■タグ「ヘビィネス」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■BACKBONE/BACKBONE

backbone.jpg



 現在はBBで活動するRyuji氏がかつてボーカルを務めていた幻のバンドBACKBONEの唯一の音源となるミニアルバム。リリースは今や伝説のレーベルとなってしまったZK RECORDSから。
 BACKBONEはRyuji氏の他のキャリアに比べると存在が幻みたいになってしまっているバンドではあるが、時期としてはCOCOBAT脱退後に結成したバンドであり、今から実に20年前のバンドでもある。




 肝心の音楽性であるが、現在Ryuji氏のパーマメントなバンドであるBBの音楽性にはこのBACKBONEが一番近いと思う。BBと比べると90年代の時代感を感じる音ではあるけど、不思議と古臭さは無く、寧ろ色褪せなさのが強いだろう。
 変拍子主体のトライヴァルなビートの作り方は現在のBBにも通じるけど、ギターフレーズの盛り込み方はBBよりも直接的なヘビィロックだ。第1曲「Happiness」は合間合間にジャズの要素も盛り込んだりしているが、常に殺気立ったボーカルとギターリフが爆発に次ぐ爆発を繰り返す。
 第2曲「現今」はジャンクロックな要素も色濃く、ヘビィロックというより寧ろ後のカオティックハードコアなんかにも通じる音だ。今でこそあらゆる音楽が発展や進化を繰り返したからアレだけど、この時代にこの音はかなり斬新だっただろうし、それらの文脈が整った今の時代に聴くと余計に凄さが分かる。
 怒りを孕んだ暴走ヘビィネスである第3曲「自己憐憫」。ブルドーザーの様な音と、それに負けず劣らず凶暴なRyuji氏のボーカルに処刑されてしまう第4曲「自覚」、鋭角のダークネスが無慈悲な重さで降り注ぐ最終曲「Conquer The Dark Ages」と全5曲に渡って強烈なヘビィロックの連続だ。



 もう20年以上前の作品ではあるが、2015年に今作に触れて改めて思い知ったのは、Ryuji氏はこの時代から他になりオリジナリティ溢れるヘビィロックを生み出そうとした事だ。
 単なる前時代的なヘビィロック作品じゃなく、現在のエクストリームミュージックとなんら遜色の無いレベルの物を90年代のまだ文脈も何も無かった時代に生み出している事に驚く。
 そしてBACKBONEでのオリジナリティは現在BBへと姿を変え、よりダークにより混沌とした更に新しいヘビィロックとして生まれ変わっている。
 ZK自体が既に消滅しているレーベルなので、中古レコード屋とかで見つけたら迷わずゲットして欲しい隠れた名盤。





BACKBONEの音源聴ける場所がネットに無かったので、代わりに現在のBBのMVを。
スポンサーサイト

■Glutamic Acid/Twolow





 As Meias、Kulara、Hellish Life、Detrytusに3LAとメンバーのこれまでのキャリアを挙げたらキリが無いスーパーバンドTwolowの1stフルアルバム。
 2014年秋の自主企画での初ライブからの精力的な活動で名を広め、またバンド名からも分かる通り全員がラーメン二郎フリークスという事実も色々話題になったりもしたが、悪ふざけは全く無しで全てが大マジで全マシだ。それは今作の音が全て物語っている。



 まるで3ピースの限界に挑む様なサウンドプロダクトがまず現代の小難しさばかり先行するヘビィロックに対する宣戦布告だろう。メンバー3人のプレイはそれこそ複雑なフレーズを叩きつけてはいるけど、極太麺の如く図太い一本の線としてアウトプットし、バンド名は伊達じゃないとばかりに一口目でガツンと衝撃に襲われるだろう。
 Twolowを語る上で絶対に外せないのは90年代の混沌とした時代のヘビィロックだろう。それはグランジから始まり、モダンヘビィネスやジャンクロックといった部分にまで渡るけど、Unsane、Today is the Day、先日のワンマンでもカバーしていたTadの様なSUB POPのバンド、ヘビィネス代表格であるHelmet、果てはメタルまでと幾多に渡るエッセンスを調合してコクと旨味を引き出している。
 ただTwolowは90年代焼き直しバンドでは無い。タイトに複雑なビートを叩きながらも、躍動感を絶対に失わない塚本氏のドラム、ストイックに太く歪んだベースラインを弾き倒す亀井氏のベース、そしてダミ声で吐き捨てるボーカルと共にリフに次ぐリフで堂々と攻める水谷氏のギター。そこに余計な味付けは全く無いし、素材の味を最大限に生かし、現行のヘビィロックに対して真っ向から立ち向かい、だけどそれを90年代から続くヘビィロックを2015年の物として表現しているのが今作のキモだ。
 「Turning On」から全マシのリフがダークネスを振りまき、リズム隊の音が内蔵を圧迫していく。空研的なエフェクトはほぼ使用せずに、生々しさ重視のレコーディングやミックスが施されるライブ感、ベタな言い方だけど、鉄と血の匂いが充満する音がTwolowの持つ90年代ヘビィロック感の正体だろう。
 疾走感がメジャー感を生み出す「Lost Inからドゥーミーさすら匂わせ、Twolowの武器であるミドルテンポの業火の真骨頂「Article #9」、そしてめくるめくリフとビートのドープさからラスト1分の疾走によって貪りながら食った、完飲!!って感じの絶頂感と焦燥感と使命感という衝動で締めくくられる「Dead Man Working」まで素材の味と体に悪い成分をてんこ盛りにした極上の一杯ならぬ極上の一枚だ。



 バンド名は二郎だし、自主企画名は「ニンニク入れますか?」だし、アルバムタイトルはグルタミン酸だから知らない人は悪ふざけしたラーメンバンドだと勘違いしてしまうかもだが、それはギルティだ。
 全てが大マジじゃなきゃこんなシリアスでダークなヘビィロックが生まれる訳が無いし、オルタナティブロックっやハードコアのリスナーは勿論だけどメタラー兄貴が聴いても大満足な一枚だろう。
 REDSHEERやBB等、90年代から時代を作り上げた猛者がその時代の空気感を受け継ぎながらも新たな音を創造する現在、Twolowもそんなバンドだし、腹ペコ野郎共は食い逃してはいけないのだ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。