■タグ「自殺系ブラックメタル」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Portal of Sorrow/Xasthur


PORTAL OF SORROW(ポータル・オブ・ソロウ)(直輸入盤・帯・ライナー付き)PORTAL OF SORROW(ポータル・オブ・ソロウ)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2010/05/15)
XASTHUR(ザスター)

商品詳細を見る




 ブラックメタル界で絶大な人気を誇っていた独りブラックメタルユニットであるXasthurだが、2010年にリリースされた今作はMaleficの設立したレーベルの初リリース作品であると同時にXasthurの最終作品となった。今作を最後にXasthurは完全に活動を終了している。そして陰鬱さを極めた自殺系ブラックでありながら、今作はアンビエントカラーを取り入れXasthur史上最も美しい作品でもある。



 まず第1曲「Portal of Sorrow」に驚かされた。アシッドフォークの女性シンガーソングライターであるMarissa Nadlerを迎え、フォークを基調にしたサウンドを聴かせている。しかしそこはXasthurだ。その旋律は重々しく禍々しくドロドロ、アンビエントな音が効果的に聴き手の絶望を煽ってくる。際限なく繰り出される美しい音色は終末へと繋がり、言い知れぬ美しさの中で「死んでも良い。」と錯覚してしまいそうになる。そして他の楽曲もここ最近の実験性の強い作風を極め非常に幅広くなっていると同時に確実にブラックメタルからは離れているのが伺える。第3曲「Shrine of Failure」ではまさかのギターソロまで飛び出してしまう始末。しかし徹底した暗黒の音色は健在であるし、そこは全く変わらないのだけれど、Marissaボーカルの曲は陰鬱さの中にゴシックな耽美さや、退廃的な儚さを強く感じさせるし、後ろで鳴る音こそ陰鬱でもシンセの音色はどこか美しく、絶望の先の安らかな死なのか、それとも微かな救いなのか、それは聴き手がそれぞれ勝手に決めれば良い話だけれども、でもゆるやかに死に行く人の安らぎが今作の美しさへと繋がっている気も僕はする。Xasthur最終作として作られたからこそ、そんな気がするのだ。そして楽曲の尺も今までに比べて短くなったのもあってかXasthurはどの作品よりも今作は聴きやすい作品だとも言える。そして一番の変化は旋律がよりメランコリックな物になった事だろう。手法こそ多岐に渡ってはいるけど、どの楽曲にもそのメランコリックさが存在し、聴き手の感情により訴えやすくなった。Marissaボーカルのクラシカルでゴシックな楽曲でも、Malefic独りで作られた楽曲でもそれが存在しているからこそ作品全体で確かな統一感があるし、その音楽性のレンジの広さがあるからこそ作品全体を一つの物語の様に聴く事が出来る。そして寒々しいギターリフはあまり登場せずにキーボード中心に進行する楽曲が多いのも。ブラックメタルの形をまだ残した楽曲でもブラックメタルからは確実に離れている事も分かるし、だからこそXasthurは終わりを迎えたのだと思う。



 今作でXasthurの一つの到達点を迎えたと同時に「もうメタルの名が入った音楽はやらない。」というMaleficの言葉通り、ブラックメタルから離れ、別の暗黒を今作で描いたのだと思う。だからこそ今までで一番優しく安らかな眠りの様な作品を作ったのだろうし、その美しさこそが今作の大きな価値だと思う。自殺系ブラックの代表格はこうやって死を迎えてしまったが、その死はどこまでも美しいと思わせてくれる傑作。



スポンサーサイト

■Romantik Suicide/KANASHIMI

40074_kanashimi_romantik_suicide.jpg



 静岡出身の自殺系ブラックメタルのユニットであるKANASHIMIの09年発表の6曲入りの作品。全てのパートを首謀者であるMisanthropの手で行っており、完全なる独りブラックメタルであるが、メロウで耽美な旋律と、くぐもったギターリフが作り出す陰鬱で刹那的で終わりを鳴らすかの様な虚無感が作品全体に満ちており、名前通り計り知れない悲しみを鳴らしている。



 第1曲「Romantik Suicide」からKANASHIMIの陰鬱で耽美なブラックメタルの世界が展開されている。ピアノの旋律は儚く、スローテンポの曲調と深い森の中の霧の様なギターリフが幻想的でありながらも、希望など全く存在しない絶望的世界を作り上げている。ガナリ声のボーカルもまた、その絶望的世界に拍車をかけてくる。音の篭りなくったギターリフで埋め尽くされる第2曲「Kanashimi no Rensa」も徹底して終わりの無い悲しみをミドルテンポで鳴らしている。薄っすらと入るキーボードの旋律が効果的にその黒の世界に黒を塗りつぶすかの様な感傷を加速させ、聴き手に甘く陰鬱な絶望を浴びせてくる。
 そしてハイライトは第5曲「Zetsubou no Namida」だ。スローテンポでじりじりと展開されるこの曲は、人の精神世界に入り込んでいるかの様な終わりなき苦痛と悲しみが走馬灯の様に流れていくかの様な楽曲だ。今作で最も美しいこの曲はとんでもない耽美な甘さを持っているし、それがまたこの絶望的世界に入り込んだまま抜け出せなくなってしまいそうになる要因だ。徐々にその神秘的な世界を加速させてゆき、そのまま消え去って行くこの楽曲の美しさは素晴らしい物がある。



 自殺系ブラックメタルという取っ付き難さのある音楽ではあるが、全体的にメロウで美しい旋律もあり、耽美な甘さがあるから楽曲の世界に感情移入する余地は十分にあるし、かなり聴き易い作品ではないかと思う。ここら辺のジャンルに興味があるけど、ちょっと手を出すのが怖い人にもお勧めしやすいし、自殺系ブラック愛好家の人もこの耽美で美しい世界に癒されると思う。国産自殺系ブラックのかなり良質な作品なので是非とも機会があれば聴いてみて欲しい。

■Death - Pierce Me/Silencer


DEATH - PIERCE ME(直輸入盤・帯・ライナー付き)DEATH - PIERCE ME(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2009/08/22)
SILENCER(サイレンサー)

商品詳細を見る




 SHININGのギタリストも参加したスウェーデン産の自殺系ブラックメタルバンドであるSilencerが唯一残した音源。ブラックメタルの中でも更に人を選ぶジャンルである自殺系ブラックであるが、その自殺系ブラックの中でも更にイカレてパラノった感情が存在している。
 例えばジャンルは違うがWorshipは終わり無き悲しみや苦痛を美しさを以て遺書の様に鳴らしたバンドであるが、このSilencerには儀式めいた厳格さや美しさは無い。剥き出しの苦痛をただ本能のままに撒き散らしているのだ。



 音楽的には吹雪の様なギターリフと重厚な音圧を持つドラムがブラストビートで爆走しながらも、静謐なギターフレーズやアンビエントなピアノの音なども入っており、粗暴でありながらも深遠な美しさを持っている。音楽的な部分だけ見ればブラックの中では聴きやすい部類に入るし、音質もかなり良い方なのである程度ブラックメタルに耐性があればすんなり聴ける位だ。
 しかしそんな緻密さと粗暴さを以て完成された音に乗るのは全てが破綻した本物の精神疾患患者によるボーカルだ。
 金切り声で喚き散らし、自分の中の精神的苦痛に耐え切れ無くなった末に泣き叫ぶかの様な声。更には咳き込む音や唾を吐く様な音まで入っていて人によってはギャグにすら聞こえてしまうのではないかって勢いだ。しかしアンビエントな美しさと爆走する狂気を体現した音に乗る事によって、洒落にならないごく個人的苦痛が猛毒になって密室的空間に充満し、計り知れない恐怖として聴き手に取り憑いてくるのだ。最早ボーカルじゃなく、閉鎖病棟の発狂した患者の音声に音を付けたといっても過言では無い。



 今作は自殺系ブラックメタルを代表するアルバムとしてマニアの中でもかなり高い人気を持っている。同じ自殺系ブラックでもXasthurはその悲しみと苦痛を半ば宗教的かつ儀式的に鳴らしたが、Silencerにはその様な要素は無い。ただ苦しみ喚き呻き吐き出しのた打ち回るのだ。あまりにも無様だし、とてもじゃないが美しさなど無い。だからこそ痛みと悲しみが聴き手に嫌と言う程伝わってくるし、まとわりついてくる。自殺系ブラックメタルの金字塔であるのは間違い無いが、安易な気持ちで聴くのはお勧めしない。だってこの音に触れる事は全てが破綻した嘔吐物まみれの狂人のいる密室に足を踏み入れるのと同じであるから。

■Nocturnal Poisoning/Xasthur


Nocturnal PoisoningNocturnal Poisoning
(2008/02/05)
Xasthur

商品詳細を見る




 USブラックメタル最右翼である、Malaficによる暗黒自殺系独りブラックメタルであるXasthurの2002年発表の1stアルバムである。自殺系ブラックメタルの言葉通り聴いてると死にたくなってくる人の心の闇を増幅させる暗黒の世界が貫かれていて、例えるならどこまでも無と漆黒の世界をただひたすら成す術も無く見つめているかの様な錯覚に陥ってしまいそうになる作品だ。

 全編を通して圧倒的な陰鬱さを持ったスローテンポでズタズタになったリフが延々と繰り返されており、リズムパターンは非常にチープでなおかつ音質もかなり悪い。しかし悪質な録音環境で録音された音はこの終わり無き負と虚無の世界に見事にハマっていてかなり癖になる。明確なメロディと輪郭を完全に殺してしまっている不穏の漆黒のギターと、神聖さを持ちながらも、地獄すら越えてしまった精神の暗黒世界で鳴り響く賛美歌の様なシンセの音が合わさって、より心をジワジワと浸食して、こちら側に連れてかれそうなサウンドを完成させている。そして安易な暗さすら蹴散らしてしまう病んでいてなおかつ美しく悲しいメロディが見え隠れするのが、また一層Malaficの世界を確固たる物にしている。Malaficの精神異常者と自殺する寸前の人間の狂気を感じさせる極悪なボーカルがこのサウンドに乗った瞬間に一気に彼岸へと片足を引き擦り込まれている感覚になってしまいそうになる。特に第7曲「Nocturnal Poisoning」は15分にも渡るこの世の人で無くなってしまった人々に捧げるかの様な鎮魂歌であり、優しくもありながら、非常に悲しく美しい漆黒の虚無がこれでもかと目の前に広がっていく様を表しているように思える。

 ただでさえ聴く人を選ぶブラックメタルというジャンルの中でも、更に聴く人を選ぶであろう自殺系ブラックメタルの最右翼、聴くのにかなり体力を使う作品ではあるが、この漆黒の世界の魅力に嵌ってしまったら二度と抜け出せなさそうだ。極まった異常さと狂気はどこまでも美しいと思ってしまいそうになる快作に仕上がっている。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。