■タグ「ドローン」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Tangled/Nadja

81fcbbede47d2005333ddc1a16b204bf.png



 関連音源とかコラボ音源まで含めるともうどれだけリリースしているかちゃんと把握している人はいるのか疑わしくなってしまうレベルで膨大な作品を世に送り出しているカナダのエクスペリメンタル夫婦ことnadja。そのNadjaがTokyo Jupiter Recordsから日本盤リリースのニュースを聞いて驚いた人は多かったんじゃないだろうか。今作はNadjaが2014年に7インチでリリースしたEPの日本盤としてTJRからCDのフォーマットでリリースされた作品であり、同時にNadja史上最もキャッチーかもしれない一枚だ。



 Nadjaと言えば他の追随を許さない真の唯一無二の轟音を奏でるユニットであると同時に、その楽曲は殆どが長尺曲ばかりであるし、聴いていると脳が溶ける感覚すら覚える至高のエクスペリメンタルサウンドを鳴らしていた。しかし今作は「Grindgaze=グラインドゲイズ」と称され、Nadjaのサウンドの視点からインダストリアル・グラインドコア・ブラックメタルを解釈した作品になっている。Nadjaとしては驚きのボーナストラック以外の楽曲がどれも2分前後という驚きの短さの曲ばかり並ぶ。それが結果としてNadjaの轟音サウンドの最も分かりやすくてキャッチーで気持ち良い部分を抽出したみたいな音になっている。
 勿論Nadjaの解釈によるグラインド・インダストリアル・ブラックメタルと聞いて既存の解釈をするなんて誰も思わないだろう。ビートこそ機械的なインダストリアルのビートだけど、サウンドに分かりやすいブラック要素もグラインド要素も全く無い。無機質でノイジーなギターの轟音が容赦無く降り注ぎ、これまでのNadjaの様な天へと上る轟音とは違って、奈落へと沈み込むかの様なサウンド。しかも音の輪郭もかなり歪んでいるし、これまでよりも異常なまでにショートな楽曲であるからこそ、余計に際立つドス黒さを感じるディストーションサウンド。しかしそれすら奈落の暗黒サウンドと感じさせないのがNadjaの凄い所だと思う。不気味な轟音はあくまでもこれまでのNadjaをフィルターとして通過させた物だし、今作を例えるなら全6曲13分弱の混沌と言うべきだろうか。光と闇が衝突する瞬間だけを切り取ったサウンドは無機質で残酷であるのに、やはり神々しさを感じてしまう物になっているし、約13分の本編が終わった瞬間に何故今作がGrindgazeと称されたか理解するだろう。
 そしてTJR盤では最終曲「The Smell Of Bastards」に続く形で2007年にリリースしたアルバム「Radiance of Shadows」に収録されている「I Have Tasted the Fire Inside Your Mouth」のデモVerが収録。デモとは全然思えない完成度は流石はNadjaとも言うべきだけど、今作の本編とは全然違う、25分以上にも及ぶ神々しくも激重のドローンサウンドの地獄から美しき天国へと導くNadjaの世界を十分に堪能出来る物になっている。



 Nadjaに関して言えば余りにもリリースが膨大過ぎて正直追いきれてないのだけど、今作で久々にNadjaに触れたらこれまでと全然違う芸風に驚いたし、同時にユニットとしての実験作が結果として凄くキャッチーで分かりやすい作品になったのも何だかNdjaらしくて面白い。勿論既存の音のトレースなんて今作ではやってないし、終わりなき実験精神と轟音の追求の一つの成果として提示された今作はやはりNadjaにしか生み出せない音だ。勿論今作はTokyo Jupiter Recordsnにて購入可能だ。



スポンサーサイト

■Primitive and Deadly/Earth


Primitive and DeadlyPrimitive and Deadly
(2014/09/02)
Earth

商品詳細を見る




 これはEarth復活作である「The Bees Made Honey in the Lion’s Skull」以来の衝撃だ。ドゥーム・ドローンの最重要バンドであり、御大Dylan Carlson率いるEarthの2014年リリースの最新作は正にそんな作品となった。復活後はダークで深遠なるアメリカーナ路線を突き進んできたけど、ここに来てDylan先生はヘビィロックへと回帰した。これまでのアメリカーナ路線の流れにありながら、シンプルなバンドサウンドとリフに回帰し、earth史上最もロックな作品を生み出した。初期は無慈悲なドローン・ドゥームとして登場したEarthが行き着いた先は至ってシンプルなロックだったのだ。



 でもEarthが単なるロックを奏でるかと言ったらそんなのは大間違いだ。間違いなく作品はドローンな流れにあるし、これまで同様にアメリカーナ要素もある。しかし今作は更に余計な装飾を取り除き、ギター・ベース・ドラムという本当にシンプル極まりない音で制作されている。そして最も大きな特徴はどの楽曲もギターリフ主体の楽曲ばかりだと言う事だ。極限まで推進力を落としたビートとヘビィなリフというシンプルな音で構成されているのだけど、単なるロックなギターリフをDylan先生が弾く訳が無い、ヘビィさを全面には出しているけど、反復するギターリフは非常に美しいメロディを持ち、それでいてヘビィな残響音を聴かせるリフは余韻の最後の最後まで恍惚の音だ。復活後の3作品はヘビィロックから離れたアメリカーナ路線を追求していたけど、そこで培った物をヘビィロックに還す事によって新たな地平を切り開いたのだ。第1曲「Torn by the Fox of the Crescent Moon」は正に今作のEarthの衝撃がダイレクトに表れた楽曲であり、反復するギターリフが徐々に色彩を増やし、随所随所に美しいアルペジオを盛り込みながらも、徐々に熱を帯びるギターリフによる揺らぎと高揚感、バンドサウンドを前面に押し出したからこその、ダイナミックな揺らぎは正にサイケデリックであり、しかしこれぞEarthにしか生み出せなかったロックなのだ。プリミティブなリフの力による神々しく圧巻なサウンドスケープはEarth史上最高の物になっている。
 また今作の大きな特徴として、再結成後の作品ではインストの楽曲のみを発表して来たEarthがここに来てゲストボーカルを迎えている事だ。いきなりストーナーな感触を持ちながら、奈落と桃源郷が混ざり合ったギターフレーズに意識を持っていかれる第2曲「There Is a Serpent Coming」では(Queens Of The Stone AgeのMark Laneganがゲストボーカルを務めている。しかしMark Laneganの深み溢れる渋いボーカルとEarthの音が見事な惹かれ合いを果たし、悠久のギターリフとMark Laneganのボーカルのコラボレーションは正にロックの最深部であり高みからの新たなる福音であるのだ。特に素晴らしいのは第3曲「From the Zodiacal Light」だ。今作でも特にヘビィさとサイケデリックさ溢れるギターの音が印象的であるし、メインのフレーズと、脳の使われていない部分すら覚醒させるであろう、儚く耽美な揺らぎ。そしてゲストボーカルであるRose WindowのRabia Shaheen Qaziのシリアスな緊張感を持つボーカルがまた素晴らしい。今作はここ最近のEarthの中でも特にダークな感触を持つ作品ではあるけど、そのダークさは絶望的なダークさとは違う、人間には抗えない得体の知れない物へのある種の畏怖の念が生み出す恐怖心としてのダークさであると思うし、しかし恐怖は時に救いと隣り合わせであると思うし、この曲はシリアスさから少しずつ精神を開放させる高揚感へと繋がり、Dylan先生とRabia嬢による愛撫の果てに緩やかな絶頂を僕達は迎える。
 再びインストである第4曲「Even Hell Has Its Heroes」も驚きだ。リフ主体である楽曲構造は変わらないけど、サイケデリック・ストーナーといった言葉が見事に当てはまる序盤のロングギターソロからいきなり涅槃へと連れて行かれるし、今作が紛れも無くロックアルバムである事を証明している。延々と続くスロウなギターソロ、そしてスロウなビートとリフが更に調和し、彼岸をそのまま音にしているみたいなサウンドスケープは個人的にはここ最近の割礼が持つ、ロマンとエロスとしてのサイケデリックロックと間違いなく繋がっていると思うし、ロックは極限まで極めると、シンプル極まりない音でも、異様さを生み出せるし、スロウで長尺でありながら、時間軸を完全に歪ませ、次元すら書き換えてしまう。再びMarkをゲストボーカルに迎えた最終曲「Rooks Across the Gate」も凄まじいサイケデリアであり、持続音のギターリフとアコギの調べがとMarkの歌が世界の全てを天国でも地獄でもない、ただ抗えない何かが支配する新たなるパラレルワールドへと変貌させ、最後の最後の余韻まで息を飲む緊張感に支配されたまま終わる。



 これは単なるヘビィロックへの回帰では無い、これまで培った広大で異様な世界を描く音楽を、完全にロックに還し、ロックの新たなる可能性を提示した作品になったのだ。Earthのこれまでを全て持ちながら、そのどれとも違う音は正に悟りの境地だと言えるし、Dylan先生の天才っぷりにはもう驚くしか無い。果たしてEarthがこの先何処に到達するかはまだ誰も分からないけど、でもdylan先生が目指す先は涅槃すら超えた最果てなんだと思う。



■Rebirths/thisquietarmy

49e31b353adb61ab0614769293f7fc38.png



 2014年のTokyo Jupiterのリリース第2段はカナダはモントリオールのギタリストEric QuachによるソロプロジェクトであるthisquietarmyのコレクションCD。thisquietarmyは活動を開始してから精力的なライブ活動と、数多くの音源のリリースを行って来たが、今作はこれまで世に送り出した楽曲の中から厳選した4曲を再レコーディングして収録した作品であり、それだけじゃなく今作にのみ収録された未発表曲をボーナストラックに加えた全5曲。



 僕自身は今作で初めてthisquietarmyの音に触れたのだけど、これは見事に美轟音レーベルであるTokyo Jupiterらしいアーティストだと思う。音自体数多くのエフェクターを使用したギターと電子音によって構築され、時にリズムマシーンの音も入るという物であり、全曲が長尺の楽曲になっている。こういった類のアンビエント系の音は物によっては非常に退屈だったりもするんだけど、この人の音は大きく展開する訳でも無いし、基本的には音の反復と持続音で構成されているのにそれが無い。第1曲「Aphorismes MMXIV」が本当にそうなんだけど、持続する電子音が妙な心地よさを生み出しつつ、リズムマシーンの音が入るとじわじわと轟音成分が見え始め、そしてギターの轟音がシューゲイジングを加速させ、徐々に熱を帯びながら美轟音の洪水へと変貌していく。良い意味でのあざとさを感じさせながらも、静謐さからドラマティックな轟音のストーリーへと展開するサウンドは、この手の音が好きな人ならドンピシャだし、アンビエント・ドローンを退屈な物にするのでは無くて、美しくドラマティックな物にしているのがこの人の凄い所だと思う。
 第2曲「The Pacific Theater MMXIV」は一転してのっけから重苦しく歪んだギターのサウンドから始まり、荘厳であり重みのあるサウンドスケープを体現、Year Of No Lightとスプリットをリリースしたのも納得だし、ここ最近のYear Of No LightやMONO辺りと共振する轟音のストーリーは非常に重厚であり、ドラマティックなのだ。個人的には第3曲「Revival MMXIV」が特に気に入っており、今作で最もサウンドの荒々しさを感じるだけじゃなくて、リズムマシーンのリズムの作り方や轟音と共に鳴るギターのアルペジオのフレーズなんか非常にポストメタル的である。燃え上がりそうで燃え上がらずに焦らしに焦らす曲展開なんかも好きだ。第4曲「The Black Sea MMXIV」は完全一転して幽玄なアンビエントのアプローチをしているけど中盤から入る重みのあるギターの轟音がシリアスな緊張感を増幅させ、一つの悲哀の物語を13分に渡って繰り広げる名曲。そして未発表曲である第5曲「Stealth Drone」は完全にドローンな1曲で、不気味に蠢く持続音の霧の中で今作を締めくくる。



 芸術性や世界観やストーリー性の構築美を感じさせるサウンドスケープとギターの轟音の幽玄さによるサウンドは、単なる自己満足なアンビエントとは違って、しっかり聴き手を意識して作られていると勝手に思っていたりするし、そういった類の音が苦手な人でも敷居が低く楽しめるし、勿論アンビエント好きや轟音フリークスや、ここ最近のYear of No Light好きやポストメタル・ポストロック好きにも幅広く勧めたい作品である。寝転がって何も考えず、その音に身を委ねると幻惑の世界に飲み込まれる作品。勿論今作はTokyo Jupiter recordsにて購入可能だ。



■Weighing Souls With Sand/The Angelic Process


Weighing Souls With SandWeighing Souls With Sand
(2007/05/15)
Angelic Process

商品詳細を見る




 轟音という言葉は様々な音楽に対して使われる言葉であるし、その轟音を持ち味にしているバンドやクリエイターは本当に数多く存在する。その中でキャッチーさを放棄し、SUNN O)))やNADJAの様な極限のエクスペリメンタルへと到達した猛者もいるが、その極限の超轟音をどこまでもキャッチーかつポップに、それでいて重く壮大に鳴らすユニットが存在する。ジュージア州の夫婦デュオであるThe Angelic Processは簡単に言ってしまえば本当にそんな音を鳴らす完全にオリジナルな轟音を鳴らしている。今作は彼等の07年発表の作品であり、圧倒的音圧から別の世界が見える1枚となっている。



 言うならば彼等の音は少し強引だがNadjaに近い物であると言える。しかしNadjaとは全く違う。長尺の楽曲こそ多目だが、それでも10分未満だし、5分台6分台の楽曲も平気で存在する。ドローンとかアンビエントの要素がありながらも明確な展開とストーリーも存在する。それでいて非常に神秘的で美しい旋律が轟音としてシューゲイジングしており、それらを圧倒的な重みと音圧で鳴らすのがこのユニットの凄い所だ。ビートはギターの超轟音は重苦しく鳴らされてるのに明確な旋律を強く体感させられるし、重いのに浮遊する音色と共に神秘的なボーカルがしっかり乗り、エクスペリメンタルの中で極限のキャッチーさと極限の重さを両立するという誰かやってそうで誰もやってなかった事を体現したというだけでこのユニットの凄みが分かると思う。今作で最長の第1曲「The Promise of Snakes」の時点で彼等ぼ凄さの深淵を嫌でも体感させられるし、美しい浮遊するアルペジオから重いビートが入り込み、気がついたら超絶轟音がスラッジさと揺らぎを同居させながら五感を更新し、それどころか持ってるかどうか怪しい第6感を余裕で覚醒させる別世界へと連れていかれる。そして特筆すべきは奈落の底の様な重苦しさを感じさせるのに、その深い闇を超えた先には眩い光が待ち構えている事だ。闇も光も受け入れ、超えた先にあるのは正に天上の美しい桃源郷であるし、地獄の堂々巡りの先にある救いだ。第2曲「Million Year Summer」も名曲で僅か4分足らずの短めの尺の中で眩いシューゲイジングする轟音から幕を開け、ドッシリしたリフとビートが緩やかに楽曲を引っ張りつつ、最後はあらゆる音という音が絶唱するという魂を燃やしつくす轟音の塊が全身を焼き尽くしている錯覚にすら陥ってしまう。それぞれの楽曲が確かな意味を持ち、作品全体で中弛みする要素は全く無い上に、それぞれの楽曲がメインを張れる勢いで完成度の高さを誇る。そしてメランコリックさ、浮遊感、重み、神秘性、闇、光、混沌、極限、轟音、超音圧、独自性、キャッチーさ、音楽のあらゆるプラスになる要因を詰め込むに詰め込みまくりながらも、出来上がったのはThe Angelic Processにしか生み出せない轟音世界。もうこれはNadja、Godspeed You! Black Emperor、This Will Destroy Youの様に孤高のオリジネイターの領域に辿り着いた表現だと断言する。



 ユニットは夫であるK.Angylusの右腕の病気により活動停止を余儀無くされ、彼は08年にこの世の人ではなくなってしまっている。そんな悲劇によって幕を閉じてしまったユニットではあるが、それでも彼等が残した音は絶対に不変だし、ここまでの表現を残したという意味で彼等の音は絶対に死ぬ事なんてない。今作に残された音は間違いなくエクスペリメンタルの究極系の一つだと思う。



■Fractal Hair Geometry/Black To Comm

333.jpg



 ドイツDekorderレーベルのオーナーMarc RichterのソロプロジェクトであるBlack To Commの08年発表の作品。サイケデリック極まりないジャケットからして先ず色々とヤバさを感じたりもするのだけれども、今作は電子音とオルガンを駆使して、多方面に跨るドローンサウンドを展開した作品であり、ドローンの可能性を探った作品と言える。地獄のダークさからスペーシーな高揚まで今作には存在する。



 オルガンと電子音の持続を駆使し、Growingに近い音の感触を見出したりも出来たりする。極彩色のジャケットとは裏腹にオーガニックな音色を見せてくれたりもする。しかしジャンクで狂騒に満ちた音を展開したり、精神の深遠に探りを入れる様なダークさや、メロディアスの色彩や、それらが混ざり合った作品だからこそジャケットの様な禍々しい色彩へと繋がっているのかもしれない。第1曲「Negative Volumes」はいきなり読経的な低音が持続し、不協和音となった電子音の持続音がそれに乗り、精神の奈落へと誘う1曲になっており、この曲だけ聴くとズブズブと沈んで行くタイプのドローン作品だと思ってしまうけれど、第2曲「Orange Record」ではパルス音がミニマルに反復し、狂騒の中でオーガニックな色彩が見える全く別物の楽曲になっており。その幅広さや落差が今作の持つ不気味さを加速させている様に見える。第3曲「Play Eggchess 3」では電子音の音圧を強めホワイトノイズが視界を覆い尽くし、第5曲「M.B. Memorial Building」では薄っすらと四つ打ちのビートを取り入れてミニマルテクノに近い感覚を見せているが、その楽曲でも幾重にも重なった持続音は健在で、クリアな音色が徐々に禍々しい色彩を見せて、脳髄の中で破綻していく様は中々やられてしまう物があったりする。今作を通して聴くと天上の音色から奈落の音色を行き来し、ジャンクな感触で未整合さすら感じる狂騒が気がつけば隣に潜んでいて、そいつに飲み込まれてしまうであろう音が繰り広げられている。



 ドローン作品としてエレクトロニカとジャンクさを吸収し、それが美しい持続音にもなれば奈落の不協和音にもなるレンジの広さを持っている。そしてそれらが脳髄に酩酊を与え溶かし、その行き先の見えない無へと連れて行くのである。今作には楽園も無ければ地獄も無い。ただ狂騒が繰り出され行く末は漆黒の無か純白の無かのどちらかでしか無い。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。