■タグ「メロディックパンク」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Night Of Fire/Shipyards

57228608.jpg



 八王子を拠点に活動するex.SUFFERING FROM A CASEの篠沢氏を中心とした4ピースメロディックパンクバンドであるShipyardsの2013年リリースの満を持しての1stアルバム。これが本当にとんでもない傑作なんだ。僕自身は正直言うとメロディックパンクと言うジャンルに関して全然明るく無い人間なんだけど、そんな僕でも今作には完全に虜になった。そのグッドメロディから感じさせる哀愁。それが本当に素晴らしい!



 今作は本当にメロディックパンク云々を抜きにして是非聴いて欲しいと思う。その音は確かにメロディックパンクのそれだけど、全然違うのだ。僕の個人的な感じ方にはなってしまうけど、このバンドには90年代のUSオルタナティブだったり、SUPERCHUNKとかそこら辺のバンドのあの感じを確かに持っていると思うし、メロディックパンクに関して全然明るく無い僕を引き込んだのは、そんな点だったりすると思っている。その疾走感溢れるサウンドは純粋に気持ち良かったりするし、惜しみなく盛り込まれているシンガロングパートやコーラスワークは本当に激熱で拳を突き上げたくなる事は間違い無しなんだけど、そんなメロディックパンクの要素にブチ込まれているのは確かな悲しみだ。疾走感溢れるビートに乗るギターワークがとにかく素晴らしい!!クランチの2本のギターが絶妙に絡み合い、その絡み方がとにかく繊細であるのだ。疾走感の中で、壊れそうな哀愁がバーストしそうになるギターワークだけでは無い、本当に楽曲の根底を作り上げているメロディから溢れる物悲しさと青さと硝子細工な繊細さが本当に堪らない。メロディックパンクでありながら、そこにはアッパーな陽性の旋律は本当に存在しない。とにかくマイナーコードの嵐だし、ダウナーさを一つの結晶とし、それを最高に泣けてブチ上がれる音へと消化しているから本当にこのバンドは凄いと思う。
 下手したら誰かに怒られそうなBraidへのオマージュから始まる第1曲「Night Of Fire」からの全10曲が本当に名曲しか存在しない作品だし、その巧みな音の消化の方法も凄いけど、本当に馬鹿みたいな単純な事ではあるけど、入ってる曲が全部良かったら間違いなく名盤っていうのを地で行っている。その中でもイントロのギターのストロークから、90sオルタナティブの風を感じるリードギターと熱いコーラスワークとシンガロングしまくりなサビ、そして徹底的に燃え上がるマイナーコードの青い炎が最強のアンセムであるのを確定的にしている第2曲「Let Alone」が今作の中でも本当に屈指の名曲だし、それに負けず劣らず歌いまくり泣きまくりなギターフレーズが本当に心に来る第4曲「Your Resting Place」、のっけからバーストしまくるエモーショナルさが際立つ第6曲「Disappointment」、そして完全にUSエモ・インディーロックを独自の解釈で手にしている第9曲「Step On Dry Grass」、今作を見事に締めくくる置き去りになった郷愁の物悲しさが光り輝く最終曲「Someday In The Rain」は名曲ばかりの今作の中でも特に気に入っている。



 前述した通り、僕はメロディックパンクと言う音楽に関しては本当に明るく無い人間だけど、Shipyardsはそんな枠組みを越えて、エモだとかオルタナティブだとかインディーロックだとかすら越えて、本当に単純に名曲を生み出すバンドだと思う。今作に詰まった珠玉のメロディの数々の素晴らしさと、センスが光りまくったギターワークと熱いコーラスワーク、本当にどうしようもない位に哀愁が燃え上がる作品だ。本当に素敵な1枚だと思う。



スポンサーサイト

■Ill Dance My Dance/Rise And Fall

33046833.jpg



 地元である仙台では多大な影響を持っているメロディックハードコアバンドであるRise And Fall。そんな長年戦い続ける猛者の1stアルバムが今作である。リリースは国内ハードコアの超名門レーベルであるHG FACTから。とにかく男!男!!男!!!男臭さ全開の超タフガイメロディックエモーショナルハードコアであるのだ。魂を燃え上がらせる音は正にこれだ!!



 彼等の音はハードコアであるが、まず非常にメロディック。タイトでタフでありながらも常にメロディアスである事を忘れない。しかもそのメロディアスさが非常に男臭い泣きと激情を打ち鳴らしている。しかしナヨさは全く無く、力強くストレートなサウンドに魂を込め、その魂が涙腺と肉体と魂を同時に震えさせるサウンドとして響いてくる。彼等のサウンドの核にはDag Nastyの様な80年代のDCハードコアの影響が見られるし、ハードコアとしてではなくメロディックパンクの要素も盛り込んでいるから非常に間口も広くなっている点も大きい。それでいて日本人ではの哀愁と男臭さをメロディに託している。Dag Nastyといった古き良きメロディックハードコアの猛者の持つメロディアスさとタフさを継承し、それをよりタイトに鍛え上げて、ハードコアやメロディックパンクとして以上に和製エモの香りを出し、それを正統派DCスタイルと融合させたのは王道のやり方かもしれないが、その王道を堂々と突っ走っている。またストレートなリフとビート中心のサウンドではあるが、その中でギターワークがとにかく光る!!コーラス等を随所に盛り込む小技もそうだけど、シンプルなサウンドでありつつも、随所随所のキメの細かさや、サウンドの気配り、聴いてて肉体に訴えつつも自らのメロディアスさをより明確にするアレンジなんかも彼等の魅力だと思う。何よりもボーカルが本当に良い!日本人らしかぬメロウなヨーロッパの激情系とかにも通じる哀愁を声で生み出しながら、その声がとにかく力強く、それこそ彼等の泣ける男らしさというハードコアの核であり、それは本当に作品全体で徹底している。



 泣き、力強さ、ソリッドなタイトさ、メロディアスさという王道の要素を鍛え上げたからこそハードコア・メロディックパンクの覇道を突き進む彼等の音は本当に熱くて堪らない。これぞ男のハードコア!といった名盤に仕上がっている。80年代DCハードコア好き、エモ好き、メロディックパンク好きには是非聴いて欲しい1枚だ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。