■Milanku

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■De Fragments/Milanku

35e2a9a0c23302a604136da2dbc2058f.png



 2013年秋の魂を震わせまくった来日公演から2年、今年で結成10年を迎えるMilankuの3rdアルバムが遂に届いた。リリースは勿論Tokyo Jupiter Recordsから。来日公演後にオリジナルメンバーのギタリストの脱退があり、後任にはDark CirclesのFrancoisが就任。Francoisは今作のアートワークも手がけている。マスタリングはHarris Newman (Godspeed You! Black Emperor, Eluvium, Baton Rouge)が担当。



 メンバーチェンジこそあったけど、今作でも基本的な路線は何も変わっていない。轟音系ポストロックとポストメタルを基軸に、真正面からドラマティックな轟音をぶつけてくる。正統派ではあるが、メロディセンスは更に磨かれている。
 静謐さから激へと展開していく定番な手法は今作でも健在だし、常にメランコリックが泣き叫ぶギターとダイナミックなビートと男臭さ全開の魂の咆哮。シンプルな手法を用いているからこそ不純物ゼロのクリアな激情はどうしても胸に込み上げる物しかない。
 大きく変化した点があるとしたら長尺曲が大分減り、4分台とかのコンパクトな楽曲が主体になり、楽曲展開にもサウンドにもハードコアな直情的なアプローチが増えた事だろうか。マーチングの様なドラムの応酬から前作以上に切れ味鋭く切り込む轟音フレーズが印象深い第1曲「Fuir Les Jours」からもバンドの進化は伺える。
 前作でもこれでもかと展開されていた白銀の轟音は幻想的なメロディはそのままに、肉感的な感触も増えていると思う。第3曲「On S'épuise」はこれまでのMilankuには無かったアプローチが見え隠れし、第4曲「La Dernière Porte」の疾走感もこれまでには無かった音だ。
 そんな中でもMilanku節とも言える轟音系ポストロックと激情とポストメタルのハイブリットさ、繊細さとダイナミックさが生み出す揺さぶりの激情の集合体な第5曲「L'ineptie De Nos Soucis」は今作のハイライトとも言える名曲であり、今後のMilankuの代表曲となるだろう。
 第6曲「Dans Les Absences」ではインスト的なアプローチを繰り出しながらも終盤ではnone but air (at the vanishing point) のnisika氏のゲストボーカルが生々しい血の叫びを披露。そしてラストはMilanku史上最もポストメタルでヘビィな「Ce Fut Quand Même Notre Histoire」で寒々しい世界観を生み出しつつも、それを吹き飛ばす熱情で締めくくられる。



 地道にだけど着実に歩みを進めてきたMilanku。国内外問わずに短命で終わってしまうバンドも多い中、10年に渡って活動を続けこうして3rdアルバムをリリースしたのは何とも感慨深さがある。
 多少の変化こそはあるが、それは進化という言葉の方が正しいし、1stの頃からMilankuは優しい至福の轟音と激情をブレずに描き続けている。それが僕は本当に嬉しい。今作も前作同様に至高の一枚。購入は勿論Tokyo Jupiter Recordsのストアの方で可能だ。



スポンサーサイト

■Pris à la gorge/Milanku

300.png



 数多くの美轟音・激情・激重音源を発信しているTokyo Jupiterからついに屈指の1枚がリリースされた!レーベルインフォには「レーベルリリース史上最も美しいと称しても決して過言ではない儚く麗しい叙情感溢れるメロディ」なんてフレーズがあるが、凄まじい音圧で激情をドラマティックな美轟音で放ってくる。カナダが生んだ轟音の新星であるMilankuの2012年リリースの2ndである今作はそんな作品だ!感動的世界が圧倒的スケールで迫ってくる。



 彼等の1stはまだ未聴ではあるが、今作で初めて彼等の音に触れて思ったのは、轟音系ポストロックの血肉をポストメタルのサウンドにブチ込み、重く美しく凄まじい音圧の轟音が迫り来るドラマティックさを極めたサウンドであるという事。クリアなアルペジオの光が静寂の中で静かに揺らめき、その光が熱量を高めた瞬間に鳴り響く轟音と、激情の咆哮。手法としては轟音系ポストロック・ポストメタルの王道中の王道ではあるとは思うけれども、そんな手法を取りながらも圧倒的な世界を見せ付ける事が出きるのは根本の部分での旋律のセンスの凄まじさが成せる技だと思う。第1曲「La Chute」からいきなりクライマックスで、美麗なアルペジオに女性のポエトリーリーディングが乗ったと思えば、そのまま白銀の轟音が押し寄せてくるという焦らしも何も無い、どこまでも直情的でロマンティックな音像、それだけで胸が締め付けられそうになるのだ。9分半の中で幾つもクライマックスが存在し、轟音系ポストロックと激情とポストメタルがハイブリットな物として迫ってくる。繊細な音色に反して、重く力強いビート、そして感情を揺さぶる轟音と叫びのが折り重なり、感動的で純白の世界が生み出される。闇の静けさから、それを切り裂くまばゆい光を描くバンドであると思うし「La Chute」は屈指の名曲だ。ダークさを中心に描くバンドは多いけど、闇から光を描くバンドは実はそんなに多くないと思うし、彼等の音は非常にシリアスでありながらも、どこまでも美しい至高の福音としての轟音が存在し、その凄まじい音圧とヘビィさに反してどこまでも優しいのだ。スラッジ・ポストメタル色を強めた第2曲「L'inclination」でもそれは全くブレてないし、重低音が渦巻く中で繊細な旋律が見え隠れし、歪んだまま激情が美しく花開く。漆黒の濁流が埋め尽くしながらも、最後は救いの轟音へと瞬きが出来なくなる位に眼を見張る優しい世界が広がる第5曲「La Nausée」、とにかく全曲共通して言えるのはシリアスでありながらも最終的にはポジティブな力を轟音として解き放っている事であり、同時に楽曲のストーリー性も緻密であり壮大で、圧倒的なスケールの轟音世界にひれ伏すしか無くなってしまう!



 手法は正統派でありながらも、ここまでのセンスとスケールを持ったバンドはめったにいないし、彼等は轟音系ポストロックとポストメタルを繋ぐ逸材であると思う。MONOの様な映画的世界の果ての轟音と、Light Bearerのヘビィさの先にある光と、それらの要素を究極レベルにまで極めた作品だと思う。轟音系ポストロック・ポストメタルの決定打的作品であるのは間違いないであろう。ハードでヘビィでありながらもどこまでも優しい至福の轟音と激情が心を包み込む1枚。今作は下記リンクのTokyo Jupiterのサイトから購入可能となっている。是非とも至高の激情轟音絵巻を体感して欲しい限りだ。



Tokyo Jupiter Records



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。