■タグ「ヒップホップ」

■Illgenic/skillkills


ILLGENICILLGENIC
(2014/01/22)
SKILLKILLS

商品詳細を見る




 もう何というかskillkillsの創作意欲は何処から出てくるのか。前作からたった1年弱、こんなハイペースで作品を生み出し続ける事も凄いけど、新作を出す度に本当に新たな衝撃を与えてくる黒い突然変異ことskillkillsの3rdは、もう凄い期待していたけど、そんな期待なんて軽々しく超える作品になった。グルーブの鬼であり、グルーブの革命児であるskillkillsが自主レーベル「ILLGENIC RECORDS」からドロップした今作は、かなりの衝撃を与えた前作を更に越え、更に聴き手を殺す作品を生み出した。



 もうこのバンドを単なる人力ヒップホップで語るのは最早野暮ですらあるけど、誰も思いつかなかった奇想天外の発想と音を生み出しながら、その根底は非常に純粋でプリミティブなグルーブの快楽に溢れているし、今作はそれを更に研ぎ澄まして極めた作品だと思う。第1曲「(((())))」からして完全にネクストへと突入してる。いきなり毒電波みてえなシンセの音が響き渡り、マナブスギル氏は更に情報量を増やし、更にフロウの快楽を突き詰めたラップを展開しながらも、バンドの核である弘中兄弟のビートとグルーブが更におかしくなっている。決して音数は多くないし、2人が鳴らしているのは非常に最低限の音なのに、ドープでありながらも、妙にアッパーな感触があるし、隙間だらけなのに、とんでもなく躍動感を与えてくる。ビートの部類としては非常に「引き」の要素を持ちながらも、その引きを巧みに使って実は「押し」の要素も感じさせている。非常に矛盾しているけど、弘中兄弟のビートとグルーブはそんな境地に達してしまっている。第2曲「Chewing Gum」では常にミニマルな反復のビートを刻みながら、その反復が最大の効果を生み出し、更にマナブスギル氏のラップもミニマルに反復し、ヒカルレンズ氏のキーボードが変化と混沌を与えていく。
 今作は前作の圧倒的情報量と比べると明らかに音数は減った。そしてよりレベルミュージックの根底にも近づいたとも思う。前作ではアヴァンギャルドな発想を原始的グルーブへと繋げていたけど、今作は本当に最低限の音のみで全てを生み出せる様になったし、独自の黒っぽさが確かにあるのだ。第3曲「Don't Think」はその黒っぽさが前面に押し出されているし、そしてグルーブの揺らぎが更に際立つ。第4曲「G.S.K.P.」は一転して混沌とか狂騒と言った音が多く存在していながら、それでも徹底して研ぎ澄ましたグルーブがやはり核になっているし、第5曲「Debut」はそのミニマルなビートから、一発一発の音の躍動を強く押し出し、跳ね回るビートと、タイトなシンセの音色の相反する音が、何故か自然とグルーブの快楽へと繋がっていく。
 作品も広後半になるとよりそのグルーブの真髄へと引き摺り困れる。ブルージーさを押し出し、サイケデリックなトランス感覚を生み出す第6曲「Electric Dandy Band」、そして狂騒と混沌は加速し、第8曲「Chi-Pa-Pa」は壊れた声の出る玩具の音声をずっと聞いてるみたいなもうよく分からないグルーブの世界が広がり、人力でありながら変拍子徹底駆使、拍が完全におかしいのに、それがごく自然な形になってしまっているのが最早恐怖でしか無い。そして最終曲「24-7」で聴き手を完全に突き放して終わる。



 前作に比べるとキャッチーな要素こそ少し後退した印象はあるけど、よりおかしさが増えたシンセとサンプリング、より研ぎ澄まされたラップ、そして反復と構築と分解の無限回廊を繰り返しながら、最終的にグルーブとビートの悪夢と快楽を生み出す弘中兄弟の音。その発想力も凄いけど、やはり彼等はその終着点を前作同様に「レベルミュージック」、「ネクストミュージック」、「ダンスミュージック」として放っているし、やっぱり今作もノレるし踊れる。何よりも今作も「WE WILL KILL YOU IN SOUND」であるし、「ヤバ過ぎるスキル」が溢れている。4人のスキルが生み出す音が聴き手を殺す。そして結局は全てが「完全にノーギミック」なのだ。2014年初っ端からskillkillsは見事に人々をkillする名盤をまた生み出してしまった。



スポンサーサイト

■BLACK MUTANT/skillkills


BLACK MUTANTBLACK MUTANT
(2012/12/26)
skillkills

商品詳細を見る




 2011年の登場と1stアルバムのリリースにて一気に知名度を上げたアバンギャルド人力ヒップホップ4人衆であるskillkillsの本当に早くも届けられた2012年リリースの2ndアルバム。精力的なライブ活動を行いながら、メジャーシーンとは別の場所で活動しているバンドとしてはありえない僅か一年でリリースされた2ndだが、これが1stで聴かせた衝撃を更に上回る作品になっている。4人それぞれ卓越したスキルを持ちながらも、よりアバンギャルドに、そしてダンサブルになった今作は本当にヤバい。



 リズム隊である弘中兄弟の生み出すグルーブ、ヒカルレンズ氏のターンテーブル・サンプリング・キーボードの入れ方のセンス、マナブスギル氏の解き放たれたラップと言語のセンス。それらがぶつかり合い、ヒップホップというかビートミュージックをネクストへと引き上げるのがskillkillsの音楽だが、今作はそれが更に上を行くネクストへと到達している。単なる人力ヒップホップでは終わらず。ポストパンクからアバンギャルドからレベルミュージックまでを喰らった音はより洗練され、各メンバーのスキルにも更に磨きがかかっている。変則的なビートやトラックの使い方をしているのに、どこまでもグルービーであり、肉を強制稼動させるグルーブとアンサンブル、黒い突然変異が新たな進化を見せてくれた。第1曲「skillillkills」からノイジーなサンプリング音と、弘中兄弟の必要な音のみで生み出す、揺らぎと屈強さのグルーブ、マナブスギル氏の解放された言語感覚によるパンチラインの嵐と変則的でありながらも、どこまでもダンスミュージックであり続けるバンドの音と見事に調和したラップ。変則的に入るキメが揺らぎのグルーブから覚醒させ、バンドの進化を見せ付ける。単なる人力ヒップホップでは無く、バンド編成だからこそ生み出せる肉体的を揺らすグルーブとアンサンブル。奇天烈な癖にどこまでも脳に危険信号を送るサンプリングやラップといった自らの武器を更に進化させ、それを「スキル」として遺憾なく発揮しているのだ。第2曲「Chloroform」では本当に必要最低限の音のみで生み出されるリズム隊の音が生み出すドープなグルーブ、その空白を見事に埋めるラップとループするサンプリングとキーボードの高揚感、ドープさから生まれる高揚感という矛盾を矛盾では無くしてしまい、新たなビートミュージックとして放っているのだ。
 個人的には中盤の楽曲が特にガツンと来た。第3曲「Teenage Mutant」なんてポストパンクの変則性を見事に活かしながらも、ロックのダイナミックさも体現し、時折入るマナブスギル氏のギターがまた良い感じで危険信号となっている。第4曲「π」では奇妙なキーボードとフリーキーなドラムから始まり、よりダイナミックになったビートが体と脳髄を揺らし、三味線のサンプリングのループがまた高揚感を生み出し、マナブスギル氏のラップに至っては「お腹がすいたらスニッカーズ」とか「ポリンキーポリンキーskillkillsの秘密はね教えてあげないよジャン」なんていうパンチラインまで飛び出すレベルまで言語感覚を更新するラップを披露している。中盤で入る妙にブルージーさを感じさせるギターソロがまた良いし、今作でも本当に必殺の1曲になっている。それに続く第5曲「Count 2.9」は正に黒い突然変異の二つ名を体現する楽曲であり、変拍子のドラムと、よりドープなグルーブに磨きがかかるベース、不協和音をループさせるキーボードが不気味なおぞましさを生み出しながら、それを絶妙なバランスでビートミュージックとして成立させてしまう手腕、ダブとかそういった要素を取り入れながらも、それでは絶対に終わらないアバンギャルドさ。本当に恐ろしい。
 終盤に入ると、より黒っぽさをskillkills流に体現した楽曲が並び、ジャズのセンスのピアノが印象的でありながら突発的にスペーシーになったりもする奇妙な捩れが生まれている第6曲「P.N.P.」、スグルキルス氏のベースが今作で一番ブチ切れてる第7曲「Back Spin」、ノーウェイブな感覚を感じるサンプリングが人力レベルミュージックと化した最終曲「Hungover」と全8曲にも及ぶグルーブとアバンギャルドさが生み出す本質的な意味でネクストに到達したビートミュージック。本当の意味で「面白い音楽」であり、本当の意味で「ダンスミュージック」をskillkillsは体現している。



 多彩なアイデア、そしてそれを活かすスキル。似ている曲なんて全く無い、しかし一貫してるのはアバンギャルドでありながらも、どこまでもダンスミュージックであり続ける事。ビートにダイナミックさはバンドだからこそ生まれ、ヒップホップのテンプレートを嘲笑い、雑多な要素を単純にダンスミュージックとした鳴らすskillkillsは異質でありながらも、誰よりも踊れる音に意識的であると感じるし、それがskillkillsにしか生み出せない音楽なんだと思う。そして先日初めてライブを観たが、ライブは音源が物足りなくなってしまうレベルで更に凄い!!本当に体の細胞が全部覚醒する感覚を覚えてしまった。黒い突然変異ことskillkills、完全にノーギミックなヤバイスキル、凄まじい名盤が生まれてしまった。



■ヴァルハラ/8th Wonder


ヴァルハラヴァルハラ
(2009/09/02)
8TH WONDER

商品詳細を見る




 東京を拠点に活動する3MCこと8th Wonderの09年発表の1stアルバム。disc2枚組全16曲という濃密な収録内容もそうだが長尺の楽曲も多くそれでいてこれでもかつ詰め込まれた圧倒的な情報量を誇る作品になっている。ヒップホップであるが、ハードコアファンやロックファンにも十分にアプローチ出来る内容になっており、ハードコアやヘビィメタルのバックボーンと耽美なゴシックさとアンダーグラウンドヒップホップの空気を思い切り吸い込んだ異種配合のキメラの様な化け物が生まれてしまったかの様な音がここに存在する。



 トラック自体はアブストラクトなカラーが強く出ているが、それを機軸にゴシック・ソウル、そしてヘビィメタル・ハードコアのカラーを大胆に導入した物である。そして単調なフレーズをループさせるという作りの楽曲は全く無く、構成や展開は複雑かつ起承転結を明確にしながらも、更にそれを細かく分けたかの様な印象を受けた特に長尺の楽曲ではその傾向が強く出ており、そこにTHA BLUE HERBの様な北海道アンダーグラウンドヒップホップシーンの様な空気であったり、初期の降神の様な詩的でありながらも鋭いナイフを隠し持つかの様なセンスも感じさせてくれる。MCの3人のラップのスタイル自体は特別キャラクターが強い訳では無いのだけれども、言葉の選びのセンスは本当に卓越した物を発揮しているし、鋭さを極めた言葉を3MCは圧倒的な情報量で撒き散らしていく。そして言葉とビートの親和性の高さも高水準であると同時に細部まで本当に練りに練られた楽曲の数々は何度も聴き返してようやくその全貌を掴む事の出来る物である。特にdisc1の第3曲「反乱 -ReBeLLION IS my Name-」と第4曲「ケルベロスからの手紙」は8th Wonderの屈指の名曲だ。「反乱 -ReBeLLION IS my Name-」のヘビィなリフとアブストラクトなトラックが織り成すのは非常にシリアスであり胸を抉る言葉の数々が耳に襲い掛かってくる。自己表現とは何かと自問自答し吐き出す言葉は何度も聞いても完全に理解は出来ないテーマであるし、それは聴き手がどう捉えるかで変わる物であるからだ。「ケルベロスの手紙」も非常にドラマティックなトラックと彼等のバックボーンであるヘビィメタル・ハードコアのカラーも色濃く出た名曲だ。「割引のレコ屋で売られてる物じゃねえぞヘビィメタルの8th Wonde」なんてラインも登場し、彼等はヒップホップもハードコアも超えた先のシリアスでストイックな表現にベクトルを向けた音を徹底して鳴らしているのを感じる事が出来る筈だ。disc2第6曲の「人が人を流れるとき」は特にヘビィメタルなリフとカオティックさが渦巻く楽曲であり、ポストメタル的な静謐さから一気に邪悪なリフとダンサブルなビートが渦巻き、不穏さとアンビエントな静謐さと、幾つもの表情を見せるトラックが生み出す螺旋と言葉の渦が一挙に押し寄せてくる名曲だ。



 彼等のバックボーンはハードコア・ヘビィメタルであるが、それ以上に8th Wonderの音は重い。それはサウンド的な重さではなく、圧倒的な情報量とシリアスな言葉の数々が、時に尖り、時に美しい旋律を聴かせるトラックに乗った瞬間に聴き手はこの音をBGMになんか出来ない切迫感が生まれてくるからだ。短時間で分かった気になれる作品じゃないが、本当に長い時間付き合う事が出来る音楽だ。ヒップホップもハードコアもひっくるめた先のケルベロスの咆哮するヒップホップ。これは8th Wonderにしか出来ない事だ。僕はこの作品と末永く付き合っていくつもりだ。



■I'm not fine, thank you. And you?/54-71


I'm not fine, thank you. And you?I'm not fine, thank you. And you?
(2008/09/19)
54-71

商品詳細を見る




 ヒップホップからポストロックまで様々な音を飲み込み完全にオリジナルな音を作り出している54-71の2008年発表の作品。プロデューサーにshellacのスティーブ・アルビニを迎えた今作は、今までの54以上に即効性と攻撃性に溢れたサウンドに仕上がった。静謐な緊張感だけでなく、ヘビィなフレーズでのダイナミックさも兼ね揃えたサウンドはより分かりやすい形で54の音を知らしめる物になっている。



 第1曲「ugly pray」から54の大きな躍進が目に見えてくる。静かに鳴らされる音数の少ないサウンドの隙間が作りだす空気が54のサウンドの売りであるが、のっけからハウリングするギターフレーズとダイナミックな攻撃力をもったリフで攻めてくる。ビンゴ氏のスポーキンなボーカルはミクスチャーロック的な攻撃力と説得力をもっているし、リズム隊の鉄壁っぷりは健在!しかし空間を一気に埋め尽くす音が雪崩れ込む瞬間にまた空気を変化させていく。第4曲「cracked」や第6曲「that's the way」の様にタイトなリズムとダンサブルなリフが絡みつく曲は新機軸を感じる部分だ。躍動感のあるベースとは対照的にタイトに変拍子を乗りこなすボボ氏のドラム。しかし今まで以上にビートのハネとコシの強さを見せ、54風のダンスチューンに仕上げている。今までのサウンドの緊張感は壊さずにサウンドの幅を広げたのは見事!最初期の名曲のセルフカバーである第5曲「ceiling (detuned)」や過去の54に近い感触の哀愁ナンバーである第7曲「bloomin' idigod」でもダイレクトにビルドアップされたサウンドの進化をしっかりと感じさせる物になっている。そして名曲「Life」のセルフカバーである第8曲「life is octopus」にて今作に於ける54-71の進化を見事に総括している。以前よりもダイナミックかつヘビィになったのに、以前以上にヒリヒリとした空気感。ビンゴ氏はより絶唱し、ノイジーなまま今作は終わる。



 54は完全にオリジナルな音を鳴らしているが故に、終着点のサウンドになっている様にも思えた。しかしよりシンプルに、よりヘビィにバンドとしての音を鍛え上げた事によって、更なる進化を遂げたと言えるのではないだろうか。ヘビィロック的な強さも手に入れた今作は、長い沈黙を破るに相応しい傑作となった。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター