■タグ「ポップス」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■プティパ/悠木碧


プティパ(初回限定盤)(DVD付)プティパ(初回限定盤)(DVD付)
(2012/03/28)
悠木碧

商品詳細を見る




 若手人気声優である悠木碧の2012年リリースのデビューミニアルバム。こういった作品は当ブログでは今まで紹介した事が無かったけど、今回購入して凄い良質なポップアルバムだったので是非とも紹介させて頂きたい。声優のアルバムとなるとアニメソング中心に収録されるが、今作はアニソン全く無しで、全曲書き下ろし。声優のCD作品というよりは、一つの女性ポップス作品としての意味合いが凄い強い、一つのコンセプトアルバムだ。



 今作のコンセプトはズバリ「箱庭の中の移動遊園地」であり、ある種の寓話的な世界観をアンニュイさとポップネスの両方の局面から描いた作品だと思う。導入部分となる第1曲「ハコニワミラージュ」からオルゴールの音色とピアノが今にも消え入りそうな碧ちゃんの声が印象的で、第2曲「回転木馬としっぽのうた」にて完全に寓話的な幻想世界へと導かれる。ある種ヘタウマ的な幼い碧ちゃんのボーカルと、「みんなのうた」の「メトロポリタンミュージアム」的な狂騒と幻想が入り混じる楽曲は一つのアニソン・声優作品にしてはかなり異色に感じる。鍵盤楽器を中心に構成された楽曲が徐々にクルクルと回り始め、そして現実を無かった事にしてくれる。序盤からそんな楽曲で来るから全編通してそんな楽曲で来ると思ったら大違いで第3曲「ジェットコースターと空の色」では高揚感溢れる旋律とストリングスが印象的だし、正統派なポップソングとしての機能を発揮し、ボーカルも打って変わってハキハキとした歌い方になってる(まあ歌唱力に関しては決して上手く無いけど)。その一方で第5曲「Baby Dolly Alice」では陽性のポップネスと再び幼い歌声で、童話の世界の様なきらめきを見せたと思えば終盤で旋律がダークになり、ある種の恐怖感すら植えつける仕掛けもあったりするし、コンセプトアルバムとして徹底した規格に基づいて作られてるし、それぞれのクリエイターが悠木碧と今作のコンセプトを確かに守りながら、それぞれに色を出し、多彩な作品として仕上げている。特にボーかロイド界隈でも名前も通っているらしい新鋭のクリエイターであるDECO*27氏が楽曲を手がけている第4曲「時計観覧車」なんてねごと辺りが歌っていてもおかしくないガールズロックとポップネスが見事に交錯しており、高揚感ある展開とコード進行が、作品に一つの開放的な風を吹き込み、第6曲「シュガーループ」なんて空間系を絶妙に使ったギターフレーズとタイトでダンサブルなビートと、ブレイクでハウリングを入れてくる辺りなんて完全に現在の日本のギターロックシーンとシンクロした楽曲だと思うし、この2曲は作品全体で良いアクセントとして機能してるだけじゃなくて、作品全体の間口も見事に広めている。そしてそれらの楽曲が第7曲「Night Parade.」へと繋がり、多国籍な旋律と、無機質な打ち込みのビートが今作で一番の妖しさを見せるのもまたニクい。そして最終曲「ハコニワソレイユ」で再び第1曲とシンクロする世界を見せ、約27分の御伽噺から再び現実世界へと引き戻す。



 簡単に楽曲の紹介をしたけれど、声優・アニソン作品というよりも、完全に女性ボーカルの一つのコンセプトアルバムだし、ポップスの作品としての水準も高いし、コンセプトアルバムというある種の制限の中で、ここまで多彩な作品に仕上がっているのは凄い。あと碧ちゃんのボーカルは凄い好き嫌いが別れる所があるだろうし歌唱力はちょっと残念だけど(プロの歌手ではなくてあくまで声優の音楽作品だからそこは仕方ない)、今作の御伽噺的な楽曲とギターロック的な楽曲と見事に嵌っていると僕は思うし、素敵な御伽噺の世界を味わえる作品だと思う。



スポンサーサイト

■恋に関するいくつかのフィルム/埋火

恋に関するいくつかのフィルム



 見汐麻衣を中心に結成された3ピースバンド埋火(うずみび)。彼女達がまだ地元である福岡で活動していた頃のレコーディングされた05年発表の記念すべき初音源作品。ロレッタセコハンの出利葉氏がレコーディングし、リリースもロレッタセコハンのレーベルからのリリースとなっている。日本語詞とシンプルで音数少ないサウンドが織り成す歌物ポップスであるが、どこまでも優しく鋭い作品になっている。



 彼女達の音には本当に何のギミックも無い。清流の流れの様に紡がれるクリーンなギターフレーズはディストーションサウンドを全く使わずただ柔らかで気持ちの良い旋律を静かに奏で、リズム隊も必要以上に自己主張はせずに淡々とビートを刻む。そして見汐麻衣の少しヘタウマ的な透明感のある少し幼さの残る歌声でシンプルな言葉でシンプルなラブソングを淡々と歌う。第1曲「と、おもった」も柔らかな旋律が空間を包み込み、淡々と進行するけど、単なる歌物でこのバンドは終わらない。決して自己主張をしない音で構成されているのに、そのたおやかさの奥底にあるのは強度だ。それはヴァイオレンスさや攻撃性が持つ強さではなく、合気道の様に向かってくる力を全て無効化して受け流す様な、確固たる浮動さからくる強さだ。第2曲「サマーサウンズ」も中盤からはディストーションのかかったギターサウンドが登場するけれど、あくまでもブルージーに楽曲を盛り上げるアクセントとして機能し、そこからまた緩やかな速度へと自然と回帰する。そしてそのフレーズの持つ奥行きと高揚感を時にサイケデリックに膨らませイマジネーションを高めるドラマティックさ。あくまでもストーリーのアクセントとしてのディストーションサウンドであり、そこから更に高揚し広がるサウンドに決して引っ張られない見汐麻衣の歌こそがこのバンドの持つ強度だと思う。そして歌物の形を取りながら、その歌の強度を生かす楽曲のレンジの広さも見逃せない。第3曲「恋に関するいくつかのフィルム」はバンドの音自体はくぐもった少しサイケデリックな要素を感じさせるダウナーで音数の少ないサウンドになっているけど、そこに必要以上にダークさを感じさせず、あくまでも短歌の様に紡がれる言葉が前に出るのは歌物バンドだからこその強みを最大限に生かす為の楽曲の作り方をされているからだと思うし、第4曲「黄色い涙」は更にブルージーな要素を加速させ、ざらついた感触を強く持たせ切迫感を感じさせたりもしてるし、派手なギミック一切無しで、ルーツミュージックに近い感覚を生かし、それを最終的に歌に帰結させる力量は流石の一言に尽きる。



 シンプルな方法論でシンプルなラブソングを歌う埋火だが、単に安い言葉を並べるだけのシンプルさでは無く、一つ一つの言葉と音に確かな強度が存在するからこそ埋火の歌は心に深く染み渡って来る。方法論はまた違うけど割礼の持つロマンと残酷さをよりシンプルに歌に帰結させる彼女達は福岡と言うロックの異端の地から生まれた一つの強い意思だ。



■Carapace/石橋英子


キャラペイスキャラペイス
(2011/01/06)
石橋英子

商品詳細を見る




 ex.PANICSMILEのドラマーでもあり、ドラムだけでなくフルートやピアノなど多くの楽器を演奏しソロ名義でも活動する石橋英子のパニスマ脱退からは初の2011年発表の3rdアルバム。多くのアーティストと演奏家やプロデューサーとして関わっている彼女だが今作はジム・オルークをプロデューサーに迎え、ジムも録音や楽器演奏で参加し、更には山本達久、勝井祐二、波多野敦子、吉野章子もゲストで参加している。



 今作は基本的には石橋英子とジムの2人のマルチプレーヤーの手によって演奏されている作品であり、今までの作品にあったアバンギャルドな要素は後退し完全なる歌物のポップな作品であると同時に、その楽曲を構成する音も随分とシンプルになった印象。楽曲も石橋英子のピアノと歌が機軸になっている。第1曲「coda」もプログレ調の変拍子の楽曲ではあるけど完全に歌物であるし、何よりも陽性のポップさも感じさせる旋律で進行しながらも静謐さの中にある強度も存在する1曲だ。そしてシンプルで静謐だからこそ生まれる情景豊かな音と歌が深層心理に訴える物になっている。ゲストミュージシャンの手によりストリングス等もその世界を静かに彩っているし、派手な音やアバンギャルドさは皆無ではあるけれど、石橋栄子の持つポップミュージシャンとしての側面に焦点を当てた作品だからこそ、軽やかに聴き手の耳に音が入り込んで来るし、それと同時にジムとの共作という蜜月が生み出した繊細かつ精密な音の練り込み具合がそれをより明確にしている。今作の楽曲は静謐さと同時にプログレ色の強さも感じるのだけれど、あくまでもピアノと歌を機軸に作られた作品であるし、それは石橋英子の楽曲がただの歌物に落ち着かない事実の証明であるのだ。第5曲「shadow」もあくまでもシンプルな音のみの楽曲であるし、かなり分かりやすい作品であるのだが、一つの色から徐々に他の色も混ざり始めるかの様な音が見せる豊かな色彩、第8曲「hum」のふわふわとした緩やかさを感じさせながらもそれが少し冷たい狂気に結びついてしまうスケール感、どれも一貫した強度を持つ楽曲ばかりだ。



 多くの才能豊かなミュージシャンがその音の世界を彩り、何よりも石橋英子とジム・オルークという二人の奇才が生み出した深遠で静謐な豊かなポップネスの魅力が今作には詰め込まれている。石橋英子の中にある情景や感情を高い精度で素直な形で音にした作品であると同時に、ジムがその世界をよりダイレクトに聴き手に伝えるサポート役にもなっている様にも思うし、どこまでも豊かでストイックな強さを感じるポップスがここにある。何があっても揺るがない音と歌は強い引力で聴き手をその世界へと引き込むのだ。

■親指姫/山瀬まみ

oyayubi.jpg



 今作はタレントとしてお馴染みの山瀬まみの89年発表の作品である。「山瀬まみロック化計画」という企画の元に発表された作品であり、芸能人やタレントが課外活動的にCDを出したりするアレな感じの企画なんだろうけど、これがとんでもない方向でガチな作品になってしまって謎の名盤になってしまった作品である。



 まず上記の画像を見て頂きたい。これが今作のジャケットなのだが、あまりにもサイケデリックな仕上がり、とてもじゃないけど有名タレントの企画物CDのジャケットじゃない。もうなんていうか80年代末期から90年代頭にかけてのアングラな空気をまんま出てしまっているジャケット。つうかマジで怖い。山瀬さんこっち見んなって感じだ。そして今作に参加している方々があまりにも豪華すぎるのだ。以下参加アーティスト。

サセキけんぞう、大山正篤、大槻ケンジ、泉麻人、奥田民生、横関敦、デーモン小暮、戸城憲夫、内田雄一郎、矢野顕子、三柴江戸蔵、諸田コウetc

 もう何というか豪華過ぎる上にガチ過ぎるのだ。ていうか筋少関係者が4人もいるってどうゆう事だよ!もうこれでお分かり頂けるとは思えるだろうがとてもじゃないけど芸能人が片手間に出すCDとしてはありえない位ガチなのだ。そりゃ中には普通にとんでも無い歌唱力を持った裏方が二人いて楽曲も超完成度の高いポップスな野猿とか、坂本教授との共作で超絶暗黒精神世界を展開した中谷美紀とかタレントや女優の企画物でも普通に完成度の高い音楽を展開した例はあるけどさあ。山瀬まみの音楽的趣味がそっち方面だったのか、たまたまそうゆう面子になったかは非常に謎である。というか多分前者だと思う。
 さて肝心の内容についてだが、まず第1曲「ゴォ!」から飛ばしまくってる。これは民生作曲であり、ユニコーンを彷彿とさせるキャッチーで性急な曲だが、楽曲の完成度に加えて、テレビでお馴染みのあの鼻声で歌う山瀬の声がとんでもない化学反応を起こしているのだ。作品全体でも性急でパンキッシュな歌い方がその凄みを増しているし、80年代末期の空気を思い切り吸い込んだアングラな香りとキャッチーさが奇跡的に同居したガールズロック・パンクな作品と言っても過言ではない。第6曲「I WANT YOU」はモロ筋少なスピードチューンであるし、閣下作曲の第8曲「YAMASEの気持ち」なんてシンフォニックメタルであり、諸田コウのベースも非常に印象的だし、山瀬の歌唱力の高さがフルで発揮されてる。というか普通に名曲だし。奇妙に歪んだピアノプログレとも言えそうな第5曲「ヒント」では矢野顕子の作った曲をエディが編曲するとかいう奇跡まで起きてるし。そして最終曲の「恋人よ逃げよう世界はこわれたおもちゃだから!」はオーケン作詞の楽曲であり、オーケン的世界を山瀬が歌い、非常に幻想的でパラノった狂気の世界が展開されて終わるといった物。



 楽曲の完成度こそ若干バラつきはあるけれど、普通に企画物のCDとは思えない完成度だ。80年代末期のバンドシーンの空気がモロ出ている作品でもあるし、それを山瀬まみが自らの物にしてしまっているのが凄い。だがあまりにも謎過ぎる珍盤だ。普通に名盤でもあるけどさ。芸能人の企画物も結構馬鹿に出来ないなあと思った限りである。まあなによりも

どっかのだわぁいに比べたら明らかに良い作品だね!!

■さいはて/ハートバザール


さいはてさいはて
(2001/04/25)
ハートバザール

商品詳細を見る



 2002年に解散してしまった男女混合のポップバンドであるハートバザール(以下ハバザ)。そのハバザが唯一残したフルアルバムが今作である。誤解を恐れずに言えば、ポップスの王道をいっている作品であるが、そのストレートなポップさとは裏腹に、何処かねじ曲がった感覚も同居しており、石井皐月の詩の世界は愛だの恋だのを歌いながらも、安易な共感なんか求めない病的な世界が毒として効果を発揮しており、ポップでありながら甘い狂気をハバザは鳴らしている。



 石井皐月の歌は中性的でいて伸びやかな物である。しかしその少年性を持った歌声は愚直なまでにストレートでありながらも、その素直さが病的な感情と隣り合わせになっている。第2曲「コレクター」の素直さと狂気が結びついた狂気的世界を純度の高いポップスに仕上げてしまっている事に驚きを隠せない。楽器隊の演奏も王道のポップバンドのメロディーを持ちながらも、一筋縄では全くいかない。鈴木玲史のギターはニューウェーブやポストパンクを通過した鋭さを持っているし、永井紀子のベースは凄まじい躍動感を持ち、石井皐月の歌をしっかり支えている。第7曲「共鳴」なんかはハバザの尖った部分を全面に押し出した仕上がりになっており、ポップさと狂気値の高さがギリギリのバランスで結びついた良曲だと言える。楽曲全体を通してメロディーの透明度の高さをしっかりと守りポップスとしてのクオリティの高さを持っているのもナイスだと言える。第6曲「はらいそ」の様にシンプルで音数の少ない楽曲などからもそれは伺える。何より第10曲「北風と太陽」の様な往年のポップスの王道を素直に突き進んでいる楽曲から感じる事が出来るのだが、シンプルな楽曲のメロディーやコード進行の普遍性と不変性の高さはそこら辺のバンドには絶対に出せない筈だ。



 ベクトルはまた違うけど、川本真琴の1stアルバムである「川本真琴」の様な、基盤になってる楽曲の素直なポップさと、ねじ曲がった感覚と、思春期的純度を放つ歌の世界を今作は持っている。石井皐月の精神世界は色彩豊かでありながらどこまでも素直なせいでグチャグチャとした物だ。それを最高に素直な歌のメロディーが具現化しているのだ。今ではこの様なバンドは本当に少ないが、ポップミュージックの隠された金字塔だ。この歌の世界は本当に残酷なまでに素直だ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。