FC2ブログ
■タグ「ポストパンク」

■キカガクテキシテン/CHAKKAMEN

chakkamenCD.jpeg



 TialaやDeepslauterの盟友であり、地元葛飾区亀有を拠点に活動するハードコアバンドであるCHAKKAMENの2010年リリースの7曲入自主制作1st音源。実は約10年に渡って活動している地味にベテランバンドだったりするのだが、ファストかつ怒涛の展開を見せるカオティックショートカットハードコアはクライマックスとエクスペリメンタルが同時に押し寄せる。そして捩れまくった激情と本当に一筋縄ではいかない作品だ。



 先ず3ピースとは思えない音圧と情報量を誇り、暴発を繰り返す怒涛のテンションで迫り来るカタルシスが彼等の音楽の特徴。そしてほぼ全ての楽曲が1分台2分台というショートカットチューンが並び、僅かな尺の中でプログレッシブな展開を見せ、そのどれもが暴発のカタルシスとカオティックな捩れに満ちている。要所要所でキャッチーさと激情要素を盛り込み、レンジの広さがエクスペリメンタルさを見せつけ、ツインボーカルの絶唱の掛け合いや瞬発力に満ちたパートとダークなハードコアパートの落差もありとほんとうにごった煮になっているサウンドを統率なんかせずに放出している。
 第1曲「混ざる→溶ける」では盟友のDeepslauterにも通じるファストかつキャッチーなカオティックコアサウンドと、何処かダークなサウンドを交互に繰り出し、そのだちらも瞬発力と破壊力に満ちているし、1分半で怒涛のカオティックサウンドを見せる。第2曲はオールドスクールなハードコアとダークサイドに振れた激情を交互に繰り出し、序盤のファストさにブチ抜かれたかと思えば、気付いたらダウンテンポ気味なパートになっているし、あらゆる要素を捩れきったまま暴走させている。そんなファスト&カオティックな楽曲が続くと思えば中盤では激情系の方面に振り切った楽曲になっているし、第4曲「そして悲鳴はあなたを裏切る」ではORCHIDにも通じるサウンドを聴かせてくれている。第5曲「フラクタル」は今作で一番メロが立っていると同時に最も邪悪さを感じさせているし、90sエモティブ激情をよりカオティックにしたサウンドが変則的かつエクスペリメンタルさすら感じさせるレベルで突き抜けていく凄まじさ。そして超ファストな暴発チューンである第6曲「破砕」、深みへと堕ちていく今作で最も深淵を見せる最終曲「-」と、全7曲14分の中で圧倒的な情報量を誇り、それを海外バンドには出せない日本人ならではのある種の陰鬱さや雑多さで攻めてくるから凄い。あらゆる要素を飲み込み、独自のハードコアを完成させたバンドだと僕は思う。



 地元亀有駅前での野外イベントの主催や、葛飾や小岩での地元に密着したDIYな活動もそうだけど、独自の磁場で活動しているからこそ、他とは違うサウンドを生み出しているし、それをどこまでも遠慮無しに突き抜ける痛快さが今作には存在している。常に全力暴走の激カオティックカタルシスサウンドは正に圧巻の一言。激情好きやカオティック好きはマストな1枚だと思う。



■Magic Machine Music/Fluid


Magic Machine Music(マジック・マシーン・ミュージック)Magic Machine Music(マジック・マシーン・ミュージック)
(2012/10/10)
FLUID(フルード)

商品詳細を見る




 京都を拠点に活動し、自主企画「僕の京都を壊して」を主催し、京都から危険な電磁波を発信し続けている電脳パンクバンドであるFluidの2012年リリースの実に4年振りになる3rdアルバム。2nd以降ベーシスト脱退というピンチを迎えたが、TORICOの元ベースHATAと、OUTATBEROのリーダーで、後期TORICOのメンバーでもあったビンゴが加入し4人体制となり更に危険度を高めた彼等の真髄が詰まった作品だと言えるだろう。リリースは危険音源発信レーベルとして名高いless than TVから。



 サンプラー等を盛り込み電子音が縦横無尽に飛び回る電脳パンクのサウンドは相変わらずだが、ギターが2本になった事によって音により広がりを見せる様になりながらも、ほとんどの楽曲が3分未満というショートカットさの中で目まぐるしく展開されるサウンドはより研ぎ澄まされて刺激的な進化を遂げている。ズ太くうねるベースラインと変則人力ダンスビートなドラムとサンプラーの音が調和し、破壊し合い、ジャンクなビートを叩きつけ、2本のギターは鋭角的かつ金属的なギターワークで切り刻んでいくという前作からの流れを更に直接的な破壊力と、鋭角に落下するサウンドでズタズタにしていく、破壊と構築の限りを尽くしながらも、アバンギャルドさとキャッチーさとダンサブルさを併せ持ったFluid独自のダンスミュージックとして展開されている。第2曲「New World」からFluidの進化が見えてくるし、ドッシリとした重みのあるビートと切り刻んでくる必殺のギターワークが展開され、極彩色の近未来的パンクサウンドが脳内を異次元へと誘い、高揚感に満ちたトリップ感が脳内から本来分泌されないであろう物質まで分泌しまくってしまう感覚が洪水の様に雪崩れ込む危険性に満ちている。他の楽曲も怒涛の廃ボルテージなテンションで攻め立て、その勢いを決して殺すこと無く電脳世界のトリップが目まぐるしく変わるチャンネルの様に繰り返される。その中で第7曲「Short Cut Rockers Ver.2.2」は少しダウンテンポになった楽曲ではあるけど、高速のサウンドからダウンテンポのドープさへとナチュラルに転換し、その中でも踊れるという点は全くブレてないし、作品全体の流れの中で絶妙な変化を見せている。第8曲「NEW WORLD(ichion Remix)」は第2曲のリミックスであるけど、一撃必殺の電脳パンクを完全にドープなトランスサウンドへと転生させて、よりレンジの広い音にしているし、そこから第9曲「Fiction Once More」の狂騒のジャンクサウンドへと雪崩れ込み、より破壊力の増幅したサウンドに完全に侵食される。暴走する狂騒が終わり無く続き、それでもキャッチーであり、ポップさとアバンギャルドさがぶつかり合い、生まれる混沌というFluidの音はノンストップで続き、約32分の異次元が展開されているのだ。



 破壊と構築から新たなダンスミュージックを生み出して来たFluidであるが、メンバーチェンジのピンチを乗り越えて、より破壊力の増幅した近未来サウンドを展開し、新たな次元へのパスポートとなるダンスミュージックを今作で見事に生み出したと言えるだろう。鋭角かつ近未来のジャンクでポップな電脳パンクは変わらず京都から危険すぎる電磁波として全国に発信されているのだ。



■F.A.B.L.E/Elevation


F.a.B.L.E.F.a.B.L.E.
(2007/05/29)
Elevation

商品詳細を見る




 現在は残念ながら活動を休止してしまっている男女混合4ピースポストパンクバンドであるElevationの07年リリースの4曲入作品。女性ボーカルによるどこかシニカルでアンニュイでありながら妙にパンキッシュなボーカルと共に硬質の鋭角ポストパンクサウンドを鳴らしている。NEW WAVEのサウンドを現代的にアップロードした音は切れ味抜群でありながらも、妙な懐かしさや下世話さもあり、やたら新鮮。



 再生した瞬間に切れ味抜群の金属的なギターのカッティングがやたらダンサブルに刻まれ、人力四つ打ちビートと、極太で躍動感に満ちており、美味しいラインを絶妙に入れてくるベースラインがもう正統派NEW WAVE・ポストパンクのそれでしか無い第1曲「B3f Animal Club」がを名刺代わりに繰り出す、ポストパンクのダンサブルな要素をより色濃くし、それでいてキュートさをキャッチーさに変換させるセンスがナイス!踊れるカッティングを見せつけつつも、微かにNEW WAVEの時代のアバンギャルドさを感じさせる辺りはキュートでキャッチーになったThe Pop Groupといった所。一方で第2曲「Gestapo」ではギターがノイジーに暴れ、不協和音を掻き鳴らしながらも、安定感あるダンサブルなビートは相変わらず。ジャンクなサウンドになっており、それにアンニュイなボーカルが乗る事で程よい気だるさの中で踊るサウンドを鳴らしている。とにかく彼等の音は人力のダンスサウンドになっており、NEW WAVEとポストパンクのアバンギャルドさを残しつつも、その中にある「踊れる」という部分に対して非常に従順だと思うし、アバンギャルドとキャッチーという相反する要素をダンサブルという要素で結び付けているからこそ、聴き易いし、踊れるけど、妙なジャンクさと、妙な中毒性を兼ね備えている。第3曲「Wild Dessin」ではより硬質なギターワークが展開され、歪みまくったベースとギターがそれぞれ暴れ狂い、テンション高めでありながらも、そのテンションに同調しながらクールなボーカルはある種王道のオルタナティブさすら感じてしまう。



 古き良きNEW WAVE・ポストパンクを継承し、不協和音塗れのジャンクなサウンドをより「踊れる」という方向に特化させて、より間口を広くした全4曲。アバンギャルドさとキャッチーさを絶妙に融和させた音は中毒性に満ちている。



■Trip Out By Euphoria/S-Explode

middle_1296565581.jpg



 熊谷出身のカオティックポストハードコアバンドS-Explode。圧倒的なテンションで狂気のハードコアを鳴らす彼等の07年発表の5曲入の作品。ニューウェイブを独自解釈した様なジャンクなビートと不協和音駆使のハードコアかつカオティックなギターフレーズ、そしてイマイ氏のハイトーンボーカルが生み出すのは人間の内面に潜む狂気であり、不穏さと異彩さがぶつかり合う事故現場のハードコアだ。



 まるでDNAの様な硬質かつジャンクなギターフレーズが今作をプレイした瞬間に耳を突き刺してくる。ダンサブルかつジャンクなビートはタイトでありながら奇怪なギターフレーズと本当に相性抜群で不穏のハードコアになっている。彼等のカオティックさはテクニカル系のそれとは全然違う物であり、ポストハードコアの流れを汲んだ物になっている、そこにポストパンクやニューウェイブのテイストを盛り込んだからこそのカオティックさであり、theSunに近い感触の音でありながらも、より不穏さを高いテンションで放出しているバンドだと言える。イマイ氏のリバーブのかかったハイトーンのボーカルはいきなり絶叫したこと思えば囁きだしたりとパラノった狂気を全身全霊で放出している。そしてそれを支えるグルーブは本当にゴツくて屋台骨として鉄壁のアンサンブルを奏でている。その骨太のグルーブはカオティックなサウンドをグイグイ引っ張っているし、不協和音駆使でジャンクな音つくりのギターワークは脳髄を確実に焼き尽くしにかかっている。今作は僅か5曲の作品であるが徹頭徹尾途切れる事は無い混沌で埋め尽くされており、ポストハードコアの暴発バーストをよりギアを強めて暴走させた末に行き先不明になって辺り構わず巻き込みまくった末に爆発を起こすハードコアの事故現場とも言うべき物。狂気の精神を外に放出し、ラリった精神異常者が目に映る人間を涎を垂らしながら刺し殺していく通り魔の狂気をブレーキを踏むどころかアクセル全開にしてしまったのだ。不穏のエモーショナルは最終的に本質的なカオティックさへと変貌し殺戮と狂気の化け物となる。



 彼等は熊谷という一地方都市から全国へ飛び出し、自らの地元のシーンを盛り上げながらも、その狂気を拡散し更に事故現場と化すライブで多くの人々を殺しまくっている。ボーカルのイマイ氏は現在も熊谷に住んでおり、熊谷のシーンの重要人物となっている。灼熱の街から生まれた冷徹さを極めた混沌、それは最高の笑顔を浮かべながら血の臭いを撒き散らして全国の狂人共を虜にしている。



■The Eye/K.U.K.L.


EyeEye
(2002/05/23)
Kukl

商品詳細を見る




 今や世界的アーティストとして名高いビョークであるが、そのビョークが現在のソロはおろかThe Sugarcubes以前に参加していたバンドがこのK.U.K.L.(クークル)であり、今作は84年に発表された1stであるが、現在のビョークとはかけ離れた呪術的なポストパンクであり、当時から考えたらかなり前衛的であっただろうし、何よりもビョークのボーカルスタイルが現在とは全く違う。狂気に満ちた呻き声と囁きと叫びを撒き散らす邪悪なボーカルスタイルなのだ。しかもリリースはあのCRASS RECORDSであり、CRASSのペニー・リンボーがプロデュースしている。



 その音楽性はニューウェイブ・ポストパンクに分類されるのだけれど、民族音楽を取り入れ、ゴシックパンクの空気を思いっきり吸い込んだサウンドは正に呪詛のサウンドであり、聴き手を恐怖に陥れる事は間違い無い。硬質でジャンクなポストパンクのビート、コーラスを使用しポジパンの様な感触を持たせながら不協和音のフレーズを奏でるギター、パーカッションや民族楽器を取り入れたサウンド、そしてビョークのボーカルとどこを切ってもキャッチーさは皆無であり、陰湿極まりない。第1曲「Assassin」からソロでのビョークしか知らない人は卒倒してしまう出あろう女性特有の精神的狂気を更に助長させるサウンドに驚くだろう。曲名通りオリエンタルな空気を醸し出しながらも、ゴシックも通過した楽曲は不穏の空気を生み出しながら進行していくし、終盤のブレイクからのビョークのシャウトすら超えた叫びには神経に嫌な信号が伝わるレベルだ。第2曲「Anna」ではアフリカ辺りの民族音楽を想起させる笛の音色ともう一人のボーカルである男性のアイナーのポエトリーな囁きとビョークのボーカルが儀式めいた空気を作り出しているし、どこまでも不安を煽りまくってくる。第4曲「Moonbath」に至っては完全にダークアンビエントの領域に足を突っ込んでいるし、笛の音色とシンセの不気味な音色におぼろげなビョークの声が乗りこちらも不気味な楽曲。第5曲「Dismembered」でのビョークとアイナーの掛け合いボーカルと共に冷徹に進行していく様や、第7曲「The Spire」のジャンクな狂騒、第8曲「Handa Tjolla」のケチャを思い浮かべてしまいそうになるパーカッションの乱打といい、アイスランドという国を全く想起させない多国籍な要素を孕み、それを混沌と邪念の音楽に変換したサウンドは畏怖の念を抱かずにはいられない。



 感触としては決して音楽性で言えば近くはないけれど同じ80年代の日本のカルト界の歌姫であった戸川純が思い浮かんだりもしたが、K.U.K.L.は更に狂気が暴走しているし、ポストパンク・ポジパン・ゴシック・民族音楽を無節操に取り込み、それをビョークの狂気へと帰結させている。80年代にここまでの音楽をやっていた事にも驚きだが、今や世界を代表する歌姫であるビョークのルーツがこのバンドである事実も衝撃的だ。ソロ作品でも時折垣間見えるビョークの狂気だが、それがK.U.K.L.では更に高い純度で暴走している。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター