■discotortion

■暴妖/discotortion

bakuyou.jpg



 ex.COWPERSの高橋氏と小森氏によって結成されたdiscotortionの2014年リリースの3rdアルバム。少しずつ形を変え、気がついたら6人編成のツインドラムの大所帯バンドになっていたが、チカダ氏の脱退を受け、新たにex.200MPHのハッタ氏と、同じくex.200MPHであり、quizkidの林氏も加わり、ex.COWPERSとex.200MPHがぞれぞれ二人在籍すると言うスーパーバンドになってしまった。そんな最強布陣で制作された今作、2ndもとんでもない傑作だったけど、それを遥かに超えるとんでもないアルバムに仕上がってしまった。アートワークは勿論今作もRick Frobergの手による物だ。



 教科書通りに正しく音楽をする事に常にNOを叩きつけてきたdiscotortionだけど、サンディエゴ周辺だとかポストハードコアを継承しながら、それをズタズタにしまくって再構築した彼等独自の音楽性を、更にズタズタにしてしまい、新たな形に構築したのが今作だ。今まで以上に生々しく血の匂いを感じさせるサウンドを生み出し、より攻撃的になりながら、より音楽的多様性も手に入れ、エクストリームさを助長させている。第1曲「ジャウ!!! - 淨」から硬質なパーカッシブなドラムとボーコーダーを使った妖しいボイスコラージュのオープニングから異様過ぎる空気が生まれているけど、曲の中盤でジャンクなヘビィネスを叩きつけるリフとツインドラムの暴動による混沌の渦を生み出す。リフの重みと強さと殺傷力と、ツインドラムの複雑極まりなく、怒涛のビートによる狂乱はこれまでのdiscotortionのより強靭に、そして狂人にしてしまったのだ。しかし合間合間に入るチョーキングギターなんか、モロにサンディエゴな感覚なのに、彼等の場合は、単なる模倣じゃなくて、本当に必然であり、自然と存在する音なのだ。
 第2曲「ゼット - 絶瘏」の破壊力も凄まじい。なんちゅう音してんねん!というハッタ氏のベースから一撃必殺のピックスクラッチ、高橋・林のツインギターのリフの応酬、爆走するポストハードコアサウンドの熾烈さも凄いけど、落とすパートのエモーショナルさも見逃せないし、哀愁と共に未整合なサウンドはやはり熾烈だし、そして全てが激烈のサウンドへと帰結しているのは本当に見事すぎる。第3曲「ワイプ - 泄襍」もヘビィネスと暴走サウンドとジャンクさが渦巻く熾烈さで、しかし純粋なオルタナティブロックとして最高に格好良いじゃないか!!攻撃的に突き刺すリフも痺れるし、鉄と血の匂いをプンプンとさせながら、邪念渦巻く断罪の音に平伏すしかない。よりジャンクさ際立ち、より歌が際立つ第4曲「月ニ乞ウ - 曝」のdiscotortion流のエモも素晴らしい。
 とにかくヘビィなだけじゃなく、速いだけじゃない。彼等の前身となっているCOWPERSや200MPHのルーツであるサンディエゴ周辺のサウンドやUSエモのDNAは今作にも確かに継承されているし、継承されているというかあの辺の音が完全に彼等自信の細胞の中に必然として存在しているし、どんなにエクストリームに激烈な方向に振り切っても、その細胞レベルで存在するあの時代の音が全く新しい形で更新されているし、彼等はあの時代の音をただ継承事を全力で否定した、その結果生まれたのが今作だし、第5曲「ナム - 拿ム」も密教的アプローチを大胆に導入しながら、遺伝子レベルの必然のエモーショナルポストハードコアを見事に展開。地獄みてえなノイズ渦巻き、音の輪郭すら掴めなくなりそうな激音から始まり、無慈悲なジャンクロックとなり、爆走する殺気に壊れそうになる第6曲「カンダ - 色/受/想/行/識」のカオティックなカタルシス、変則性と共に激音の散弾銃をお見舞いする第7曲「スナ - 沙」と、これまで以上に全ての曲が必殺と言う言葉が最高に似合う破壊力だし、新たな地平を切り開いた結果生まれた殺戮平気だ。今作で一番の歌物である最終曲「ウ・イ カコ・ツ - 憂・託」でもやっぱり変則性と、哀愁からの地獄変とも言えるサウンドもやはり凄まじく、壮絶な今作を締めくくるに相応しい。



 聴き手に対し「ついてこれる奴だけついてこいッ!!(シンフォギアG)」と言わんばかりに先の先を行く激烈な音ばかりを詰め込んだ今作は、ex.COWPERSだとかex.200MPHだとかいう前文句すら嘲笑い、完全に自らの過去のバンドの先の先を行くだけじゃなく、ありとあらゆるこの世のオルタナティブロックに対する挑戦状どころか、ブチ殺した後に殺害予告しちゃいましたみてえな作品になったと思う。間違いなく2014年を代表する傑作だし、今作は聴き手の新たな世界を確実にこじ開ける。最後にリリースインフォからのこれ以上に無い一文を引用させて頂く。

「もっと速いバンドも、もっと重いバンドも山ほどいるが、こんなバンドはdiscotortion以外にはいないのだ。」



スポンサーサイト

■空谷ノ歪音/discotortion

FINETUNING-23.jpg



 北海道のハードコアシーンを引っ張り続ける猛者共によって結成されたdiscotortionの2011年発表の2ndアルバム。ツインドラム編成となってから初の作品であるが、重厚な音圧によって繰り広げられるのはハードコア・オルタナティブロックを基盤にしながら雑多な要素をジャンクに食らった、超爆音のギターリフが空間を埋め尽くす本質的な意味での混沌と、脳髄直撃の爆音ダンサブルオルタナティブロックだ。ゲストとしてL!EFのマツウラヨシタケ、Zの根本潤、魚頭圭がゲストで参加し、より混沌を極めているのも見逃せない。



 まず今作に存在する音は全く整理なんかされていない。爆音の中でかすかに聴こえてくるキーボードの音であったりとか、硬質でダンサブルなビートがツインドラムの音圧で鳴らされていたりとか、NO WAVEなカラーも思い切り吸い込んだ上で、それを脳直で本能のままに鳴らしているのが今作の大きな魅力だと言える。楽曲の基盤になっているのは爆音で殺気だった一撃必殺のギターリフの格好良さであり、それをストレートに鳴らしながらも、正当なオルタナティブロックのマナーなんか無視し、多くの音を未整合のままブチ込んでいるのだ。Shellacにも通じる硬質のビートを解体し、より混沌に向かい暴走しているとしか思えないのだ!何よりもバンドとしての腕力と馬力が圧倒的。このバンドにあるのは豊かな音楽性と、サンディエゴ直径のハードコアサウンドをズタズタにしてしまう暴力性であるけど、その音を鳴らすバンドとしてのパワーが本当に絶大!バンドが持つ原子的な力が凄まじいからこそ、このジャンクで残酷な音は、狂気に満ちたオルタナティブ殺戮兵器として猛威を振るっているのだ!



 先人達の影響とリスペクトを感じさせながら、それを模倣するのでは無く、ズタズタにしてしまった上で、整理なんかしないで本能のまま爆音で鳴らしてしまった今作。本当にオルタナティブであるし、脳髄を叩き潰す極悪な爆音のギターリフと冷徹でダイナミックなビートは全てを粉々にしてしまうだけの力を持っている。耳を劈く爆音サウンドに僕の心は完全にノックアウトされてしまった。2011年のジャパニーズオルタナの傑作だ。今作は是非とも超爆音で聴いて、その脳髄を完全粉砕されて欲しい。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター