■タグ「プログレッシブメタル」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■The Heretic`s Proof





 国内メタルコアシーンの中でも異質の存在感を放つAngagement、Arise In Stability、The Rabiesによる3wayスプリット。各バンドそれぞれ2曲ずつ提供の全6曲。
 作品タイトルの意味はズバリ「異端の証明」。シーンの中でも強烈なオリジナリティを持つ3バンドによるスプリットのタイトルとしてこれ以上の物は無いだろう。



 Angagementは今作の中では一番正統派なメタルコアサウンドではあるが、その強靭なる音は王道でありながら異質。今作に提供した2曲を聴いただけで荒れに荒れまくったピットの光景が簡単に視界に浮かんでくる。
 シンガロングパートもガッツリ盛り込み、ブルータル&タフネスなモダンなメタルコアサウンドで堂々と攻める様は猛獣が暴れ狂う無慈悲さ。リフからメロディをちゃんと想起させる要素もありながら、ゴリゴリのまま沸点を超えるダークネス。凶悪な重さと治安の悪さを感じさせるビートダウンパートの歪みを感じたら彼らがモッシュ大好きキッズから絶大な支持を集めている理由も分かる筈だ。
 単なる脳筋メタルコアじゃない、ブルータルさから滲み出るアーティスティックさと、それでもやっぱり出てしまうヴァイオレンスさに卒倒間違いなし。

 Arise In Stabilityは新境地を感じさせる2曲を提供。これまで通り圧倒的演奏技術と情報量のプログレメタルサウンドこそ変わらないが、楽曲全体の無駄を削ぎ落とし、音にシャープさが生まれたからこそ、AiSの異質な音の乱数がより際立つ物になっている。
 特に「Magnetclock」はこれまで以上に音を詰め込みながらもドラマティックな組曲的名曲になっており、変態プログレパート以上に、泣きのギターソロや、クリーンパートの叙情性の広がりと美しさ、特に終盤の激情的クライマックスの胸を震わせる壮大さ。バンドがいよいよネクストレベルに到達してしまっている。よりメロディセンスを磨き上げたからこそ生まれる美しさは寧ろクリーンパートで発揮されていたりもする。
 単なる速弾き変拍子大好きバンドと侮るなかれ。緻密なまでに組み込まれた変態の遺伝子に驚くだろう。

 そして個人的に一番ブチ殺されてしまったのはThe Rabiesが提供した2曲だ。このバンドは完全に新しいブラッケンドの扉を開いてしまっている。メタルコア×オールドスクールデス×ブラッケンドな音はこれまで他のバンドが全くやろうとしなかった境地であり、メタルコアとデスメタルの両方にルーツを持つ彼らが到達した未知の世界。
 重さと神々しさと退廃的美学を激ヴァイオレンスかつ激ブラッケンドな音に仕立て上げて「新感覚の激音」を提示した「Stagnant Eye」。グラインドコア要素も盛り込み暴走しまくる激走と凶悪なビートダウンで心臓に圧迫感を与えて破裂させる過密型暗黒メタルコア「Good Citizen」。どちらも強烈過ぎる。
 俗に言うデスコアバンドだと思ったら大間違いだ。彼らはドス黒い死の世界を全く新しい方法論で生み出してしまった。



 「異端の証明」というタイトルに偽り無し!!強烈なる激音全6曲はカテゴライズ不可能な新たなる可能性であり、どの時代も新たなるスタンダードは常に異端児達が生み出してきた事を思い出してしまった。
 メタルコア系の音楽が好きな人は勿論だけど、それらの音楽が苦手な人にこそ逆に聴いて欲しいスプリット。テンプレ化した音は今作には全く無い。あるのは約30分に及ぶ異端児達の宣戦布告だ。







スポンサーサイト

■STORM OF VOID/STORM OF VOID


STORM OF VOIDSTORM OF VOID
(2013/11/27)
STORM OF VOID

商品詳細を見る




 ダイロク氏(envy)、ジョージ氏(TURTLE ISLAND)、トク氏(ex.FC Five)という余りにも豪華すぎる面子から成り立つ3ピースによる新バンドSTORM OF VOIDの2013年リリースの3曲入1stEP。リリースは勿論SONZAI RECORDSから!!この3人がどんな新しい音を放つかは全く想像出来なかったが、これが完全にインストのポストメタル・スラッジ・プログレッシブメタルというメンバーそれぞれのキャリアを良い意味で裏切る音でびっくりした。重低音が生み出す快楽がとにかく半端じゃないのである。



 完全に3ピースというシンプル極まりない編成でありながらこのバンドの音はとにかく熾烈だ。8弦ギターによる重低音がとにかく凄くて、同時に地を這うベースもバキバキに歪みまくった音を放ち、ダイロク氏は重厚な重みのあるドラムを複雑に叩きこなし、3人の音が正面衝突し、一つのカタルシスを生み出している。ポストメタルでありながらも曲が割とコンパクトだったりもするし、非常に聴き易さがあったりもするけど、とにかくスラッジな音が重厚に放たれていく様は圧巻の一言。しかもこのバンドの音は単なるスラッジ・ポストメタルサウンドで終わってないのは第1曲「ICE LUNG」を聴けば一目瞭然だろう。基本的にはスラッジなリフと重厚なダウンテンポのビートを機軸に曲は進行していくのだけど、そのリフのキメの入れ方だったり、ビートのキメの入れ方は練りに練り込まれていて、非常にプログレッシブである。スラッジを機軸にしながらもメンバー3人の個々の高い演奏技術を生かし。スラッジ・ポストメタルからプログレッシブメタルへと接近した音は多くのポストメタルバンドの中でも独特の感覚があるし、PelicanやRussian Circleといったバンドが持っている緻密な構築美を感じさせながらも、深みがありソリッドな音の応酬で攻めまくっているし、メロディアスさやリリカルさといった方向には走らないで徹底してドス黒いスラッジサウンドで武骨に攻める!!曲の中盤とかに一気にBPMを速めてプログレッシブなフレーズの乱打からストーナーでサイケデリックなソロまで見せつけ重低音から生み出すトランス感覚を発揮していく。
 第2曲「SILENT EYES」は約5分の割とコンパクトな尺の楽曲でありながら、ソリッドなリフの応酬の重戦車から始まり、それらのフレーズの反復から少しばかりメロディアスなフレーズを盛り込んでくるニクさ。徐々に美的センスを感じさせるスケールの広大さをアピールしたかと思ったら、曲の中盤から怒涛のドラムの乱打と極太極悪のベースのグルーブとカオティック成分を持ちながら叩きつけられていくスラッジリフが最高に気持ち良くて昇天必至だ。第3曲「HULLUCINATE REALITY」は今作でも一番重厚なスラッジ絵巻で、合間合間に複雑なフレーズを盛り込みながらも極限まで音を削ぎ落とし、重低音の残響を聴かせる這いずる音のダークさ。基本はスラッジなのに合間合間にプログレッシブになり聴き手を見事に焦らすパートもありつつ、最後の最後にポストメタルな叡智を見事に生かし、ドラマティックなクライマックスを迎えていくのは本当にお見事の一言だ!!



 単なるポストメタルではなく、単なるスラッジではなく、独特のプログレッシブ要素を盛り込み、独自の音を展開している今作だが、その重低音のグルーブはやはり圧巻であるし、それは先日初めて拝見させて頂いたライブでは更にとんでもない事になっちまっていた。極悪のドス黒い濁流と共に放たれるプログレッシブスラッジ絵巻は重厚かつ極悪だし、たった3曲入ながらもSTORM OF VOIDというバンドの凄みを実感するには十分過ぎる作品だ。



■Yellow & Green/Baroness


Yellow & GreenYellow & Green
(2012/07/17)
Baroness

商品詳細を見る




 前作「Blue Record」にてヘビィロックの金字塔を打ち立てたアートメタルバンドであるBaronessの2012年リリースの3rdアルバム。多くの人々が前作の先の彼等の音を待ち望んでいたと思うが、今作はまさかの2枚組でのリリースというかなり気合の入った作品だ。2枚合わせて全18曲収録、3年の月日を費やして作り上げた壮大な作品であるが、同時にこれまでのアートメタル・ヘビィロックバンドとしてのBaronessのイメージを完全に壊しにかかっている大問題作に仕上がったとも言える。



 初期のBaronessは確かにメタル色の強いバンドであったし、前作ではそこにブルースだのルーツミュージックの要素を色濃く出して新たなヘビィロックの形を打ち出したが、今作は2枚組でこそあるが楽曲もこれまで以上にコンパクトになっており、ヘビィロックの要素がかなり後退し、ボーカルも完全にクリーントーンの歌に移行し、普遍的なロックにかなり接近し、メロウさを打ち出し、本当に今までに無いレベルで間口の広い作品になっているのだ。ヘビィロックバンドの新星として登場した彼等がヘビィロックを置き去りにしたという事件が正に今作だと思う。決してヘビィさが全く無い作品ではないのだけれども、disc1の第2曲「Take My Bones Away」なんかはストーナーロックなギターリフ主体で進行しつつも、もう一方のギターがメロウなアルペジオを聴かせているし、ボーカルはドスの利いたシャウトを封印しこれまでに無いレベルで歌っている。本当にスタンダードなロックに接近しまくっている事が、この序盤の楽曲を聴くだけで明白だ。また彼等の持ち味である変拍子を組み合わせたビートなんかは健在ではあるけれども、今作ではそれらのプログレッシブな要素を前面には出さなくなっているし、あくまでもご飯にかけるふりかけ程度のアクセントとして機能させているという印象。そして何よりもコーラスワークが今作では大きなキモになっている気もする。ツインボーカルによるたおやかなクリーントーンの歌が今までに無いレベルで格段に抒情性が増幅した楽曲と見事なシンクロを見せている。disc1第4曲「Little Things」ではそれらの要素がかなり浮き彫りになっていおるし、ラストのブルースとサイケデリックさが前面に出たギターソロなんか本当に素晴らしいと思う。disc1第6曲「Cocainium」ではアコギ主体の進行で今までに無いリリカルさを見せ付けてくれているし、その中で数多くのライブをこなしまくったバンド自体の強度も際立っているし、仕舞には大胆にシンセを導入しているし、半ばインディーロックの領域に突入している驚きがある。その中でヘビィさを押し出しているdisc1第8曲「Sea Lungs」ですら一つの開放感がストーナーなサウンドとキャッチーさとリリカルさが柔らかに混ざり合ってすらいる新境地も見せる。disc2の方でもそれは全く変わらず、disc2第1曲「Green Theme」でもミドルテンポの優しい静謐な調べからスケールを膨張させる爆音サウンドへの以降がポジティブなエネルギーを発揮しているし、disc2第2曲「Board Up the House」では完全に歌物ロックを展開。disc2第4曲「Foolsong」では完全にアメリカーナな旋律を展開し、哀愁の泣きのサウンドと歌が炸裂しているし、コンパクトな楽曲構成の中で広がっていくスケールの広大さは正にアメリカンロックの叡智を受け継いだからこそ生み出せた物だと思う。特にdisc2第8曲「The Line Between」はこれまでのBaronessのサウンドを覗かせながらも、完全にネクストレベルに到達しているからこそ生まれた新たなヘビィロック抒情詩であり、今作での変化は迷走ではなく進化である事を見事に証明しているのだ。



 確かにヘビィさとプログレッシブさはかなり鳴りを潜めているし、これまでのファンの間では間違いなく賛否両論が巻き起こる問題作ではあるかもしれないけど、新たなファンを大量に獲得出来るであろう間口の広さと器の大きさが今のBaronessにはあると思うし、聴き込めば聴き込む程に良さが堪能出来る作品だと思う。確かにこれまでの作品に比べたらインパクトや即効性は少し弱いかもしれないけど、本当に長い時間付き合える作品だし、前作に引き続いてBaronessはまた最高のアルバムを作り上げてくれたって僕は手放しで絶賛したい。そして今作の先にあるBaronessの新たな進化が今から楽しみで仕方ないのだ。



■Aeolian/The Ocean


AeolianAeolian
(2006/03/07)
Ocean

商品詳細を見る




 ドイツが生んだ超芸術的ポストメタル集団であるThe Oceanの05年発表の2ndアルバム。今作は以降の作品からThe Oceanを知った人からしたら衝撃的な内容になっている。The Oceanと言えば粗暴さも芸術性も極限まで極めた別次元のポストメタルサウンドを鳴らしているが、今作は完全にブルータルかつカオティックなハードコアを痛烈に鳴らす猛毒の様な作品になっている。全てを捻り潰す邪神の猛威を極めた作品だ。



 今作を再生した瞬間に耳に入ってくるのは悪魔が行進しているかの様なスラッジリフの無慈悲な刻みのフレーズであり、リリカルさやメロウさを完全に放棄した混沌と破壊に満ちた血塗れのハードコア。変拍子を駆使したり、徹底してブルータルでありながらも緻密さを感じさせる辺りは紛れも無くThe Oceanの持ち味を感じさせたりはするけど、それでも前面に出ているのはカオティックなスラッジサウンドだ。徹底して低域のえげつないボーカルを聴かせ、クリーンパートやクリーントーンは一切登場させずに邪悪さで押し通しながら、天変地異を想起させる終末の慟哭を放出し、プログレッシブな展開の中で数多くの地獄を引き摺り回される様な世界が待ち構えている。また今作は多くのゲストボーカルも参加しているらしく、それらのゲストボーカルも負けずに邪念と悪意をバラ撒き、今作の荒涼とした赤黒いサウンドをより血で塗り潰すかの様なボーカルを見せ聴き手を殺しまくっていく。楽器隊も破壊しか考えていない様な全てを叩き割るサウンドスケープを展開しているし、徹底してこの世の全てを叩き潰すハードコアだ。今作は少し長めの尺の楽曲と短めの尺の楽曲が入り乱れる構成になっていたりするが、長めの尺の楽曲ではいくつものパートを組み合わせて楽曲を構築し、その中に心が休まるパートは全く入れず、あくまでも救いの無いハードコアパートを容赦無く叩き出し、それをプログレッシブな緻密さで構成していく作品と言える。時折入るキーボードのフレーズ何かも妙に印象的だが、それも今作の痛みに満ちた音をより加速させる為に使われている感じがするし、時折壮大さを感じさせるパートに突入したりもするがその壮大さは自らの煉獄をより広めるガソリンになっており、決して救いのパートなんかは期待出来ない。その中で第9曲「Queen Of The Food-Chain」ではアンビエントなカラーを持ったパートも登場する今作では大分異質な楽曲であり、その先からはNeurosis級の悲しみのサウンドを深遠に響かせている。どんなにブルータルな作品を作っても彼等の超芸術性は損なわれていない。



 2010年に発表された「Anthropocentric」や「Heliocentric」の路線を期待すると裏切られてしまう作品だし、The Oceanの入門編にするには異質すぎる作品になっているが、個人的には全くの別物として見れば今作での邪悪さを極めたスラッジとブルータルの地獄変は純粋に格好良いと思うし痛烈で痺れてしまう。またこれらのサウンドを愛好するフリークスからしたら直球ストライクな作品であるのは間違い無い筈だ。



■Iron Balls Of Steel/Loincloth


IRON BALLS OF STEEL (アイアン・ボールズ・オブ・スティール +ボーナス・トラック)IRON BALLS OF STEEL (アイアン・ボールズ・オブ・スティール +ボーナス・トラック)
(2011/11/23)
LOINCLOTH (ロインクロース)

商品詳細を見る




 ヴァージニア州から新たな才能が登場した。今作は2012年発表の彼等の1stアルバムでありリリースは激重危険レーベルとしてお馴染みのSouthern Lordから。Loincloth(ロインクロース)はギター・ベース・ドラムのみの至ってシンプルな3ピースであり、ボーカルレスで放出する音はただひたすらへビィなリフとビートが織り成す重圧殺の音だ。徹底して何のギミックも無しにただひたすらミドルテンポで鉄槌を下すバンドだ。



 彼等の音楽には本当に自らにとって必要最低限の音しか存在していない。ギターとベースとドラムの3つという最小限極まりない編成で何の装飾も無い、剥き出しであり無慈悲なへビィネスで叩き潰す。ただそれだけに特化したバンドだ。楽曲の尺も1分台2分台が殆どだし、それぞれの楽曲でも方法論は一貫している。どこまでも削ぎ落とした音で生み出す激重のアンサンブル、ただそれだけがあるのみだ。ギターフレーズも全編通してリフのみ、ストイックに」一撃必殺のリフだけで勝負する潔さも漢らしいが、そのギターリフはほぼ必殺の鉄槌リフのみが存在し、本当にそれだけで全てを薙ぎ払う重戦車として君臨している。しかし彼等はただひたすらにへビィな音のみでストイックに戦うだけのパワー馬鹿なバンドでは無い、あくまでもシンプルにリフのみで勝負しながらもそのビートと構成は複雑極まりない変拍子と転調だらけ。同じリフを繰り返すなんて真似は殆どせず、一発一発のリフを巧みに変化させ、それを重厚なビートに乗せながらも、予測不能の展開を見せ、ただでさえ破壊力に満ちた音塊が上から下から右から左から予測不能の方向からブン殴りまくる凶悪な殺人鬼具合が自らのへビィネスを更に強めている。音楽的には楽曲毎に大きな変化は無いにしても持ち前の演奏技術とアンサンブルのみで繰り出すプログレッシブメタルの世界が確かに存在している。



 激重リフ、重戦車のビート、変拍子と転調、ストイックに鍛え上げられたアンサンブル。彼等にあるのは本当にただそれだけだが、武器こそは少ないが所持している武器はどれも一撃必殺であり油断していたら直ぐに殺されてしまうであろうへビィロックを無慈悲に放出している。16曲39分という収録時間も良い塩梅だし飽きずに聴けるのもポイントが高い。1stでありながら徹底してリフに拘ったへビィネスを見せ付けてくれた彼等だが、この激重サウンドがこれからどのように進化していくか見守っていきたい。



今作の前にリリースされたアナログ盤の音源。これだけでも十分にこいつらの鉄槌のへビィロックは体感出来る筈だ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。