■COALTAR OF THE DEEPERS

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■DEAR FUTURE/COALTAR OF THE DEEPERS


DEAR FUTUREDEAR FUTURE
(2011/08/31)
coaltar of the deepers、Ringo Deathstarr 他

商品詳細を見る




 現在では様々な方面での音楽活動で知名度を上げているNARASAKIという男だが、彼のメインの活動であるCOTDの2011年に発表したシングルは2011年を代表するアニメとなった「輪るピングドラム」のエンディングであると同時にそれをURBAN DANCEの成田忍や2011年を代表するバンドとなったRingo DeathstarrやSECRET SHINEの手によるカバー、更にはagraphのリミックス、声優の堀江由衣がボーカルを担当する渋谷慶一郎とWATCHMANのリミックスまで収録した全7曲の豪華面子による豪華な内容のシングルになっている。



 まずCOTD自身の原曲であるが、今まで様々な路線で多彩な作品を多く発表したCOTDが自らの代名詞と言えるシューゲイザーサウンドに回帰した楽曲となっている。甘い旋律が幻惑の中で揺らぎながらも、メリハリのついた音は確かな輪郭を感じさせながらも、決してそれは掴ませないし、COTD特有のシューゲイザー×スラッシュメタルでは無く、純度の高い蜜の様なシューゲイザーであり、自らの原点に回帰すると同時により純度を高めた楽曲をここで放ってきた。決して派手では無いが、COTDの核はアニメからCOTDを知った人にも十分に伝わる良曲となっている。シンプルでありながらもCOTDの持つポップネスを全開にした音は多くの人々を虜にしたに違いない。そして原曲以外のカバーやミックスも負けじと高い完成度になっているのも見逃せない。元の楽曲の核をしっかりと守りながらもそれぞれが好き勝手に自らの音に更新しているのだ。コズミックかつテクノポップの要素を持ち込んだ成田忍、原曲以上にシューゲイザーしまくり轟音が楽曲の旋律と見事なシンクロを見せるRingo Deathstarr、情緒豊かでありながらもタイトなビートを重視し、その中でよりミニマルかつコズミックになった渋谷慶一郎、こちらもシューゲイザーなアレンジになっているが、無機質さの中に静かに息衝く躍動の息吹が妙に耳に残るSECRET SHINE、完全にミニマルになり、深海に沈む様な歌物エレクトロニカへと変貌させたagraph、今作である意味最もキャッチーかつ幾重の電子音が彼方にある未来へと駆け抜けるWATCHMANと本当に多彩なカバーとミックスが並ぶ。全7曲がDEAR FUTUREという一つの楽曲でありながら、それぞれが料理した楽曲は再びCOTDのDEAR FUTUREへと戻る様な輪廻すら感じる。元の楽曲の出来が良いのも、それぞれが自らの音にしながらも原曲の世界を破壊してはいないからというのが大きな要因だと思うけど、7つのDEAR FUTUREはパラレルワールドでありながらも一つの点から7つの線となっている。



 今作はアニメの世界観とも実にリンクした楽曲でもあるが、アニメソングとして以前に未来というテーマを実に見事に体現した作品であるし、本家の原曲もそれを調理したクリエイター達もその未来という幻惑の世界をそれぞれのやり方で表現している。単に同じ楽曲が7つ入ったシングルではなく、それぞれが魅せる未来をテーマにした音の世界は確かな幻想と創造の世界を描いている。今作はタイアップもあってか高いセールスを記録したが、ピングドラムを見てCOTDを知り虜になった人は是非とも他のCOTDの作品にも触れて欲しいし、COTDの新曲として触れた従来のファンはタイアップのアニメの方も見て欲しい(アニメの方とも実に見事にシンクロしている)、たった一つの楽曲が生み出した多元的パラレルワールドがそこにはある。



スポンサーサイト

■Sinking Slowly/COALTAR OF THE DEEPERS

Sinking Slowly



 今やその知名度を大きく広げているCOTDの92年発表の4曲入りEPが今作だ。そして今作はCOTDの中でも屈指の名盤だと僕は思っている。現在でもライブで演奏される事の多い楽曲が収録され、全4曲でありながらその4曲全てが必殺の楽曲という作品だ。シューゲーザー×スラッシュメタルなその音はとてもじゃないけど92年に発表された作品とは思えないし、幻想的で甘い旋律と鋭利な音が最高の形で組み合わさり、どこをどう切ってもCOTDだからこそ鳴らせる音となっている。キャッチーさ、甘さ、鋭利さ、その全てが必殺と言っても過言ではない。



 まず第1曲「When You Were Mine」の破壊力が凄まじい。この曲はPrinceのカバーなのだが、原曲はズタズタに破壊され完全にCOTDの物になっている。シューゲイジングしているノイズギターにワウをかまし、破壊力に満ちながら、浮遊感漂う音になっている。しかし続く第2曲「Deepers Are Scheming」はそれ以上に必殺の幻想的世界を展開している。シューゲイジングな轟音ギターが全てを埋め尽くし、それでいてドラマティックな展開がそれを加速させていく。正確無比極まりないドラムがマシンガンの様に放たれ、バンドとして強靭な肉体性を持ちながらも、それだけでなく浮遊しまくる甘い旋律が一気にエモーショナルさを増していく名曲だ!終盤の鬼の刻みのリフの嵐からボサノバ調になるパートなんてより胸を熱くさせられてしまう。そして第3曲「My Speedy Salah」が間違いなく今作のハイライトである。イントロから刻みのリフと正確無比なドラムが乱れ打ちになり、そこから幻想的なギターフレーズが空間を埋め尽くしたと思えば、また必殺のリフが吹き荒れる。荒涼とした物悲しさを感じさせながらも、温もりに満ちた旋律が存在しているし、気付けば涙腺すら刺激されてしまいそうな真冬の吹雪の中で僅かな温もりを感じさせるかの様な、幻想的で聴き手の心を揺さぶる風景が描かれている。そしてラストを飾る第4曲「Sinking Slowly」は非常にドラマティックなシューゲイザー絵巻だ。静かな海を終わり無く漂うかの様な、全ての感覚と思考が無に還っていくかの様な終わり無き轟音の海だ。浮遊するNARASAKIの声と微かに聴こえるシンセの音がその世界をより現実離れした物にし、幻想世界の小旅行の様な楽曲だと言える。そうしてドラマティックな轟音の航海で今作は終わる。



 超初期の作品でありながら、既にCOTDの基礎となる音楽性は今作で完全に完成されており、現在でも色褪せる事を知らない轟音の幻想世界が今作には満ちている。今でもCOTDが今作に収録されている楽曲をライブで演奏するのは、今作の楽曲がCOTDというバンドにおいて、かなり重要な立ち位置になっているからだろうし、そこからCOTDは様々な方向へその音楽性を広げていったからだと思う。どちらにしても甘く幻想的な儚さを持ちながらも、キャッチーで鋭利なCOTDは今作から音楽性を変えながらもずっと一貫しているし、だからこそ今作の音は本当に不動の物なのだ。個人的に今作はCOTDの中でも一二を争う程の名盤だ。絶対に変わらない幻想世界がここにある。



■TORTOISE EP/COALTAR OF THE DEEPERS


TORTOISE EPTORTOISE EP
(2007/05/23)
COALTAR OF THE DEEPERS

商品詳細を見る




 NARASAKI率いる超多方面音楽集団であるCOTDの07年発表のEP。今作はCOTDのヘビィさを前面に押し出した楽曲とCOTDのポップさを前面に押し出した楽曲で構成されており。全4曲に統一感は無いといっていいだろう。しかしながら雑多な要素を持つCOTDの楽曲の前面に押し出す要素が違うだけで、自然と楽曲のアプローチの違いにバラついた感じは無く、雑多でありながらもCOTDの浮遊する幻想的な音は絶対の物として存在している。



 前半の2曲はモダンヘビィネス要素が前面に出た曲が並んでいる。第1曲「Serial Tear」は冒頭からゴリゴリのヘビィネス調のリフで攻めて来る。しかしパーカッションの音を全面的に取り入れ、中盤からグッと浮遊感の漂う不穏さを出してくる辺りは流石はCOTDであり、ただ単にヘビィなリフで攻めるだけなんて事は絶対にしない。第2曲「913」はKoRnを思わせるドンシャリのベースやギターリフがより前面に出た曲であるが僅かばかりのキャッチーな要素を随所で目立たせる構成を持っており、ヘビィでありながらも妙な親しみ易さや取っ付き易さを持っているのだ。後半の2曲は王道のCOTDといった超キャッチーな曲が並んでいる。第3曲「Evil Line」はCOTDらしさ全開の屈指のキラーチューンであり、胸を締めつかる様な甘く切ない旋律と、普遍的なアプローチでありながら、COTDの持つ近未来的で下手したらアニメソングとしても全然使えてしまう様な青い旋律と浮遊感がこれでもかと出ている。そして第4曲「To The Beach」の終末観とシューゲイジングな轟音と感傷が一気に押し寄せてくる泣きの一曲で聴き手の感情を掻き乱し、一気に轟音の波が全てを飲み込んでいく様は美しく胸が熱くなるのだ。



 ここ最近のCOTDのアプローチをそれぞれの楽曲で鳴らした作品であり、近年のCOTDを知るには持って来いの一枚だが、やはり後半2曲の胸を掻き乱すような青臭さと、センチメンタルさはCOTDの最大の武器の一つである事が今作を聴くと分かると思う。COTDはその超多方面に拡散していくアプローチや武器の多さが魅力的なバンドではあるが、やはり楽曲の核に存在する青さと、幻像的でSF的な世界観が一番の持ち味であるのだから。



■The Visitors From Deepspace/COALTAR OF THE DEEPERS


THE VISITORS FROM DEEPSPACETHE VISITORS FROM DEEPSPACE
(1994/04/21)
COALTAR OF THE DEEPERS

商品詳細を見る




 今や特撮を始め、多方面で活動するNARASAKIのメインのバンドがこのCOALTAR OF THE DEEPERS(以下COTD)である。様々な音楽性を自在に変化させているバンドであるが、COTDのサウンドの基盤である、シューゲイザー×スラッシュメタルのサウンドは初期からの基盤であり、それを十二分に体感出来るのが、94年に発表されたこの1stアルバムである。未だにファンの間では名曲と語り継がれている楽曲揃いの充実の一枚である。



 第1曲のTHE CUREのカバーである「Killing An Arab」から原曲破壊のゴリゴリのヘビィネスサウンドと狂気値を振り切ったデスボイスでで攻め立てる!そして必殺の第2曲「Amethyst」で魅せるカンノ氏の正確無比なドラミングとズクズクと刻みながらもキャッチーな轟音リフが堪らない!良い感じでツボを突いてくるキメもまた気持ち良い!激しくもギターロックとしてのキャッチーさやポップさも忘れないのはCOTDのサウンドの大きな特徴である。第5曲「Summer Days」の印象に残る美しいアルペジオから一気に脳汁が溢れ出る様な攻撃的かつ宇宙行きの必殺のリフ!NARASAKIの甘い声と疾走感が見事にマッチしている。そして第6曲「Snow」は浮遊感とメランコリーなメロディが美しい1曲。徐々に胸を詰まらせる哀愁のサウンドからラストの轟音の嵐は惚れ惚れする。ハイライトはCOTD屈指の大名曲である第7曲「Blink」だろう。2カウントから雪崩れ込む轟音、サビでの刻みのリフの正確無比さから、ワウを駆使しシューゲイズする音。カンノ氏のドラムも一段とキレており、ラスサビ前のデスメタル的なラインから再び轟音へと自然に繋げるのは屈指の構成力である。そしてドラマティックな大団円なラストと一寸の隙も見当たらない。



 今作が94年発表とは思えない位に斬新な音の数々、疾走感と攻撃性と即効性溢れる楽曲、そこに激しさだけでなくメロウさや美しさを自然な形で融合させてるのは本当に凄い。今作以降COTDは様々なアプローチを見せるが、やはり原点はこのアルバムでの衝動と即効性であろう。キラーチューンしかない名盤!轟音の宇宙へのパスポートだ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。