■屍

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バラバラ/屍

1ccbc3f4.jpg



 とんでもない傑作である2nd「しかばね」から実に7年の歳月を経てリリースされた境界性人格障害ハードコアこと屍の09年リリースの3rdアルバム。全14曲というボリュームたっぷりな収録内容もそうだけど、2ndであれだけ殺意と憎悪をブチ撒ける音を繰り出していた屍は今作でも見事に健在。よりおぞましく、より多様になり、より具現化された世界観が広がる今作を聴けば屍というバンドが唯一無二の存在である事を実感する事になるだろう。



 密教的SEであり、ライブでは転換中に必ず流れるSEである「たまゆら」のおぞましさから、板倉氏の「アッー!!」という叫びから第2曲「窒息」に雪崩れ込んだ瞬間に屍の負の世界が展開される。今作での大きな特徴でもあるのだけど、これまでの負の方向に振り切った激情のハードコアを機軸に、ゴスの方向の耽美さも手に入れ、更に板倉氏もただ負の感情をブチ撒けるだけでなく、そのボーカルの説得力と表現力もかなり際立っている。楽曲の展開もヘビィに熾烈なるサウンドが洪水の様に繰り出されるだけではなく、静謐で不穏なパートもかなり多くなり、そんなパートでの板倉氏の何かに取り憑かれたみたいな呻き声が余計に不気味に響き渡る、動と静のそれぞれのベクトルで見事なまでに屍の世界観は体現されているし、静から破滅的な動のパートに移行する瞬間が本当に堪らない。ライブでも御馴染みの第3曲「メッセージ」も暴走するブラストビートのパートと、少し歪んだ静謐なパートの対比が見事だし、今作全体にも言えるけど、山口氏のドラムの表現力が凄まじく、多種多様の負の感情をドラムで表現していると断言したいし、その音の重みが半端じゃない。更に2ndでの作風を生かしたドラマティックに奈落へと落下していく楽曲展開も鳥肌物の素晴らしさなのだ。悲哀どころか悲痛さが際立つ旋律が生み出す痛々しさが全開になった第4曲「バラバラ」も今作での屍の魅力が大きく表れた名曲になっているし、凄いベタな言い方ではあるけど、怨念を見事に音にしているし、しかも耽美な美しさを強く感じるのがまた良いのだ。
 一方で屍流のカオティックハードコアとも言える第5曲「自縛 虐待 醜態」のファストに暴走するサウンドと捲くし立てる板倉氏のボーカルと掛け合いのコーラスワークがプリミティブなハードコアの格好良さを強く感じさせながらも、それでも屍の世界観は全くブレ無い。特に必殺なのは今作で一番ハードコア色の強い第6曲「鍵」だろう。イントロのメタリックなギターリフのフレーズから完全に殺しに来ているし、暴走するビートと、無残に炸裂する血みどろの鋼鉄のリフの応酬の凄まじさと、板倉氏のボーカルとコーラスワークの掛け合いもそうだし、屍としてのハードコアを分かりやすい形で体現し、負を破壊の方向で振り切って表現したこの曲はライブでも屈指の破壊力を誇り、屍がダークサイドに振り切ったバンド云々以前にハードコアバンドとしてとんでもなく屈強である事の証明であるとも思う。一転して第7曲「五月ノ花」の今作屈指の悲哀の旋律が無慈悲に響き渡り、ダウンテンポで展開される序盤の痛々しさからファストに身を引き裂く音と叫びが繰り出される後半へのドラマティックに展開していく様はもう言葉も出ない位に完璧だ。第8曲「退廃的心理」のオカルティックさとカオティックの見事な融合、第9曲「オン バサラ ダルマ キリソワカ」の「鍵」に負けず劣らずファストに暴走するサウンド、まだファストコアバンドだった頃の感覚を感じさせながら、それを現在の屍へと変貌させた第10曲「絶交」と第11曲「開かない扉」の流れも秀逸だし、ダウンテンポで展開され、ゴシックな要素が全開になっている第12曲「首切り」、そして今作を見事に総括する第13曲「心残り」と、作品全体での多様さを持ちながら、世界観は徹底しているし、ダウンテンポの断罪も、静謐さが生み出す怨念も、ファストに暴走する殺意も、全てが屍を構成するにあたって必要不可欠な音であり、それらが生み出す暗黒の世界が凄まじいことになっているのだ。



 現在も屍は現役で活動を続けているが、未だにここまで負の方向に振り切ったハードコアバンドは存在しないし、ライブでも音源以上に徹底した世界を見せつけ、負の感情を呼び集めるライブを超えた儀式めいたステージを展開している。だからこそ屍は多くの狂信的なファンを獲得していると思うし、それは屍というバンドが代えの無い存在だからこそなのだ。僕自身もそんな屍の虜になってしまった人間だし、今作で展開される憎悪の連続は一つのドキュメントでもあり、そして生々しい人間の性を描いた一大絵巻なのだ。2ndに負けず劣らず今作も屈指の名盤。



スポンサーサイト

■自我と煩悩/屍

shikabane_ep2s.jpg



 日本が誇る陰惨さを極めたハードコアバンドである屍の00年発表のEP。HIS HERO HAS GONR等に通じるファストなハードコアサウンドを鳴らしているがダークな旋律とデスボイスをフル発揮し、単純にハードコアとしての肉体性を持ちながらも、その旋律と言葉はどこまでも内側に向かっている、自らに対する憎悪を暴発させるハードコアとして唯一無二であり、ハードコア愛好家以外にも彼等の音に惹かれる人は多い。



 第1曲なんていきなり「憎悪」という直球なタイトルを冠してしまっているけれど、タイトル通り憎悪を激情として吐き出すハードコアの毒素に満ちているし、メロディアスでありながら硬質のリフの応酬と巧みにブレイクを盛り込んだ楽曲構成なんかはハードコアバンドとして優秀であるし、音は正統派なハードコアサウンド。音の厚みも絶妙であるし、何よりもメロディアスさに特化したハードコアは胸を熱くしてくれる。しかしそれらは全てボーカルの板倉氏の救いようの無い絶望を際立たせる為の物であるし、それらの要素があるからこそ屍は境界性人格障害ハードコアなんて呼ばれたりもするのだ。第2曲「繰り返し…そしてまたその繰り返し…」は泣きの旋律から始まり、メタリックなリフが無慈悲に刻まれる作品であるが、フラットなテンションで少しずつメロウさを増していく楽曲に比例する様に板倉氏のボーカルと言葉の救いようの無さは加速しているし、終盤での激情パートでそれが爆発する構成なんかはハードコアバンドとしての構成の美学も感じさせながらも、ダークサイドに全てが振り切れている。今作で最も激情の色が強い第3曲「自我と煩悩」なんか屍の真骨頂とも言える鬱病ハードコアだし、人間の内面に潜む精神の猛毒に埋め尽くされ、胸を打つメロウな旋律と負の感情が外側にも内側にも放出されていく様は救いが無いかたこその美しさがあるし、それに飲み込まれそうになるし、飲み込まれたままでも良いとすら思ってしまうサウンドと世界観は彼等にしか生み出せない物である。今作に収録されている楽曲はサウンドのスタイルも一貫しているが、それ以上に世界観も徹底しているし、何処を切っても救いは無いし、ネガティブ極まりない脳内世界に引き擦り込まれるだけだ。



 ダークサイドのハードコアとして屍はやはり絶対的な存在であるし、ハードコアの肉体性と板倉氏の精神世界が見事に結びついたからこその音は高い純度で結びついている。ネガティブさを極めたからこその激情の音は屍の最大の魅力であるし、それは本当に多くの人に評価されるだけの物であるし、屍が屍である証明でもあるのだ。

■しかばね/屍

しかばね



 負の感情をブチ撒けるハードコア。屍はそんなバンドであり、音はへビィなハードコアであるが、それ以上にボーカルの板倉氏の個人的な負の感情が炸裂する歌詞世界がヘビィでありメロディアスな音と奇妙にマッチし、聴く物を負の世界へと導くハードコアとなっている。2ndである今作は負の感情を吐き出した言葉が記されているジャケットが既にとんでもないインパクトを持っているが、そのジャケットの世界がまんまハードコアとして存在する作品だ。初期は和製HIS HERO HAS GONR等と言われていたらしい。



 そのネガティブさに特化した世界は第1曲「灰骨」から露になっている。スラッジな感触のBPMとギターリフはとにかく重苦しいのだけれども、その中で陰惨極まりないデスボイスで板倉氏は自らの絶望を吐き出しまくる。そして終盤で一気にBPMが早くなり、ドラマテイックさを感じさせる旋律を奏でながらも、その陰惨さは加速していくばかり。続く第2曲「消えてほしいものが消えてくれない」でもその鬱病ハードコア具合は加速している。シンプルでありながら疾走感溢れるビートと、ほとんどコード弾きであるが情緒豊かでメロディアスな旋律とパラノった頭で自らの痛みを猛毒として吐き出す様は見事に噛み合い、板倉氏の脳内の絶望世界がダイレクトに伝わってくるからこそ聴き手は感情移入を余儀なくされてしまう。ヘビィでありながらメロディアスでシンプルなビートで鳴らされる音は何のギミックも存在しないが、それがかえって板倉氏の世界を明確にしているのだ。ストレートなサウンドだからこそ、負の感情もストレートに聴き手を突き刺していくし、負の感情に特化した激情が生み出すカタルシスは相当な物だ。今作での音を「境界性人格障害ハードコア」なんて名付けた人もいるらしいが、それも頷けるだけの内容。板倉氏の弾き語りである第4曲「離れていく・・・」でもその陰惨さは一貫しているし、アコースティックだからこそ余計に剥き出しになる歌が胸を打つし、激情色の強い第5曲「精神的バランスの崩壊~前向きに生きようとする自分とそれを妨害する自分~」のグラインドと激情の音を飲み込みながらもそのバンドとしてのパワーが完全に絶望へと振り切れている様に美しさすら感じてしまう。最終曲である第8曲「行きつくところ」の約11分にも及ぶ負の感情の螺旋であり、激情的な音か後半は静謐なギターとドラムのみが篭った音で鳴り響き、絶望の果ての無すら感じる。



 ハードコアとしての肉体性とメロディアスな激情を感じさせながらも、徹底してドス黒い陰鬱な感情のみを鳴らす今作は負の感情のみを鳴らす激情として傑作になっている。ハードコア愛好家以外にも訴える力もあるし、ここまで内側に向かうハードコアを鳴らせるのも日本人特有の精神の表現力の高さがあるからだろう。人を選ぶ音楽ではあるけれど日本人にしか鳴らせないハードコアが今作には確かに存在するのだ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。