■Rorcal

■Monochrome/Rorcal

240754.jpg



 スイスの極悪激情系スラッジコアバンドであるRorcalの1曲入りの作品。08年発表。僅か1曲でありながら35分に及ぶスケールの大きい作品であり、アンビエント・ポストロック・スラッジコアが渦巻く超轟音作品であり、その壮大さで鳴らされるのは全てを粉砕する破滅的ハードコアだ。そのカタルシスは美しさを感じさせながらも、矢張り憎しみと悲しみに満ちている。



 まず序盤はダークアンビエントな音がSE的にくぐもった空気を作り出し、聴き手に不安を与えていく。そこからポストロック的静謐さをもったリズムとぐにゃりと歪んだギターフレーズと淡々とドゥームな音階を鳴らすベースが不気味に終わり無く響く。そしてそこから一気に轟音の激重リフが全てを埋め尽くす。しかしただ単純に破壊力に任せた音を鳴らすのではなく静謐で厳かな空気をしっかりと受け継ぎながら、その音圧を強めているのだ。ハードコアの破壊力を徐々に高めていきながらも、NEUROSISを彷彿とさせる様な美意識に満ちた壮大さ、血反吐を吐く勢いでシャウトを続けるボーカルと女性ボーカルの美と醜の対比もまた耽美な美しさを生み出し、そのドス黒い世界が聴覚を侵していく。
 そしてまた静謐なポストロックパートに移行する中盤は女性ボーカルの儚い歌声と、徐々に燃え上がっていく音が次第に激情の音に変わってく。そしてそのまま再び狂気と殺気に満ちたシャウトが木霊し、楽器隊の音が破滅をとんでもなくドラマティックに奏で始める。ポストメタル的なアプローチでありながら粗暴さと美しさがギリギリのバランスで同居し、そしてドラマティックかつ耽美に響く。そしてそこから悪夢の様なスラッジ行進曲へと変貌。フリーキーなサックスの音はとんでもなく不気味だし、終わりの無い悪夢の様な感触が脳髄を蝕む。そして引き摺る様に虚無と破滅を少ない音数でありながら、一音の重さが尋常じゃ無いギターリフとドラムが完膚無きまでに粉砕していく終盤。そしてその熱量が漆黒の炎として全てを巻き込み、破壊した先のサックスとキーボードが織り成す穏やかな虚無で今作は終わる。



 スラッジコアの枠をしっかりと守りながらも、その先にある音を今作では鳴らしているし、そこにドラマティックな構成と展開を交える事によって無慈悲な破壊力を持ちながらも漆黒の激情を鳴らす事に成功している。こいつらの音はNEUROSISのそれをしっかり吸収し消化しながら、よりハードコアな粗暴さで鳴らされている。破滅のカタルシスがそこには存在しているのだ。



また今作は下記の公式サイトのDISCOGRAPHYからフリーダウンロード出来る様になっている。
http://www.rorcal.com/doom/
スポンサーサイト

■The way we are, the way we were, the way we will be/Rorcal

folder.jpg



 スイスの激情スラッジコアバンドであるRorcalの2006年発表の5曲入りEP。這いずり回る様なスラッジリフに塗れた極悪極まりないハードコア作品となっている。基本的には激重スラッジリフで攻めてくるが、それに対比する不穏の美しさをどこかで感じるし、醜と美の相反するものが共存する激情スラッジコアだ。



 
 今作はいきなり12分にも及ぶスラッジ絵巻である第1曲「Duplicate The Stream Theora」で幕を開ける。推進力の無い、重たいBPMに一発一発の破壊力が凄まじいスラッジリフが乗り、ボーカルも引き摺る様なえげつないシャウトのみで攻めてくる!しかしヘビィでありながらも漆黒の光が広がっていくかの様なダークな美しさも感じさせてくれる辺りがRorcalがただのハードコアバンドでない事を証明しているだろう。特に後半からのドローンノイズと激烈なスラッジコアが切り替わっていく様は壮絶の一言だ。
 第2曲と第4曲で不穏のアンビエントな小品的な楽曲を入れてくる辺りもニクいが、今作はやはり第3曲「Dick Morante」での激情と全てを粉砕するスラッジハンマーのリフが暴発するハードコアサウンドがハイライトになっていると言っても良いだろう。ドラマティックな前半から、無慈悲に刻みのリフで攻めてくる後半と楽曲全体でとてつもない重さを持っている。特にラストの気が触れてしまったとしか思えないロングシャウトは悪魔か鬼が取り付いているとしか言えない。第5曲「Seven suns」の激しくも静謐なポストメタルサウンドはバンドの懐の深さを感じる事が出来るし、そこから肉体が完全に粉砕されてしまいそうな終盤に移行する瞬間なんかこの世の全てが漆黒に包まれてしまう錯覚に陥る位だ。



 ヨーロッパの激情・スラッジコアは非常に良質なバンドが多いのは僕が今更言う事ではないが、Rorcalの音はその中でもかなり高い水準にあると思うし、多様なアプローチをしながらも、最終的にはしっかりとハードコアに帰結しているのは見事としか言えない。全てを粉砕する激情のスラッジコア。この音はあまりにも危険だ。



 今作は日本国内には音源がほとんど入っていないらしく、入手は中々難しいと思う。しかし下記リンクにあるlast.fmのページの方で今作は公式無料ダウンロード出来るので興味がある人はこの危険極まりないスラッジサウンドにやられてみて欲しい。

【ダウンロードページへ】

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター