■Gomnupers

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ヒキワケ/Gomnupers


ヒキワケヒキワケ
(2000/09/30)
GOMNUPERS

商品詳細を見る




 北海道の重圧殺マシーンことGomnupersの00年発表の2ndアルバム。1stではファストながらにもヘビィなリフが轟くハードコアを聴かせていたが、今作ではそのヘビィさはそのままによりファストかつカオティックなハードコアになっている。その変則的かつファストな音を鳴らしながらもヘビィさは失っておらず益々攻撃的な音に仕上がっている。リリースは名門STRAIGHT UP RECORDSから。



 楽曲の尺も短くなっており、よりファストコアに傾倒した音になっている、それに加えてカオティックハードコアの要素も強くなっており、変拍子を多用する様にもなった。しかし第2曲「シナプス」を聴けば分かると思うが持ち前のヘビィで強烈な音圧のリフは健在であるし、それをよりブチ切れたテンションで鳴らす様になり一点集中の音になっている。ドラムのビートもグラインドコア色の強くなっているしDiscordance Axisにも近い物を感じる。また大きな変化としてベースラインの変化であり、躍動感に満ちたうねりを炸裂させ、縦横無尽に這い回る大蛇の様なラインがそのカオティックさを加速させているのだ。その中でも第5曲「悪臭」はスラッジコアの毒素を持ったリフが引き摺るグルーブを生み出しているが、逆に彼等の持ち前のヘビィなハードコアをアピールするには十分過ぎるし、時折見せるファストコアなパートがより混沌へとダイブしていく。他の楽曲もヘビィなリフで攻めるパートとファストなカオティックなパートを使い分け、性急さと、ダークなグルーブが交互に入れ替わり、それがより制御不能の音になっている。テンションは常にフルストッルだし、ハードコアバンドとしての肉体へと訴えるパワーは絶対に忘れない。そして最終曲である「ペースト」は今作の中でも完全に異色の楽曲になっており、ファストコア要素皆無な厳かさすら感じさせるスラッジコアになっているのだ。緻密さも感じさせながらも、今作で最もヘビィな楽曲になっているし、止まりそうなBPMで一発一発のリフの残響音すら聴かせてくるし、それは後の3rdの完全にスラッジコアへと変貌した音に繋がっている。



 1stでのストレートなハードコア路線から転調と変拍子が渦巻くカオティック路線へと変貌を遂げ、プログレッシブなグルーブで攻め立てる今作であるが、それでも核になっているのは一貫してヘビィで強烈な音圧のギターリフだ。その一撃必殺のリフがあってこその今作でもあるし、それがあるからこそGomnupersは重圧殺マシーンの名を欲しいままにしているのである。
スポンサーサイト

■Angler/Gomnupers

Angler.jpg



 通称試される大地であると同時に激烈ハードコアバンドが激戦を繰り広げる北海道は札幌の重圧殺マシーンことGomnupersの96年発表の1stアルバム。リリースは名門レーベルとして名高いSTRAIGHT UP RECORDSから。現在ではインストのスラッジで相変わらずその重圧殺っぷりを見せつけているこいつらであるが1stである今作はかなりストレートはハードコアをやっている。しかしそのへビィ極まりない音は1stである今作から健在であるし、そのギターリフ一発でブッ潰されるのは間違い無しの1枚になっている。



 基本的にはファストかつストレンジな音を鳴らしている彼等であるが、その殺気に満ちた音とへビィなギターリフの引き摺るグルーブは脳天直撃物である。それでいてシャープに引き締まったバンドとしてのフォルムを持っているのも見逃せない。第1曲「Angler」からもそれは伺えるし、時折スラッジな要素のミドルテンポのパートがあったりする辺りは彼等の根底は当時から現在まで全くブレていない事を証明している。一方で第2曲「Yes I'm God」はそのへビィさで自らのファストコアを叩き付けているし、抜けの良いスネアの2ビートが何とも気持ちが良いが油断してたらあっという間に粉砕されてしまう。第4曲「7」は本当に必殺の1曲でドラムの小気味良いビートと鋭角のキメを盛り込みながらもシェイプアップされたバンドのアンサンブルはかえって自らの音圧を際立たせているし、この楽曲を聴けば彼等が重圧殺マシーンの名を欲しいままにしているかを嫌でも理解出来る筈だ。基本的には2ビートを基調にしたファストな楽曲で攻めてくるのが彼等のスタイルであるが、第7曲「Moment」は完全にスラッジの域に到達したパートとファストなパートを絶妙に盛り込んでいる楽曲であるし、引き摺るスロウさであろうと性急なファストさであろうとこのギターリフは全てを薙ぎ倒す殺戮平兵器である事に変わりは無いのだ。そしてラストである第9曲「Fight」はAgnostic Frontのカバーであるが、この15秒で駆け抜けるファストさと全力のスラッジハンマーの高速回転で全てを粉砕するパワーが融合した結果の破壊力のおぞましさは相当の物だ。



 徹底して自らの音の殺傷力を鍛え上げたからこそ生まれた殺傷力に満ちたハードコアこそが彼等の持ち味であり、そのストレートでありストレンジなスタイルから放出されるギターリフの重みこそが彼等の武器であるのだ。現在では完全にスラッジコアになってしまったが、それでもその核はこの当時から全く変わっていないし、それが変わらない限りは彼等は重圧殺マシーンであり続けるのだ。

■This riff defeats a line of the people who line up a chinese noodle shop/Gomnupers


This riff defeats a line of the people who line up a Chinese noodleThis riff defeats a line of the people who line up a Chinese noodle
(2009/12/23)
GOMNUPERS;MAN IS THE BASTARD

商品詳細を見る




 札幌を拠点に活動するハードコアバンドであるGomnupersの09年発表の3rdアルバム。これまでに発表された1stと2ndではストレートなハードコアを展開しながらも、そのリフはヘビィさは正に重圧殺マシーンの異名を得るに至るに相応しい極悪な物であった。そしてメンバーチェンジを経て発表された今作ではボーカルレスのインストバンドになっており、それ以上にストレートなハードコア路線からその重圧殺サウンドはそのままにBPMを一気に落としより極悪で殺気に満ちたスラッジコアバンドへと変貌を遂げている。



 まず今まで以上にギターを始めとする各楽器隊の音圧と音量とヘビィさがより禍々しい音になっている。それでいて楽曲のBPMもスロウになりどこを切ってもスラッジコアな音になっている。しかし従来のスラッジコア以上にハードコア色の強さを感じる部分もあるし、それでいて引き摺る様な感触のスラッジリフといった要素を強く感じるし、そのリフの破壊力を増幅させる一発一発の音の重みも相当な物であるが、少ないリフで終わり無く展開するギターリフに対して、タイトかつ重みのあるドラムが徐々に展開や構成を変化させる事によって楽曲そのものに退屈さを感じさせる事は無い。それでいてどこか病的な感触を受けるのはリフの一音一音の響きであったりが手伝っている部分もあるだろう。個人的にはイタリアのLentoの様な一点集中型の破壊力と無慈悲さをこのバンドから感じるし、それをドゥーム側では無くスラッジ側からのアプローチを仕掛ける事によってこのバンドの核にあるハードコアさは失われる事無く、よりヘビィにより病的さを増したスラッジコアとしての音を感じる事が出来る。そして何よりも作品全体を通して遠慮なんか全く無く休まる事無く60分近くにも渡り重圧殺マシーンも無慈悲なスラッジ地獄がただ繰り広げられている。だが元々がハードコアバンドであった事もありそのリフはシンプルであるし、どこかハードコアのキャッチーさを仄かに感じさせてくれる部分がある様にも見えるのだ。



 長い年月をかけて自らの音をビルドアップさせた結果、無慈悲で遠慮無しの重圧殺スラッジサウンドを完成させたこいつらであるが、過去の作品のストレートかつカオティックな絶叫重圧殺ハードコアから一気に化けた作品でもあるし、過去の作品を愛聴していた人でも戸惑いを覚えるかもしれない。しかし自らの最大の武器であったヘビィなリフを突き詰め極めたからこその今作のスラッジサウンドであり、その変化はどこか必然でもあるのだ。札幌の重圧殺マシーンは今もなお健在だ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。