FC2ブログ
■タグ「ポストハードコア」

■暴妖/discotortion

bakuyou.jpg



 ex.COWPERSの高橋氏と小森氏によって結成されたdiscotortionの2014年リリースの3rdアルバム。少しずつ形を変え、気がついたら6人編成のツインドラムの大所帯バンドになっていたが、チカダ氏の脱退を受け、新たにex.200MPHのハッタ氏と、同じくex.200MPHであり、quizkidの林氏も加わり、ex.COWPERSとex.200MPHがぞれぞれ二人在籍すると言うスーパーバンドになってしまった。そんな最強布陣で制作された今作、2ndもとんでもない傑作だったけど、それを遥かに超えるとんでもないアルバムに仕上がってしまった。アートワークは勿論今作もRick Frobergの手による物だ。



 教科書通りに正しく音楽をする事に常にNOを叩きつけてきたdiscotortionだけど、サンディエゴ周辺だとかポストハードコアを継承しながら、それをズタズタにしまくって再構築した彼等独自の音楽性を、更にズタズタにしてしまい、新たな形に構築したのが今作だ。今まで以上に生々しく血の匂いを感じさせるサウンドを生み出し、より攻撃的になりながら、より音楽的多様性も手に入れ、エクストリームさを助長させている。第1曲「ジャウ!!! - 淨」から硬質なパーカッシブなドラムとボーコーダーを使った妖しいボイスコラージュのオープニングから異様過ぎる空気が生まれているけど、曲の中盤でジャンクなヘビィネスを叩きつけるリフとツインドラムの暴動による混沌の渦を生み出す。リフの重みと強さと殺傷力と、ツインドラムの複雑極まりなく、怒涛のビートによる狂乱はこれまでのdiscotortionのより強靭に、そして狂人にしてしまったのだ。しかし合間合間に入るチョーキングギターなんか、モロにサンディエゴな感覚なのに、彼等の場合は、単なる模倣じゃなくて、本当に必然であり、自然と存在する音なのだ。
 第2曲「ゼット - 絶瘏」の破壊力も凄まじい。なんちゅう音してんねん!というハッタ氏のベースから一撃必殺のピックスクラッチ、高橋・林のツインギターのリフの応酬、爆走するポストハードコアサウンドの熾烈さも凄いけど、落とすパートのエモーショナルさも見逃せないし、哀愁と共に未整合なサウンドはやはり熾烈だし、そして全てが激烈のサウンドへと帰結しているのは本当に見事すぎる。第3曲「ワイプ - 泄襍」もヘビィネスと暴走サウンドとジャンクさが渦巻く熾烈さで、しかし純粋なオルタナティブロックとして最高に格好良いじゃないか!!攻撃的に突き刺すリフも痺れるし、鉄と血の匂いをプンプンとさせながら、邪念渦巻く断罪の音に平伏すしかない。よりジャンクさ際立ち、より歌が際立つ第4曲「月ニ乞ウ - 曝」のdiscotortion流のエモも素晴らしい。
 とにかくヘビィなだけじゃなく、速いだけじゃない。彼等の前身となっているCOWPERSや200MPHのルーツであるサンディエゴ周辺のサウンドやUSエモのDNAは今作にも確かに継承されているし、継承されているというかあの辺の音が完全に彼等自信の細胞の中に必然として存在しているし、どんなにエクストリームに激烈な方向に振り切っても、その細胞レベルで存在するあの時代の音が全く新しい形で更新されているし、彼等はあの時代の音をただ継承事を全力で否定した、その結果生まれたのが今作だし、第5曲「ナム - 拿ム」も密教的アプローチを大胆に導入しながら、遺伝子レベルの必然のエモーショナルポストハードコアを見事に展開。地獄みてえなノイズ渦巻き、音の輪郭すら掴めなくなりそうな激音から始まり、無慈悲なジャンクロックとなり、爆走する殺気に壊れそうになる第6曲「カンダ - 色/受/想/行/識」のカオティックなカタルシス、変則性と共に激音の散弾銃をお見舞いする第7曲「スナ - 沙」と、これまで以上に全ての曲が必殺と言う言葉が最高に似合う破壊力だし、新たな地平を切り開いた結果生まれた殺戮平気だ。今作で一番の歌物である最終曲「ウ・イ カコ・ツ - 憂・託」でもやっぱり変則性と、哀愁からの地獄変とも言えるサウンドもやはり凄まじく、壮絶な今作を締めくくるに相応しい。



 聴き手に対し「ついてこれる奴だけついてこいッ!!(シンフォギアG)」と言わんばかりに先の先を行く激烈な音ばかりを詰め込んだ今作は、ex.COWPERSだとかex.200MPHだとかいう前文句すら嘲笑い、完全に自らの過去のバンドの先の先を行くだけじゃなく、ありとあらゆるこの世のオルタナティブロックに対する挑戦状どころか、ブチ殺した後に殺害予告しちゃいましたみてえな作品になったと思う。間違いなく2014年を代表する傑作だし、今作は聴き手の新たな世界を確実にこじ開ける。最後にリリースインフォからのこれ以上に無い一文を引用させて頂く。

「もっと速いバンドも、もっと重いバンドも山ほどいるが、こんなバンドはdiscotortion以外にはいないのだ。」



■SPLIT 7"/theSun×MY CHORD

0978e2688affccf7fac8_460x460.jpeg



 FINE TUNING!が放つ渾身のスプリットシングル!!theSunとMY CHORDという素晴らしい札幌バンド2バンドによる2013年リリースのスプリット7インチで各バンド1曲ずつ提供の全2曲。ジャケットは元theSunによるイサイ氏の手による物だ。またダウンロードコードもしっかり付いている。



 先ずはtheSunが提供した「Noticed By Nobody」。前作のEPから1年振りの新作音源とtheSunにしては間を空けないで新曲のリリースとなったのだが、新たにギタリストを迎えて再び5人組となり、レコーディングはex.COWPERS、ex.SPIRAL CHORDの竹林現動氏による物。前作のEPでは変態性よりもエモの方面に重みを置いた作品に仕上がっていたが、今回の新曲は前作の流れを踏まえながら、再びツインギターになった事によってtheSun印の変態性がまた大きく出た一曲となっている。のっけからディスコードのフレーズが炸裂しまくっているが、絶妙な歪み具合で落としていくし、絶妙に泣きの要素を押し出しつつも、エモとしての情緒的要素を押し出し、歪とクリーンさの対比が見事だし、絡み合うツインギターと変則的ビートとグルーブが織り成す激情は正にtheSunにしか生み出せない物だ。爆発するパートの狂気性も見事だし、これまでのtheSunを踏まえた上で、それを洗練させて一つの形に仕上げたと言えるだろう。ラストのツインギターのフレーズの変態的絡みと共にヒグチ氏のハイトーンの狂気のボーカルが炸裂する様はtheSunのそれだし、今後リリースされる作品も非常に楽しみになるし、theSunの必殺が見事に表れた名曲だ。
 一方で実に6年振りの新曲のリリースとなったMY CHORDが提供した新曲「Masses」はクリーンなエモの名曲で、冒頭で90年代ポストハードコアの混沌を見せつつも、楽曲はクリーントーンで進行。90年代USエモの流れを踏まえたクリアな泣きのサウンドでありながら、余計な音を極端に削ぎ落とし、淡々としたビートとギターフレーズによって曲は進行し、歌を最大限に生かした楽曲となっている。徹底して歪みを排除し、クランチ気味のギターフレーズのディスコードを感じさせつつも、静かに泣いているフレーズを反復させてはいるけど、その旋律と歌が見事に染み渡り、じわじわと心に確かな温度を与えながらも、絶妙な冷たさを感じさせる手腕は流石だし、3分半の中で静かな物語があくまで淡々と描かれている。こちらも早く単独音源での新作が聴きたくなるし、札幌バンドの凄さを改めて実感する名曲になっている。



 各バンド1曲ずつの全2曲という収録内容だが、theSunもMY CHORDも渾身の一曲を提供しているし、90年代のエモ・ポストハードコアの影響を大きく受けている両バンドだが、それを昇華し、自らにしか生み出せない音を生み出している名スプリットシングル。両バンドの単独での新作が非常に楽しみになるし、改めて札幌のシーンの凄さを実感するナイスなスプリットだ。

■叛物質/MOTHER

SPDE-001.jpg



 1stアルバム「The Living Dead」が本当に素晴らしい名盤だった京都の激情ポストハードコアバンドであるMOTHERの2013年リリースの3曲入新作EP。リリースは自らのレーベルであるSPEED EMPERORSとアメリカのmeatcube labelとstrange talesの3レーベル共同のリリースで限定500枚プレス。ベラム紙+PVC特殊ジャケットやクリアヴァイナルの盤とパッケージの方もかなり凝った物になっている。またMP3ダウンロードコード付属。



 さてジャケットや盤の方もかなり拘りを感じてナイスなんだけど、肝心の音の方は名盤1stを越えて、自らの持つ攻撃性を更に研ぎ澄ましたと言える作品だ。元々彼等はポストハードコアの血肉を完全に自らの物にしていたバンドだし、自らの激情をオーバードライブするサウンドと共にツインボーカルで歌い叫んでいたバンドだ。今作リリースまでにメンバー脱退のピンチもあったらしいが、そんな事なんて全く感じさせない位に今作に収録されている3曲は兎に角ブチ切れている。「The Living Dead」で自らが生み出した音を生かしながらより尖りに尖った攻撃性を手に入れ、更に止まらなくなってしまったのだ。
 第1曲「楽園」の4カウントから始まり、いきなり必殺のキラーリフが炸裂し、激情の叫びが響いた瞬間にもう完全にMOTHERの完全勝利だと言える。正統派ポストハードコアなドライブしまくる2本のギターリフの鋭さが本当に研ぎ澄まされていると言えるし、ツインボーカルの絶唱バトルは更に限界突破してしまっている、そんな攻撃性を常にフルスロットルでブチ撒けながらも、「The Living Dead」で見せたメロディアスさや歌心の方もより研ぎ澄ましているし、常にサウンドはバーストしながらも、心を突き刺すメロディと歌心が兎に角堪らないし、この曲だけでMOTHERの更なる進化を実感する事になるだろう。第2曲「麻薬」ではより間口の広くなった印象を受けるし、鉄の匂いを感じさせる片方のギターと、疾走しながら泣きまくるメロディアスに刺すもう1本のギターのツインギターの絡みも堪らないし、ひたすら突っ走りながらも、絶妙な場所でキメを入れてくるビートもまたMOTHERの魅力だし、そちらの方も更に殺傷力を上げている。第3曲「親愛なるメイファンへ」は今作では一番エモーショナルな歌物の楽曲になっているが、こちらでものっけから疾走感が凄まじい事になっているし、楽曲の完成度の高さもそうだけど、これぞMOTHER節とも言えるツインボーカルの絶唱と泣き、後期COWPERSの様な器の大きさを感じさせる名曲になっており、非常にドラマティックでもあり、MOTHERという急速に進化を続けていくバンドの凄さを痛感させられる。



 EP作品でありながら全曲必殺の曲しかないし、これは来るべき2ndアルバムも本当に楽しみになる。渾身の全3曲。まだまだ活動暦が長いバンドではないし、全然若手バンドなMOTHERだけど、限界なんて何処にも無いとでも言いたいのかってレベルで更なる進化を見せ付けた作品。全ての音が文字通り必殺だ。



■RUGGED EX/Thread Yarn

RUGGEDEX-thumb-600x593-231-thumb-600x593-233.jpg



爆裂ポストハードコアバンドであるThread Yarnの実に4年振りの2ndアルバム!!彼等の地元である福岡のimomushi recordsからのリリースとなった今作だが、このバンドは本当に新たな地平を切り開いてしまった。ドライヴィンかつ暴走するディスコードサウンドが炸裂していた1stから更に新たな領域へと踏み出し、ポストハードコアの独自解釈であり、これまでに無い個性と圧倒的馬力を手にした作品だ。



 1stの彼等は爆走するポストハードコアサウンドが本当に大きな魅力であったけど、今作でもその疾走感は全然健在であるが、本当に一つ一つの音が太く重くなったと言える。分かりやすいポストハードコア的なリフ以上に、更にプリミティブで粗暴なリフが増えた印象もあるし、その音はポストハードコアのそれである筈なのに、こう上手くこれという言葉がやバンドが今作を聴いていると出てこないのだ。
 第1曲「Harder」からもう本当に脳天を割られてしまった。ミドルテンポで進行していく楽曲だけど、本当に音の厚みだったり、グルーブだったり、不穏な空気だったり、ディスコダントさだったり、這い回りながら爆走していく重戦車の様でもあり、変則的に変化していくリフが一々とんでもないキラーリフだったりと、このバンドは本当に国内ポストハードコアの中でも別格のバンドに本当に進化したんだと思う。弾き倒されるベースラインから始まる第2曲「E.D.G.E」の鋭利なリフが高速回転していくサウンドは正にThread Yarn節だと思うけど、これまでの楽曲の流れを引き継いでいるこの曲も、より変則的な展開やコード進行を見せているし、こういった音が好きな人を確実に殺す音ばっかり放ちながら、その手の音が好きな人を良い意味で裏切っている感じなのだ。
 今作のリードトラックにもなっている第4曲「246」は不協和音のフレーズから始まりながら、ツインボーカルのコーラスワークを生かしながらダイナミックな躍動を生み出す展開を見せ、やたらキャッチーなサビのパートだったり、疾走とミドルテンポの重みの対比が見事だし、終盤のパートなんて鳥肌物の格好良さだ。第5曲「Life Liner」の爆走するカオティックサウンドはもうブチ上がるしか無いキラーチューンだし、暴走とミドルテンポになるパートの対比、断罪の様なキメだったり、そしてリズム隊のグルーブの重みと必殺のリフしか存在しない激熱ギターワークの数々、これを独自の形で昇華してしまった所が今作の凄い所だと僕は思う。



 4年の歳月を経て届けられただけあった、本当にとんでもない力作に仕上がっているし、国内のポストハードコアを見事に更新してしまうだけの物を確実に持っている。これはポストハードコアの新たな発展系でもあり、同時にThread Yarnというバンドが本当にとんでもない破壊力と殺傷力を持ったバンドだからこそ生み出せた作品だ。刺し殺されるし、殴り殺される。本当にここまでスリリングで格好良い音は無いよ!!



■Rebel One Excalibur/Rebel One Excalibur

64881770.jpg



 redd templeと共に福島から全国へとその名を轟かせているRebel One Excalibur。そんな彼等の2013年リリースの自主制作1st音源はredd templeの今年リリースした1st音源同様に独自のサウンドを既に完成させてしまった作品だ。徹底的にディスコダンスなさけでなく、無慈悲で冷徹な金属の振動で聴き手を殺す全6曲の不穏なる音像が今作には詰まっている。



 彼等もDISCHORDとかTOUCH & GO辺りのサウンドの影響を感じさせるバンドでありながら、それを超独自の解釈で消化し、その先の音を鳴らすバンドであり、redd templeとは方法論こそ違うけど、その流れから完全に新しい音を生み出しているという点は共通している。3ピースで極限に音数を減らしながら、鋭角的なアンサンブルを展開し、反復から生み出される不気味なうねりを変貌させていく化け物だ。空白の余韻すら味方にしてしまったそれは、ジャンクさとポストハードコアの正面衝突で、バンドサウンドで機械的なサウンドを展開しながら、バンドサウンドだから生まれる緊張感が充満している。
 のっけから10分近くにも及ぶ長尺曲である第1曲「Zanpano」から幕を開くけど、反復するギターフレーズの血の通わなさ、ゴリゴリに歪んだベースラインと、金属の冷たい鋭利さを感じるギターフレーズの無機質な反復の不気味さ、タイトでジャンクさを感じさせるドラムのビートと共に反復から変化を生み出し、サウンドのテンション自体は非常にイルでありながら、徐々に盛り上がっていく様、そこからまた突き落としていくという展開の上手さ、最後はディストーションの渦が煉獄の炎として燃え盛る暗黒さ、この長尺曲だけで十分に彼等の魅力は伝わるだろう。静の要素と時に見せる動のバースト、常に緊張感がフルなアンサンブルから生み出す異質さ。もう色々おかしくて凄い。その後の楽曲はもうダウナーなテンポで無慈悲な音の鉄槌がひたすら下される。第2曲「まだ決めてない」も不穏な反復の連続による冷酷なオーガニズムの連続であるし、第3曲「BIG BUSINESS」は今作で最も破壊的鉄槌が下される。金属的ディストーションのジャンクなギターのストロークの反復と、マシンビートを生でやったみたいなビートのパートと、ポストハードコアの冷酷さを消化したパートの対比、絶対零度で焼却されるという矛盾みたいな音を本当に体現してしまっている。ダンサブルさと静謐さの対比が見事な第4曲「森」、哀愁を感じさせながら、それつか凍りつかせる展開を見せる第5曲「二色」、そんなダウンテンポの断罪を超えた先にある最終曲「待つ」でこれまでの空気を完全に破壊するドライヴィンかつディスコダントなポストハードコアサウンドが展開され、カオティックな暴走というまさけの結末で、聴き手を置き去りにしてしまうまさかの終わり方で締めくくられる。



 完全にオリジナルな形で自らの音を生み出してしまった彼等の1st音源は異質の緊張感と冷酷さに満ちた作品だし、今の福島のシーンの凄さを感じると同時に、これからその音が全国に拡散されていく事を考えると震えが止まらない。精力的な活動で既に全国区の知名度を手にしようとしているけど、この独自のジャンクさと冷徹さが多くの人を震え上がらせるのは本当に時間の問題だろう。redd templeの1stと共に2013年の国内インディーシーンの重要作品になるのはもう確定だ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター