■Black To Comm

■Fractal Hair Geometry/Black To Comm

333.jpg



 ドイツDekorderレーベルのオーナーMarc RichterのソロプロジェクトであるBlack To Commの08年発表の作品。サイケデリック極まりないジャケットからして先ず色々とヤバさを感じたりもするのだけれども、今作は電子音とオルガンを駆使して、多方面に跨るドローンサウンドを展開した作品であり、ドローンの可能性を探った作品と言える。地獄のダークさからスペーシーな高揚まで今作には存在する。



 オルガンと電子音の持続を駆使し、Growingに近い音の感触を見出したりも出来たりする。極彩色のジャケットとは裏腹にオーガニックな音色を見せてくれたりもする。しかしジャンクで狂騒に満ちた音を展開したり、精神の深遠に探りを入れる様なダークさや、メロディアスの色彩や、それらが混ざり合った作品だからこそジャケットの様な禍々しい色彩へと繋がっているのかもしれない。第1曲「Negative Volumes」はいきなり読経的な低音が持続し、不協和音となった電子音の持続音がそれに乗り、精神の奈落へと誘う1曲になっており、この曲だけ聴くとズブズブと沈んで行くタイプのドローン作品だと思ってしまうけれど、第2曲「Orange Record」ではパルス音がミニマルに反復し、狂騒の中でオーガニックな色彩が見える全く別物の楽曲になっており。その幅広さや落差が今作の持つ不気味さを加速させている様に見える。第3曲「Play Eggchess 3」では電子音の音圧を強めホワイトノイズが視界を覆い尽くし、第5曲「M.B. Memorial Building」では薄っすらと四つ打ちのビートを取り入れてミニマルテクノに近い感覚を見せているが、その楽曲でも幾重にも重なった持続音は健在で、クリアな音色が徐々に禍々しい色彩を見せて、脳髄の中で破綻していく様は中々やられてしまう物があったりする。今作を通して聴くと天上の音色から奈落の音色を行き来し、ジャンクな感触で未整合さすら感じる狂騒が気がつけば隣に潜んでいて、そいつに飲み込まれてしまうであろう音が繰り広げられている。



 ドローン作品としてエレクトロニカとジャンクさを吸収し、それが美しい持続音にもなれば奈落の不協和音にもなるレンジの広さを持っている。そしてそれらが脳髄に酩酊を与え溶かし、その行き先の見えない無へと連れて行くのである。今作には楽園も無ければ地獄も無い。ただ狂騒が繰り出され行く末は漆黒の無か純白の無かのどちらかでしか無い。



スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ギターロック グラインドコア ハードコア ロック プログレ ポストブラックメタル インタビュー ポストパンク マスロック デスメタル スウェーデン カナダ スラッシュメタル ブラックメタル モダンへビィネス エクスペリメンタル ギターポップ インダストリアル ジャンクロック エレクトロニカ イタリア フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン オーストラリア ジェント フォーク ラーメン ブラッケンドハードコア ミニマル ポップス モダンヘビィネス プログレッシブメタル ニューウェイブ ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル ファストコア メタルコア ロシア ハードロック フィンランド アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ヘビィロック ノイズコア ゴシック シンガポール ダブ パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー メキシコ ヴィジュアル系 スイス ポーランド ジャズ オルタナティブ インディーロック メタル ブルデス アシッドフォーク アイルランド デンマーク ポジパン チェコ ヘビィネス ドラムンベース テクノ ウィッチハウス メロディックパンク シンフォニックブラック クラストコア USハードコア スクリーモ プリミティブブラック ドリームポップ アイスランド スコットランド トラッドフォーク 年間ベスト ボイスCD ハンガリー 台湾 モダンクラシカル ガレージ トルコ ギリシャ ソフトロック カントリー 声優 ポルトガル ファンク 韓国 イラン フリージャズ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター