■Light Bearer

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Silver Tongue/Light Bearer


Silver TongueSilver Tongue
(2013/06/29)
Light Bearer

商品詳細を見る




 元Fall Of EfrafaのAlex率いる芸術的ポストメタル集団であるLight Bearer。その脅威の1stアルバムの衝撃から2年の歳月を経て届けられた2013年リリースの2ndアルバム。その1stアルバムにてISIS以降のポストメタルを担う屈指の大傑作を生み出し、昨年リリースされたNorthlessとのスプリットでもその圧巻のスケールで描く世界で聴き手を圧倒したが、今作は更に神々しさを増した作品であり、勿論前作に匹敵する傑作だ。またゲストボーカルでイタリアのポストブラックバンドであるGottesmorderのMicheleが参加している。



 今作も前作に引き続いて堕天使ルシファーの物語らしいのだけど、その物語の壮大さを物語るように今作はインタールード的な1曲を除き、全曲10分越えで、作品の収録時間は80分近くと、前作以上のスケールだと言える。そして前作ではNeurosisからの流れを感じさせる音に、より神々しいスケールを加え、ヘビィネスと幽玄なる音色が織り成す神々の世界を描く作品であったが、今作では前作に比べるとスラッジな熾烈さという部分は少し弱まっているが、それでもスラッジな重心のあるアンサンブルは健在だし、より芸術的美意識の方にベクトルが向いたからこそ、重苦しさの先から光を描き、また前作から確かな線で繋がるストーリーを生み出したのだ。
 実に5分にも及ぶストリングスとホーンの調べが壮大なる物語のオープニングアクトを務め、バンドサウンドが入った瞬間にLight Bearerの芸術的ポストメタルが咲き誇る第1曲「Beautiful Is This Burden」。スラッジなリフで攻めながらも、そのリフからは確かに美しさを感じるし、複雑に展開する楽曲の中でストリングスやホーンがバンドサウンドに新たな色彩を加え、バンドサウンドもミドルテンポの重いビートで進行しながらも、スラッジなリフと見事に対比を描くアルペジオやトレモロのフレーズは極限まで研ぎ澄ました美しさの結晶であるし、ポストメタルをオーケストラの領域まで持って行きながら、その繊細で壮大なアンサンブルの核になっているのは少しずつ昇っていく神々しさと、本当に屈強で力強いアンサンブル、そんな音に乗せられるAlexの力強い叫び、もうこの1曲だけで今作が前作同様に全てを圧倒する芸術性と美意識によって生み出された傑作だと確信できるし、終盤の轟音とスラッジさがぶつかり合うサウンドスケープとか1曲目からもうクライマックス過ぎる。
 続く第2曲「Amalgam」ではスラッジな熾烈さが際立つ1曲になっているけど、ダークなリフとサウンドが無慈悲な更新を繰り出しながらも、それでもブレない気高さが凄いし、先程の第1曲と見事な対比を作品の中で描く、ツインギターの刻みのリフの応酬の奥底にあるストリングスの仕事っぷりも見逃せないし、天から突き落とされる様を描いてる様だと僕は感じた。その奈落へ突き落とされた先に待ち構える第3曲「Matriarch」では荒涼とした情景から始まり、ダウナーなサウンドから徐々にストリングスの光が微かに差し込み、荒涼とした世界に差し込むノスタルジックな感覚、その痛みを壮大なるドラマに変えて、ストリングスと共に高まる熱量と差し込む光、ダークなビートが気づいたら力強いマーチへと変わり、闇からの確かな救いを描く。本当に作品の中で明確なストーリーが存在しているけど、本当に闇から光への情景を見事の高次元で生み出し、熾烈さを光を掴む力強い手として表現しているのだ。
 後半の2曲も屈指の出来でアンビエントな音と読経的ボーカルによる小品である第4曲「Clarus」を挟み、繰り出される第5曲「Aggressor & Usurper」なんてのっけから咆哮とスラッジリフで始まっているにも関わらず、そのヘビィネスからは確かなポジティブさすら見えてくるし、合間合間の静謐なパートと対比を描きながらも、力強さから生まれる美しさと粗暴さの対比が本当に凄いし、その熾烈さからも感じさせる美意識が圧倒的。そして約20分近くにも及ぶ最終曲「Silver Tongue」では先程の熾烈なスラッジ煉獄からの救いの様なポップさすら感じさせるのノスタルジックで優しいフレーズが柔らかく聴き手を包むオープニング、それがその温もりをそのままに重厚なリフとアンサンブルの応酬となり、20分近くにも及ぶ重厚なアンサンブルと静謐な情景とサウンドが展開され、そして全ての意識を天へと運ばれるエンディングを迎えるのだ。また最後の最後の悪魔の断末魔を彷彿とさせるストリングスとボーカルが30秒程入り、四部作となるLight Bearerによる堕天使ルシファーの物語である第三部を予告している様でもある。



 今作は前作に比べたら確かに熾烈さという点では少し劣るかもしれないけど、それでも芸術性と壮大さとスケールは前作以上に仕上がっているし、80分近くにも及ぶ壮大な物語は正座して向き合うと確かに体力は使うけど、その音に向き合った後には確かに意識がネクストレベルへと到達しているし、その音によって描かれる物語はアートであり、神話であり、壮絶なる世界だ。前作同様に屈指の傑作だし、Light Bearerというバンドは本当にとんでもない領域に存在している。



スポンサーサイト

■Lapsus/Light Bearer

Light Bear - Lapsus



 UKのネオクラストバンドであるFall Of Efrafaのメンバーが在籍する6人組Light Bearerの2011年発表の1st。そして1stにしてこいつらはとんでもない大傑作を生み出してしまったのである。僕が初めてISISやNEUROSISを聴いた時と同じレベルの衝撃を今作からは感じたし、ポストメタルやアトモスフェリック・スラッジといったジャンルの音はこいつらの存在によって完全にネクストレベルへと導かれたと言って間違い無いだろう。The Oceanの事をISISの損失を埋めるバンドと僕は言ったけど、こいつらもISIS解散以降を確実に担うだけの存在だ。



 NEUROSISとSigur Rosの融合とまで言われている彼等の音は激重かつ壮絶なスケールで描くスラッジリフの洪水と、鉄琴とやピアノやストリングスを取り入れた甘美な音色と、静謐なパートで幾重にも重なり合う音の幽玄のハーモニー、それらが天をも突き破る力で非現実すら超越した音のストーリーを描き出している。スラッジと北欧ポストロックを単に掛け算しただけでは絶対に生まれない音だし、それらを細胞レベルで緻密に練り上げて作り上げたからこそ生み出せる音は壮絶な激情として聴き手の耳に捻じ込まれる。SE的な役割の第1曲「Beyond The Infinite」からこいつらは格の違いを見せ付けてくれる。ドス黒いスラッジリフと幽玄のストリングスの音色が現実世界を超越し、魂の音色として君臨する。第2曲「Primum Movens」からその本領を更に発揮。14分にも及ぶ楽曲の中でいきなり穢れの知らないギターのアルペジオが至福の音色を奏で、ポストロック勢の猛者達にも負けない豊かな音色からそれを打ち破る激情のシャウトとスラッジの轟音の洪水が生み出すコントラストは芸術レベルなんて言葉じゃとてもじゃないけど片付けられない。激情を描く芸術、正に激術の域に彼等は到達している。激情のスラッジサウンドであるが、その轟音に潜む旋律は序盤と全く変わらない幽玄の音であり、その美しさからタイトなドラムの叩きつけるキメと共に至福の音色から漆黒のへビィネスへと変貌する瞬間のカタルシスから終盤で鉄琴とストリングスが再び激重の音を天へと導き、耽美なピアノのアウトロで終わる。この曲を聴いただけでこいつらの凄さを否応なしに痛感させられたし、とんでもないレベルの感動と衝撃を覚えた。こいつらは決して漆黒の闇にも純白の至福さにも染まらない音を奏でており、穢れなき美しさで心を揺さぶる旋律と、それを更に際立たせるストリングスやピアノの存在といった北欧ポストロックにも通じる神秘的な音と、ハードコアとスラッジの粗暴さを突き詰めた末のへビィネスが轟音のリフと共にドス黒い激情として叫び掻き鳴らす肉体性と精神性、これらがぶつかり合った末に生まれた美も醜も祈りも憎しみも飲み込んだポストメタルだ。第3曲「Armoury Choir」もリリカルかつ不穏の旋律から大地を揺さぶるへビィネスで進行し、15分にも及ぶ長さの中で組曲の様に展開していく楽曲のストーリー性、その未曾有のサウンドが全てを浄化すらしている。自らの漆黒の激情を前面に押し出した第5曲「Prelapsus」でもバンドとしてのハードコアさを感じるし、それでいてその漆黒の音すら最終的には煉獄からの開放へと帰結していくのだから本当に感服するしか僕には出来ない。終盤でクリーントーンのボーカルすら開放し、それが魂の解放へと僕達を導いていく。スラッジサウンドも激術の轟音へと変貌し、クリーントーンと低域シャウトのコントラストがまた美しい。そして最終曲である第6曲「Lapsus」は17分半にも及ぶ今作の中でも一番の大作だ。激情もスラッジもポストメタルもハードコアもポストロックも全て飲み込んだ先の闇と光の音から激情と激重が純度500%で融和するカタルシスへと雪崩れ込み、その先にあるのはストリングスとピアノの天上の調べ。長い旅路の先にある救いの様でもあり、壮絶な物語のエンディングとしてこの上ない物。その余韻に引き込まれた瞬間に、今作の凄みを改めて体感する。



 激情も、激重も、芸術性も、美しさも、スケールも、全てが他を置き去りにしてしまうだけの壮絶な音楽が生み出したストーリー。あらゆる要素を緻密に練り上げた末に生み出された至高のポストメタル。1stにしてこんな大傑作を生み出してしまった事も単純に驚くしか無いのだけれども、闇も光も暴き、それをとんでもない画素数で描く超大作の絵画の様な作品でもあるし、人間の心にある感情を全て放出した先の魂の叫びにも胸が打たれっぱなしになった。へビィネスと柔らかな音色の先にある新世界へと誘われるのは必至だ。文句無しで2011年の最重要作品。ポストメタルは新たな次元に間違い無く到達した!!

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。