■タグ「ノイズコア」

■MAMA/ENDON


MAMA (ママ)MAMA (ママ)
(2014/09/24)
ENDON (エンドン)

商品詳細を見る




 これはノイズミュージックの新たなる革命だと言えるだろう。ある時期を境にENDONはとんでもない存在感を放つバンドとして一気に名を広めてきた。海外でのライブや海外バンドの日本公演のサポート、当初はヴァイオレンス極まりないパフォーマンスで話題を呼んでいたけど、去年からそんなパフォーマンスをしなくなり、代わりにより危険なノイズ煉獄を生み出して来た。そんなENDONの満を持しての2014年リリースの最新作はプロデューサーにAtsuo(Boris)、エンジニアに中村宗一郎を迎え、完全なる体制で制作された。リリースも最近は国内のバンドのリリースにも力を入れているDaymareからってのも大きな驚きとリアクションがあったのも記憶に新しい。



 さて今作でのENDONは見事なまでに洗練を遂げていた。ライブではギターと2人のノイズが繰り出す超絶音量の地獄のイズが凄まじかったけど、先ず驚くのは今作では音の輪郭が全てクリアになっており、音としては熾烈なるノイズ地獄ではあるけど、ライブと違ってそれぞれの音の輪郭を掴み易くなった事によって、ENDONといバンドの核に迫り易くなったと言えるだろう。第1曲「Etude For Lynching By Family」を聴けば明確だけど、ENDONというバンドは戦略的ノイズを展開してきたバンドであるし、ただ殺人的ノイズを鳴らしているだけのバンドでは無い。それぞれの音が細部まで本当に作り込まれて練り込まれているし、実に構成も複雑であったりする、でも単なる難解ノイズに走らないのがENDONである。ソリッドにとんでもない情報量のドラムが暴走し、よりリフが分かりやすくなったギターは2つのノイズと共鳴を起こし、破壊力だけで無く、熾烈さの中での構築美も見せる。ノイズコアとしての側面があるからこそ、それぞれの音が確かな役割を持ち、ハードコア的な肉体を解放し破壊するカタルシス、それにポストブラックのバンドにも通じる芸術性も手にしたのだ。第2曲「Parricide Agent Service」なんてENDONというバンドの間口の広さが見事に現れているし、洪水の様なノイズの波からギターリフのブラックメタル音階のメロディ、那倉太一氏のわめく様な叫び、4分にも満たない楽曲ではあるけど、一転突破のノイズコアサウンドは最高に気持ちが良いし、ノイズ云々じゃなくて、ハードコア的な側面から見て凄く格好良い!!
 第3曲「Acme Apathy Amok」は15分にも及ぶ今作でも一番の問題作であるが、しょっぱなはハードコアライクなノイズ煉獄の応酬で始まり、先ずは肉体を破壊。しかしこの曲はアンビエント的なアプローチも見せ、破壊的音量のノイズだけでは無くて、不穏に蠢くノイズという面でのENDONも見せる。ドローンな要素を持ちながらも、断片的に変化していくノイズの不気味さ。展開こそ大きく変化する訳じゃないけど、少しずつ形を変えながら膨張し始めていく音に恐怖を覚えるし、そんなノイズの奈落巡りの果てに最後は膨張した音が美しいビッグバンを発生させるといった内容。これはライブでは決して観れなかった一面であると思うし、音源だからこそ見せる事が出来た側面だろう。こうした美意識もENDONにはあったし、こうして明確に音源になって聴くとENDONの底の深さがより明確だ。第4曲「Pray For Me」は一転して今作でも一番の暴力性をノイズで放ち、もはや規則性も放棄し、崩壊寸前のスリリングな緊張感と共に、聴き手は奈落に飲み込まれてしまうだろう。そして個人的に一番気に入っているのは最終曲「Just Like Everybody」であり、この曲はノイズ・ブラックメタル・激情といった要素の全てを持つENDONでも最もドラマティックでメロディアスな名曲になっている。寒々しく吹き荒れるギターとノイズ、那倉氏の痛々しい叫び、着地点すらもう分からないけど、美しいインフェルノが目の前で発生していて、しかし聴き手には感傷を抱く余地なんて全く与えてくれないし、音の地獄巡りにただブチ殺され、最後には死しか残らない。



 変な言い方にはなってしまうかもしれないけど、ここまで間口の広く、ある意味でキャッチーな作品に仕上がるとは思っていなかったし、単なる熾烈なるノイズ煉獄では無く、練り込まれた音を展開する事によって、バンドとしての奥行きや深みも見事に体現した作品だろう。クリアに突き抜けるノイズの音は、まるでStruggle For Prideの「YOU BARK WE BITE」の様でもあるし、ノイズコアから多方面へカウンターを叩き付けるという意味に於いては、今作も同じである。ノイズの可能性と危険性を全面的に信頼しながら、それをガンガン使い、あらゆるエクストリームミュージックへと接近した今作の異様さは、本当に音の得体の知れない凶暴さと、ハードコアやブラックメタルともクロスオーバーする間口の広さ、その二つがアンビバレンスに共存している。だからこそ今作はどこまでも正しく異常だ。



スポンサーサイト

■Moonlight/Slight Slappers


MOONLIGHTMOONLIGHT
(2012/05/23)
SLIGHT SLAPPERS (スライト・スラッパーズ)

商品詳細を見る




 最早完全にジャパニーズハードコアの重鎮とも言える存在になっているスラスラことSlight Slappersの2012年リリースの3rdフルアルバム。とにかく超破壊的かつノイジーなパワーヴァイオレンスサウンドで攻める1枚になっており、終始圧倒的なテンションを誇りながらも、ありとあらゆるハードコアを飲み込むハードコアの暴力性を極限まで高めた超エクストリームカオティックサウンドしか無い屈指の1枚に仕上がっている。間違いなく2012年のジャパニーズハードコアの重要作品だと言えるだろう。



 今作を一言で言うならばとにかく速い!短い!!五月蝿い!!!と三拍子揃った素晴らしいハードコアだと言える。2分半あるタイトル曲と、9分半あるラストの1曲を除くとほとんどの楽曲が1分を切っていると言うあまりの短さ。そんなショートカットチューンが大半を占めているが、1分未満の楽曲にありとあらゆるハードコアを詰めまくっているのだ。オールドスクールからカオティックからパワーヴァイオレンスからノイズコアからトラッシュコアからクラストまでと自由自在に行き来し、常に暴発寸前のハイテンションでクライマックスを突き抜けて行く。当たり前の様に転調を繰り返し、たった一発の音の瞬発力に全てを託し、その音が鳴った瞬間に爆音世界が耳を貫いて行く。そんなサウンドなのに随所随所でしっかりとキャッチーさを感じさせる辺りがまた今作の大きな魅力になっていると思う。特に第8曲「Tell It Like It Is...Please」は馬鹿丸出しなシンガロングから始まっておきながらすぐさまヴァイオレンスなハードコアになり、一気にファストコアサウンドでブチ抜くというスラスラの混沌が凝縮されていると言えるし、USハードコアとパワーヴァイオレンスが正面衝突した37秒の名曲である第1曲「Border Line」や、ノイジーさを極めた暗黒カオティックな第4曲「We Will Take Back Tomorrow」なんかは個人的にかなり気に入っている。そんな楽曲郡の中でタイトル曲である第5曲「Moonlight」はハードコア色がかなり後退したミドルテンポの2分半であり、彼等のカオティックな激情を歌という形に変換した非常にエモーショナルなじっくり聴かせるシンプルで素朴な名曲であり、今作の中ではかなり浮いているけど、ヴァイオレンスな楽曲郡に決して埋もれない素朴な輝きを持った名曲だと思うし、今作の中の重要なキーにもなっている楽曲だ。そして最終曲「S.K.」は9分半にも及ぶ大作で、ショートカットチューンだらけの今作で一番異質な1曲である。ドゥームを独自解釈したかの様な煙たいリフの反復から、それが徐々に広がりメランコリックな音になり、狂騒の物語の果てにある一つの終わりが見えるかの様な楽曲であり、終わりなく繰り返されるアルペジオが胸を締め付ける。目まぐるしい狂乱を締めくくるには何ともニクいエンディングだと思う。



 とにかく速さ、五月蝿さ、短さ、カオティックさ、キャッチーさ、全てが突き抜けた作品であり、多様化しまくっているハードコアの世界の中で、全てのハードコアジャンキー共を虜にするヴァイオレンスさをフルスロットルでブチ撒けている。とにかくハードコアを愛する全ての人に是非とも聴いて欲しい1枚だ。突き抜けているからこそハードコアである事は今作が見事に証明している。



■YOU BARK WE BITE/STRUGGLE FOR PRIDE


YOU BARK WE BITEYOU BARK WE BITE
(2006/05/17)
STRUGGLE FOR PRIDE、カヒミ・カリィ 他

商品詳細を見る




 ライブハウスだけでなくクラブでもライブ活動し、日本のアンダーグラウンドシーンの中でも屈指のカリスマとして君臨する日本のノイズコアの英雄的存在であるSFPの06年発表の1stアルバム。MerzbauやGuitar Wolfとのスプリットの発表やECDとの関わりなのでハードコアシーンだけでなく多くのシーンに爪痕を残してるだけあって多彩なゲストが参加していたりするのだが、何より今作はまさかのエイベックスからのリリースであるのだ。そしてとんでもないノイズの音圧渦巻く破壊的かつハッピーな粗暴さ渦巻くハードコアがここにある。



 そもそも第1曲「REFLECTOR」はカヒミ・カリィのポエトリーリーディングから始まるのだ。カヒミの柔らかな声で紡がれる言葉の数々はとてもじゃ無いけどハードコアのバンドの音源とは思えなかったりするのだが、そのカヒミの声に酔っているリスナーを嘲笑うかの如くフィードインしていくノイズ、そしてカヒミのポエトリーが終わると同時に超強烈なハーシュノイズと極端に小さくした今里の叫びに雪崩れ込むのだから恐ろしい。それに繋がる形で第2曲「BLOCKLPAIN」でMSCの漢と麻暴の粗暴なラップが乗ってしまうのだから驚きだ。SFP自身も正当派のクラスとサウンドを極端にギターの音量を大きくした上でのエクストリームなノイズコアを展開し、その粗暴な音圧は一撃必殺だろう。それに加えて今作での録音もかなりグレイトになっている。デトロイトでマスタリングを行ったらしいのだが、ハーシュノイズの音が本当にクリアなのだ。耳を突き刺すノイズでありながら、細かい粒まで聞き取れるノイズサウンドの突き抜ける様はSFPの粗暴さを見事なまでに体現している。その裏で聞こえるドラムとボーカルもまた妙なカタルシスを生み出しているし、圧倒的ハードコアノイズに気付いたら飲み込まれてしまう。そして第6曲ではジャパニーズクラストの英雄ABRAHAM CROSSのカバーである「FEELING IN SOIL」まで繰り出してくる。アブラハムの最強のクラストサウンドをノイズ塗れにし更にプリミティブにしてしまったカバーにも痺れるしか無いのだけれど、それに続く第7曲「SUMMER NEVER ENDS」にてSFPに暴力性と、その先にある終わらないパーティの狂騒8感に満ちたアンセムは拳を突き上げてモッシュしたくなるの必至の超必殺の1曲だ。第8曲「MOBS」は何故か完全なる無音だし、第9曲「YOU BARK, WE BITE」で電話の声を収録し、それが終わった瞬間に1分間のノイズコア天国にブチ込まれて終わる。徹底して狂騒の中で渦巻くノイズコアのパワーには本当に圧倒されてしまうだけ。



 ジャンルを超えたゲストの存在からも分かると思うが、音楽のジャンル等はSFPの前では無意味だし、多くのリスナーと多岐に渡る音楽ジャンルの愛好家を巻き込むだけの音圧とパワーに満ちたハードコアサウンドはライブハウスもクラブに最高にアガれて最高に暴れられるモッシュピットにしてしまうだけのパワーとカリスマ性に満ちている。SFPが何故東京のアングラシーンの英雄として君臨してるかは今作を聴けば分かるが、彼等のライブパフォーマンスは音源を凌駕する圧倒的ノイズと粗暴さで全てを捻じ伏せるだけの物がある。だからこそSFPはカリスマとしてシーンを越えた英雄として存在しているのだ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター