■Amenra

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Mass V/Amenra

AmenraMassV.jpg



 ベルギーの激重激情神として名高く、昨年は日本のTokyo Jupiterからも編集盤がリリースされたりと日本でも着実にその存在感を知らしめているが、そんな彼等がNeurosis自身のレーベルNeurot Recordingsと契約し、リリースされた2012年の最新作。そして間違いなくこれまで素晴らしい漆黒の世界を生み出してきたAmenraの最高傑作とも言うべき作品だと思う。ドス黒い激重世界を生み出してきたAmenraだが、遂に前人未到の領域にまで達してしまったのだ。



 4曲約40分で全曲が長尺の楽曲であり、今まで以上にダウンテンポを極め、漆黒の血飛沫が噴出し、ドス黒さを更に極め、本気でNeurosisすら喰い殺してしまいかねない悲壮感と憎しみに満ちた悲しい音がとんでもない重量で降りかかってくる。Amenraは徹底して黒を描くバンドだと僕は思っているけど、それを極限まで極めたのが今作だと思うし、泣き叫ぶ様なシャウトを繰り出すボーカルも更に悲壮感が加速し、より重みを増したリフが振り注ぎ、トライヴァルさを持ちながらもひたすらダウンテンポを徹底して貫くビートが推進力なんか放棄して這い回るスラッジ地獄。熾烈さの中にある悲壮感が生み出す漆黒の神秘性の美しさ。ヘビィさと芸術性を更に高め、Amenraが孤高のバンドであり続ける事を証明しているだけではなく、更なる進化を見せたのだ。
 第1曲「Dearborn And Buried」からAmenraの壮絶な音の世界は繰り広げられており、不穏なクリーントーンのギターストロークからシャウトが入った瞬間に歪みを加え、トライヴァルなビートに引っ張られながら、美しい悲壮感が繰り広げられ、スラッジリフが倒れ込む様に襲ってくる。ただでさえ遅く重い楽曲の中で緩急と落差を生み出すAmenra節とも言える手法も更に磨きがかかっているし、ポストメタルとスラッジと激情の負のエネルギーが暴発し、殺意のメーターをブチ壊し、破滅を美しく描いている。第2曲「Boden」では静謐かつ不穏なフレーズから一気にエネルギーを暴発させ、ただひたすらにスラッジリフを叩きつけ、中盤の不気味な読経めいたポエトリーとアンビエントさの強いパートと絶妙に落差を作り、終盤で激情を激重と共に繰り出し、肉体と脳を完全に粉砕されてしまう。今作で最も長尺で13分にも及ぶ第3曲「A Mon Ame」はそれに加えて物悲しいメロウさが更に加わり反復されるフレーズの中で緩やかに堕ちて行く感覚がダイレクトに肉体を襲う。そして気がつけば漆黒の濁流に飲まれているという精神世界の一つの臨死体験が味わえる楽曲。
 しかし今作で一番の凄まじさと素晴らしさを誇るのは何といっても最終曲である「Nowena | 9.10」だろう。アコースティックな感触のギターフレーズから始まり、アシッドで爛れた音色と歌がこれまでの作品の空気を一新させ、暗黒フォークの耽美な世界が広がっていく。しかしそのパートが終わった瞬間に襲い掛かってくるのは今作で一番の破壊力と憎悪に満ちたスラッジリフの漆黒の轟音であり、緻密さと破滅的感情が交錯し、際限なく激重のアンサンブルが奏でられ、それぞれの音の重みが本当に凄まじいスラッジ激情の世界が繰り出され、終わり無き悲劇をただ呆然と眺めている感覚に襲われ、後半からは更にその芸術性を高め、暴虐の限りを尽くすバンドアンサンブルが絶唱という絶唱を繰り出し、正に目の前で惨劇が繰り出されフェードアウトして終わる。まるで完全なる無へと雪崩れ込むかの様な終わりに、ただ呆然とするしか無いのだ。



 ベルギーの激重神として、その猛威を見せ付けるAmenraだが、今作で彼等はその漆黒の芸術的激情を最高レベルまで高め、本当に前人未到の領域にまで到達したと思うし、本当にNeurosisを喰い殺すだけの化け物を生み出してしまったのだ。ポストメタル・激情の歴史に間違いなく名を刻むであろう傑作なのはもう言うまでもないだろうし、Amenraがどこまでも孤高の存在であり続け、徹底して漆黒を激情と共に描くバンドだからこそ生み出せた作品だと僕は思うし、本当に誰も追いつけない世界に彼等はいるのだと思う。その猛威に僕はただ震える事しか出来ないし、熾烈な音塊が無慈悲に全てを破壊する破滅のオーケストラであり一大巨編。



スポンサーサイト

■Mass III-IIII/Amenra

Amenra_MassIII-IIII.png



 ベルギーが誇る激情ポストメタルバンドであるAmenra。世界でも屈指のドス黒く激重の音を放出する極悪極まりない怪物バンドの06年発表の「Mass III-II」と08年発表の「Mass IIII」をコンパイルしたディスコグラフィー的作品が今作だ。今作は2011年に日本のレーベルであるTokyo Jupiterからリリースされ、今作でAmenraは本格的に日本に上陸を果たした。また全曲リミックス・リマスタリング、ボーナストラック2曲収録という豪華極まりない仕様にもなっており、激重音楽愛好家は絶対に外せない最重要音源と断言出来るだろう。



 Amenraの音はCDを再生した瞬間から瞬く間に漆黒の煙で視界が覆われてしまう位、聴き手の脳内の世界を支配するだけのパワーを誇るバンドだ。5ピースの重厚なアンサンブルは鉄壁であるし、徹底して遅く重く、ヘビィなリフに込められた邪念は凄まじい物であるし、負の方向へとメーターが振り切れた音を激情のままに放出している。しかしただヘビィで邪念に満ちた激情を放出してるだけじゃ無いのがAmenraだ。Neurosis等の先駆者のハードコアの粗暴さも継承しながらも、緻密な構成力と芸術的な音の世界も継承した上で、それをより時空を捻じ曲げるパワーで鳴らしている。空間を埋め尽くすヘビィネスの激震の音から、不穏のフレーズが静謐な中で鳴り響くパートへの落差も激しいし、その中で激情バンドらしい旋律の美しさも感じさせてくれるのだ。「Am Kreuz. 」という楽曲なんか狂気のシャウトと無慈悲なリフが常時降り注ぐスラッジさが重圧殺のバーサーカーとしての猛威を見せつける序盤からヘビィでありながらも厳かな美しさを感じる中盤では美しい女性ボーカルの歌声とパラノった狂気のシャウトが美と醜のコントラストを作り出し、その中でスケールの大きい美しい旋律がスロウなビートに乗って鳴り響いてる。「Silver Needle. Golden Nail」という楽曲も前半ででアンビエントなカラーも取り入れ、後半から一気にスラッジな音を展開するという構成になっているし、基本的な音は激情スラッジをポストメタルな緻密さでドス黒いまま暴発させるというスタイルであるが、アンビエントなどのカラーも効果的に取り入れ、その楽曲の中での落差を見事に物にして、それがAmenraの粗暴さをより際立たせている。クリーントーンで静かに歌うパートもあり、楽曲の中でテンションを効果的に変えているのもポイントが高い。不穏の音色が無慈悲かつ漆黒のまま淡々と鳴り響く中でクリーントーンのボーカルが聴き手の不安を煽り、焦らしに焦らす前半から暴発のスラッジ激情パートへと繋がり、その中でも不意に静謐なパートを盛り込む「Aorte」なんかも聴き手の精神へと触手を伸ばして侵略するかの様な楽曲もある。「Ritual」のポストロック的静謐な美しさから終わる事の無い悪夢の様な黒の轟音が全てを飲み込む破滅的スケールは異形の怪物みたいな音でありながら、その向こうの旋律に見とれてしまう。後半の野生を剥き出しにするスラッジさなんか本当に荒涼とした世界に立ち尽くしているかの様だ。またボーナストラックとして収録されている「Shapeless Pain Live 23.10」というライブ音源も凄まじくAmenraの漆黒の激情を圧倒的スケールで体現し、意識を持っていかれてしまう事は間違い無しだ。



 おぞましい漆黒の音を圧倒的スケールで鳴らすAmenraはベルギーが生み出した怪物そのものだ。何も出来ずに平伏すしか無い暗黒神としての力と猛威、理性的な緻密さ、破滅へと突き進む終わりのストーリー、これらを全て100%の力で発揮した怪物だ。NEUROSISのレーベルであるNeurot Recordingsと契約を果たした事実も頷けるだけの力をAmenraは持っている。偉大なる先人すら喰い殺してしまいそうな恐ろしいバンドである。
 今作は下記リンクのTokyo Jupiter Recordsにて販売されており、今作で本格的に日本も漆黒の激重サウンドで飲み込もうとしている。またこちらも下記リンクのTokyo JupiterのページにてAmenraのBiogoraphyが綴られているのでそちらも是非!



Tokyo Jupiter Records

Amenra Biogoraphy



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。