■タグ「ベルギー」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Eros | Anteros/Oathbreaker

71lmVHnYNJLSL1377.jpg




 Amenraなんかとも関わりがあったりもするベルギーの女性ボーカル激情系ハードコアバンドOathbreakerの2013年リリースの2ndアルバム。リリースは前作同様にDeathwishから、プロデュースも前作同様にKurt Ballouが手がけている。でも今作でOathbreakerはとんでもない確変モードに入ったと言えるだろう。最も分かりやすい形で激情系とかカオティックとかネオクラストとかポストブラックだとかを超えたハードコアの理想形とも言える音を提示してしまっているし、誤解を恐れずに言えば考えられる限り最もキャッチーでありながら最もブレ無い方法論でそれを実現させてしまった。



 リリース自体はDeathwishだし、その手のサウンドの流れは全然あるけど、今作はその方法論に何の縛りも無い。ギターワークからはブラッケンドハードコア辺りの影響も少なからずあるだろうし、His Hero Is Goneといったバンドに代表されるメタリックなサウンドの流れも感じるし、言ってしまえばネオクラストの影響も少なからずあるのかもしれない。でもそこの形にOathbreakerは縛られていないし、それらをしっかり噛み砕いて解釈し尽くした上で自らの激情として完成させている。美麗のホワイトノイズの悲壮感に飲み込まれそうになるアルバムのイントロを飾る第1曲「Beeltenis」から今作は異質な作品だと思った。でもアルバムのリードトラックである第2曲「No Rest For the Weary」で完全にぶっ飛ばされた。イントロはブラッケンドなトレモロリフの応酬。でも既存のブラッケンドと全く違うアプローチであり、それはある意味ポストブラックメタルに近いのかもしれない。そしてサウンドの雛形はメタリックなクラストサウンドとブラッケンド、そしてメロディは哀愁溢れる激情系サウンド。更には女性ボーカルって事もあるのかもしれないけど、ゴシックな空気感がアルバム全体で漂う。色々な要素を全部乗せしているのに全く散漫にならないのはバンドの持ち前のセンスも勿論デカイけど、女性ボーカルである事を活かしたゴスな空気を強く感じるメロディだったり雰囲気もかなり大きいかもしれない。第3曲「Upheaval」はよりメタリックでクラスティなサウンドを展開しているけど、その空気感は全くブレ無いし、そこはボーカルのCaro Tangheネキのゴシックさとヒステリックさが織り交ざったボーカルの力量もかなり大きいと思う。第4曲「As I Look Into the Abyss」はカオティック要素がかなり強いのにやっぱりブレ無いし、ハードコアな楽曲だけでもアプローチが多彩なのにブレを全く感じさせないのはどの楽曲もOathbreaker節とも言える哀愁溢れながら耽美な空気感も感じるメロディだったりギターワークだったりコードワークがあるからだろう。
 勿論ハードコア以外でのアプローチもこのバンドは仕掛けてくる。第5曲「The Abyss Looks Into Me」はミドルテンポの長尺曲であり、よりエピックな空気感もあり、ポストメタル要素も手にし、絶叫だけじゃ無く美しいクリーントーンのボーカルも聴かせ、曲の中での起承転結のメリハリもそうだけど、緩急付けた曲展開によってよりバンドの世界観を確固な物にしている。そんな曲の後に第6曲「Condor Tongue」という激走ナンバーを持ってくる辺りもニクいし、第7曲「Offer Aan de Leegte」ではゴシックヴァイオレンスとも言える独自のサウンドを展開。第8曲「Agartha」の美と激のコントラストからの今作屈指のカオティックさで暴走する第9曲「Nomads」で絶頂!!そしてラストの10分以上にも及ぶクリーントーンボーカルとクリーントーンサウンドが最も冴え渡った美しきメロディを紡ぎ、最後の最後で黒と白と銀が交ざった轟音で締めくくる最終曲「Clair Obscur」で壮絶なるラストを迎える。



 全10曲のアプローチこそバラバラだし、特にアルバム後半の5曲なんて本当に全然違うアプローチの曲ばかりでありながら、全10曲で見事に統率された世界観。何よりもそれをハードコアという枠組みの中ではあるけど非常に分かりやすいアプローチで体現している事、あらゆる現在進行形のハードコアを吸収した上でOathbreaker節とも言えるメロディセンスと世界観によって独自のサウンドとして世に放ってしまった事の凄さはとんでもない。前作から完全に大化けしてしまったし、恐らくDeathwishリリース作品の中だけじゃ無く、現行の欧州ハードコアの中でも最高峰に位置する作品だろう!!必聴!!



スポンサーサイト

■Manegarmr/Hessian


ManegarmrManegarmr
(2013/05/02)
Hessian

商品詳細を見る




 AmenraとThe Black Heart Rebellion、昨年素晴らしすぎる新作をリリースしたベルギーが誇る怪物バンドのメンバーがそれぞれ在籍しているHessianの2013年リリースの1stアルバム。リリースはSOUTHERN LORDから。改めてベルギーのハードコアのレベルの高さを思い知らされる作品。



 Amenraは激重の漆黒のスラッジさから奈落を生み出し、TBHRは最新作で民族音楽を大胆に取り入れて、激情の枠組みを越えたエクスペリメンタルさを見せ付けてくれたが、このHessianはダークサイドネオクラストなサウンドを見せており、AlpinistやEnablerやHis Hero Is GoneやConvergeの要に暴走する憎悪を熾烈さを極め突撃するサウンドとして繰り出している。とにかくダークでラウドで歪みまくったリフの応酬と、全てを押し潰す重量を誇りながらも、とんでもない推進力を見せるビートが一寸の隙も無く攻めに攻めるサウンドは非常に直情的でもあり、破壊的。更に喉を擦り切らしそうな位の野獣の咆哮とも言えるボーカル。巧みなビートの転調をキメ細かく取り入れる事で更にカオティックさを見せる芸を持ちつつも、基本的には暴力的サウンドで攻める。暴走カオティックパートと、ダウンテンポになるパートにの対比も流石で正統派ダークサイドクラストサウンドでありつつも、センスと破壊力が特化しているし、前述したバンド郡に肩を並べるだけの物は十分にある。基本的に楽曲もそこまでは路線は大きく変わらなかったりもするけど、第6曲「Vãmãcãra」は不穏で神秘的なアンビエントだし、そういった小品を盛り込んで飽きさせない作品構成にしているのもまたポイントが高い。しかしながら第1曲「Ascension」ののっけから轟音クラストリフが限界まで鼓膜を破壊し尽くす残忍なギターリフとビートと咆哮の正面衝突具合だったり、第5曲「Father of Greed」で見せるダウンテンポのスラッジ色の強いサウンドの応酬から、ハウリングするギターの残響音の余韻までの肉体的サウンドを繰り出しながらも深遠さを見せ付ける様とか、聴き所は多いし、最終曲「Mother of Light」で全てを捻り潰す今作屈指のダウンテンポのリフの応酬から、漆黒の濁流が奈落の底から人々を引き摺り込む様な深遠なる悪夢を見せ付け、全ての音が強大なる黒へと変貌していく様は圧巻だし、AmenraとTTBHRのメンバーがやっているバンドらしく、暴力性だけでなく深遠さも見事に発揮している。



 AmenraとTBHRのメンバーのサイドプロジェクトでは片付けられない熾烈で残忍なダーククラストサウンドが展開されているし、そこら辺のバンドが好きな人には間違いなくマストな1枚だろう。そして改めてベルギーのハードコアの凄みとおぞましさをこのバンドで嫌でも体感させられる事は間違いなし。ドス黒い憎悪としてのハードコアの凄まじさを感じさせる作品。



■Loathus/Loathus

20090519003256.jpg



 数多くの素晴らしいバンドを輩出している激情帝国ベルギーの3人組激情系ハードコアバンドであるLoathusの最初で最後となった唯一の音源。元々は30枚限定の音源だったらしいが、09年に日本のTokyo Jupiterから正式にリリースされた5曲入作品である。バンド自体は残念ながら現在存在しているかどうかすら不明だが、ブラックメタルっぽいジャケやメンバーがコープスペイントをしてたりとか、社会に対する不信感等とかを訴えてたりするらしかったりと、バンド自身のコンセプトは中々に謎だったりもする。



 そんなブラックメタル感溢れるアートワークやバンドコンセプトとは裏腹に、その音楽性は間違い無く激情系ハードコアのそれであり、FUNERAL DINER系の正に正統派な激情系ハードコアのそれである。ポストロック的な静謐なパートを交えつつも、アグレッシブかつ獰猛にその怒りを激情として打ち鳴らした音は非常にドラマティックであり、第1曲「Decline Of The Miraculous」はそんなサウンドが見事に展開されている。緊迫感溢れる静謐なパートと、その熱量を徐々に高めて、3ピースとは思えない音圧で怒りの嘆きのハードコアとしてドラマティックな旋律と共にハードコアサウンドは展開されている。第2曲「The Eye Is Pointing At My Chest」ではそのテンションと怒りがより明確な破壊力を持った轟音として押し寄せ、シューゲイジングするギターの音塊が押し寄せる名曲となっている。手法自体は本当に正統派のそれだとは思うけど、その壮大なスケールを肉感的なアンサンブルで鳴らすサウンドはその手の音が好きな人からしたら堪らないと思う。
 第3曲「This Is A Product Of Your Own Hypocrisy」では約3分間で目まぐるしく展開される攻撃性が咲き乱れ、君靴の頃のEnvyが好きな人とかには是非とも聴いて欲しいし、時に重苦しさすら感じるギターリフやビートがクライマックスへと雪崩れ込む様は圧倒的。最終曲である「I Am Vertigo」は今作で最も直情的なハードコアが展開されており、怒りとしてのハードコアの終焉に相応しい1曲となっている。



 全5曲ではあるが、十分に楽しめる内容だし、正統派激情として胸を熱くしてくれるシリアスな怒りに満ちている。それだけに今作しか音源を残していないのが残念で仕方ない。そしてベルギーという国のハードコアのレベルの高さを改めて痛感させられた1枚だ。今作は下記リンクのTokyo Jupiterのサイトから購入可能になっている。



Tokyo Jupiter Records



■Har Nevo/THE BLACK HEART REBELLION

0962dd8c896c67b4c029c8fc401fc415.png



 ベルギーの激情系ハードコアバンドであるTBHRの実に4年振りの2ndアルバム。日本盤のリリースは勿論Tokyo Jupiterから。先日の来日公演でも完全に別次元に進化した音を見せ付けてくれたが、この最新作はTBHRが激情系とかそういった枠組を超える、新たな次元のバンドへと変貌した事を告げる怪作。最早激情系すら超えて完全にエクスペリメンタルの音の世界を鳴らしてしまっているのだ。



 TBHRはこれまでは激情系とポストロックの融和とも言うべき音楽を鳴らしていたが、今作ではそれに加えて民族音楽のテイストを大胆に取り入れている。鈴の音色から始まり、パーカッションの音も大胆に取り入れ、民族音楽的なトライヴァルなビートを前面に押し出し、不穏の旋律を響かせ、ダウナーさの中で一つの躍動感を生み出しながら、不気味な読経ボーカルを繰り出し、合間合間に民族音楽的な掛け声まで入れてくる第1曲「Avraham」からTBHRが完全に別のバンドへと進化してしまった事を告げている。第2曲「The Woods I Run From」では、、これまで同様にポストロック的アプローチを見せながらも、不穏のビートは相変わらずだし、地を這う空間的轟音がビートと共にうねりを生み出し、更にハードコア的粗暴さを聴かせる激情のシャウトも放出。完全にクロスオーバーかつエクスペリメンタルな音を奏でるまでに至ってしまった。今作の音は本当に無国籍な音に仕上がっているし、その中でこれまでの自らの音楽性を高めつつも、それを完全に別の化け物にしてしまっている。決して分りやすいハードコアサウンドでは無いのだけれども、だからこそ生まれる不穏の闇の放出。第4曲「Animalesque」こそハードコアテイストが少し強めではあるが、それでも幾多の打楽器と不気味なラインをなぞるベースのおどろおどろしいグルーブと、燃え上がりきらない焦燥の中で身を刻まれる感覚は凄まじい物があるし、ダウンテンポかつトライヴァルなビートの強靭さの中で、残響音が響き、よりクロスオーバーな第6曲「Ein Avdat」、オリエンタルな旋律と共に、当ての無い旅路を描く様な第7曲「Gold And Myrrh」、そして最終曲「Into The Land Of Another」ではシタールまで取り入れ、今作の不穏の旅路を総括する激情を放出。民族音楽やエクスペリメンタルといった要素と混ざり合い、ギターの残響音をどこまでも有効に使い、その空間的な響きの中で、消えない闇を彷徨い、屈強なビートが常に楽曲を引っ張り、更にはシャウトや読経だけでなく、謎な掛け声まで見せるボーカルの素晴らしい表現力が、この世界の現実すら虚無にしてしまうであろう、天国でも地獄でもない、異次元の何処かへと聴き手を導く作品なのだ。



 正直に言うと、ここまで違うバンドに化けるとは思っていなかったし、先日の来日公演で進化した彼等を初めて目にして、音源以上の高次元のエクスペリメンタルな世界にただ驚くしか無かったし、彼等もまた進化を続ける事でハードコアを破壊するハードコアバンドだったのだ。Tokyo Jupiterの公式サイトの作品紹介のページにAmenraのColin H. Van EeckhoutとNeurosisのSteve Von Tillという猛者の惜しみない賛辞の言葉が綴られているが、本当にそれだけの作品だと思うし、TBHRは新たな次元への旅路を続けていくのだと思う。激情の最果てを描く傑作。また今作は下記リンクのTokyo Jupiterのサイトから購入可能になっている。



Tokyo Jupiter Records

■Mass V/Amenra

AmenraMassV.jpg



 ベルギーの激重激情神として名高く、昨年は日本のTokyo Jupiterからも編集盤がリリースされたりと日本でも着実にその存在感を知らしめているが、そんな彼等がNeurosis自身のレーベルNeurot Recordingsと契約し、リリースされた2012年の最新作。そして間違いなくこれまで素晴らしい漆黒の世界を生み出してきたAmenraの最高傑作とも言うべき作品だと思う。ドス黒い激重世界を生み出してきたAmenraだが、遂に前人未到の領域にまで達してしまったのだ。



 4曲約40分で全曲が長尺の楽曲であり、今まで以上にダウンテンポを極め、漆黒の血飛沫が噴出し、ドス黒さを更に極め、本気でNeurosisすら喰い殺してしまいかねない悲壮感と憎しみに満ちた悲しい音がとんでもない重量で降りかかってくる。Amenraは徹底して黒を描くバンドだと僕は思っているけど、それを極限まで極めたのが今作だと思うし、泣き叫ぶ様なシャウトを繰り出すボーカルも更に悲壮感が加速し、より重みを増したリフが振り注ぎ、トライヴァルさを持ちながらもひたすらダウンテンポを徹底して貫くビートが推進力なんか放棄して這い回るスラッジ地獄。熾烈さの中にある悲壮感が生み出す漆黒の神秘性の美しさ。ヘビィさと芸術性を更に高め、Amenraが孤高のバンドであり続ける事を証明しているだけではなく、更なる進化を見せたのだ。
 第1曲「Dearborn And Buried」からAmenraの壮絶な音の世界は繰り広げられており、不穏なクリーントーンのギターストロークからシャウトが入った瞬間に歪みを加え、トライヴァルなビートに引っ張られながら、美しい悲壮感が繰り広げられ、スラッジリフが倒れ込む様に襲ってくる。ただでさえ遅く重い楽曲の中で緩急と落差を生み出すAmenra節とも言える手法も更に磨きがかかっているし、ポストメタルとスラッジと激情の負のエネルギーが暴発し、殺意のメーターをブチ壊し、破滅を美しく描いている。第2曲「Boden」では静謐かつ不穏なフレーズから一気にエネルギーを暴発させ、ただひたすらにスラッジリフを叩きつけ、中盤の不気味な読経めいたポエトリーとアンビエントさの強いパートと絶妙に落差を作り、終盤で激情を激重と共に繰り出し、肉体と脳を完全に粉砕されてしまう。今作で最も長尺で13分にも及ぶ第3曲「A Mon Ame」はそれに加えて物悲しいメロウさが更に加わり反復されるフレーズの中で緩やかに堕ちて行く感覚がダイレクトに肉体を襲う。そして気がつけば漆黒の濁流に飲まれているという精神世界の一つの臨死体験が味わえる楽曲。
 しかし今作で一番の凄まじさと素晴らしさを誇るのは何といっても最終曲である「Nowena | 9.10」だろう。アコースティックな感触のギターフレーズから始まり、アシッドで爛れた音色と歌がこれまでの作品の空気を一新させ、暗黒フォークの耽美な世界が広がっていく。しかしそのパートが終わった瞬間に襲い掛かってくるのは今作で一番の破壊力と憎悪に満ちたスラッジリフの漆黒の轟音であり、緻密さと破滅的感情が交錯し、際限なく激重のアンサンブルが奏でられ、それぞれの音の重みが本当に凄まじいスラッジ激情の世界が繰り出され、終わり無き悲劇をただ呆然と眺めている感覚に襲われ、後半からは更にその芸術性を高め、暴虐の限りを尽くすバンドアンサンブルが絶唱という絶唱を繰り出し、正に目の前で惨劇が繰り出されフェードアウトして終わる。まるで完全なる無へと雪崩れ込むかの様な終わりに、ただ呆然とするしか無いのだ。



 ベルギーの激重神として、その猛威を見せ付けるAmenraだが、今作で彼等はその漆黒の芸術的激情を最高レベルまで高め、本当に前人未到の領域にまで到達したと思うし、本当にNeurosisを喰い殺すだけの化け物を生み出してしまったのだ。ポストメタル・激情の歴史に間違いなく名を刻むであろう傑作なのはもう言うまでもないだろうし、Amenraがどこまでも孤高の存在であり続け、徹底して漆黒を激情と共に描くバンドだからこそ生み出せた作品だと僕は思うし、本当に誰も追いつけない世界に彼等はいるのだと思う。その猛威に僕はただ震える事しか出来ないし、熾烈な音塊が無慈悲に全てを破壊する破滅のオーケストラであり一大巨編。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。