■Earth

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Primitive and Deadly/Earth


Primitive and DeadlyPrimitive and Deadly
(2014/09/02)
Earth

商品詳細を見る




 これはEarth復活作である「The Bees Made Honey in the Lion’s Skull」以来の衝撃だ。ドゥーム・ドローンの最重要バンドであり、御大Dylan Carlson率いるEarthの2014年リリースの最新作は正にそんな作品となった。復活後はダークで深遠なるアメリカーナ路線を突き進んできたけど、ここに来てDylan先生はヘビィロックへと回帰した。これまでのアメリカーナ路線の流れにありながら、シンプルなバンドサウンドとリフに回帰し、earth史上最もロックな作品を生み出した。初期は無慈悲なドローン・ドゥームとして登場したEarthが行き着いた先は至ってシンプルなロックだったのだ。



 でもEarthが単なるロックを奏でるかと言ったらそんなのは大間違いだ。間違いなく作品はドローンな流れにあるし、これまで同様にアメリカーナ要素もある。しかし今作は更に余計な装飾を取り除き、ギター・ベース・ドラムという本当にシンプル極まりない音で制作されている。そして最も大きな特徴はどの楽曲もギターリフ主体の楽曲ばかりだと言う事だ。極限まで推進力を落としたビートとヘビィなリフというシンプルな音で構成されているのだけど、単なるロックなギターリフをDylan先生が弾く訳が無い、ヘビィさを全面には出しているけど、反復するギターリフは非常に美しいメロディを持ち、それでいてヘビィな残響音を聴かせるリフは余韻の最後の最後まで恍惚の音だ。復活後の3作品はヘビィロックから離れたアメリカーナ路線を追求していたけど、そこで培った物をヘビィロックに還す事によって新たな地平を切り開いたのだ。第1曲「Torn by the Fox of the Crescent Moon」は正に今作のEarthの衝撃がダイレクトに表れた楽曲であり、反復するギターリフが徐々に色彩を増やし、随所随所に美しいアルペジオを盛り込みながらも、徐々に熱を帯びるギターリフによる揺らぎと高揚感、バンドサウンドを前面に押し出したからこその、ダイナミックな揺らぎは正にサイケデリックであり、しかしこれぞEarthにしか生み出せなかったロックなのだ。プリミティブなリフの力による神々しく圧巻なサウンドスケープはEarth史上最高の物になっている。
 また今作の大きな特徴として、再結成後の作品ではインストの楽曲のみを発表して来たEarthがここに来てゲストボーカルを迎えている事だ。いきなりストーナーな感触を持ちながら、奈落と桃源郷が混ざり合ったギターフレーズに意識を持っていかれる第2曲「There Is a Serpent Coming」では(Queens Of The Stone AgeのMark Laneganがゲストボーカルを務めている。しかしMark Laneganの深み溢れる渋いボーカルとEarthの音が見事な惹かれ合いを果たし、悠久のギターリフとMark Laneganのボーカルのコラボレーションは正にロックの最深部であり高みからの新たなる福音であるのだ。特に素晴らしいのは第3曲「From the Zodiacal Light」だ。今作でも特にヘビィさとサイケデリックさ溢れるギターの音が印象的であるし、メインのフレーズと、脳の使われていない部分すら覚醒させるであろう、儚く耽美な揺らぎ。そしてゲストボーカルであるRose WindowのRabia Shaheen Qaziのシリアスな緊張感を持つボーカルがまた素晴らしい。今作はここ最近のEarthの中でも特にダークな感触を持つ作品ではあるけど、そのダークさは絶望的なダークさとは違う、人間には抗えない得体の知れない物へのある種の畏怖の念が生み出す恐怖心としてのダークさであると思うし、しかし恐怖は時に救いと隣り合わせであると思うし、この曲はシリアスさから少しずつ精神を開放させる高揚感へと繋がり、Dylan先生とRabia嬢による愛撫の果てに緩やかな絶頂を僕達は迎える。
 再びインストである第4曲「Even Hell Has Its Heroes」も驚きだ。リフ主体である楽曲構造は変わらないけど、サイケデリック・ストーナーといった言葉が見事に当てはまる序盤のロングギターソロからいきなり涅槃へと連れて行かれるし、今作が紛れも無くロックアルバムである事を証明している。延々と続くスロウなギターソロ、そしてスロウなビートとリフが更に調和し、彼岸をそのまま音にしているみたいなサウンドスケープは個人的にはここ最近の割礼が持つ、ロマンとエロスとしてのサイケデリックロックと間違いなく繋がっていると思うし、ロックは極限まで極めると、シンプル極まりない音でも、異様さを生み出せるし、スロウで長尺でありながら、時間軸を完全に歪ませ、次元すら書き換えてしまう。再びMarkをゲストボーカルに迎えた最終曲「Rooks Across the Gate」も凄まじいサイケデリアであり、持続音のギターリフとアコギの調べがとMarkの歌が世界の全てを天国でも地獄でもない、ただ抗えない何かが支配する新たなるパラレルワールドへと変貌させ、最後の最後の余韻まで息を飲む緊張感に支配されたまま終わる。



 これは単なるヘビィロックへの回帰では無い、これまで培った広大で異様な世界を描く音楽を、完全にロックに還し、ロックの新たなる可能性を提示した作品になったのだ。Earthのこれまでを全て持ちながら、そのどれとも違う音は正に悟りの境地だと言えるし、Dylan先生の天才っぷりにはもう驚くしか無い。果たしてEarthがこの先何処に到達するかはまだ誰も分からないけど、でもdylan先生が目指す先は涅槃すら超えた最果てなんだと思う。



スポンサーサイト

■Angels of Darkness, Demons of Light 1/Earth


Angels of Darkness Demons of Light 1Angels of Darkness Demons of Light 1
(2011/02/22)
Earth

商品詳細を見る




 再始動からドゥーム・ドローンを置き去りにし、たおやかで緩やかで広大な作品を発表しているEarth。11年発表の今作もそんな流れを引き継いだ作品である。作風こそ前作と変化は無いが、より郷愁に満ちた音を鳴らし、自らの音をまた一歩進化させた作品だと言える。バンドサウンドで録音されながら、チェロ等の楽器がその音を彩り、より緩やかでより重みのあるサウンドになっている。全ての地平を超えた音が鳴り響いてる。



 今作はよりルーツミュージックのカラーを色濃く出し、よりブルージーなアプローチを感じさせてくれる。しかしながらやはり超スローテンポで少ない音数で楽曲は構成され、その残響が生み出す空気の振動が本当に優しく深遠だ。この空気を生み出しているリズム隊は本当に少ない音で世界を描き、一つ一つの音の繊細な空気がそれを生み出している。歪みを感じさせながらも、その旋律は時に泣きの旋律を鳴らし、郷愁の大地への賛美歌の様に聴こえてくる。アメリカンなルーツミュージックに寄り添ったからこその変化であり、それをEarth流に仕立て上げ、壮大な音へと変貌を遂げているのだ。その土臭さは本当に太古の世界と今を繋いでいるかの様な感覚にすらなる。そして最終曲である第5曲「Angels of Darkness, Demons of Light I」はEarthの音の最深部へと入り込んだかの様な繊細であり、序盤のドローン色のある音色は本当に不穏であり神秘的で、そこを彩る繊細な旋律のギターがまたその神秘性を強くしていく。そしてくぐもった音に徐々に色が付いていく、少しずつその世界を広げ、広がっていく様はこの身体にEarthの豊かな音が沁み込み浄化される感覚すら覚える。そして終わり無く繰り返される音は静けさの中に収束する。



 今作でEarthはより自らの音を更新させた。原始の感覚とリンクし、芸術性に満ちた静謐さと土の匂いを融合させ、より壮大に果てを描く音になっているし、ディラン・カールソンの描く音が本当に身体の小さい細胞すらも静かに覚醒させていくのだ。今作は続編を発表する予定らしく、そちらでも進化したEarhtも広大な音が鳴らされている事を期待せずにはいられない。



■The Bees Made Honey in the Lion's Skull/Earth


Bees Made Honey in the Lions SkullBees Made Honey in the Lions Skull
(2008/02/26)
Earth

商品詳細を見る




 ディラン・カーソン率いるドローン暗黒神ユニットEarth。大名盤「Earth2」にて無慈悲の暗黒ドローン絵巻を展開し、SUNN O)))に多大な影響を与えたのは有名であるが、活動停止期間を経てシーンに復帰したEarthの音はヘビィさを削ぎ落とし、雄大さと不穏さをアメリカーナなサウンドで鳴らすユニットへと変貌を遂げた。今作はそんなEarthが08年に発表した作品であり、しっかりとしたバンド形態で録音された物になっている。そこには推進力を放棄した激重のリフは存在しない。空間を埋め尽くすのは美しく不穏なギターの残響音だ。



 音数の少ないスローテンポのリズムだったりとか、ミニマムに反復するギターリフだとかは確かにEarthならではのドローンなサウンドは確かに存在しているが、今作で展開しているのは重過ぎる歪みのギターリフが空間を埋め尽くす拷問サウンドではない。広大さと壮大さを見せつける奥行きのある空間的サウンドだ。音数の少ない構成だからこそ、ギターの一音が、ドラムの一音が、確かな存在感を持っているし。それらの音を丁寧に組み合わせて広がっていくバンドのアンサンブルは正に鉄壁の一言に尽きる。BPMのスローさ、少ない音数でミニマムに展開する楽曲だとかはディランならではの手法ではあるが、それを余計な装飾などせずにオーガニックな形で鳴らされた事によって、空気の振動だったりとか、音に宿る鼓動なんかが本当にダイレクトに耳に入ってくるのだ。そしてそれらの音は何の縛りの無い形で緩やかに自由に拡散していく。緻密に作られたアンサンブルはEarthを、地球が繰り返している静かであり確かな躍動を細胞レベルで聴き手に伝えている。



 ディラン・カーソンが長い時間をかけて行き着いたのは、四次元レベルでの生命の躍動を鳴らす雄大な音の世界であった。今作は決して派手な作品では無いが、数多くの楽器の音が重なり合い鳴らされる大地の躍動と息吹は緩やかでありながらも、聴き手の五感を確かに覚醒させる物である。僕達はただ今作で鳴らされている音に何も考えずに身を任せるだけで良いのだ、あらゆる感情をこの音は包み込んだくれるし、ただオーガニックな生命のアンサンブルの美しき世界に抱かれるだけで良いのだ。



■A Bureaucratic Desire for Extra Capsular Extraction/Earth


A BUREAUCRATIC DESIRE FOR EXTRA CAPSULAR EXTRACTION (ア・ビューロークラティック・ディザイアー・フォー・カプセラー・エクストラクション)A BUREAUCRATIC DESIRE FOR EXTRA CAPSULAR EXTRACTION (ア・ビューロークラティック・ディザイアー・フォー・カプセラー・エクストラクション)
(2010/11/24)
EARTH (アース)

商品詳細を見る




 SUNN O)))にも影響を与えたドローン破壊神Earthの91年に発表された1stアルバムである「Extra-Capsular Extraction」に、同時期にレコーディングされていた音源4曲を追加する形で再発されたのが今作である。「Earth 2」の様な無機質なドローン絵巻ではなく、あくまでもスラッジコア・ドゥームとしての初期衝動的なEarthの世界が展開されている。しかしながらこの時点でEarthはバンドとして確固たる物を獲得しており、当時からドローン・パワーアンビエント的なサウンドはある意味完成されていたといえる。



 組曲になっている第1曲と第2曲「A Bureaucratic Desire for Revenge」の存在感がまず凄まじい。単一リフを徐々に変化させてく展開。ビートは本当に最小限の音だけがインダストリアルな感触で鳴らされており、推進力の重いビートとリフがズルズルと這いつくばっている。そして第2曲にてボーカルを取るのは、あのNIRVANAのカート・コバーンである。ディラン・カーソンとは唯一無二の親友であったカートが歌っているのだ!カートの歌声はボソボソと今にも死んでしまいそうな絶望感を持ったテンションで遺言の様に言葉を紡いでいく。そして重たいビートとリフとアンビエントなノイズとシャウトとカートの歌声が病巣の様な世界を暴いていくかの様に響き渡る。第3曲「Ouroboros is Broken」は「Earth 2」のどこまでも無の等しいカルト的虚構の世界が既に完成されてた事を証明する1曲だ。第4曲「Geometry of Murder」では一転して、インダストリアルな感触のスラッジ・ドゥーム的世界を展開させているし、第7曲「Dissolution 1」などはGodfleshの様な無機質さと暗黒さを孕んだ完全なるインダストリアルナンバーだ。ビートがしっかりとした形で鳴らされている事に驚きを隠せない、Earthの別面を見事に見せ付けている。そしてラストはしっかりとEarth流ドローンサウンドに帰結するのは流石と言った所である。



 カートが参加している作品というのを抜きにしても、この作品はドローン・ドゥーム界隈ではかなり重要な作品であったと思うし、追加音源も素晴らしかった。このような形で再発してくれたサザンロードには頭が下がる。そしてこの世界観が大傑作「Earth 2」に繋がっているのもまた興味深い。「Earth 2」よりも格段に聴き易い作品でもあるので入門編としても最適だ。ディラン・カーソンの才能はこの頃から発揮されているのだ。



■Earth 2/Earth


Earth 2Earth 2
(1994/03/01)
Earth

商品詳細を見る




 あのSUNN O)))にも絶大な影響を与えた作品であり、ドローンを語る上では絶対に外す事の出来ない金字塔である。たった3曲しか収録されてないのに、収録時間は70分超え。そこにはまるでブラックホールの様な漆黒があるだけだ。



 SUNN O)))は拷問の様な圧殺サウンドにダークさも備えていたが、Earthはダークさすら無い虚無である。何の感情も存在しない。あるのは空間を埋め尽くす不穏のアンビエントノイズと、終わり無く繰り返される単一のギターリフだけ。ドラムも殆ど入っておらず、最早リズムの概念すら放棄してしまっている。展開なんて殆ど存在すらしていない。ひたすらに同じリフが反復されるだけ。それが70分以上に渡って続くのである。第1曲「Seven Angels」ではリフは明確な形として存在してるが、ドゥーム・ドローン界の最重要人物達で結成されたTeeth Of Lions Rule The Divineの名前の元ネタになってる第2曲「Teeth Of Lions Rule The Divine」からリフも明確な形が崩れ始め、聴き手は一気に酩酊とした感覚に陥り、第3曲「Like Gold And Faceted」では、もはや時間感覚さえ分からなくなってしまい、ひたすら反復するリフだった物に飲み込まれたまま虚無的な風景を感じるだろう。



 個人的にこの作品は何も考えないで、頭を空にした常態で横にでもなりながら爆音で聴く事をお勧めしたい。意味だとか思想だとか、そういった物すら取り払ってこのアルバムと向き合うと、ある種のトリップする感覚を覚えてしまうのではないか?それは圧倒的な音でありながら、ただ何もせずそこにそびえ立ってるだけの音塊に身を任せて、揺り籠で眠るかの様に聴くと良いだろう。勿論、当時はこんなカルト作品は全く評価されなかった。しかしSUNN O)))の登場によって、このアルバムの真価を多くの人が知り重要な作品となった。Earthはサウンドの方向性を変えながらも今なお活動中である。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。