■タグ「マスロック」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■さよならノスタルジア/こうなったのは誰のせい

ndmFMQJx.jpg



神戸を拠点に活動する若手ダウナー系ギターロックバンド、こうなったのは誰のせいのタワーレコード限定リリースデビューミニアルバム。
プロデューサーとしてそれでも世界が続くならの篠塚将行を迎えている事からこのバンドを知ったが、若手バンドながら既に高水準の音を完成させている。




00年代初頭頃の内省的なギターロックの空気感とマスロック・ポストロックを融合させたサウンドは残業レコード辺りのバンドの空気感と近いものを個人的に感じるが、このバンドはより痛みや後悔といった感情をストレートに歌い上げている。

目まぐるしく繰り出されるタッピングフレーズと変則的なリズム隊のグルーヴのプログレッシブなサウンドが展開されているが、そうしたテクニカルさ以上に、Vo.Gtのカイトが歌い上げる個人的感情の生々しい痛みが響く。
変態的サウンドとは裏腹に収録されている楽曲はどれも哀愁のメロディと歌が全面に押し出されており、その対比がこのバンドの魅力だ。
一寸の隙の無いアンサンブルが時にノイジーに変貌し、うずくまった感情をそのまま音にした様なサウンドは生々しいザラつきと共に美しく響き渡る。

第5曲「拝啓」の様なアコギ弾き語りの楽曲を聴くと分かるのが、あくまでも歌とメロディを軸にした上で、技術先行型ではなく表現の為のプログレッシブなアプローチをこのバンドが展開している事。
変態的なフレーズの数々も印象に残るが、それ以上に歌と言葉が脳に残るのはこのバンドの持つ内省的個人的感情としてのロックが確かなリアリティと共に確かに伝わるからだ。



鋭いサウンドアプローチの中に潜むアメーバの様に聴き手に忍び込み、気付いたら浸透し毒となり麻薬となる様なサウンドは青紫色の美しさと醜さが同居したものであり、聴き手の数だけ後悔や諦念といった感情に訴えかけて来る。

残業レコードを代表する伝説的バンドthe cabsが持っていたポストハードコアの域まで迫る鋭角の鋭さも、プロデューサーを務めた篠塚のそれでも世界が続くならの持つ見たくない事や聞きたくない事をノイジーに暴く様な生々しさもこのバンドには確かに存在している。

この生々しい痛さと重さは人を選ぶかもしれないが、今の時代だからこそ、感受性が豊かな人には確かに届く作品になっている。
00年代ギターロックが青春だった人は勿論だが、今の時代だからこそこうした音が若いリスナーに届いて欲しいと願う。
今後が楽しみなギターロックバンドが久々に登場した事が僕は嬉しい。


スポンサーサイト

■Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP/stereo type

a2136419968_10.jpg



 先日、活動限界ワンマンを終えて一先ずはその活動に幕を閉じてしまった三島のポストロック・マスロックバンドであるstereo typeの最後の音源である2曲入EP。今作はタワーレコードとHMVで10月頭から販売される予定の作品だが、僕が足を運んだstereo typeの活動限界GIGで先行販売されていたのを購入したので、一足先に紹介させて頂く。また各種ディストロでも既に販売されていたりもする



 今作は2曲入の作品だが、stereo typeの持っていた熱量やら鋭利さやら美しさがこれまでのどの作品よりも際立っているし、何よりも屈指の完成度を誇る2曲が収録されている。持ち前のサウンドを更に進化させた2曲を聴くと、改めて活動限界を迎えてしまったのが残念だ。彼等のサウンドは絶妙にエモーショナルな熱量、クリーンであるのに何処か歪んだサウンド、各楽器のスリリングなぶつかり合いによって飛び散る火花、時にエヴァーグリーンで美しいフレーズを聴かせ、時にマスロックの性急かつテクニカルなアプローチの乱打。それらの彼等の魅力がこれほどまでに無い位に凝縮されていながら、更にドラマティックな展開を見せる様になって、インストであるからこそ生み出すギター・ベース・ドラムだけの三つで圧倒的な音数と情報量を孕ませ、最後の最後に不穏に熱量を加速させるフレーズの乱打が咲き乱れる「さよならを教えて」を聴くと、本当にこのバンドはまだまだ行けたと思う。
 もう1曲の「大言壮語も吐いて去ろう」もラスト音源にも関わらず彼等の新たな境地を見せている楽曲で、これまでのどの楽曲よりも音が素直で直情的な熱を孕んでいるし、最後の最後でディストーションギターのが爆音で本当に感情を揺さぶる旋律を開花させる瞬間とか本当に堪らない。これまでの彼等は確かなエモーショナルさを持っていたバンドではあったけど、それを絶対零度の鋭利さや残酷さを通過させて鳴らしていたし、だからこそ、ここまで素直な音を彼等が鳴らしたのは驚きだし、それは今作が最後の音源だからなのかもしれない。本当に今作にあるのは、stereo typeの確かな軌跡と、最後の最後にまた進化したサウンドだし、だからこそ本当に活動限界は勿体無いと心から思う。



 stereo typpeというバンドは終わりを迎えてしまったが(あくまでも解散でも活動休止でも無く、活動限界と言う体ではあるけれども)、最後に残した今作に収録されている2曲は彼等の確かな軌跡であり、その集大成だ。だからこそ、もし彼等が再び新たな音を鳴らす時は、改めて全力で追いかけて行きたいと僕は思う。

■X'ed Out/Tera Melos


X'ed OutX'ed Out
(2013/04/16)
Tera Melos

商品詳細を見る




 マスロックの先駆者であり最重要バンドの一つであるTera Melosの2013年リリースの最新作。前作からマスロックでありながら、よりキャッチーになり、当たり前の様にボーカル入りの楽曲ばかりになり、テクニカルでスリリングなアンサンブルを奏でながらより分かり易いエモ要素を取り入れ始めたが、今作ではもうマスロックを置き去りにする勢いのバンドになってしまっていた。これは単純に素晴らしいエモーショナル歌物アルバムだ。



 勿論、卓越した演奏技術は変わっていないどころか、更に磨きがかかっていると思う。でもマスロックらしいタッピングのフレーズやあからさまな変拍子の乱打といった要素はかなり鳴りを潜めている。代わりに空間的な音作りがかなり目立ち、同時によりダイレクトに攻めるアンサンブルを巧みに取り入れ、そして前作以上にボーカルが伸びやかに歌っている。第1曲「Weird Circles」からもう純粋なエモ的な楽曲であり、静謐なアンサンブルが優しく魂を焦がし、そしてスリリングにバーストする快楽、同時に浮遊感を見せ、
よりスタンダードに接近していると同時に、より唯一無二のアンサンブルを手に入れたのだ。マスロックらしいスリリングさはそのままに、それをメロディアスかつクリアに奏で、浮遊と躍動を同時に見せる楽曲は、凄い素直に脳に入ってくると同時に、よりトランス出来る物になった。第2曲「New Chlorine」なんて透明感溢れるアルペジオと轟音サウンドが生み出す完全なるエモーショナルロックだ。
 勿論、彼等がマスロックを捨て去っているかと言えば、それは間違いなくノーだ。今のTera Melosはマスロックの先駆者がマスロックの先を奏で、ありきたりなテンプレートを唾棄し、そのスリリングさを浮遊感溢れる歌物へと進化させただけなんだから。第3曲「Bite」がマスロック要素を色濃く出し、不規則かつ不穏にアンサンブルが展開しながらも、それを難解に聞かせずに、性急さとして描き出しているから凄い。第5曲「Sunburn」も一々フレーズとビートが気持ち良い所を絶妙な力加減で突いてくるギターフレーズが最高にツボだし、それに単純にメロディが良くなっている。
 前作からそうなのだけど、今作も以前のTere melosの様な長尺の楽曲は全く無いし、3分台4分台で必要な要素を効果的に使いこなし、本当に無駄を削ぎ落としたからこそキャッチーになったし、絶妙なギターワークが生み出す浮遊感が本当に気持ちいいし、それに反して変則性やテクニカル要素を持ちながらも、よりダイレクトな躍動感を生み出すリズム隊が織り成すアンサンブルは独自の物へと進化した。第7曲「No Phase」の様にじわりと広がる空間的なアンビエントなギターと歌のみでより透明感溢れる高揚を生み出す楽曲もあるし、第9曲「Slimed」の様なポストハードコア色と金属的な音作りが不穏さで冷やりとさせる楽曲もありと、作品全体でメリハリもある。そして終盤は第11曲「Surf Nazis」の今作で一番スリリングなアンサンブルでマスロックバンドとしての風格を見せつけながら、より風通しの良くなったサウンドで軽やかな躍動を生み出し、最終曲「X'ed Out and Tired」にてアコギと空間的コラージュと歌のみで静謐な浮遊感で、意識を漂わせて終わる。



 前作でマスロックの先を目指し始めたtera Melosだが、今作では音楽的なレンジも更に広がり、よりキャッチーでポップな歌物要素にも更に磨きがかかり、そして軽やかで少しだけ不穏な浮遊感による高揚感という新たな武器も手に入れた。マスロックの先駆者は自らの手によって新たな扉を開いた会心の1枚。



■Sentinels/Amber Daybreak

1751.jpg



 日本のHeaven in her Arms、Endzweck、Liteとも競演した経験もあるベルギーの激情系ハードコアバンドであるAmber Daybreakの09年リリースの1stアルバムであるが、これがもう1stとは思えないレベルで完成されまくった作品であり、透明感とエモーショナルさを兼ね揃えた激情系の中でも屈指の作品だと言えるだろう。ベルギーと言えば激情・激重の素晴らしいバンドを多く生みだしている国であるが、まさかこういったエモ系激情の素晴らしいバンドも登場していた事実に驚きだ。



 彼等はKidcrash、Suis la lune、La Quieteに影響を受けたらしく、彼等のサウンドは透明感に満ちたクリーントーン主体のギターフレーズとクランチ気味の歪みの音色を組み合わせたギターワークが展開されているし、ハードコアの疾走感を持ちながらも、ポストロックの静謐さや、マスロック特有のテクニカルさも盛り込んだ物になっている。そこら辺はKidcrashの影響が大きいとは思うが、ある意味お約束なサウンドである筈なのに、彼等がテンプレ激情で終わらないで確かな個性を持っているのは、恐らく楽曲の中で焦燥感と緊張感が常に充満しているからだと僕は思う。少しペラペラした音作りでもあるけど、それでも彼等の楽曲はマスロックの叡智を吸収したからこその目まぐるしい展開と、緊張感に満ちたアンサンブルが確かに存在しているし、それをハードコアのフィルターを通して鳴らしているからこそ、その瞬間の激情をどこまでも哀愁と瞬発力を全開にして打ち鳴らしているのだ。時には複雑なフレーズを巧みに絡み合わせているし、ポストロック・マスロック的パートを上手に組み込み、そのパートはここぞという暴発疾走パートを最大限に生かす役目も果たしている。第1曲「Winter Seems Longer」は序盤からいきなりマスロック的サウンドが花開いたと思ったら、すぐさまハードコアパートへと雪崩れ込み、少しばかり静謐なパートを入れたと思ったら、マスロックフレーズも加えたハードコアパートへと突入し、そしてポストロックパートへと行き着き、シンガロングパートから再びハードコアパートへと雪崩れ込む。3分間の間で本当に目まぐるしい展開を見せるのに、常に青い衝動に満ちており、どこまでも胸を突き刺してくる。第5曲「Boat Trip」の焦燥感に満ちたクリーントーンのギターのストロークとハーモニックスからいきなり持っていかれるし、そこから一気に激情を爆発させて、ハイトーンの少しナヨいシャウトと、クリーンでありながら、激情が咲き乱れるギターの轟音に一発でやられてしまうだろう。全8曲共に常に予測不能な展開を見せるという意味で彼等はカオティックであり、同時に鬼気迫る殺意の音では無くて、徹底してクリーンで青く透明な旋律を聴かせてくれるし、本当にハイブリットなバンドだと思う。第8曲「No One On Arrival」の胸を焦がす壮大な激情で今作が終わるのもまた良い。



 とにかくクリアでエモーショナルな激情系の良い所を全て取り入れた末に自らの物にしてしまったとしか言えない彼等だが、恐ろしいのはこれが1stアルバムだと言う点だ。1stでLa QuieteやRaeinの迫る勢いの完成度の作品を生み出してしまっているのだから、そこいらのバンドが逆立ちしても太刀打ち出来ないであろう、青い衝動をどこまでも緻密かつ衝動的に鳴らす彼等は本当に素晴らしいバンドだと思う。



■Tokyo Blue/stereo type


Tokyo BlueTokyo Blue
(2012/04/11)
stereo type

商品詳細を見る




 静岡県三島市にて結成された3ピースインストバンドであるstereo typeの2012年リリースの最新2ndアルバム。ミックスとマスタリングは9dwの林田氏が手がけている。1stにて絶妙な平熱と微熱の狭間のエモーショナルさを卓越した演奏技術のスリリングさを用いて表現していた彼等だが、その熱量は変わらず今作では更に深く踏み込み、より幅広くなった彼等の表現に確かな進化を感じさせてくれる作品になっている。



 マスロック的要素を飲み込み目まぐるしく変化していく風景を描き、深夜のドライブの移り変わる情景の様なサウンドが今作にも存在しているが、前作はマスロック色の強いサウンドでそれを描いていたが、今作では更にポストロックバンドとしての表現の懐の大きさや渋さといった要素も見せてくれている。第2曲「東京ブルー」では序盤は変則的かつ鉄壁のビートとテクニカルなマスロックを飲み込むギターフレーズで構成された鉄壁のアンサンブルで目まぐるしい展開を見せるというstereo typeならではのサウンドを展開、これまで通りクリーントーン主体のギターの音で構成されているが、絶妙にギターの音色の幅を広げて更なる変化を加えていたりと、ポストロックの叡智を更に盛り込んでいるし、中盤から後半にかけてはスリリングさをより加速させた上でそこから情緒豊かなギターフレーズがエモを生み出しスケールを拡大させながらも、あくまでも壮大にはしないで、平熱の中で微かに膨張する熱みたいな物を感じるのだ。第3曲「隣り合う緑」ではシンセを取り入れたり、終盤で更に轟音系ポストロックなシューゲイジングするギターサウンドをあくまでも彼等の熱量とスケールで見せていたりしているし、よりポストロックバンドとしての幅を広げたのをアピールしつつ、あくまでもスリリングな3ピースならではアンサンブルを基調にしているし、そこにある肉体的なアンサンブルの切れ味は全くブレを感じさせない。第4曲「海ファズ」は特に秀逸な1曲になっており、深海の奥深くから、クリアの視界を徐々に濁らせ、そして最後はそんな深海をファズの歪みまくったサウンドで濁らせまくり、淀んだ情景へと変貌していく。揺らめきを冷徹さで表現するこの曲には彼等の大きな成長が見られる。更に第6曲「午前二時のジャンクション」では打ち込みを導入し、ドリームポップ等の要素を感じさせる楽曲に仕上げているという新たな試みにも挑戦している。そこからスリリングさを全開にした第7曲「飛ぶ鳥と共に走れ」へと雪崩れ込む流れは個人的にかなり好きだったりする。ディスコードかつ冷徹なギターワークが冴えまくっている第9曲「絶望病」、そして緩やかに引いたと思えばまた焦燥感へと変貌する第10曲「渋谷まで」のエンディングも寄せては返す今作の流れを見事に締めくくっている。



 今作で彼等はバンドとして大きな前進を果たしたと思うし、国内ポストロック・マスロックのバンド勢の中で飛び抜けた実力を持つ彼等が更なる飛躍を見せるのはもう間違いの無い確定事項だと思うし、「Tokyo Blue」というタイトル通り、深夜の東京の情景を描いたかの様な今作は平熱の中の狂気をアンサンブルで描く彼等だからこそ生み出せた作品だと言えるだろう。この切れ味の鋭さはやはりstereo typeならではである。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル マスロック デスメタル カナダ スウェーデン スラッシュメタル モダンへビィネス ブラックメタル エクスペリメンタル ギターポップ エレクトロニカ イタリア ジャンクロック インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー ジェント オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン ポップス ミニマル フォーク ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ニューウェイブ ラーメン プログレッシブメタル ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル メタルコア ロシア フィンランド ハードロック ファストコア アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ポジパン ノイズコア シンガポール ダブ ヘビィロック パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー ゴシック メキシコ スイス ジャズ メタル ポーランド オルタナティブ ブルデス アシッドフォーク アイルランド インディーロック ウィッチハウス ヴィジュアル系 メロディックパンク ヘビィネス チェコ テクノ ドラムンベース デンマーク スクリーモ プリミティブブラック 年間ベスト クラストコア スコットランド USハードコア シンフォニックブラック アイスランド 声優 ハンガリー ボイスCD ソフトロック ニューウェイヴ 台湾 トルコ モダンクラシカル 韓国 ギリシャ ポルトガル カントリー フリージャズ トラッドフォーク イラン ファンク ガレージ ドリームポップ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。