■タグ「モダンへビィネス」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Koi No Yokan/Deftones


Koi No YokanKoi No Yokan
(2012/11/13)
Deftones

商品詳細を見る




 前作「Diamond Eyes」にて第二の黄金期を迎えたモダンヘビィネスの孤高の帝王であるDeftonesだが、そんな彼等の待望の新作は「Koi No Yokan」である。もう意味が分からないし、完全にアホとしか言えない馬鹿なタイトルを自らの作品に名付けてしまったのだが、しかしそんな残念な作品名とは裏腹に今作は第二の黄金期を迎えた彼等の更なる進化を見せる作品であり、前作以上の深みを持つ屈指の作品だ。孤高の帝王の余裕と貫禄しか無い作品だと言える。



 前作では深みを持ちながらもヘビィさを押し出していたが、今作はヘビィでありながらも、円熟と深みを見せる作品に仕上がっており、なおかつフロントマンであり屈指のボーカリストであるチノの世界遺産レベルの歌声を最大限に生かした作品になっている。Deftonesの魅力の一つとしてチノのボーカルは絶対に外せない要素だが、それを今までの作品以上に前面に押し出し、楽曲と見事な調和を生み出してもいる。第1曲「Swerve City」ではイントロではゴリゴリのリフで攻めているが、チノのボーカルが入った瞬間に円熟の旨みと粗暴さが絶妙な調和を果たすDeftonesにしか生み出せなかったヘビィネスが描かれる。効果的に用いられたエレクトロニカな効果音も今作ではかなり大きな役目を持っており、ステファンのギターワークもヘビィさとメロウさを行き来し、美しく重く、そしてスッと耳に入り込む優しさもありと更に磨きがかかっている。第2曲「Romantic Dreams」では彼等らしい陰鬱さも見せており、持ち前の耽美な美しさは更に進化を遂げている。今までの彼等の作品とかに比べたら「7 Words」の様な一撃必殺的な楽曲はあまり無いのかもしれないけど、それでも見事なスルメ盤になっており、一周目はスッと全ての音が入り込み、チノのボーカルに酔いしれ、そして何回も再生する度に、今作の旨みと深みは聴き手の中で広がっていく。それに第3曲「Leathers」はゴリゴリのギターワークが光るキラーチューンにもなっているし、更にサビではその重苦しさから開放されて、あらゆる音が煌きを見せ、チノは激情のシャウトから、あらゆる感情をダイレクトかつ繊細に歌い上げる至高のボーカルを聴かせる。ヘビィさと耽美さを行き来しつつも、更にエロスと繊細さを高次元で彼等は表現しているし、打ち込みを前面に押し出した第5曲「Entombed」なんかはチノのサイドプロジェクトの一つである††† (Crosses)で培った物をdeftonesに持ち込み、自らの表現の幅を更に広める事に成功しているし、第7曲「Tempest」ではパライノイア的陰鬱を押し出すヘビィネスとしてのDeftonesの真骨頂が発揮されており、殺気に満ちていながらも、どこか物悲しくて哀愁に満ちているという感情の坩堝を音楽とボーカルで見事に表現している。第8曲「Gauze」では前作で見せたDeftonesのヘビィネスの更に先を突き詰めた楽曲にもなっているし、第9曲「Rosemary」は見事なヘビィネスバラードであり、最終曲「What Happened To You?」ではどこか安らかさすら感じさせるたおやかなエンディングを迎えている。



 今作を通して聴いて、あらゆる感情が交錯するからこそ、怒りも悲しみも喜びも幾度と無く繰り返されて、それをヘビィロックとして確かな形にした作品なのだ。何よりも全編通して本当にチノのボーカルが過去最高のレベルに達しているし、どこまでも歌物の作品でもあり、自らの持つ感情が繊細に交錯するヘビィロックを極めてもいる。間違いなく第二の黄金期にある彼等の円熟は最高の形で迎えていると思うし、まだまだ渋みと貫禄を増して進化していくのだと思う。誰も追いつけない孤高の帝王の生み出した至高の作品は本当に何度も末永く聴ける深みに満ちているし、やはり彼等は別格の存在なのだ。本当に素敵なアルバムだと思う。



(タイトル以外は)



スポンサーサイト

■Until We Have Faces/Red


Until We Have FacesUntil We Have Faces
(2011/02/15)
Red

商品詳細を見る




 アメリカではグラミー賞にノミネートされたりヒットチャートを賑わせている人気バンドであるRedの2011年発表の3rdアルバム。僕は今作で初めてRedの音に触れたが、国内盤が出ていない日本でも多くのリスナーを掴んでいるバンドだ。その音楽性は歌メロ際立つ泣きの旋律と、本当に正当派なモダンへビィネスサウンドという何のギミックも無いストレートなへビィロック。しかしキャッチーでありながらもヘビィネスを継承したそのサウンドは本当に多くの人を虜にするだけの力を持っている。



 彼等のサウンドは正統派ヘビィネスサウンドとMichael Barnesの卓越したボーカル、それを支えるエモーショナルな泣きの旋律と楽曲に深みを与えるストリングスの存在。ただそれだけで勝負出来るだけの馬力を持っている。第1曲「Feed The Machine」は今作で最もヘビィネス色の強いゴリゴリな1曲だが、ギターリフやサウンドプロダクトからはかつてのモダンヘビィネスを継承した王道極まりない物、しかしサビではストリングスとクリーントーンの伸びやかなボーカルが深遠な広がりを見せてくれる。そしてそのヘビィネスサウンドから放たれるメロディアスかつ涙腺を刺激する音は彼等の大きな武器だ。第2曲「Faceless」ではMichaelのボーカルとストリングスとバンドのヘビィネスサウンドが更にメランコリックさを際立たせた1曲であり、痛みの先の救いを歌う様な優しさを感じたのは僕だけでは無い筈だ。彼等はモダンヘビィネスムーブメントが終わった後に生まれるべくして生まれた純粋に歌と旋律で勝負出来るだけの力を持ったオルタナティブへビィロックとも言えるかもしれないが、彼等の魅力は正当派ヘビィネスサウンドのみで勝負出来る楽曲の完成度の高さでもあるけど、それ以上に大きな要素なのは例えへビィなサウンドじゃなくても純粋に聴き手の心を串刺しにする泣きの感情を音にする豊かな表現力であり、それをストレートに体現しているからこそ生まれる説得力は相当の物だ。自らのヘビィネスを封印したバラードである第6曲「Not Alone」と終盤の「Best Is Yet To Come」のメランコリック大爆発具合とと「Hymn For The Missing」のストリングスとピアノのみの楽曲でも全くブレないRedの核は見事だ。作品の中でもそういった泣きの要素の強い歌物の楽曲は多いが、決して中弛みはしてないし、ヘビィネスと歌のバランスも絶妙な配分にもなっているし、結果として多くの人を掴んで離さないエモーショナルへビィロックとも言える作品になった。



 モダンヘビィネスムーブメントは沈静化してはしまったが、それ以降にもこの様な素晴らしいへビィロックを鳴らしてくれる頼もしいバンドが登場していたのだ。彼等は本当に正統派の泣きのヘビィネスを素直に体現し、それを壮大なスケールで豊かな音色で奏でてくれるのだから、心に感受性を刺激しまくるドラマティックなサウンドに本当に惚れ込んでしまった。Redはへビィロック好きは勿論だけど、本当に多くの人に聴かれるべきバンドだと思う。純度の高い美しいヘビィネスを今の時代に鳴らす彼等を支持したい限りだ。



■Diamond Eyes/Deftones


Diamond EyesDiamond Eyes
(2010/05/12)
Deftones

商品詳細を見る




 俺達のDeftonesが帰ってきた!声高らかにそう叫びたい名盤だ。交通事故によりベースのChi Chengが昏睡状態のままであったDeftonesだがSergio Vegaがベースを弾く事によってレコーディングされた2010年発表の6枚目のアルバムはバンド最大のピンチを乗り越えたDeftonesの最前線帰還を告げる作品でもあり、同時にバンドのキャリアの中でも屈指の傑作に仕上がっている。彼等の原点回帰でもあり、更なる進化を告げる作品だ。



 彼等の名を上げた傑作2ndである「Around the Fur」の頃のサウンドに回帰した作品であり、ストレートなヘビィネスサウンドが展開されている。ギターのStephenは8弦ギターを使用し超重量級の歪んだギターワークを展開。楽曲も3分台の曲が並び非常にコンパクトかつ必要な音のみで構築されている。しかし単なる原点回帰では無く、今まで培った物を最大に生かし衝動だけじゃなく楽曲の深遠さも増している。陰鬱なヘビィネスサウンドとChinoの耽美なボーカルの融和は正にDeftones節と言えるし、自らの持ち味を最大に生かしへビィであり美しく深遠で情緒豊かなサウンドを聴かせる。第1曲「Diamond Eyes」からこれらの何処を切ってもDeftonesなサウンドが展開されているし、「Around the Fur」の楽曲以上に歎美さとへビィさも増しているし、確かな進化しか感じない。第2曲「Royal」、第3曲「CMND/CTRL」の様にヘビィなリフとミドルテンポのグルーブが渦巻く楽曲でも持ち前の旋律の残響と精神世界へと切り込む繊細さを感じさせる辺りは流石だ。タイトなヘビィネスの中で伸びやかなChinoのボーカルと旋律が印象的な第4曲「You've Seen The Butcher」も見逃せない。3rdである「White Pony」から自らのヘビィネスの可能性を試す実験的作品を発表していたが、今作はDeftonesで最もキャッチーな作品であるし、本当にヘビィなサウンドと耽美でダークで深遠な旋律のみで勝負している。そしてそれらの要素だけでも彼等は無敵のヘビィネスバンドなのだ。第7曲「Rocket Skates」変拍子を駆使したギターワークは超激熱だし、Chinoのシャウトには胸が高鳴る。メロウさが際立ったバラードである第8曲「Sextape」からの終盤のメロウさが前面に出ている楽曲郡も染みるし、どの楽曲もとんでもない完成度だ。



 ヘビィさも激情もダークさの先の救いもある今作はDeftonesの第二の黄金期を告げる傑作になっているし、モダンヘビィネスもムーブメントが終焉した現在でもDeftonesは多くの人を虜にするバンドである事を再認識させられた。唯一無二のモダンヘビィネスを鳴らし続ける彼等はムーブメントとか関係無い確かなバンドであるし、今作でそれを証明している。後はChiが再び目覚め再びDeftonesでベースを弾く時が来るのを待つだけだ。一日も早いChiの復活をファンとして祈っている。



■White Pony/Deftones


White PonyWhite Pony
(2000/06/20)
Deftones

商品詳細を見る




 Deftonesはやはりモダンヘビィネスのシーンの中でも一際異彩を放つバンドだ。その音は紛れも無いヘビィロックであるにも関わらず、どこまでもその先を鳴らしてるという意味で本質的に「ポスト」なバンドであると言えるのだ。その一音一音を洗練させ、美しい響きを持ちながらも、ヘビィロックの即効性や粗暴さを全く失う事無く、その陰鬱な音を爆音のヘビィネスで鳴らすのは簡単に見えて実際とんでもなく難しい。今作は00年発表の3rdアルバムであるが、そんなDeftonesの音楽性を一つの到達点まで引っ張った名盤だ。



 まず今作は今まで通りの陰鬱さに加えて非常に耽美な感触も加わった作品であると言える、チノのボーカルはやたらとエロスとダークさを放つ歌声であるし、ギターの旋律の響きは確かなヘビィさを持ちながらも叙情性を待った旋律を鳴らし、その空間的な響きの深淵さにやられてしまいそうだ。第2曲「Digital Bath」の静と動を巧みに使い分ける構成であったり、また楽器隊の音が緊張感を孕んだまま神経質な音を鳴らしているのも今作でより「ポスト」に接近したからこその変化だ。今でこそポストメタルなんて言葉が拡散しているけど、当時はそんな概念すら存在していなかったにも関わらず、Deftonesはあくまで自らのやり方でヘビィネスにポストロックの要素を取り入れ、その両方の音楽的な強さを物にするハイブリットな音を完成させたのだ。第4曲「Rx Queen」の作りこまれた音色とそこからバーストする重苦しい空気を放つ轟音はそれを完全に証明している。
 またその音は楽曲毎にそれぞれの色をしっかり持っている。今作屈指の名曲である第7曲「Knife Party」はチノの退廃的な歌を全面に押し出し、空間の次元を徐々に歪ませていく空間的なギターの音色から本当に重苦しい音へと変貌を遂げていく。安易なヘビィさに全く頼ってない音なのに、その音は紛れも無いヘビィロックであるし、しかも楽曲の中で一つのドラマ性を孕ませ、中盤からはその狂気を一気に加速させる狂い叫びのたうち回る感覚かは負の激情へと雪崩れ込む様なんか堪らない。TOOLのメイナードが参加した第10曲「Passenger」では渦を巻く精神のパラノイアな音にメイナードとチノの人間の闇を揺さぶるボーカルが乗り、そこに退廃的な空間を一気に作り出していく。メイナードの声も驚く位にDeftonesの音にハマっている。そして最終曲「Pink Maggit」にてその深遠さを最大にまで花咲かせた漆黒の世界は今作の到達点だ。闇深くから這い上がる様な音から、一気に巨大なスケールを持つエモーショナルな激情へと変貌し、聴き手の感情を揺さぶっていく。そしてその「Pink Maggit」をアレンジしたのがDeftonesの代表曲といえる「Back To School」だ。壮大なヘビィネス絵巻を鳴らしながらも、それをコンパクトで即効性に満ちた必殺の1曲に変貌させてしまう辺りに、Deftonesの懐の深さを感じる事が出来る。



 今作はDeftonesが孤高のヘビィネスを鳴らす決定打と言っても良い傑作になったといえる。肉体へと訴えるヘビィなリフは勿論だが、その硬質で緊張感に満ちたビートや奥深い響きを音色として鳴らすギターもそうだし、チノは完全に歌の力だけで耽美で退廃的な世界を歌い上げている。Deftonesはモダンヘビィネスを代表するバンドでありシーンの最前線で戦い続けているバンドだが、本質的にダークでヘビィなバンドなのだ。その核をしっかりと守りながらも、その音は常に先を見据えた音になっている。だからこそこいつらは異質な存在であるしカリスマであり続ける事が出来るのだ。



■DUM SPIRO SPERO/DIR EN GREY


DUM SPIRO SPERODUM SPIRO SPERO
(2011/08/03)
DIR EN GREY

商品詳細を見る




 DIRはその経歴もあってか本当に様々な意味で議論される事が多いバンドである。90年代末期に登場しV系バンドとして時代を築き、そこから脱V系し完全にヘビィロック路線になり、海外でのライブも精力的に行う様になったりと本当に波乱のバンドだ。そんなDIRの音楽性を一つの到達点とも言える前作「UROBOROS」から約3年の月日を経て2011年に発表された今作は更に一歩踏み込んだ発展系の作品だ。インパクトは確かに前作の方が大きいが、更にダークで深遠なヘビィロックを今作では見せてくれている。



 ここ近年のDIRはOpeth等の影響を感じさせるプログレッシブさと大作志向と耽美さを追求した音楽であるが、今作ではそれを更に突き詰めた印象を受ける。前半の曲郡は徹底してダークでヘビィでミドルテンポの楽曲で攻めて来る。京の高域と低域を自在に行き来するボーカルスタイルは更に成長を見せているし、ベースラインもただヘビィなだけでなく複雑なラインを見せ付けてくれているし、その音楽性もドゥーム要素まで取り入れたりとより幅広くなっている。しかしながら海外バンドの模倣ではなく、その影響を受けながらも、それを日本人独自の耽美さを注入した事によって独自のゴシックな感覚すら感じさせてくれる。しかし第8曲「LOTUS」からが今作でのDIRの進化を見事に見せ付けていると僕は思ったりする。「LOTUS」は4分というコンパクトな尺とメロウで耽美で美しい情緒性とヘビィさが見事なバランスで融合し、京も全編に渡ってクリーンで歌う楽曲だが、このようなシンプルな楽曲で何のギミックも無しで攻めた時こそDIRの精神的ヘビィネスと耽美さがどこまでも深く豊かに表現されているのだ。これは間違いなくバンドにとって大きな進化だと断言出来る。そこから第9曲「DIABOLOS」の壮大さと渦巻く陰鬱さへと連なる流れが今作の核になっているとすら思う。その漆黒の蓮華の世界を描く様はDIRだからこそ到達出来た場所だ。そしてヘビィさで攻め立てる曲郡からの終盤の哀愁漂う2曲は今作の壮絶なヘビィさから一転してシリアスでありながらも優しく美しい。最終曲「流転の塔」は正にDIR印のバラッドであるし、その剥き出しになった感情をヘビィでありながらも素直に吐き出すそれは今作のラストに相応しく、重苦しさの先の救いの音だ。



 今作は益々複雑になり、重苦しくなり、それでいてそのドロドロとした激情を更にダイレクトにアウトプットした作品である。前作「UROBOROS」は「VINUSHKA」という楽曲が作品の絶対の存在として君臨した作品であったが、今作は作品全体で一つの物語の様な作品になった。しかしながら「LOTUS」や「流転の塔」の様な楽曲こそが今作の真価があると個人的には考えており、シンプルなアプローチの楽曲でも確かな説得力と精神的な重苦しさと、ヘビィな音ではあるがそれ以上に楽曲そのものの旋律であったりといった剥き出しの姿になっても戦える強さと美しさを感じる事が出来る。確かに大作志向ではあるけど、それらの4分といったコンパクトな尺の曲でも長尺の曲に全然負けない説得力を身につけたのは大きい。あとは音源での音をライブでしっかりと刻みつける事が出来るかが大きな課題になるだろう。それをクリアすればDIRはとんでもないバンドになるんじゃないかと僕は思うのだ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。