■タグ「フューネラルドゥーム」

■Dense Fog/Funeral Moth

20140217_695555.jpg




 今年頭にフューネラルドゥームの最重要バンドであるWorshipの来日ツアーをサポートしたのも記憶に新しいex.CoffinsのメンバーやグラインドコアのBROBのメンバーが在籍する日本が誇るフューネラルドゥームバンドの2014年リリースの1st。レーベルはWeird Truthから。今作ではNEGATIVEAIDGUERRILLA REALMのメンバーも加入し4人編成での作品になっている。またこちらもフューネラルドゥームの最重要バンドであるMournful CongregationのJustin Hartwigがゲストでギターを弾いている。



 出た「Dense Fog」だ。日本語訳すると「濃霧」と名付けられた今作はジャケットも本当にそんな感じなんだけど、音も完全に濃霧その物だ。前作のEPとは明らかに方向性dが変わっているし、絶望感も半端じゃないけど、より美しい作品に仕上がったと思う。先ず収録内容が本気過ぎる。全4曲70分超えで、インストである第3曲以外は全曲20分超えというとんでもない大作志向だ。そして前作EPとの大きな違いは、前作が激重の無慈悲なリフと推進力を無くしたビートが生み出す煉獄だとしたら、今作は明らかにクリーントーンのギターの音が増えている。のっけから21分超えの第1曲「盲目 - Blindness」から変化と進化を強く感じるだろう。本当に止まってしまいそうな音数を極端に減らしたビート、低域グロウルで日本語で絶望を歌うボーカルが脳内を絶望で覆い尽くすけど、でもそのギターの音は本当に優しい。クリーントーンでメロウで耽美な美しさをメランコリックに奏でるアルペジオの反復は、絶望的な音の中で確かな救いであるし、聴き手に確かな感情移入の余地を与えてくれている。20分超えではあるし、決して楽曲の展開は多い訳ではないんだけど、明確な起承転結を強く感じるのも大きな進化だ。特に後半になってからの展開は本当に鳥肌が立つ美しさで、歪んだ激重リフの緩やかな渦が大きくなって、先ずはクリーントーンなカラーのあるギターソロで泣かせに来るし、最後のJustin Hartwigのロングギターソロはゴシックな空気と終末の美しさを全開にした泣きのソロで堪らない。個人的には大作志向のCorruptedにも通じる物を感じた。
 しかし第2曲「Behind The Closed Door」は一切の感情移入の余地を許さない漆黒のフューネラルドゥーム。心拍数が停止してしまいそうなビートと、メロディアスさなんて放棄したリフの残響と破滅的な威力。しかし徐々にメロディアスさを感じせる音になっていくのは流石だし、途中から不穏なクリーンのパートになるとまた感触も大きく変わっていく。終わりの始まりを想起させるギターアルペジオの美しさに震えたと思えば、また無慈悲なドゥーム煉獄。今作は確かなメロディアスさを感じさせる事で、感情移入の余地や美しさと言った点も大きく出た作品ではあるけど、しかし無慈悲さも全く日和ってなんかいないし、寧ろそれらのバランスが本当に作り込むまれているのは大きいと思う。クリーントーンの美しいギターから泣きのギターへと美しい世界を見せる第3曲「濃霧 - Dense Fog」の4分程のインストに恍惚しつつ、最後の最後に待ち構える最終曲「自害 - Kill Yourself」は完全に絶望の極み、この世界と決別した人間が見る世界を描いた様な曲だと思うし、空白だらけの音の隙間ですら窒息しそうな感覚に襲われるし、無慈悲な歪みのリフもメロディアスなクリーンのギターも無く、ただ精神を削る痛々しさだけが永延と這い回る。前半はずっとそんな感じだし、ただ少しだけ歪みながらクリーンな音がひたすらに精神を内側から蝕んでいくし、そして後半はディストーションギターの濃霧が全てをただ覆い尽くし、最後の最後は音量が小さくなったギターリフの反復のみで終わり、絶望の中を彷徨うしか無い事を無慈悲に告げる。



 フューネラルドゥームという音楽性もそうだし、その作品構成もあるから間違いなく人を選んでしまう作品ではあるし、聴くのに体力を使う作品でもあるけど、本当に濃霧その物な音が目の前に広がっていくし、その精神世界や情景の表現力はとんでもない事になっている。破滅の美しさが見事でありながら、同時に安易な安らぎなんて与えず、ひたすらに闇と向き合わせてくる作品。言うまでも無く傑作だ。



スポンサーサイト

■Terranean Wake/Worship

wt037.jpg



 ボーカルのMad Maxの自殺により、名実共に死のドゥームの代名詞となったWorship。Mad Maxの死以降はギターのThe DoommongerがWorshipの活動を継続させて、07年の伝説と化したデモに続く1stアルバムをリリースしたが、今作はそれから5年の歳月を経て作られたまさかの2ndアルバムで、Worshipがこうして活動を続けていた事にまず驚いたが、今作でも徹底的に遅く重く暗い陰鬱さを極めたドゥームサウンドは健在どころか益々際立っているのだ。



 まず全4曲で56分。全曲余裕の10分越えという尺の長さが相変わらず過ぎるが、作風に関して言えば本当にデモ音源の頃から一貫しすぎている。徹底的にテンポを落とすだけじゃなくて音数を極限に削ぎ落とし、推進力皆無のビートと呼べるかどうかも怪しいビート、それだけでなくギターの音色も極限まで音数を落とし、その一音一音が死の鉄槌を振り落としながらも、時にはクリーントーンで今にも心拍数停止しそうな感覚で鳴らされる陰鬱さを極めた絶望的で悲しい旋律。もうWorship印のサウンドが全く衰えずに存在しているだけでなくて、更に遅く重くなり、より物悲しさを増した旋律と儀式めいた神秘性も更に増幅されていると言える。のっけから17分31秒にも及ぶ第1曲「Tide Of Terminus」から推進力を放棄した極限の荒涼とした激遅激重のサウンドが響き渡り、音と音の極端な空白を埋める残響音の美しさが死者の世界すら美しく魅せるし、奈落から響き渡る様なグロウルがより緊迫した死を聴き手に疑似体験させる。そして終盤では鎮魂歌の様に鳴り響く鐘の音色と、極限まで歪み、重い。それなのに一つの終末をただ嘆いているかの様な悲しみすら感じさせるギターの旋律が美しい漆黒の調和を果たし、一つの壮大な死の儀式となっている。ギターがよりフューネラルな泣きの旋律を奏でながらも、徹底してビートは重苦しくある第2曲「The Second Coming Apart」でももうWorshipの一つの様式美にすらなっているんじゃないかってレベルの極限まで遅・重・暗が三位一体となり、極限の絶望を奏でるドゥームサウンドは全くブレてなんかいない。第3曲「Fear Is My Temple」こそ今作で一番旋律が明確だし一番聴きやすい楽曲ではあるけれども、それでもキャッチーになったのではなく、神秘性が前面に出た楽曲という印象だし、第4曲「End Of An Aeviturne」にて再び第1曲の様な極限さを見せ、そして美しく死の儀式を終える。



 今作でもWorshipは相変わらず過ぎるし、デモの頃からの死の美学としてのドゥームサウンドは全くブレていないし日和ってもいない、しかしより神秘性と美しさを高めながらも、より極限まで遅くなったドゥームサウンドはこれ以上遅くしてどうするの!?って突っ込みすら入れたくなってしまったりもするが、最早一つの様式美レベルにまで完成されたフューネラルドゥームは圧倒的な美しさで奈落から地獄の叫びとディストーションサウンドを響かせている。



■Funeral Moth/Funeral Moth


Funeral MothFuneral Moth
(2008/06/01)
Funeral Moth

商品詳細を見る




 DE-NIHIL、COFFINS、BROBのメンバーによって結成された東京のフューネラルドゥームバンドの06年にテープでリリースされたデモ音源を08年に再録音しCDとしてリリースした作品であり、たった2曲で28分というもう期待通りのフューネラルドゥーム作品である。日本国内では恐らくかなり珍しいであろうフューネラルドゥームのバンドであるとは思うけど、無慈悲な暗黒は徹底している。



 彼等は泣きの旋律を用いて悲しみを生み出すバンドでは無い。とにかく美しい旋律と言うのは無く、絶対零度であり極限まで重いリフと、心拍数停止寸前の推進力放棄の空白だらけのドゥームのビート、徹底した規格と意識でそれを貫き、僅かな救いすら与えてくれない。第1曲「Ignorance」からいきなり16分の大作であるけど、冒頭から無慈悲かつ淡々と振り落とされる音塊、ドラムやベースはグルーブとかそういった物は当たり前に放棄しているし、ただ重く遅くある事のみに特化した音であり、肉体的重圧と精神的重圧を同時に生み出し、両方の面で暗黒重圧殺マシーンと化す。しかも一思いに殺してなんかくれないし、嬲り殺しの音楽となっている。楽曲の中で展開や構成といった要素もほぼ皆無であり、それにただ苦痛を描く超低域グロウルが乗る。それがただ16分続き、聴き手をどこまでも突き放すが、美しい旋律やドラマティックさを放棄してまでも徹底して絶望を描く姿勢は一貫しているし、徹底して重い。第2曲「Depressive Dawn Of A Dismal Misty Day」も尺こそ11分と少し短めになっており、微かに旋律を感じさせるアルペジオのフレーズが挿入されていたりもするけれど、歪みまくった重音は全く変わらず、呪詛の様なボーカルと共に推進力放棄で進行する。中盤で不穏のアルペジオのみになり、そこで囁く様なボーカルが入ったりと少しばかり展開の変化等もあったりするが、そこから感動的な音へと移行するなんて事は全く無いし、最後の最後まで漆黒の重低音が視界と聴覚を埋め尽くし、死の黒煙が噴出したまま終わりを迎えるのだ。



 感傷や救いを徹底して排除し、漆黒の重低音をただ放出する彼等の音は軽々しく聴ける代物では無いが、正座して自らの暗黒と対話する時に不思議と調和する音になっているのも事実であり、遅くて重くて暗いという要素を徹底して追及した音楽は暗黒系フリークスには涎が出る代物であるのも間違いないであろう。終末感を味わうには持って来いの一枚であり、その闇の美学に感服するのみだ。



■Even as All Before Us/The Gault


Even As All Before UsEven As All Before Us
(2007/04/09)
The Gault

商品詳細を見る




 ex.WeaklingのギタリストであるJohn Gossardを中心に結成されたサンフランシスコのドゥームバンドであるThe Gaultのデビューアルバム。兎に角長尺の楽曲ばかりが並び、ひたすらダウナーなテンポのまま進行し、そこにWeaklingでも見せたメランコリックさを放出しまくり、耽美でありダークな1枚。ドゥームであるが、ヘビィさよりも旋律の美しさに拘り闇の世界に酔える作品だ。



 ブラックメタル上がりらしく音質も少し悪く録音されており、そのせいか全体的にヘビィという感触はあまり受けない。ドゥームといってもヘビィさを前面には押し出していないし、寧ろブラックメタルからの流れを感じさせる物だ。極端にテンポを落とし、ほとんど盛り上がる事の無い展開と構成の中でただメランコリックな旋律に引き込まれる。裏では不気味な空間系ハウリングが終わり無く鳴り響きながらも、ギターの旋律はひたすらダウナーかつメランコリックなアルペジオを中心に進行し、大きな展開はどの楽曲にも皆無であり、徹底して寒々しいテンションのまま痛みを増幅させる、楽曲の中にあるゴシックさやフューネラルさを放出し、そこからドラマティックさを生み出すという方法論はWeakling時代からあったし、その旋律の力を増幅させて最終的にはノイジーな音へと変貌を遂げたりする辺りもその壮絶なストーリーにより説得力を持たせ、極寒の世界へと連れて行く。今作は特に後半の3曲の完成度が高く、どれも10分超えの長尺になっているのだけれど、今にも心拍数が停止するかの如しなテンポで無感情のまま進んでいく物語、そして後半からその搾り出される痛々しいディストーションサウンドと共に悲痛な叫びが乗る第5曲「Outer Dark」や、女性ボーカルを取り入れ、ゴシックさとフューネラルさを織り交ぜながらも奈落へと落ちる速度で降り注ぐギターリフト共に緩やかに絶望と無へと堕ちていく第6曲「Shore Becomes the Enemy」、そして極限の痛みと共に美しいフレーズが静かに咲き乱れ、やたら躍動感のあるベースで琴線を刺激し、厳かでいてクラシカルな音と共に終末が暴走するメランコリックさから、最終的には完全なる無音が悪夢の終わりを告げる第7曲「Hour Before Dawn」は本当に壮大な組曲が連続で続いていくのを見ている気分になるし、作品全体で統率された寒々しいハウリングノイズでディストーションサウンドと、ゴシックな痛みに満ちたメランコリックな旋律が緩やかに混ざり合い一つになり、涙の止まらない耽美な物語になる。



 楽曲の完成度の高さはWeaklingにも負けない物になっているが、今作は心臓の鼓動が停止する寸前のスロウな世界でただ淡々と目の前の悲劇を眺めているかの様な感傷に満ちた作品だ。くぐもったまま終末へと静かに堕ちる感覚を今作で味わう事が出来るし。鉄壁のメランコリックなメロディーセンスはやはり乱れ咲いている。凍りついた世界で繰り広げられる物語、今作もWeakling同様に聴き手の涙腺を崩壊させる美しい破滅を描いた一大巨編。



■The Book Of Kings/Mournful Congregation


The Book Of KingsThe Book Of Kings
(2011/11/01)
Mournful Congregation

商品詳細を見る




 EVOKENやSKEPTICISMやWorshipと共にフューネラルドゥームの代表格として数えられているオーストラリアのバンドであるMournful Congregationの2011年発表の4th。全4曲でありながらも70分超えの収録時間を誇る超大作ばかりが並ぶ作品であるが、音も徹底的に遅く重いフューネラルドゥーム。それでいて物悲しい陰鬱さとメロウさが複雑な構成の中で絡み合い、それが終わりへと美しく堕落していく作品。重苦しいが感情移入の余地もあるしかなり聴き易い部類の作品になっている。その上、完成度もとんでもない事になってる屈指の傑作だ。



 のっけから19分にも及ぶ第1曲「The Catechism of Depression」で奈落の悲しみが幕を開けるが、荒涼とした旋律の乾ききった悲しみと極限まで音数を減らしたビートと悲痛なグロウルが渦巻く暗黒世界へと僕達を導く。音の構成自体はシンプル極まりないのに、その中で少しずつ複雑に絡み合う音の螺旋と、残響音も含めて重なり合う音の負のハーモニー細やかな弦の振動やシンバルの振動の残響までをも聴かせるその繊細さや緻密さはかなりの物だ。物悲しいアコースティックギターのフレーズの挿入からそれを打ち砕くドゥームの破壊力はより悲しみと嘆きを加速させているし、音楽的にはまた違うけれど、大作志向の時ののCorruptedなんかが好きな人にも有効だし、ゴシックメタル好きなんかにもアプローチ出来る泣きの要素も存在、陰鬱さを極めながらも、多くの人をその絶望のドゥームの世界へと導くだけの力がこいつらには確かに存在している。第2曲「The Waterless Streams」でもその悲しみの音に全く揺らぎは無いし、徹底して聴き手の負の感情に訴える痛烈なドゥームサウンドを展開、シンプルだからこそ旋律を最大限に生かした音になっているし、それは聴き手の胸を抉るのだ。負の蓮華が乱れ咲く美しさは本当に圧巻だ。その一方で第3曲「The Bitter Veils of Solemnity」はアコースティックな楽曲になっており、自らのドゥーミーなサウンドを削ぎ落としているが、それでも持ち前の感情を刺激する旋律は健在。厳かなボーカルもそのスケールを膨張させているし、終盤は漆黒の闇から救いの光すら感じさせる旋律まで飛び出し、柔らかな感触と共に聴き手の闇を少しだけ晴らす様な温もりを感じさせてくれる。そして第4曲「The Book Of Kings」は33分にも及ぶ超大作ナンバー。今作の中でも屈指の叙情性を持った1曲。ストリングスの音色がまたその音に耽美さを加えているし、中盤では持ち前のドゥーミーさも開放、緩やかに変化していく楽曲は壮大なドラマその物で前半の絶望的世界から、その絶望を超えた先の救いすら感じさせてくれる美しさに涙すら溢れるメランコリーの世界となっている。そしてラストの静謐なオルガンと語り部で今作が終わる瞬間に一大叙情詩の余韻に酔いしれるしかないのだ。



 その絶望的なフューネラルドゥームのへビィネスにも圧巻なのだが、漆黒の闇から救いの光までへの壮大な旅路のスケールもそうだし、何よりも感情移入し放題の音にはただ酔いしれる事が出来るし、それらの要素はフューネラルドゥーム初心者も、他のジャンルの愛好家にも有効な音になっている。芸術的緻密さと小細工無しのシンプルなサウンドスケープで描かれる涙腺崩壊必至のドゥームサウンドは本気で心を揺り動かされる。屈指の傑作であるのは言うまでも無い。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター