■LVMEN

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Mondo/LVMEN


MondoMondo
()
Lvmen

商品詳細を見る




 チェコが世界に誇る壮大壮絶激重クラシカルバンドであるLVMENの06年発表の2ndアルバム。1stにて既に壮絶な暗黒世界が展開されており、ド肝を抜かれたが、それから6年の歳月を経て作られた今作はそのスケールをより膨張させ、より重くなりながらも、より美しさを加速させ、激情と狂気の一大巨編とも言える1枚になっている。最早Neurosi辺りのバンドにも負けない壮絶な暗黒世界を描いているだけのただ脱帽するしかない一大傑作。



 悲壮感漂うポストロック色が前面に出た第1曲からその叙情性と美しさに惚れ惚れさせられる。不穏さを高め、終わり無くモノクロームの情景がスクリーンに映し出される映画を見ている気分にさせられ、それに繋がる第2曲ではその情景すら焼き尽くすお得意の漆黒の暗黒世界の煉獄が全てを飲み込む。今作では所々でオッサンの声によるナレーションが挿入され、作品に一つの映画の様な感覚をもたらし、静謐なポストロックパートの比重も多くなり、その持ち前の旋律の美しさを生かし、一つのストーリーを作り出す要因になっているが、そこから超宇宙レベルの爆音轟音一大スペクタルな激重クラシカル激情系ハードコア絵巻へと突入した瞬間に全てを打ち砕かれる。悲痛すぎる叫びと共に鳴らされる極上の漆黒から放たれる美しい旋律の轟音。そして焦燥感溢れる静謐なポストロックパートへと雪崩れ込み心臓の鼓動を加速させつつも、その余韻に浸からせずに邪悪で不穏なベースラインが闇に引きずり込みながら悲痛な叫びを聴かせ、そしてピアノの音とスラッジなリフが交錯する激カオティックパートへと雪崩れ込んだ末に、最後は高揚感み満ちた轟音リフの嵐で大団円と第2曲からLVMENの本気を叩きつけられてしまう。1stもそうだが、壮大なスケール感を持ちながらも、彼等の音は粗暴なハードコアのカラーも同時に色濃く出してきており、五感を更新するスケールと同時に肉体にも訴えるプリミティブなバンドとしての力量もとにかく半端じゃない。第3曲は悲痛な叫びが絶望感を煽りながらも、よりメロウさが加速したバンドの音が相反しながらも、絶妙な対比を生み出しつつ、轟音系ポストロックの叡智を感じさせる美しく壮大な音塊にハードコアの血肉をブチ込み、光と闇が交じり合うカオスを音楽で生み出し、破滅へと爆走する。また今作は1stに比べると尺がコンパクトになっており、5分台6分台の楽曲が半数であるが、そうなりながらも、冗長さではなく、根本の部分でスケールを感じさせるから凄い。雷鳴の様なリフが渦巻き、焦燥感を加速させる第4曲、今作で最もハードコア色が色濃く出ており、不穏さから激重スラッジが猛威を放ち、カオティックな激情が正面衝突しまくる第5曲と彼等の持ち味である壮大さを持ちながらもハードコアの肉体的美学を感じさせるサウンドも、美しさと壮大なスケールと同様により加速しており、あらゆる要素を極めたが故に極限の彼方へと到達してしまったのだ。そして壮大なクライマックスの乱打の末に放たれる最終曲で、耽美な破滅への輪舞を描く。本当にどこをどうしたらここまでの音を生み出せるのだろうか。ただ震えるしかない。



 1stも手放しで大絶賛させて頂いたけど、今作は暗黒の中に光を生み出し、また暗黒を生み出し、完全なる破壊によって新たな誕生を生み出す作品であると個人的に思うのだ。ハードコアを出発点にしながら、それを極めて極限に行き着いた彼等の存在は決して見逃せる物ではないし、本当に別次元と言う言葉がここまで似合うバンドもいないだろう。ポストメタルだとかスラッジだとか激情だとかそういった枠組みなんて最早不要なLVMENにだけに許された音がここにある。



スポンサーサイト

■An Anthology of Alread Songs/LVMEN


An Anthology of AlreadAn Anthology of Alread
()
Lvmen

商品詳細を見る




チェコが誇る5人組暗黒怪物バンドであるLVMEN。元EMBERのメンバーを中心に96年に結成された彼等のキャリアは非常に長いが、今作は98年リリースの12インチと00年リリースの1stをコンパイルしリマスターされた編集盤であり、全7曲でありながら壮大な暗黒絵巻が展開されているし、10年以上も前にリリースされた音源でありながらも古さを全く感じさせないどころか、現在でも十分すぎる位に鮮烈で衝撃的な激情・スラッジ・ポストメタルの怪作として名高い。



 激情と書いたが、彼等の音楽は既存の激情系ハードコアとは既に一線を画していて、NEUROSISの影響を強く感じさせる物である、かといってNEUROSISの模倣バンドなのかって言われたら全く違うし、壮大なポストロックの流れを組み込み、激情系ハードコアが核として存在するキメラの様な音楽。そして徹底してダークであり激重んお音と壮大な漆黒の大河を彷彿とさせる様なポストロックパートも盛り込んでいる。その静寂ですらダークが充満しており、暗黒の旋律が際限無く鳴らされ、地鳴りの前兆を彷彿とさせる不穏のグルーブと複雑に叩き出されるトライヴァルなドラムが熱量を高め、そして激重スラッジへと雪崩れ込む。黒の轟音がとぐろを巻き、絶唱の叫びが木霊し、雷鳴のギターと火山の噴火の様なリズムが美しくも粗暴なカタルシスを生み出す。そのバーストするパートで確かに彼等の持つ激情系ハードコアの血肉が嫌でも痛感させられる筈だろうし、彼等の凄みを体で体感する事になるだろう。時には映画音楽のサンプリングやピアノやサックスを盛り込むといった作りこまれた緻密さもありつつも、その知性すら吹き飛ばす激情の洪水が彼等の最大の魅力である。殆どの楽曲が長尺の楽曲でありながらも、全く退屈な要素は無いし、一つのストーリーを紡ぎながらも、肝心の所でハードコアのカタルシスを感じさせてくれるのは本当に頼もしい。第1曲は第2曲はそんな彼等の真髄を感じるし、98年の音源でここまでの音を作り上げていた事にも驚きである。一方で第3曲ではかなり激情系に振り切れた音を打ち鳴らし、そのうねりで聴く者を震撼させながらも壮大な女性コーラスやクランチ気味になったパートで絶妙に変化を与え、中盤で不穏でありながらも黒くも美しい旋律で期待を高まらせ、最後は激情が暴発し、轟音の美しさを残すといった名曲になっている。どの楽曲もただの一筋縄ではいかない曲ばかりで、激情を軸にあらゆる音を飲み込み、そのスケールを確固たる物としているのだ。不気味な読経から始まり、超カオティック激情を展開する第4曲もゲス野郎共には本当に堪らない1曲になっており、脳汁がドバドバと溢れてしまう。そして特筆すべきは第7曲だと思う。最初は激情から始まり、静謐さやプログレッシブさを取り込み、それでいながら激カオティックな世界から壮絶な世界へと聴き手を誘っていく。前半。一転して漆黒の大河から轟音へと雪崩れ込み再びカオティックな激情へと雪崩れ込む中盤。そして最後はハウリングするノイズと共に再び女性ボーカルのオペラ的な声が壮絶な物語を締めくくる。ここまで高次元の世界を生み出しながらハードコアの血肉を絶対の物にしている彼等の音は本当に別次元の暗黒シアターと言っても過言ではない。



 残念ながら日本では知名度が全く無いバンドではあるがその実力と独自性は相当な物であるし、チェコの怪物と呼ばれるのも納得出来てしまう。NEUROSISの影響こそあれど、NEUROSISとはまた別の次元の暗黒を一つの映画の様に生み出し、全然引けを取らない音楽を彼等は間違いなく作っている。それだけのバンドが何故日本国内でここまで知名度が無いかは本当に謎で仕方が無いが、激情系ハードコア好き、ポストメタル好き、轟音系ポストロック好き、それらの人はこのバンドを知らないで死ぬのは本当に勿体無いと思う。別次元の激情が正にここに存在しているのだから。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。