■kulara

■5 pieces songs/kulara

1500759.jpg



 数多くの素晴らしい激情系ハードコアの中でもやはりkularaは完全に異端な存在だ。ハードコアを分解しまくった末のズタズタな楽曲に内に向かう狂気その物を歌う彼等は日本の激情の中でも唯一無二の暗黒神であった。カオティックからポストロックからアンビエントまでボーダーレスなその音は超絶に変則的であるのだ。今作は99年にNever Shown Faceからリリースされた5曲入りEPであるが、今作で既にkularaの音は完全に確立されている。



 その音はハードコアらしさなど皆無でありながら、ハードコアでしか鳴らせない漆黒の激情そのものであり、決して長尺の楽曲が収録されてる訳では無いのだけれども、その4分、5分の楽曲の中で予測不能な展開を見せ付けながら、感情移入する余地など全く無い冷徹な狂気が狂い咲く。第1曲「Two Suns Day」からいきなりダークアンビエント×ポストロックなフレーズで幕を開ける。ハーモニカの音色とコーラス使用のポストロック的硬質かつ幾重にも重ねられたギターが異形の世界へと導いてくれる。美しくクラシカルな轟音の海からフリーキーなポストコアへと変貌し終盤になってやっと猟奇的なボーカルと共にその築き上げた音を打ち砕く。変拍子のビートと共にのっけから重厚なリフとシャウトが生み出すプリミティブな憎しみを鳴らす第2曲「Your Own Gain」でもその異質さは健在。目まぐるしく変わるフレーズを拍をわざとずらしたキメとか不協和音のリフとか明らかに異物感に満ちた要素を完全に激情に変換している。ポストロックと激情を融合させた第3曲「Fate」は特にその緻密に練り上げられた楽曲と不穏のコード進行が妖しさとアンビエントさから激情の音に切り替わる瞬間のカタルシス。奇数拍のリフの不穏の足取りで破滅へと雪崩れ込む今作屈指の名曲である。ファンキーさも感じさせるダンサブルなビートとマスロックの様なキメの嵐が咲き乱れる第5曲「Human Pattern」で今作は幕を閉じるが全5曲共にハードコアの範疇では語れない独自の方法論を確立している。



 今作で培った物を更にスケールアップさせ2ndであり日本の激情系ハードコア屈指の大名盤「a naked landscape」へとkularaは進化していくのだが、持ち前のプリミティブかつ冷徹な狂気と、多くの楽器を導入しボーダーレスな音を振り落とすというスタイルは今作で確立してると言って良い。99年という激情の黎明期にここまで先を行った音を鳴らしていたバンドはkulalaだけであるし、こいつらが残した財産はあまりにも大きい。
 また今作と「a naked landscape」と初期のデモ音源をコンパイルしたディスコグラフィー盤である「1997-2001 hue」がkularaの自主レーベルである蜜からリリースされており、今作が500枚限定プレスで既に廃盤なのもあるので、是非現在でも普通に購入出来る「1997-2001 hue」にてkularaの音に触れて欲しい。こいつらは激情の中でも屈指の完全オリジナルの音を鳴らしているバンドであるから。
スポンサーサイト

■a naked landscape/kulara

20080602_477383.jpg



 日本の激情系ハードコアの礎を築いたバンドと言えばEnvy、There Is A Light That Never Goes Out、1stでのNine Days Wonder、3cm tourと多くのバンドが挙げられるが、kulara(クララ)の紛れもない国内激情最重要バンドの一つであり、そして最も狂った音を鳴らしていたのがkularaであった。今作は00年に自主レーベルより発表された2ndでありkularaの実質最後のオリジナル音源であるが、たった2曲収録でありながら27分半という収録時間、ハードコアでありながらアンビエント的アプローチの前衛的な音、全編に多くの楽器を導入し、残虐で冷徹な狂気を鳴らす激情系ハードコアが生まれてしまったのだ。



 まず今作は全編に渡りピアノが導入されている、しかも今作での音の方向性を決定付ける程の重要な役目を担い、不協和音のコードに基づいた不安定な感覚でゆっくりと鳴っているという物、ドラムのビートもハードコアらしいビートなんか一切登場せず変拍子と転調だらけであるし、ベースは躍動感に溢れるラインを予測不能な音の進行で攻めているし、それがブチ壊れたドラムのビートと奇妙に絡み、kulara独自の捻れたグルーブを生み出している。ギターの音なんてまともなスケールなんか使用しておらず、不協和音を時に静謐に鳴らし、言い知れぬ恐怖を与え、時にハードコアらしいヘビィさのあるリフをその独自のスケールの基づき、ジャンクさと残酷さを生み出すという本当にカオティックその物だ。ボーカルもいきなり叫んだと思えば、急にボソボソと狂った呟きをするまるでSilencerのボーカルとStalingraidのロシア人ボーカルであるローマが組み合わさった様な感触だ。ただ言えるのはこれらが全て極限まで内省へと向かい、人間の中にある破滅的感情と自傷的破壊衝動へと全て帰結したハードコアという事だ。
 第1曲「Brown Knife」なんかは序盤はまだハードコア要素を感じさせてくれるパートだけれど、徐々にそれらが引き裂かれ、アンビエントな不穏さが徐々に見えてくる構成。長尺であり複雑な構成の楽曲であるが、ドラマティックな要素を排除し、全編通して、残酷な狂気でフラフラと進行していく様な楽曲だ。変拍子でズタズタに分解されたからなだけでは無く、奈落の奥に突き落とし、かと思えばいきなり転調し涎を垂らしながらなたうち回る様な激情パートを繰り返していくという楽曲。ピアノだけでなくサックスなんかも導入し、多くの音が鳴らされながらも、それらが幾重にも重なり感動的な音を鳴らすのでは無く、全方位からの狂気として存在しており、そこから抜け出せない精神世界の煉獄へと繋がっていく。第2曲「The Belt Of Sleep Freeze」は更に混沌を極めた楽曲であり、アンビエントなギターと美しいピアノの旋律での静謐な始まりから、それらが徐々に無慈悲なうねりとなり、精神の奈落のハードコアになる様の構成美が非常に堪らない。楽器隊の音が激情のうねりを暴発させるのに対し、聞き取り不能な呻く様なボーカルが非常に対象的でもある、ダークアンビエントを人力でやっている様なパートを挟み、身を引き裂く寒々しいギターの音が埋め尽くし、後半からはRussian Circlesをよりダークにしたかの様なポストメタル的なアプローチまで飛び出す。終盤の終わり無く反復するリフは燃え尽きる事無く続き、それらが憎しみと殺意を増幅させる様な音なのだ。この激情は決して美しく暴発せずに破綻寸前のまま終わりに向かい落下していくだけなのだ。



 多くの激情の素晴らしいバンド達は、それぞれ自らのアプローチを確立しながらも最終的にはストレートな瞬間の激情を鳴らしている。しかし今作の音は感情移入する余地すら削ぎ落とし、理解した気になるのなんか許さない内側の内側へと向かう自傷的であり、残虐であり、感情的なハードコアを確立した。国内の激情のバンドの中でもここまで漆黒の音を鳴らしたのはkularaだけだ。たった4年間でその活動にピリオドを打ったkularaであるが、その存在意義はあまりにも大きいし、今作はそんなkularaの到達点であり、国内激情屈指の名盤となった。
 kularaのメンバーはそれぞれhununhum、reach me down、mermort sounds film 、As Meias等で活動し、現在もそれぞれ素晴らしい音を生み出し続けている。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター