■タグ「ファストコア」

■Moonlight/Slight Slappers


MOONLIGHTMOONLIGHT
(2012/05/23)
SLIGHT SLAPPERS (スライト・スラッパーズ)

商品詳細を見る




 最早完全にジャパニーズハードコアの重鎮とも言える存在になっているスラスラことSlight Slappersの2012年リリースの3rdフルアルバム。とにかく超破壊的かつノイジーなパワーヴァイオレンスサウンドで攻める1枚になっており、終始圧倒的なテンションを誇りながらも、ありとあらゆるハードコアを飲み込むハードコアの暴力性を極限まで高めた超エクストリームカオティックサウンドしか無い屈指の1枚に仕上がっている。間違いなく2012年のジャパニーズハードコアの重要作品だと言えるだろう。



 今作を一言で言うならばとにかく速い!短い!!五月蝿い!!!と三拍子揃った素晴らしいハードコアだと言える。2分半あるタイトル曲と、9分半あるラストの1曲を除くとほとんどの楽曲が1分を切っていると言うあまりの短さ。そんなショートカットチューンが大半を占めているが、1分未満の楽曲にありとあらゆるハードコアを詰めまくっているのだ。オールドスクールからカオティックからパワーヴァイオレンスからノイズコアからトラッシュコアからクラストまでと自由自在に行き来し、常に暴発寸前のハイテンションでクライマックスを突き抜けて行く。当たり前の様に転調を繰り返し、たった一発の音の瞬発力に全てを託し、その音が鳴った瞬間に爆音世界が耳を貫いて行く。そんなサウンドなのに随所随所でしっかりとキャッチーさを感じさせる辺りがまた今作の大きな魅力になっていると思う。特に第8曲「Tell It Like It Is...Please」は馬鹿丸出しなシンガロングから始まっておきながらすぐさまヴァイオレンスなハードコアになり、一気にファストコアサウンドでブチ抜くというスラスラの混沌が凝縮されていると言えるし、USハードコアとパワーヴァイオレンスが正面衝突した37秒の名曲である第1曲「Border Line」や、ノイジーさを極めた暗黒カオティックな第4曲「We Will Take Back Tomorrow」なんかは個人的にかなり気に入っている。そんな楽曲郡の中でタイトル曲である第5曲「Moonlight」はハードコア色がかなり後退したミドルテンポの2分半であり、彼等のカオティックな激情を歌という形に変換した非常にエモーショナルなじっくり聴かせるシンプルで素朴な名曲であり、今作の中ではかなり浮いているけど、ヴァイオレンスな楽曲郡に決して埋もれない素朴な輝きを持った名曲だと思うし、今作の中の重要なキーにもなっている楽曲だ。そして最終曲「S.K.」は9分半にも及ぶ大作で、ショートカットチューンだらけの今作で一番異質な1曲である。ドゥームを独自解釈したかの様な煙たいリフの反復から、それが徐々に広がりメランコリックな音になり、狂騒の物語の果てにある一つの終わりが見えるかの様な楽曲であり、終わりなく繰り返されるアルペジオが胸を締め付ける。目まぐるしい狂乱を締めくくるには何ともニクいエンディングだと思う。



 とにかく速さ、五月蝿さ、短さ、カオティックさ、キャッチーさ、全てが突き抜けた作品であり、多様化しまくっているハードコアの世界の中で、全てのハードコアジャンキー共を虜にするヴァイオレンスさをフルスロットルでブチ撒けている。とにかくハードコアを愛する全ての人に是非とも聴いて欲しい1枚だ。突き抜けているからこそハードコアである事は今作が見事に証明している。



スポンサーサイト

■レジスタンス乱発狂想士/ヨダレサゴ

IMPS-47.jpg



 ex.クッダチクレロ、revival sheepのメンバーによって結成された神戸のファストかつカオティックかつジャンクかつキャッチーな音を打ち鳴らす奇想天外3ピースであるヨダレサゴの2012年リリースの1stアルバム。リリースは愛媛のImpulse recordsから。もう10曲で13分という速くて短い作品構成からイイね!!って言いたいのだけれど、そのたった13分の中でとんでもない情報量と、渦巻くカタルシスが存在する超ショートカットカオティックファストコアの名盤に仕上がった。



 ハードコアでありながらもファストコアとカオティックハードコアをふんだんに盛り込み、ジャンクな音質の荒々しさが狂騒を高める。基本的に高速のビートが支配しながらも転調と変拍子を駆使し、よりジェットコースターと化したビートの乱打とそれに乗る妙にキャッチーでありながらも変則的なギターワークがとにかく熱い!ビートはうねりながらも確かな演奏力が絶妙な安定感を誇り、ショートカットな楽曲の中で目まぐるしく変化するギターワークが支配するファストコア。しかしポストパンクの要素も盛り込み、決して暴虐的なアンサンブルにするのではなく、全体的に耳に残る奇妙なポップさを前面に押し出し、妙に能天気な癖に、油断していたら刺されそうな気迫をこいつらから確かに感じる。速くてカオティックで短くてうるさいというハードコアの美味しい所を全部かっさらいつつも、単に勢いで攻めるだけでなく、緻密に構築されたプログレッシブさを分断し、ショートカットな楽曲に無理矢理ねじ込むタフネスもそうだし、何よりバンドその物から確かなタフネスが感じられる。10曲13分は本当にあっという間であり、混沌を維持したまま脳髄を駆け巡る危険信号としてのハードコアはその混沌から危険性抜群でありつつも、凄いぶっ壊れたハッピーでヤクい成分が過剰摂取させられる感じだし、野蛮で変態的という面白さと危なさが常に同居する音楽だからこそ飽きないし、いつ聴いても新鮮だし何より聴き易さをちゃんと持っているのも評価したい。



 PASTAFASTAやTHE FUTURESは勿論、デラシネやTialaといったポストパンク・ジャンク系のバンドにも通じるショートカットカオティックサウンドは日本のそういったシーンの流れを汲みながらも、それをよりキャッチーなハードコアに帰結させる力量には脱帽だ。鼓膜を破壊する爆音カオティックサウンドとハイトーンボイスの絶唱が光速で脳髄を支配する危険音源。ジャンクさとポップさを自在に操る妖怪3ピースがヨダレサゴだ。



■ヒキワケ/Gomnupers


ヒキワケヒキワケ
(2000/09/30)
GOMNUPERS

商品詳細を見る




 北海道の重圧殺マシーンことGomnupersの00年発表の2ndアルバム。1stではファストながらにもヘビィなリフが轟くハードコアを聴かせていたが、今作ではそのヘビィさはそのままによりファストかつカオティックなハードコアになっている。その変則的かつファストな音を鳴らしながらもヘビィさは失っておらず益々攻撃的な音に仕上がっている。リリースは名門STRAIGHT UP RECORDSから。



 楽曲の尺も短くなっており、よりファストコアに傾倒した音になっている、それに加えてカオティックハードコアの要素も強くなっており、変拍子を多用する様にもなった。しかし第2曲「シナプス」を聴けば分かると思うが持ち前のヘビィで強烈な音圧のリフは健在であるし、それをよりブチ切れたテンションで鳴らす様になり一点集中の音になっている。ドラムのビートもグラインドコア色の強くなっているしDiscordance Axisにも近い物を感じる。また大きな変化としてベースラインの変化であり、躍動感に満ちたうねりを炸裂させ、縦横無尽に這い回る大蛇の様なラインがそのカオティックさを加速させているのだ。その中でも第5曲「悪臭」はスラッジコアの毒素を持ったリフが引き摺るグルーブを生み出しているが、逆に彼等の持ち前のヘビィなハードコアをアピールするには十分過ぎるし、時折見せるファストコアなパートがより混沌へとダイブしていく。他の楽曲もヘビィなリフで攻めるパートとファストなカオティックなパートを使い分け、性急さと、ダークなグルーブが交互に入れ替わり、それがより制御不能の音になっている。テンションは常にフルストッルだし、ハードコアバンドとしての肉体へと訴えるパワーは絶対に忘れない。そして最終曲である「ペースト」は今作の中でも完全に異色の楽曲になっており、ファストコア要素皆無な厳かさすら感じさせるスラッジコアになっているのだ。緻密さも感じさせながらも、今作で最もヘビィな楽曲になっているし、止まりそうなBPMで一発一発のリフの残響音すら聴かせてくるし、それは後の3rdの完全にスラッジコアへと変貌した音に繋がっている。



 1stでのストレートなハードコア路線から転調と変拍子が渦巻くカオティック路線へと変貌を遂げ、プログレッシブなグルーブで攻め立てる今作であるが、それでも核になっているのは一貫してヘビィで強烈な音圧のギターリフだ。その一撃必殺のリフがあってこその今作でもあるし、それがあるからこそGomnupersは重圧殺マシーンの名を欲しいままにしているのである。

■PASTAFASTA/PASTAFASTA


PASTAFASTAPASTAFASTA
(2009/05/20)
PASTAFASTA

商品詳細を見る




 吉祥寺を拠点に全国に悪意をばら撒く音速のファストコアを鳴らす3ピースPASTAFASTAの09年発表の1stアルバム。ジャケットはデラシネがデザインしている。3ピースでハイパーテクニカルなファストコアを鳴らす彼等の音はショートカットチューンの応酬であり、一撃必殺のリフと怒涛のビートが渦巻く物、それでいてキャッチーさも感じさせるのだから本当にタチの悪い物だ。瞬殺の9曲16分の爆撃がここにある。



 彼等の音楽にはリフの殺傷力が大きな要素を占めている、硬質さとジャンクさを感じさせながらも高速回転するリフが渦巻き、あっという間に次の展開へとワープしていく楽曲構成も手伝い、短い尺の中で目まぐるしく楽曲は展開し、とんでもない情報量を持っている。それに加えて怒涛のビートが押し寄せ、回避不能の混沌へと飲み込まれていく。第1曲「Peace Game」から瞬殺のリフにやられるし、ツインボーカルの性急さと殺気立ったシャウトがそれにまた拍車を掛ける。僅か2分の中でコロコロ変わっていく展開もそうだけど、ブレイクやキメを巧みに入れながらもその暴走っぷりは止まらない上に、一聴しただけで耳に残るリフのキャッチーさもあるから本当にタチの悪さを感じる。第2曲「Super Boredom」なんて初期The Dillinger Escape Planを彷彿とさせるカオティックハードコアっぷりを展開しているし、何よりも第5曲「Comic Short Hair」の超陽性のリフで攻めまくり爆走する30秒間からの第6曲「Satanic」の1分間にとんでもない情報量を持ち、10曲位濃縮してしまったかの様な感覚へと雪崩れ込む様は今作でも屈指のカタルシスを持っている。第8曲「Listening 26」はLARGE400のカバーであり、打って変わってポストロックとファストコアを融合させた楽曲をプレイしているのもニクいし、その余韻を完全に破壊する世紀末っぷりを発揮する第9曲「Possessed To After School」へと繋がる辺りは本当に彼等らしいと思う。静謐さも見せつけながらも最終的には混沌へと帰結するこの楽曲はどこか感動的ですらあるから本当に訳が分からなくなってしまう。



 超絶テクニックで3ピースながらも高速回転しながら重量級の音圧を見せ付ける彼等は本当に悪意のハードコアと言っても良いだろう。若手バンドの中でも屈指の悶絶大量殺戮サウンドには多くの人が虜になる事間違い無しだ。THE LOCUSTの様なファストコア好きや初期The Dillinger Escape Planの様なカオティックハードコア好きは勿論、日本国内ならMELT BANANAやNICE VIEW辺りが好きな人にも猛烈に推奨したい1枚だ。この悪意はどこまでも高い中毒性を持っている。

■放送事故現場/kamomekamome × Deepslauter × FUCK YOU HEROES


放送事故現場放送事故現場
(2009/06/03)
KAMOMEKAMOME、FUCK YOU HEROES DEEPSLAUTER 他

商品詳細を見る




 柏の異形の歌謡ハードコアであるカモメと、柏の爆裂カオティックハードコアDeepslauter、オールドスクールハードコアに絶妙なキャッチーさをブチ込んだFYHと強烈としか言えないハードコアバンド3組による三つ巴スプリットが今作だ。それぞれのバンドが2曲ずつ提供した全6曲の内容であるが、それぞれのバンドが自らの持ち味を最高に活かした必殺の楽曲を提供した事によって異形さが滲みでた脳天直撃スプリットに仕上がっている!



 カモメは「ルガーシーガル」で手に入れたハードコアとしての強さと歌心を見事に融合させた楽曲で攻めている。まず第1曲「この時期のヴァンパイア」が屈指のキラーチューンであるのだ!ポリリズムを駆使したドンシャリで攻めて来るリフとダンサブルな変拍子、あまりのもエモーショナルな展開と完全に卑怯で最強な1曲になっている。第2曲「メモは語る」もカオティックハードコアと歌心の融合といった楽曲になっており、やはりカモメの異形さが十分に伝わる楽曲になっている。
 Deepslauterは遂に柏から宇宙に飛び立ってしまってたといっても過言では無い超ダンサブルスペースハードコアを展開!第3曲「FRACTURE」で目まぐるしい展開、空間系のフレーズが一気に拡散していくカタルシス、全ての混沌が一気に爆発しているかの様だ!第4曲「タヌキ」もキャッチーでありながらも、脳髄を犯していく宇宙行きハードコア!もう前人未到の領域にDeepslauterは到達しようとしているのだ!
 FYHは今作で最もストレートにハードコアを展開。オールドスクールなバンカラさを持っていながらもシンガロング出来るキャッチーさも兼ね揃えており、シンプルながらもリフの格好良さはハードコアの男臭さと華やかさを感じさせてくれるし、ブレイクやキメでしっかり聴き手を突き刺していく。どこまでも正々堂々としたハードコアの強さと格好良さを感じさせてくれる。



 今作は三者がそれぞれ必殺のハードコアを無秩序に展開した事によって攻撃性の際立った必殺のスプリットになったと言えるだろう。タイトル通り、事故であり事件であるハードコアの危険信号が今作にはあるし、あっと言う間に終わってしまう全6曲はやはり必殺の一言に尽きる。そんなカタルシスしかない名スプリットとなっている!

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター