契約。音楽性もネオクラストに留まらずポストメタル化し、世界で名前を上げていった。
 そして今作ではそこにブラッケンドの要素も持ち込み、更なるクロスオーヴァーを果たしている。曲も殆どが10分近くと大作志向もより強くなった印象だ。



 前述通り長尺で複雑な楽曲構成の曲が殆どとなっており、それは前作でも存在した要素ではあるけど今作ではかなり色濃くなっている。
 ブラッケンドにも接近した音になっており、トレモロリフがダークなメロディを奏でるパートも多数存在するけど、ブラックメタルに接近したというよりはポストブラックに近い印象で、それらのバンドが持つアート性がDoGの目指す音と合致した結果のクロスオーヴァーといった感じだ。
  波瀾のトレモロとブラストの大津波にいきなり飲み込まれそうになる第1曲「Darkness Inflames These Sapphire Eyes」から破壊力は抜群。時折盛り込む引きのパートやポストメタル要素でコンセプチュアルアートな世界観を表現するが、それを塗り潰す音の洪水は美しくありながらも恐ろしい物。
  ダウンテンポから獅子奮迅の音へと雪崩込む第2曲「Carved into Shadows」も変わらず破滅的であり、彼らはポストメタル化したとかブラッケンドに接近したという以上に根底にあるハードコアの怒りのエナジーを凄く大切にしているとも思う。だからここまで大作志向でアーティスティックな作風になっても、激動の音は日和ったりせずに寧ろパワーアップしているのだろう。
 中盤もトレモロとポストメタル的ダウンテンポとブラストが交互に攻める黒斑の音ばかりが続き病み捲りそうになるけど、12分近くにも及ぶ第6曲「Whispers of Aeon」ではアンビエントやインプロといった要素も盛り込み、不規則で不安な配列の音が混沌の前準備をしてからラスト1分半をブラストとトレモロで駆け抜ける展開は痺れる格好良さだ!!そして最終曲「Excavated」で今作一番の悲哀のメロディを美しく奏でる。



 殆どの曲が10分近くにも及び、、前作や前々作以上に音の濃度も高くなっていて軽々しく聴ける感じの作品では無いと思う。実際にアルバムを通して聴くと何とも心地よい疲労感があったり。
 けれどもどんなに音をクロスオーヴァーさせて大作志向になろうともDoGのネオクラストから生み出した美しく燃えるメロディセンスは今作でも健在である。クラストだとかメタルなんて関係なしにより邪悪にDoGはパワーアップしたのだ。
 DoGは2015年11/13日の大阪火影、11/14・11/15の新大久保アースダムでのTJLA、11/16の新松戸FIREBIRDと四日に渡り日本でショウを繰り広げる。さあ漆黒が燃える瞬間はもうすぐだ。




スポンサーサイト

■Vorstellungskraft/The Tidal Sleep

thetidalsleepCD.jpg



 今こそジャーマン激情は熱い!!昔から強靭凶悪なハードコアバンドばかり輩出しているハードコア先進国ドイツだけど、どの国や地域も時代や音楽性が循環しているのと同様にドイツも新たな循環が起きている。ジャーマン激情のベテランであり最高峰であるTrainwreckが2014年にリリースした最新作もこれまでのサウンドを良い意味で裏切りジャーマン激情の未来その物と言える大傑作をドロップしたし、Fjortといった有望な若手も登場した。そんな中で2014年にリリースされたThe Tidal Sleepの2ndである今作はジャーマン激情の新たなる未来の重要なピースとも言える傑作だ。



 現在のTrainwreckやFjortといったバンドを例に挙げると今のジャーマン激情は「洗練」というのが大きなキーワードになると思う。これまでの歴史の中で欧州でも極悪なサウンドのバンドばかりドイツから生まれていた。しかしそんな過去の流れとは違う新たな流れが生まれているのも事実だし、Touche AmoreといったUS激情の新たな息吹が登場して素晴らしい音を鳴らしているのと同じで、今作は間違いの無い完成度を誇り、洗練されながらもジャーマン激情の歴史を繋ぐ作品だと思う。激烈なサウンドを叩きつけながらも、それは決して単に凶悪な激音では無くて、非常にメロディアスで作り込まれたサウンドだし、そんな繊細さを持ちつつも力強く叩き付けてくるハードコアサウンドは本当に頼もしい。オープニングを飾る第1曲「Old Youth」が正にそんな楽曲で、いきなりフルスロットルでバーストしまくったかと思えば、メランコリックなツインギターの絡みを聴かせてくるし、爆発するパートだけじゃなく、引きのパートでは絶妙な渋みもあり。第2曲「Thrive And Wither」は疾走感溢れる音を展開しているけど、そんな曲でも持ち前のメロディアスさが光る。第3曲「Angst」は最早激情系というよりも歌物ポストロックと言える曲になっているし、クリーントーンになるとより彼等のセンスが光る。
 今作を聴いているとハードコアらしさも勿論あるし、クリーンでメロディアスでもあるし、激烈さと曲のクオリティの高さと美麗のサウンドのバランスの作り方に脱帽する。だからこそある意味で凄く大衆的で分かりやすいハードコアなのかもしれない。でもそれはセルアウトしたサウンドだってこ事じゃ無くて、ジャーマン激情らしい熾烈さを活かしながら新たな普遍性を手にしようとしているって事だと思う。完全にクリーントーンなインストポストロックである第6曲「If You Build It…」から爆走ファスト&ショートな第7曲「…They Will Come」が何の違和感も無く繋がってしまうし、特に終盤の楽曲はその激と美の触れ合いが完璧な形になっているし、それでも彼等のハードコアは全然揺るがない。



 非常にハイクオリティな作品だし、同時に洗練された現在進行形のジャーマン激情の素晴らしさを見事に体現した名盤だろう。激音でありながらメランコリックな泣きを繰り出しまくり、時にはクリーントーンの音のみで勝負し、その結果生まれたニュースタンダードとも言える作品だろう。現在のTrainwreckのサウンドに痺れた人は勿論だけど、多くの人を虜にするバーストする美しきメロディと熱情は多くの人を惹きつけるだろう逸品。



■D'accord/Fjørt

fjortCD.jpg



 何度このジャケットは!?(驚愕)と突っ込まずにはいれないけど、そこはまあ置いておこう。今ジャーマン激情がまた新たな波を起こしている。ジャーマン激情の最重要バンドであるTrainwreckの新作も素晴らしかったが、若手バンドも負けていない。Fjørtもそんなジャーマン激情のホープであり、2014年にリリースされた2ndである今作さは彼等に期待を抱くしかなくなる作品に仕上がっている。



 彼等は激情系ハードコアバンドでありながら見事な洗練を見せるバンドだと思う。3ピースの編成でありながらメロディアスに多種多様に変貌していく楽曲は既存の激情とはまた違う新たな風を感じる。凄い大雑把な言い方にはなってしまうのかもしれないけど、Thursdaの様な硬派でありつつもメロディアスなスクリーモ・ポストハードコアの流れにあるサウンドだと僕は思う。作品の冒頭を飾る第1曲「D'accord」から見事に突き抜ける風。ツインボーカルで聴かせるスクリーモの応酬と、高い演奏技術による鉄壁のアンサンブル。空間的アプローチも随所随所に取り入れ、ポストロック的なフレーズを盛り込みつつ、スクリーモっぽいリフもガンガン使っていく。静謐さに振り切るのではなく、アグレッシブさを武器にしてドラマティックに楽曲を展開させ、あざといメロディと共に泣きに泣きまくりな激情を聴かせる。アンダーグラウンド感は無いから、そこに嫌悪感を覚える人はいるかもしれないけど、ある種のオーバーグランドさを持ちつつも、硬派なサウンドは僕個人としては凄い好きだし、これはあくまでも硬派なハードコアサウンドをより間口を広げた洗練であり、何よりも楽曲の完成度の高さとメロディセンスと演奏技術は単純に手放しで賞賛出来る。
 一転して激情系ハードコア要素が強く獰猛に爆走する第2曲「Schnaiserkitt」も凄く格好良いんだけど、単にアグレッシブなハードコアをプレイするのではなくて、アグレッシブさの中で緻密に組み込まれたフレーズが光り、煌きのクリーントーンの音色をアクセントにしながらも、歪んだギターリフと爆走するビートで攻める!攻める!ちょっとダサ格好良さもあって、それがまたあざとくありながらも良さを感じるリフの応酬からクリーンなトレモロと歪んだベースの静謐なパートで落としてくる当たりもベタベタなんだけど、そんなベタさもこのバンドの良さだと思う。第3曲「Valhalla」はそんな彼らの良さが特に詰まっている名曲で、メジャー感溢れるサウンドでありながら、激情系の持つ感動的なメロディと爆裂サウンドの融和が堪らない。第5曲「Hallo Zukunft」ではスクリームだけじゃなくて、クリーンの哀愁漂う歌まで聴かせてくれるし、まじりっけの無いクリアな旋律に心が豊かになるのは必至だ。
 ポストロック的アプローチや激情・スクリーモの美味しい所取りで多様に音を変化させながら、常に美しい旋律が鳴り響く今作だけど、終盤はまた素晴らしい楽曲が並び、ポストロック方面に振り切ったクリーンな音の前半から、ドラマティックに泣きまくる後半の拳を握り締めたくなる熱さにやられる第9曲「Atoll」、そしてEnvyの様なスケールとアグレッシブさとメロディを聴かせる止めの最終曲「Passepartout」は今作のラストを飾るに相応しい素晴らしい名曲。



 単なる激情では無く、単なるスクリーモでは無く、単なるポストロック方面の要素を持つ音楽では無い。クリーンさを生かしながらも、美しいメロディとアグレッシブなサウンドとドラマティックさを見事に生かし、激情系ハードコアを一つのオーバーグランド感のあるサウンドに仕上げた今作は、ステイアンダーグランドさは皆無だし、そうした原理主義者からは批判を浴びるかもしれないけど、確かな楽曲の完成度の高さと素晴らしさ、何よりも激情系ハードコアをネクストまで持ち上げようとする気迫と力量は賞賛しかないし、素晴らしい作品だ。



■Old Departures, New Beginnings/Trainwreck


Old Departures, New BeginningsOld Departures, New Beginnings
(2014/04/27)
Trainwreck

商品詳細を見る




 ジャーマン激情の最高峰の名を欲しいままにするEngrave、Eaves時代からジャーマン激情の歴史を作り上げて来たTrainwreckの2014年リリースの最新作品にして本当に久々のフルアルバム。活動の歴史の長さに反してリリースした作品こそ多くは無いけど、その一つ一つのリリースがとんでもない名盤しか無かったけど、ここに来て本当に集大成であり、最新の進化の結晶をドロップして来た。Trainwreckの手によって2014年の激情系ハードコアの決定打と言える作品が生み出されてしまったのだ。



 今作は本当に久々のフルアルバム形式の作品だけど、Trainwreckのこれまで、そしてこれからが詰まった作品だと言える。長きに渡って活動を続けるバンドの素晴らしい作品って自ら積み重ねた過去と、その先の未来を感じさせる作品が多いと思うんだけど、今作も例外無くそんな作品だし、Trainwreckがこれまで積み重ねたサウンドと、その先の新たな地平の両方がある正にバンドの最高傑作と言える作品だ。前作のEPではTrainwreckの持ち味だった熾烈なるハードコアサウンドを更に鍛え上げてより凶悪になったサウンドを叩き付けて来たが、今作はこれまで通りの熾烈さを持ちながらもバンドとしてより音の幅を広げて洗練させている。
 せわしないギターストロークのフェードインから始まりこれぞTrainwreckと言うべき瞬発力と爆発力溢れるサウンドがのっけから展開される第1曲「Time Erases Everything」からバンドの進化と変化はかなり感じ取れる、サウンド自体は性急でありながらも、これまでと違い美麗のメロディのアルペジオを取り入れているし、感情の暴発とクラストテイスト溢れる猪突猛進な音の横断といった直情的で肉感的な音は相変わらず最高過ぎるけど、ダークな熾烈さよりも、シャープかつソリッドに研ぎ澄ました音の洗練された美しさはこれまでのTrainwreckには無かった要素だし、バンドとしてのタフネスはそのままに、より芸術的な美意識を感じる音になったのは本当に大きいし、何よりも音の全てがクリアに突き抜けている。かといってそんな楽曲だけで攻めている訳では無くて第2曲「Summarized Existence」はクラスティの暴走するジャーマン激情らしさとTrainwreckらしさ全開の暴力的混沌の爆発が展開されているし、そんな曲もより強く美しい肉体美を見せてくれている。ミドルテンポで音塊を岩石投げしまくる第3曲「Splitting The Seams」も痺れる格好良さ。
 そんな進化を感じさせる曲が並ぶ中で第4曲「Old Departures」や第9曲「New Beginnings」のギターのみで郷愁の美麗な旋律を響かせるインストの小品2曲はこれまでのTrainwreckじゃ絶対に無かった曲だし、フルアルバムだからこその作品全体で一つの激情の物語を描く今作だからこそ、そういった曲は随所で作品の完成度を高めている点も見逃せないし、第4曲の余韻を受け継ぐアンビエントなイントロからエモーショナルな泣きのメロディが炸裂する美と激の対比が見事すぎる第5曲「Apnea」は心を掻き毟る熱さに溢れていて最高!!ダークなネオクラスト的激情を化け物じみたテンションとソリッドに刺しまくる激烈曲である第6曲「Heartless」、そしてあざとい位にドラマティックなエンディングを飾る最終曲「I Will Show You Fear In A Handful Of Dust」と作品全体で音の幅の増幅と洗練を感じさせながらも、よりドラマティックに突き刺すサウンドを手にした今のTrainwreckはもう無敵って訳だ!!



 これまでの作品に比べたらレコーディング的な面での熾烈さは少しだけ後退はしているかもしれないけど、バンドの演奏やテンションといった点での熾烈さはよりハイボルテージになっているし、アグレッシブに暴れまくるサウンドこそ普遍だが、よりメロディのドラマティックなエモーショナルさや美しさという点は大きく進化を遂げているし、これこそみんなが待ち望んでいた激情系ハードコアだろ!!今作を聴いていると激情系ハードコアはまだまだオワコンになんかなっちゃいねえし、まだまだ進化と発展の可能性は十分にあると思うし、Trainwreckというジャーマン激情の歴史と共に歩んできたバンドがこうして最新作で最高の作品を生み出してくれた。限界なんてこんな物じゃねえ!!そう高らかに宣言している様にも思うし、この熱さは紛れも無く本物だ。激情系ハードコアはまだまだ行ける!!



■Bitter Songs/Finisterre

bittersongs.jpg



 Alpinistともスプリットをリリースしていたりもするドイツのネオクラストバンドの2010年リリースの1stフルアルバム。LP盤はドイツのContrazst!からリリースされている。とにかく1stでありながら楽曲の完成度は高く、そして数多くのネオクラストバンドの中でも渋さをかなり感じるバンドであり、ネオクラストらしい疾走パートも数多く存在しながら、絶妙にポストメタル化もしている作品だ。



 作品全体として見ると第1曲以外は4分台、5分台の楽曲ばかりで、ポストメタル化するネオクラスト勢の中では割とコンパクトな楽曲が並ぶ。第1曲「orwell nation」は今作では唯一の8分程の長尺の楽曲であり、オープニングから静謐な美旋律から始まり、徐々に熱量と重みを増幅させて、見事にポストメタルなサウンドを展開し、その美しさと渋さと哀愁に惚れ惚れしてしまうけど、楽曲が後半に入ると突如として疾走するネオクラストサウンドが展開!!パワフルぼボーカルの叫びと共にメロディアスでありながらも、その馬力は凄まじい。そしてその流れを受け継いで再び静謐なポストメタルパートになり、最後は再びクラストなパートで暴走して終わる。今作の魅力はポストメタルに接近したネオクラストでありながらも、絶妙にポストメタル化していない所だと思うし、ポストメタルとクラストの隙間に良い感じに入り込んでいる所だと思う。クラストパートも非常にメロディアスな哀愁と力強さに溢れていて凄く格好良いし、第2曲「no matter how hard」は熾烈なるクラストサウンドが更に展開されながらも、メロディはあざとくないにしてもやっぱり泣きを感じるし、ダウンテンポのスラッジパートの粗暴さもまたクラストパートの魅力を増幅させるのに一役買っているし、楽曲自体の完成度は高いけど、洗練されきってないハードコアな荒々しさが非常にナイスなのである。ポストメタル色の強い第3曲「the unspeakable」は痛々しい旋律をスラッジリフから非常に強く感じるし、獰猛なるボーカルと共に生み出す熾烈さと、絶妙に入るコーラスがまた堪らない。
 作品全体を通しても楽曲はコンパクトだからポストメタル色を持ちながらも、やっぱりクラストな要素を強く感じるし、ポストメタルパートを前振りにクラストなパートへと雪崩れ込む展開は鳥肌物。ポストメタルは長い曲が多いから少し苦手って人でも今作はお勧めだし、楽曲構成こそ複雑では歩けど、説教臭さは全く無く、寧ろドラマティックな楽曲をより高次元で表現するのに一役買っているし、先程も述べたけど、あくまでも荒々しいハードコアさが前面に出ているから良い意味で分かりやすいし、メロディアスに楽曲は展開されるし、シンガロングパートも入ってるしで、ハードコアな熱さに満ちている。今作でも最も重みと強さを感じるリフとビートが魅力的な第6曲「drama in 3 akten」はシリアスな重さと、ポストメタルパートの静かなる哀愁が本当にナイスだし、ストリングスを取り入れた最終曲「me, on wire」は5分半の中で見事なる美しいクライマックスを描き、壮絶なる劇場が長尺じゃないのにも関わらず壮大に繰り広げられ、Fall Of Efrafaにも匹敵するレベルだとすら思う。ラストのストリングスの調べと哀愁溢れるアルペジオのラストは正に感涙物で、ダークで哀愁溢れる今作を締めくくるに相応しい。



 Fall Of EfrafaやDownfall Of Gaiaの様なポストメタルに接近したネオクラストバンドが好きな人には絶対にお勧めな一枚だし、それらのバンドと良い意味で差別化がされているし、オリジナリティも強く感じる一枚。楽曲の完成度やメロディセンスは素晴らしいが、あくまでも洗練されてない粗暴さが今作の肝だし、美しくも熾烈で泣ける感動的作品だと言えるだろう。また今作はbandcampの方でもname your priceで購入可能になっているし、もし気に入ったら3LA辺りで盤の方でも購入して欲しい限りだ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。