■The Caution Children

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■And Baby / Safe Crusades / No Judgements/The Caution Children

fba527601580c18afa7f70c937e1e391.png



 美轟音・激重・激情音源をリリースする俺達のTokyo Jupiterの2014年一発目のリリースは、本当に素晴らしい作品だった。ベルギーのThe Black Heart Rebellionと共にTokyo Jupiterのレーベル設立最初期からのバンドであり、彼等の歴史はTokyo Jupiterと共に歩んできたと過言ではないThe Caution Childrenの2014年リリースの3rdアルバムは本当に進化の作品だった。今作は新ギタリストを迎えての5人で製作された作品であり、レコーディングにComadreのJack Shirley (Deafheaven, Loma Prieta) 、マスタリングにJosh Bonati (Asobi Seksu, La Quiete) を迎えている。



 先ず率直に言うと今作でTCCはハードコアバンドとして本当に強くなったし、これまでの2枚のアルバムで見せ付けた美し過ぎる激情を研ぎ澄まし、完全に物にしたと言えるだろう。バンドとしての方法論自体は正直に言うとこれまでの作品と全然変わらなかったりするんだけど、これまでに作品とは明らかに違う。激情系ハードコアを機軸に、シューゲイザーやポストロックといった要素をクロスオーバーさせて、近年のEnvyの様な美しいスケールで激情を描いていたけど。今作の楽曲はほぼ約3分程度のコンパクトな楽曲ばかりだし、スケールはそのままに最初からクライマックスとばかりにのっけから圧倒的な激情を力強く鳴らすバンドになったのだ。今作のあるのはもう眩いばかりの光ばかりで、そこに闇は存在しない。闇を切り裂き、希望の光をハードコアとして高らかに鳴らしている。
 第1曲「The Same Thing in Three Parts」から既にクライマックスであり、オープニングから全ての絶望を焼き払う旋律と共に、美しい新世界の幕開けを高らかに宣言。そして第2曲「Psalms」へと雪崩れ込んだ瞬間にはもう目の前には希望しかない。疾走感と共にシューゲイジングしながらも確かな重みを感じるギターの音、希望の先へと走り抜けるビートは本当に力強く。持ち前の繊細な美旋律を生かしながら、よりハードコアバンドとして威風堂々とした佇まいを見せ、何度も何度も拳を突き上げたくなる希望のマーチが確かに存在し、本当に全ての音が強くなった。これまでの作品は繊細な美旋律こそ素晴らしかったが、少しばかりハードコアバンドとしての力強さと言う点は正直に言うと少し弱かったりもしたけど、それを完全に覆し、繊細で美し過ぎる激情のまま、強くなった事が本当に大きいし、アプローチも堂々と突き抜けるハードコアさが漲っていて何とも頼もしいじゃないか。第3曲「Over-Under」ではアンビエントな小品として揺らぎと浮遊感からの美しさをアピールし、その流れを受け継ぎ、柔らかで繊細なギターフレーズから、それを突き破り力強い轟音の鐘が響き渡る第4曲「Shouldn't Have Used Black Magic」のドラマティックな流れは眉唾物。第5曲「Secret Kings」では更に疾走感も加速し、La Quieteにも通じる突き抜ける青き疾走を見せ、同時にザックリとした刻みのギターなんかも入れていたりして、普遍性のあるハードコア性もアピール。最初から突き抜けているのに、轟音に轟音を重ねながら、肉体性も強く、美しさの先の強さを十分に感じるだろう。
 今作で唯一の少し長めな第6曲「Middle Missing」は6分近くある楽曲で、完全にポストロックなトレモロの美旋律にまず耳が奪われる。更にアコギの爽やかで少し憂いのある調べも加わり、後半は見事なまでの轟音バーストというモロに轟音系ポストロックな良い意味であざとい展開を見せるけど、ポストロック方面に振り切った楽曲でもやっぱり最終的には感動的なクライマックスに行き着いてるし、やっぱり強さを感じる。浮遊する音色とアコギの調べが優しく包む第7曲「Moon Museum」を挟み、終盤の3曲は本当に最高のクライマックスの連続だ。近年おEnvyに匹敵するキャッチーさと美しさと強さの融和とも言える第8曲「Knowing About Bombs」は本当にエモーショナルで涙が溢れそうになるし、最高の結末を予感させるアンビエントさから轟音へと変貌する小品な第9曲「Superb Lyrebird Recording」、そして最終曲「Letter to My Child」はこれまで何度も何度もあった感動的瞬間すら越える、本当に3分間に感動しかない大名曲で、生きる力その物が音になったみてえな曲だし、この曲を聴いてTCCは本当に激情系ハードコアとして強くなったと改めて実感した。また今作はこれまでの作品と違うのは矢張りミックスの点だと思う。これまでの美旋律を前面に押し出す音とは違い、バンド自信の進化もあるけど、繊細な旋律を生かしながらも、強さを前面に押し出したミックスは今作の素晴らしさを更に確固たる物にしている。



 個人的には同じくTokyo Jupiterの最初期からのバンドであるベルギーのThe Black Heart Rebellionが既存の激情系ハードコアを完全に捨て、民族音楽等を取り入れ、エクスペリメンタル方面に突き抜けて、これまでに無かった激情系ハードコアを生み出したのに対して、TCCはあくまでも王道を突き進む事を選び、美轟音の先の強さをただひたすらに求めて、その結果自らのスタイルはそのままにハードコアバンドとして本当に大きくなったというのは面白かったりもする。共にツアーをしていたりした両バンドが、それぞれの形で進化を見せつけ、そしてTokyo Jupiterと共にそれぞれ素晴らしい音を生み出してバンドとしてとんでもなく進化したという事実は、何とも感慨深いじゃないか。とにかくTCCは美し過ぎる激情系ハードコアから、美し過ぎて強い激情系ハードコアバンドに見事なまでに進化した。2014年の激情系ハードコアを代表する一枚になるのは間違い無いだろう。今作は勿論Tokyo Jupiter Recordsの方で購入可能だ。



スポンサーサイト

■The Caution Children/The Caution Children

The Caution Children



 アメリカの美し過ぎる激情系ハードコアバンドであるThe Caution Children。09年にはThe Black Heart Rebellionと共に来日を果たし、日本でも知名度を上げたが、今作は08年リリースの彼等の記念すべき1stアルバムである。日本盤のリリースは勿論Tokyo Jupiterからであり、Tokyo Jupiterの最初期のリリース作品でもある。最早ハードコアを越え繊細な美しさを激情として鳴らす彼等の音は既に今作から確かに存在している。



 第1曲からクリアな旋律が静かに慣らされ、そこからクリアなままバーストするという彼等ならではなハードコアの手法は健在。ヘビィさや殺気を削ぎ落とし、あくまでもクリアで繊細な旋律の美しさのバーストとしてのハードコアというスタイルを彼等は取っており、そして殆ど轟音系ポストロックにまで足を踏み入れたサウンドスケープと静寂の余韻を最大限に生かしたストーリー性豊かな楽曲構成。静寂の中でリリカルな旋律が波打つ波紋の様に広がり、そこに情感豊かなボーカルが時折入り、感情を刺激していく。静謐さの中で輝きを高めてここぞという瞬間にその輝きを加速させる彼等の音は本当にクリアだし、ベタな言い方になってしまうけれどもここまで「光」や「夜明け」という単語が思い浮かぶハードコアも中々に稀有な存在だとも思えてくる。第7曲「Our Movement In Squares」は特にそのスケールの大きさを知らしめる名曲になっており、のっけからクライマックスとも言うべき激情の光が降り注ぎ、そこに躍動を加速させよりダイナミックな展開を見せ、新たなる誕生への瞬間の期待を高めつつも聴覚には常に美しい旋律が降り注ぎ、アコースティックギターの旋律がポストロック的な展開を見せ、最後は再び光に満ちた激情へと雪崩れ込み壮大なクライマックスを迎える名曲になっている。ハードコアらしい粗暴さを全て捨て去りながらも、自らの激情を徹底して美しく華麗に鳴らす彼等の音には本当に胸が締め付けられるし、それはひそく感動的な物である。



 現在のEnvy好きなら間違いなく琴線に触れるであろうハードコアすら捨てた美しくメロウなハードコア。ポストロックの領域に足を踏み入れながらも、その美しい旋律を暴発させる事による彼等のハードコアはとにかく聴き手の心をクリアにしてくれる筈だ。感動的な旋律による涙の音楽。



■Unknown Lands/The Caution Children

Unknown Lands



 09年にベルギーの激情バンドであるThe Black Heart Rebellionと共に来日を果たしているアメリカの激情バンドであるThe Caution Childrenの2011年発表の2nd。日本盤はTokyo Jupiterからリリースされている。レコーディングとミキシングにPianos Become The TeethのMike Yorkを迎えた今作は、繊細でありストレートでありながらも悲痛な痛みと、その先の希望を鳴らした作品だ。それでいて奥行きあるスケールもあり、楽曲その物の旋律の強さを生かした激情系ハードコアとなっている。



 第1曲の穏やかかつメランコリックなインストから今作は幕を開けるが、第2曲「Cahuachi」から一転し、悲痛な叫びとともに感情的な旋律がこれでもかと轟音として押し寄せる。静謐なキーボードのみのパートが効果的に入り、そこから全てを打ち破る轟音へと雪崩れ込む様は非常にドラマティックだ。その音はハードコアを基調にしているが、非常にクリアであり夜空に広がる無数の星屑が降り注ぐ様な情景を感じさせてくれる。時折入るクリーンなアルペジオもそうだし、例え悲痛な叫びに満ちていても何処かポジティブな力強さを感じる。音楽性はまた違うけどRaeinの旋律のクリアさと、ここ最近のEnvyのリリカルさと前向きな衝動を彼等からは感じるし、静謐さと轟音の対比が生み出す楽曲の繊細さと、加速する激情が爆発するカタルシスこそが彼等の魅力だ。第6曲「Strange One, Mysterious One」は今作の中でも一番完成度の高い楽曲であり、闇夜を切り裂く絶大なる光その物を描き、高揚感に満ちた旋律が彼方へと煌き、その先の希望を掴む1曲だ。どの楽曲にも言えるのだが、時折静謐なパートを挟みながら、美麗なる激情サウンドをあくまでもハードコアとして具現化し、類まれなる楽曲の旋律を最大限に生かす為のサウンドこそが彼等の核になっている。そしてその壮大さにも胸を打たれるし、全ての闇を切り裂く光を描くハードコアなのだ。そしてその強さは揺るぎの無い物である。



 全身全霊で魂の激情を聴かせてくれた今作であるが、静謐さも激情もひっくるめて、その先の光を壮大に描く彼等の音は本当にひたむきな物であるが、全力でその感情を鳴らすからこそエモーショナルであるし、だからこそ感動的な激情であるのだ。今作は下記リンクのTokyo Jupiterのサイトから購入可能であり、300枚限定のリリースだが廃盤になっていないので感動的スケールの光の激情に是非触れて欲しい。



Tokyo Jupiter Records



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。