■タグ「フィンランド」

■Split Cranium/Split Cranium


Split CraniumSplit Cranium
(2012/03/20)
Split Cranium

商品詳細を見る




 Aaron Turner先生がまさかのオールドスクールハードコアバンド結成!そう声を大にして叫びたい気持ちで一杯だ。ISISでの功績は言うまでも無く、本当に幾多のバンドに参加しハードコア・ポストメタル・アンビエントと多彩極まりない音楽活動でその新たな可能性を切り開いてきたAaron Turner。ISIS解散後はTwilight、Mamiffer等で活動をしていたが、先日のOld Man Gloom再始動もそうだが、フィンランドのCircle、Pharaoh OverlordのメンバーであるJussi Lehtisaloとタッグを組み結成されたのがこのSplit Craniumであり、今作は彼等の2012年発表の記念すべき1stである。



 Aaron Turnerの核にあるのは間違いなくハードコアであるし、彼はそこを基点にハードコアの新たな可能性を模索し常に斬新な音を生み出した鬼才であるが、彼がここまでストレートなハードコアバンドをやるとは正直言って考えられなかったりもした。今作の殆どの楽曲が1分台、2分台のショートカットチューンであるし、本当に何のギミックも無いストレートなハードコアサウンドなのだから。スカンジナビアハードコアとUSハードコアのカラーがそれぞれ存在していたりもするけど、ギターリフはパワフルで縦横無尽に全てを薙ぎ倒しながらも非常にキャッチーだし、ビートは本当にシンプルな2ビートで疾走すると言った物、本当にオールドスクールなスタイルを取ったハードコアサウンドであるが、同時に単なるオールドスクールハードコアでは片付けられない毒素が充満した作品でもある。それはAaron Turnerのボーカルによる物が大きいと思う。非常にキャッチーな楽曲に反して狂気と残虐さが暴走する凶暴さを極めたボーカルはISISでも御馴染みだったが、今作ではそれをより開放し今までに無い位に暴力性と狂気を高めている。ポストメタル界のカリスマとして君臨する男の核はやはりハードコアにある事を納得するしかないし、その凶暴さには平伏すしかない。また今作の楽曲の多くはサビでシンガロングパートを積極的に盛り込んでいて、Aaronのボーカルの極悪具合に反してその力強くキャッチーなコーラスワークはやたらとハマっていたりもする。第2曲や第3曲はそのストレートなキャッチーさを前面に押し出したシンガロング必至の非常に男らしい楽曲だが、だからこそAaronの凶暴さも際立っている。しかし終盤にとんでもないどんでん返しが待っている。第8曲「Retrace The Circle」は今作の中でも異質な約8分に及ぶ長尺の楽曲であり、序盤はストレートなハードコアサウンドを展開しているのだけれども、それはどんどん凶暴なノイズへと変貌し、加速する狂気的なボーカルに比例してその深遠さを高めていく。荒れ狂うハーシュノイズの海を越えた先にあるのはポストメタル的深淵さと壮大なスケールの世界。やはりこの男は一筋縄ではいかないのだ。



ハードコアの先を常に目指していたAaron Turnerだが、今作でオールドスクールハードコアに回帰したというのは一つの事件と言っても良いだろう。古き良きハードコアスタイルを取りながらもただの回帰には終わらない辺りは流石の一言だし、今作を聴いていると胸の奥にあるハードコア魂が燃え上がるのは間違いなしだ。また今作は下記リンクのbandcampページで全曲試聴可能になっている。



Split Cranium bandcamp
スポンサーサイト

■Emerald Forest And The Blackbird/Swallow The Sun


Emerald Forest & the BlackbirdEmerald Forest & the Blackbird
(2012/02/14)
Swallow the Sun

商品詳細を見る




 ゴシックドゥーム界の代表的なバンドであるSwallow The Sunの2012年発表の最新作。前作「New Moon」では激泣きと激メランコリックな美メロが咲き乱れるゴシックドゥームを展開し、多くのリスナーの心を号泣に導いた傑作となったが、今作はより音のレンジを広げた作品になっており、前作程は前面には出してはいないにしてもメランコリックな美メロは健在。そしてそれらの旋律の重みも増している。



 今作はシンセを中心に楽曲の旋律を作り上げ、泣きのギターといった要素は少し後退している。それに楽曲の尺も長くなりよりスケール感を高めている。第1曲からシンセの哀愁の旋律から壮絶なストーリーを展開しており、前作に比べたら格段にスケールアップが施されている事が分かると思う。アコースティックギターも取り入れ、フォークメタル要素も強めている。ポストメタル要素も以前からあったが、今作のストーリー性と静謐さと激情の広がりはよりポストメタル的なサウンドスケープを拡張した物だ。フォークやプログレッシブといった要素を強めて、元々かなり強かった彼等のストーリー性のあるゴシックドゥームの世界は本当に大きな広がりを見せているし、ゴシックドゥームの枠では収まらない。第4曲では静謐さを前面に押し出しながらも、序盤から泣きのギターが炸裂するクラシカルさと共にクリーントーンの男女のボーカルが織り成す幻惑とメランコリックな歌世界は本当に魅力的であるし、今作に於ける彼等の成熟を本当に痛感させられる名曲になっている。中盤からはグロウルも飛び出し、その静謐さからヘビィなリフが飛び出す展開を見せたりもするが、今作で比重が増えた静寂の中で見せるクリーンさが、ゴシックドゥームとしての暴虐さをより際立たせているし、その暴虐パートから再びメランコリックな美メロパートに移行しても楽曲の中で一貫したストーリーを感じさせる物だ。そして何よりも彼等の暗闇から新たな光へと連なる世界は今作で本当に大きな説得力を持つ様にもなったし、ドゥームサウンドは健在ではあるがドゥームである必然性を自ら捨て去り、新たな要素を貪欲に取り込んだからこその進化だと思う。第10曲の美メロが轟音として迫り来る感覚から、静と動の明確な対比、そして壮絶でありながらも救いへと繋がるラストへの流れは本当に美しい。



 美メロは健在ながらもあからさまな泣きの要素は後退したし、ドゥーム要素は壮絶なグロウルボーカルも減ったから前作に比べたら派手な作品ではないし、冗長になってしまった部分があるから前作を愛した人の中には戸惑いを覚える人もいるかもしれないが(僕も初めて今作に触れた時はそうだった)、より複雑になりよりスケールの増した楽曲と作品全体のレンジを広げ、そのサウンドの中にあるのは一貫して美しいメランコリックさだ。聴き込む程に彼等の凄さを痛感させられるし、本当に長い時間をかけて触れる事の出来る作品になったと思う。今作でSwallow The Sunは完全にネクストレベルへの飛躍を遂げた。



■Ukte/While I'm Alive

2995837747-1.jpg



 去年しっかり聴けていれば間違い無く年間BEST入りを果たしていたであろう1枚。今作はフィンランドのポストメタルバンドであるWhile I'm Aliveの2011年発表の5曲入りの作品。音自体は決して極端にヘビィなバンドでは無いが、ポストハードコア、ポストロック、スラッジ等の要素を存分に盛り込み曲の中で目まぐるしく変化していくタイプの音楽性なのだが、それは単に色々な要素を掛け算したのではなく、その要素の持つ長所を見事に生かし自らのサウンドをスケールアップさせる。そしてその独自の方法論をポストメタルとして帰結させているのだ。



 彼等の持ち味は何と言っても目まぐるしく変化する展開を繰り出しながらも、それをあざとく感じさせずに一つのストーリーとして帰結させる構成力にあると言える。第1曲「A Solitary Deathbed Conversation」は凄い分かりやすく彼等のサウンドが表に出た1曲であり、冒頭は高速で突っ走るポストハードコアサウンドを展開しテンションを加速させたかと思えば、急にヘビィネス色の強いパートに入り、そこからポストロックパートで焦らしに焦らし、その先にあるのはリリカルかつスラッジなポストメタルの壮大なストーリーへと雪崩れ込む1曲。10分近い尺も手伝っているのもあるが、それぞれの音楽的要素を巧みに導入し、操り、それを一つの組曲として鳴らしているからこそ、プログレッシブな宇宙へと導くポストメタルとして完成している。またそれぞれの楽曲が違うカラーを持っているのも作品全体の魅力を高めている大きな要因になっている、スラッジかつカオティックなポストハードコアを前面に押し出し聴き手の魂を燃え上がらせる第2曲「Neon Jihad」ではバンドの馬力の強さをアピールしているし、第3曲「Celebrated Fall」ではよりスラッジコアに接近した漆黒のサウンドを展開する武器の多さとそれの使いどころを完全に把握した上での緻密さ。「Celebrated Fall」でもスラッジパートと不穏で重苦しいポストロックパートの落差を完全に生かし、最終的には全方位に広がる音の波動を体感させるスケール感に満ちたサウンドを展開する幅の広さ。それを無理矢理な形で詰め込むのでは無くて、本当にごく自然な物として楽曲の中で息づいているのだ。アンビエントな小品である第4曲「Mantra」で聴き手に安らぎを与えながら、トラッドなボーカルで作品全体の不穏さも保つ楽曲を盛り込んだりする創意工夫も買いたい所。そして第5曲「Sparkwood and 21」で13分近い壮大な楽曲で止めを刺す。スラッジとカオティックが正面衝突したプログレッシブメタルの事故現場を見せつけまくった末に待ち構えるのは、同じギターフレーズが反復しエネルギーを高めた先の無限に広がる音色が生み出す荒涼とした宇宙の風景だ。そしてそれを完全に崩壊させて無として終わる。



 今回初めて彼等の音に触れたが、プログレッシブな要素をここまで生かしたポストメタルを展開し、それでいて冗長さを感じさせないポストハードコアのパワーとポストメタルの叡智を完全に生かしたサウンドには打ち抜かれた。ヘビィさも構成力もスケールも美しさも完全に生かしたアンサンブルが生み出すのは途方も無い宇宙だ。また今作は下記リンクのbandcampにて視聴&フリーダウンロード可能になっている。



While I'm Alive bandcamp

■Until Fear No Longer Defines Us/Ghost Brigade


アンティル・フィアー・ノー・ロンガー・ディファインド・アスアンティル・フィアー・ノー・ロンガー・ディファインド・アス
(2011/10/19)
ゴースト・ブリゲード

商品詳細を見る




 フィンランドのゴシックドゥームバンドの2011年発表の3rdアルバム。10月に国内盤も発売されるらしいのでこの日本でも人気が出ているバンドであろう。僕は今作でこいつらの音に始めて触れたが、ヘビィなリフで攻めるパートは徹底的に攻めて、泣きのギターが炸裂するパートは徹底的にメランコリックにというメリハリをしっかりと付けた作品であると言える。Opethやポストメタルのバンドの様な構築の美学も感じさせながら、スラッジなヘビィさも、ゴシックの泣きのメロディも全部ブチ込んだハイブリットな音になっている。



 同じフィンランドのゴシックドゥームのバンドであるSwallow The Sunに近い物をこいつらにも感じたりするのだが、Swallow The Sunはヘビィでありながらもメランコリックな旋律の比重が大きいのだけれど、こいつらはヘビィなパートは徹底的にヘビィに攻めてくる。第1曲「In The Woods」でアコギとボーカルのみで耽美なトラッドフォークを奏で、その耽美な世界を展開し今作は始まるのだけれども、第2曲「Clawmaster」では殺気に満ちたグロウルとスラッジなリフが襲い掛かり、ポストメタル的な緻密さで緩急を付けながらも自らのヘビィさを叩き付けて来ている。しかし泣きのパートに突入した瞬間にギターはこれでもかと感情を直撃する旋律をかき鳴らし、一気にメランコリックな音へと変貌する。ドスの効いたグロウルボイスとヘビィなリフのパートとクリーントーンで美しい歌声を聴かせ泣きのフレーズが咲き乱れるパートのメリハリと対比がこのバンドの大きな魅力であるのは間違い無いだろう。しかし第3曲「Chamber」や第6曲「Grain」の様なメランコリックさで攻め立てる楽曲も非常に魅力的でもある。北欧のトラッドな要素を前面に押し出し、深い闇から光の差し込む方向へと進んでいくかの様な様は非常にドラマティックでもある。一方で第7曲「Breakwater」の様なメロディアスでありながらもヘビィネスを全開にした楽曲もある。だが時折見せるメロウさがヘビィさを際立たせているのも確かであり、幻想的と狂気が渦巻くゴシックな世界観を確立しているのだ。そして今作屈指のメランコリックかつ壮大な「Soulcarvers」にて幕を閉じる。この曲はこいつらの魅力を如何無く発揮した名曲であり。今作のラストを締めくくるに相応しい出来だ。



 作品全体でもメリハリの効いた構成になっており、楽曲も芯の部分を守りながらもそれぞれが作品の語り部となっている印象を受けた。単純に1曲1曲の完成度も高いし、作品全体を通して聴いても全く飽きの来ない物になっている。それでいて否応無しに発揮されるメランコリックな旋律を生かす楽曲構成も素晴らしいと言えるだろう。OpethやAnathema辺りが好きな人には堪らないし、このスラッジさと構築美はポストメタル愛好家である僕も惹きつけられた。ゴシックドゥームというマイナーなジャンルの音ではあるけれど取っ付き易さは普通にあるし多くの人に薦めたい名盤である。



■New Moon/Swallow The Sun


New MoonNew Moon
(2009/11/17)
Swallow the Sun

商品詳細を見る




 フィンランドのゴシックドゥームバンドであるSwallow The Sunの09年発表の作品。ゴシックというだけあって、その音は非常にメロディアスで耽美な物になっている。寧ろドゥームというよりもポストメタル的な感触の音にドラマ性と陰鬱で美しい旋律を取り入れ、グロウルを駆使するボーカルスタイルでありながらも、極悪さよりも激情の感情に襲われるし、全ての旋律が泣きの音を作り上げる非常にドラマティックな作品だ。



 CDを再生した瞬間に耳に入るのは非常にメランコリックなアルペジオの旋律、そこから轟音のリフと泣きのギターが入り最初から胸を抉る様な涙の音が流れる。この作品にがドゥームらしい煙たさや極悪さは全く無く、寧ろゴシックメタルにポストメタル的要素を取り入れた感触を感じるのだ。だからこそ2本のギターとキーボードの音は緻密に組み合わさっているし、グロウルとクリーンを巧みに使い分ける事でその泣きの感情を最大限にまで引き出すボーカルがまた大きな要素を持っていたりする。荒涼とした空気の中でどこまでも感情をメランコリーさをスロウテンポの轟音の中で描く音楽だと言える。
 特に中盤からの流れは今作の大きなポイント。第5曲「Lights On The Lake (Horror Pt. III)」は女性ボーカルをフューチャーし、どこまでも泣きまくりな旋律と、無慈悲に刻まれるヘビィなリフ、静謐なパートから一気にポストブラックメタルな爆走ブラストビートの嵐に移行するプログレッシブさや、壮大なスケールの楽曲と構成力の強さが本当に感情を揺さぶりまくる。そこから第6曲「New Moon」への流れは本当に鳥肌が立つ。やり過ぎだと思ってしまう位に押し寄せるメランコリーな感情を揺さぶる泣きの旋律とドラマ性。しかしこいつらの場合はそれが陳腐な物ではなく、大きな流れの中でその感情をドラマティックに描くのだ。そこにある優しさと温もりの感触こそがこのバンドの泣きの要素なんだと思う。



 作品全体を通しての完成度も高く全ての曲がメインを張れる位だし、作品全体が一つの作品として一貫した流れを作り上げている。冷たい感触や陰鬱な感情を感じさせながらも冷徹な音では無く、ヘビィでありながらその音は本当に優しい温もりを感じさせる。だからこそ本当に残酷だ。この音は聴き手の感情をどこまでも揺さぶってくる。夜の静寂の世界を切り裂く感情の轟音を鳴らすゴシックドゥーム。心が震えることは間違いない。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター