■タグ「ブルデス」

■Odyssey/Fate


OdysseyOdyssey
()
Fate

商品詳細を見る




 フランスの5人組ブルータルデスメタルバンドであるFateの03年発表の編集盤。全17曲と濃密な内容になっており、スプリットの音源と1stアルバムである「NO SENSE」とデビュー作である「VA TE FAIRE ENCULER」をコンパイルしたボリューム満点の編集盤だ。メンバーにターンテーブルがいるというユニークな編成だったりするが、ニュースクールハードコアの格好良さとブルデスのゲスい汚らしさが絶妙のバランスで同居する格好良い音になっている。



 曲順はスプリットの楽曲3曲、1st、デビュー作の順に並んでいるが、まずスプリット作品の3曲は下水道ボイスを駆使したブルデスでありながらも、ニュースクールハードコアの要素を取り入れ取っ付きやすくもしていたりするが、同時に転調と不規則なキメと不規則な楽曲構成にもなっているしカオティック要素も感じさせる物になっている。ブルデスではあるがそこまで超絶ビートの乱打がある訳でも無く、汚らしい低域ボイスと、ブルータルさを守りながらもシンプルなリフで攻めてくるハードコア要素を感じさせる音楽性だ。絶妙なタイミングで入るスクラッチはビートに良く馴染んでいるし、ストレートなサウンドを分解しカオティックにした分かりやすくも暴虐なサウンドはブルデス愛好家以外にも受け入れられるんじゃないだろうか。時折カオティックハードコアな」変態フレーズを絶妙に入れてくるのもずるい。1stからの楽曲はスプリットよりもカオティックな要素をより強く感じたりする。ゲボを吐いているみたいな下水道グロウルもキマってるし、転調を繰り返しながらひたすらリフで攻め立て、軽快に暴走する気持ちの良いブラストんお音、低域リフから急に高域の不協和音を鳴らしたり、不気味に蠢くバキバキのベースラインと不意に入れてくるスクラッチ音と本当にそれぞれの音が尖ったままぶつかり合い暴走している。しかもギターフレーズが不意に一瞬だけメロディアスなフレーズを入れて来たりするからまたタチが悪い。ブルデスを基本にしながらもその暴虐さを守りながらニュースクールハードコアやカオティックといった要素を巧みに取り入れているセンスは見事だし、より直接的にハードコアな格好良さがあると思う。デビュー作の方は更にストレートでブレーキが壊れたまま暴走しているが、デビュー作では超絶早弾きのギターソロが飛び出したりもしているし、カオティック要素はデビュー作から一貫して感じる物になっている。



 何の前情報も無しで今作に触れたがハードコアの格好良さをブレデスの劣悪な汚らしさとしっかり結びつけて、暴走するサウンドをより際立たせている上にカオティック要素を盛り込みさらに暴走させた作品だと言えるだろう。気持ちの良いビートと悪の軍隊の行進みたいなリフに下水の臭いのするサウンド、ブルデスとしてかなり格好良い作品なのでその筋の音が好きな人は勿論、カオティックやニュースクールといった音楽が好きな人も聴いて損の無い1枚になっている。



スポンサーサイト

■空洞/COHOL


空洞(クウドウ)空洞(クウドウ)
(2010/11/17)
COHOL(コール)

商品詳細を見る




 東京で活動する激情系ブルータル・ブラックメタルバンドであるCOHOLの2010年発表の1stアルバム。tialaの柿沼氏のレーベルから発売された今作は、激情系ハードコアの流れにありながら、ブルータルデスメタル・ブラックメタル・グラインドコア・カオティックハードコアの要素を取り入れて、かなりボーダーレスな混沌とした重厚な音圧と激情と殺意が渦巻く狂気の作品に仕上がっている。



 第1曲「回廊」の不穏のインタールードから第2曲「底知れず吠える軟弱」から破滅に向かって爆走しまくるとてつもないテンションと殺気が押し寄せてくる。哀愁と絶望のメロディがブルータルなギターフレーズから感じることが出来るし、決して単調になる事の無い楽曲の展開はブラストビートを基調にしながらも複雑なフレーズを勢いを殺す事無くバーストさせまくるドラムだったり、ブルータルなトレモロリフだけで無く、クリーントーンの不協和音の美しさの部分だったりも大きな要因を占めてる様にも思える。第5曲「諦めに届かぬ反復行動」なんかはheaven in her armsの様な静謐な美しさを持った激情系ハードコアのカラーをしっかりと見せつけながらも、プリミティブの粗暴さを見事に融合!涎を垂らしながら、殺気を憎しみを撒き散らす姿が醜く無様な姿でありながらも不思議と美しく見えてしまうから凄い。終盤は激情の流れを持ったメロディアスな曲で畳み掛けてくるが、そこでもブルータルの狂気は一向に衰えない。そして最終曲である第9曲「砂上」が今作を総括するに相応しい出来になっている。崩壊と悲しみの賛美歌が響き渡っている。



 楽器隊の音もかなりテクニカルでありながらも、破綻寸前の狂気と混沌を絶妙なバランス感覚で表現しており、かなりスリリングな音になっている。heaven in her armsは激情系を基盤にしながらブラックメタルとスラッジコアの要素をブチ込みながらよりスロウかつヘビィになったが、COHOLは激情系の基盤に、ブルデスとブラックメタルをブチ込み、疾走する殺意と狂気を描いている。3ピースでここまでの音圧を叩き出せるのは凄い。これからの激情の流れを一気に塗り替えてくれるであろう激烈なバンドが現れた!これからの躍進に期待したい。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター