■タグ「ニュースクールハードコア」

■Hardcore Emotion/Naiad


Hardcore EmotionHardcore Emotion
(2003/07/29)
Naiad

商品詳細を見る




 正にそのアルバム名通りの音だ。06年に解散してしまっているが、未だに大きなリスペクトを浴び、多くのバンドに影響を与えまくった京都の激情ニュースクールハードコアバンドであるNaiadの03年にGOOD LIFEからリリースされた1st EP。全5曲というコンパクトな収録内容でありながら、本当に感動的でエモーショナルな作品であり、日本のニュースクールは勿論、激情系ハードコアの面で見ても歴史的名盤であり、今後も語り継がれていく名盤だ。



 Naiadははっきり言って単なるニュースクールハードコアバンドでは無い、激情やポストロック的なアプローチを盛り込んでいる云々の話でも無い、このバンドは屈指のメロディセンスを持ち、そして全ての音が胸を焼き尽くすエモその物でしかないし、エモーショナルなハードコアとしてこれ以上に無い位に完璧なのだ。感情を掻き毟るメロディとズクズク刻まれるギターと力強いビートと熱いボーカルとシンガロング、タフネス溢れる音でありながら同時に繊細な泣きもあり、手法こそ今となっては目新しさこそ無いのかもしれないけど、ニュースクールとしても激情としてもエモとしても、ここまで完璧なバンドは正直言って他にいないとすら思ってしまう。
 第1曲「Sensuous Tone」こそ轟音系ポストロック的エヴァーグリーンさと清流の旋律から始まり、その音が熱を高めて明確な輪郭を持ち、メタリックでありながらこれ以上無い位に泣きまくったメロディを持つリフと高らかな雄たけび、ドラマティック過ぎる最高のオープニングから今作は幕を開くが、第2曲「Believing Dreams」がもう完璧過ぎる名曲なのだ!!6分間の中で繰り出されるドラマ、ヘビィでメタリックなリフと叙情で歪んだアルペジオの対比がもう胸を熱くしまくりだし、全身全霊な雄たけびを繰り出しまくるボーカルと拳を突き上げるしか無くなる激熱シンガロング、一々ブレイクやキメも最高に格好良いし、何よりもタフネス全開のサウンドな筈なのに、随所随所のクリーンなパートの落とし方の美味さだったりとか、そもそも純粋な楽曲の良さ、手法こそ他のバンドも取り入れている方法でもあるのに、このバンドのドラマティックなエモティブさは本当に何なんだろうか。ここぞと爆発する瞬間の爆発力が本当に凄いし、ニュースクールハードコアでありながら激情とポストロックのハイブリットであるし、それらの要素の一番濃い部分だけで作られた音は必殺。ドラマティック過ぎる楽曲展開もそうだけど、常にフルスロットルでクライマックスが訪れる感覚になるのだ。何よりも本当に泣ける。
 クリアなアンビエントな音色のみの小品である第3曲「Waves Of Influence Strike With」を挟んでの第4曲「Song Of Nature」も屈指の名曲のけっから激情のクライマックスを放ち、疾走感溢れるサウンドと共に彼方へと突き進み、徹底してドラマティックであり、何よりもポジティブなエネルギーに満ち溢れ、激情と共に光の彼方へと拳を突き上げる熱さ、それこそがNaiadの最大の魅力だし、最終曲「Hopeful Progress」ではポストロック成分が他の曲より少し多めだが、そんな静謐さからラスト1分の激情と激動のラストはとんでもないカタルシスだ!!



 解散して随分経つし、僕がNaiadを知ったのは解散後ではあるけど、本当に今の激情系や叙情派のハードコアバンドに与えた影響は数知れないだろう。これは時代を超えて語り継がれる名盤だし、本物の激情を鳴らすハードコアバンドとしてNaiadは最強過ぎるのだ!!



スポンサーサイト

■DERIVE/noy


DERIVEDERIVE
(2013/11/20)
noy

商品詳細を見る




 08年結成の初台WALL発のエモーショナルハードコアバンドであるnoy。最近ではONA FESやBIGNOSE FESへの出演もあり、少しずつではあるが、着実に知名度を上げていった彼等が2013年の満を持してリリースした8曲入りの1st音源。リリースは国内外問わずに素晴らしいバンドの音をリリースしているcozmic noteから。エモーショナルハードコアの新たな時代を切り開く、本当に激熱な作品になっている。



 noyのサウンドは本当に全くの小細工やギミックは存在していない。今作の楽曲も最長で約3分程だし、とにかく最初から最後までフルスロットルで駆け抜けるハードコアだ。とにかくストレートに己の感情をダイレクトに放つそのサウンドスタイルが最高に格好良い。音楽性は激情系ハードコアの流れもそうだけど、endzweck辺りのメロディアスなニュースクールハードコアの流れを受け継ぐバンドであるし、そのサウンドは本当に性急だし、メロディアス。イントロからの第2曲「反発性推進力」だけで、もう完璧にブチ抜かれてしまうだろう。のっけのトレモロリフがいきなり感情を煽りに煽りまくり、ソリッドに歪むリフとピックスクラッチを合図に暴走するサウンド。怒涛のハードコアのビートと、刻みのリフとメロディアスに泣きまくったギターの洪水、そしてポエトリー調でありつつも、繊細で全身全霊なボーカル、合間合間に入るコーラスの叫びもナイスだし、しっかり盛り上がるパートでここぞとばかりにシンガロングパートを入れてくるし、手法自体は極めてスタンダードでありながらも、僅かな尺の中でドラマティックに展開されるサウンドが堪らないし、まるで曲の全パートがサビみたいになっているし、とにかくハイテンションで突っ走り、シンガロングやコーラスも含めて、とにかく叫びまくり、一方でボーカルは一つの青臭さを感じる性急で歌心溢れる叫びを繰り出しているのだ。メロディも非常に青臭く、ハードコアの肉体性を強く感じるリフが中心でありながらも、メロディありきで生み出されるフレーズの数々がとても印象に残るし、そして確かに存在するのはその瞬間、その瞬間の感情の爆発だ。第6曲「平行線の価値観 現在を再構築」は今作の中でも一番ドラマティックであり、今作では最長の約3分の楽曲であり、そのサウンド自体もやっぱり小細工無しの直球エモーショナルハードコアでありつつ、静謐に聴かせるパートではそのメロディセンスが際立ち、そして終盤で感情のビッグバンだ。たった3分でここまでのスケールとストーリーを見せる力量もそうだし、それでもやっぱり不器用なまでに真直ぐなハードコアなのだ。捲くし立てまくるボーカルと、最初から最後までこれでもかと泣きを前面に押し出した感動的な第7曲「日々の隙間」の終盤のトレモロリフとシンガロングパートなんて本当に何度も拳を突き上げてしまうし、そんな終盤の2曲のドラマティックさから最後の最後の最終曲「この夜に明日を見出す」は限界突破した激情が炸裂し、1分半の間で何度も何度も瞬間のカタルシスが暴発している。全8曲約16分の間に何度も何度もドラマティックな瞬間が生まれる、正に涙のハードコアだろうこれは。



 本当に正統派なメロディアスな激情・ニューススクールハードコアだし、サウンド自体は決して目新しさは無いとは思うけど、そんな小細工無しの真剣勝負なハードコアだからこそ凄く心に響くし、ハードコアバンドとしての馬力と、素晴らしいメロディセンスが見事に手を組み、そして熱い魂の叫びが心を動かす確かな一枚になっている。新生代エモーショナルハードコアの青き力に溢れた激情の一枚だ。



■Ignition For Poor Hearts/Children Of Fall

3047509.jpg



 元SERENEのメンバーによって結成されたポリティカル激情系ハードコアバンドであるChildren Of Fallの2ndアルバム。Nikadとのスプリットに収録された音源も追加され全14曲入りでリリースされている。激情系ハードコアとニュースクールハードコアが組み合わさったヘビィネスと疾走とメロディアスさが見事に組み合わさった激情が胸を熱くしてくれる一枚だ。



 ニュースクールらしいゴリゴリの刻みのリフをメインに楽曲は構成されつつも、ヘビィさに音を寄らせたりはしないで、ギターの旋律が非常に明確になっていたりするので、ニュースクールをあまり聴かない人でも聴き易さを感じさせてくれるのがまず大きい。アルペジオ・盛り上がるパートでの轟音の嵐、攻め立てるリフとビートの疾走感と王道の激情系の要素を何も恐れずに盛り込み、重厚なリフをここぞのキメで畳み掛けてくる辺りは流石の一言に尽きる。それでいて疾走パートで楽曲の旋律を生かすギターの爆風や、静謐からのバーストする瞬間とか本当に王道極まりない手法だけど、それでも激情フリークスからしたら堪らない物はあるだろう。楽曲そのものはメロディアス系激情のそれであるが、それにニュースクールの色を加えタフネスにし、パワフルなサウンドも魅せてくれる所なんか本当に頼もしい。王道の手法や展開を見せつつも、それを過剰にはしないでハードコア魂もブチ込み、男臭さの中で輝く繊細なフレーズがより胸を締め付ける。そして怒涛のビートの乱打からシリアスさを高めるボーカルと美しい旋律が織り成す悲壮感はポリティカルハードコアである彼等ならではの物。メタリックなリフを機軸に楽曲が構成されているからこそのタイトさ、メロウさを盛り込みドラマティックな構成で楽曲を盛り上げ、最後はやはりメタリックリフと破壊的サウンドで怒りを放出する。否応無しに心の熱量が高まっていくのは間違いない筈だ。



 ニュースクールと激情を絶妙に融和させた結果、非常に間口が広い音に仕上がりつつも、その中でドスの効いた音が殴りにかかってくる様なヴァイオレンスさと繊細な旋律の対比で魅せる激情の音は確かに聴き手に伝わってくる筈だ。日本盤の方には歌詞の対訳も付いており、ポリティカルハードコアである彼等の魅力が更に伝わってくるだろうし、怒りと悲しみに満ちたハードコアをより理解出来る筈だ。シリアスで破壊力があって美しいハードコアという美味しい所取りな彼等の音には確かに胸を打つメッセージとそれを必然にする音がある。



■born your bones/comadre


バーン・ユア・ボーンズバーン・ユア・ボーンズ
(2006/04/05)
コマドレ

商品詳細を見る




 アメリカはカルフォルニアのバンドであり、来日公演ではendzweckとも殺り合った事もある激情系ハードコアバンドcomadreの06年発表の2nd。11曲24分を瞬く間に駆け巡るストレートな激情を聴かせ、ニュースクールなカラーを生かしながらもキャッチーかつエモーションに満ちたサウンドはダイレクトに聴き手の心を揺さぶる物になっている。




 彼等のハードコアは最初から最後までサビとも言える様なメロディアスでキャッチーなリフでとにかく攻める物になっている。サウンドスタイルはニュースクールハードコアでありながらもオールドスクールの美味しい所も吸収しているし、とにかく突っ走るサウンドは聴いていて本当に気持ちが良い物だ。しかし時折HOT CROSSの様な転調を取り入れた変態性も感じるし、それらの要素にあざとさは全く無く。自らのサウンドを生かす物になっている。それらの要素もあってかキャッチーなリフが駆け巡り、落差を生かしジェットコースターな激情系となっている。またメロウなフレーズも取り入れ自らのメロディセンスを更に機能させ、爆発的瞬発力によって感情の暴発を表現している。彼等のサウンドにはシリアスさこそあるけれど、そこにダークさは感じられないし、ポジティブなエネルギーを全身全力で投げつけてくる。楽曲の尺も1分台2分台が殆どであるし、無駄の無い構成と、贅肉の無い鍛え上げたサウンドフォルムはパワフルでありながらスピーディーに突き刺してくる!基本的にはディストーションギターのリフで攻めてはいるが、クランチ気味のギターの音作りが施された曲もあるし、そちらでは彼等の青臭い素直な旋律がより明確になっており、聴いていて本当に胸を焦がされてしまう。特にアルバムも終盤になるとただでさえ全力疾走する激情がリミッター解除でフルスロットルになり、クライマックスに向かって走り抜けるその青い彼等のサウンドと後ろ姿は本当に男気としか言えない格好良さがあるし、そのクリアなサウンドと共に感動をもたらしてくれる。第10曲では今作で一番のスケールとミドルテンポへと変貌したビートの重みがずっしりと来るし、シンガロング必至なコーラスと殺気立ったボーカルの対比にやられ、最終曲で暴走する変態サウンドとキャッチーなリフが咲き乱れ、最後はシンガロングパートで大団円。青き激情の物語が美しく幕を閉じる。



 数多く存在する激情系ハードコアの中でもここまでストレートなバンドも珍しいし、青く美しい旋律と男気溢れるサウンドスケープで走り抜け、自らのエモさを最大に生かす構成力。本当にストレートでありながらハードコアバンドとして必要な物を美味しい所取りした彼等は全力で走り抜けた後に宝石の様に煌めく汗を残し、ただ聴き手の心を揺さぶってくる。キャッチーでありドラマティック、本当に真っ向勝負な彼等のハードコアに僕は心を打たれてしまった。



■Switch Style/Switch Style

hg056cd.jpg



 Switch Styleは日本のニュースクールハードコアを語る上では絶対に外す事の出来ないバンドである。彼等の存在があったからこそ日本のニュースクールハードコアのシーンは作られたと言って良いのだから。今作は93年に7"EPとしてリリースされた物を95年にCD化されてHG FACTからリリースされた物であるが、93年というまだニュースクールハードコアが全く存在しない日本において今作をリリースし、後のバンドに与えた影響は計り知れない重要な作品だ。



 ニュースクールハードコアと言うとメタリックな音楽性を思い浮かべる人が多いかもしれないけど、彼等はヘビィではあったが決してメタリックでは無かった。今作の音は紛れも無いハードコアそのものな音だからだ。しかしハードコアらしいスピード感溢れるパートは決して多く無く、あくまでもミドルテンポで攻めるのが彼等の音の特徴だと言えるだろう。ギターリフ自体もズクズクと刻みのリフで攻めていくスタイルではあるが決してメタル的なリフでは無く、ハードコアからの発展系のリフだと言えるだろう。YU-RI氏の男臭いドスの効いた声とKENZO氏の灰トーンの絶唱というツインボーカルとツインギターのストイックかつ後ノリのリフと一発一発の音にタメを効かせたミドルテンポのドラムという彼等の音は多くのバンドに計り知れない影響を与えている。第1曲「Pass」なんてそんな彼等の持ち味が如何無く発揮されている。BPM早めな第2曲「Distance」もリフやビートは性急でありながらも、ズッシリと構えドスの強い音が矢張り前に出ている印象を受ける。作品全体のリフとビートは矢張りエッジの強い音でありながらも、引き摺る様なミドルテンポのビートが核になっているし、彼等はハードコアでありながら、自らの音をヘビィに仕立て上げ、ハードコアの攻撃性だけで無く、ヘビィなグルーブも手に入れ、だからこそ彼等は日本のニュースクールハードコアのカリスマになったのだ。



 今作は20年近く前にリリースされた作品でありながら、今も尚、ニュースクールハードコアの重要作品の一つである。彼等のグルーブは唯一無二であり、日本のハードコアの最重要バンドになったのだ。Switch Styleは現在は解散してしまっているが、YU-RI氏はNUMB、KENZO氏はkamomekamomeと現在もハードコアシーンの最前線で活動し、シーンを引っ張り続けている。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター