FC2ブログ
■ライブレポ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■BB/1st full length album "BLACK BABEL" release live Noise Slaughter vol.13(2019年3月3日)@新大久保Earthdom

2014年のライヴ活動開始から現在に至るまで、ライヴを体感した人々から惜しみない賛辞を浴びるBB。長らく単独音源のリリースが待ち望まれていたがついに1stアルバム「BLACK BABEL」をリリースする。
そんな記念碑のレコ発は2017年に共にスプリットをリリースしたREDSHEERとの2マン。共に激音の可能性を追求し更新し続ける猛者の激突だ。
BBとREDSHEERの両者の激突は果たして地獄の底の底へと堕ちる悪夢なのか?それとも神の門が開く新世界への導きか?
この日は節句だったが生憎の雨模様。まだ冬が終わってない肌寒さを感じたが、暗黒の祝祭にはそのくらいが丁度いい。
多くの激音フリークスが待ち望んだ祝祭は正に事件と呼べるものだった。



・REDSHEER

スタート時間から10分ほど押してまずはREDSHEERのライヴから。
リフを弾き倒す凶悪なベースから始まった「Spiral Eyes」から三者の音が螺旋を描き渦巻いてくるサウンドスケープにいきなり圧倒される。
この日はアースダム自体の音響がかなり低音が強く凶悪な物になっていたのだが、そんな音響がREDSHEERのグルーヴとドンピシャにハマる。
今年の頭にリリースされたSUNDAY BLOODY SUNDAYとのスプリットから「Putrefaction」と「Forthcoming Fire」の2曲もこの日はプレイしたが、音源より更に強烈な音圧が雪崩のように押し寄せてくる様にカタルシスを感じたフリークスも多いだろう。
繰り広げられるのは息つく暇もない激昂の連続。時にはクリーントーンのパートで落として来たりもするが、REDSHEERは常に激昂の先にある赤黒い音の渦を生み出している。それこそがREDSHEERのライヴの一番の魅力だと感じるのだ。
1stアルバムからの「Curse From Sad Spirit」での不穏なメロディアスさからドラマティックに繰り広げられる展開はREDSHEERの変わらぬ核の一つだろう。REDSHEERはこれまでリリースした楽曲もライヴも常に筋書き通りにいかないドラマがたしかにある。
ラストはREDSHEER流のヘヴィロックこと「Me And Your Evil Spells」で締めくくられた。
この曲で締めくくられたのは一つの気づきだったのではないかと僕個人は思ったりする。地獄巡りの行き着く果ては自分たちが生きる世界なのかもしれないなんて自分勝手な事を思ったり。



・BB

この日の主役であるBB。毎回ライヴを観る度に進化を遂げているのは実感し続けていたが、この日のBBはこれまでの活動の集大成とも言えるライヴだった。
神々しくも混沌とした「INTRO」の時点でこの日のBBはこれまでのBBを置き去りにしていた。
REDSHEER同様に低音が凶悪なまでに出た音響が目の前に真っ黒な音の壁を感じさせるほど。音圧も音量も相当なものだった筈。
続く「SADOWY」とBBのライヴではお馴染みの流れではあるが、観る者をねじ伏せてやるという気概が音にそのまま現れていたのではないだろうか?
照明が常に赤一色で、ステージ上のメンバーを照らし、影を作り続けていたのも音と相まってより圧迫感と厳格さを表現。
しかし凶悪な音でねじ伏せるだけがBBではない。「SCARS」の爆音の中から感じられるメロディアスさもまたドラマティックであり、変拍子を駆使しながらもグルーヴ感溢れる演奏が複雑かつ混沌としながらも、一つの手がかりのように音の輪郭を確かに掴ませてくれる。
ラスト2曲の「DISENGAGE」と「FEEL」は特にこの夜を象徴するものだった。前者はBBの持つダークネスの真骨頂であり、後者は混沌の先の光を感じさせる救いの様な1曲。そんな相反する筈の2曲が当たり前に同居し、鬼神の声と演奏と共にバーストする。そのドラマティックさはBBだからこそ辿り着けた領域だろう。
やると思っていなかったアンコールではデモから「Anguish」をプレイ。BBの中でも特にドライヴ感に溢れロックを感じさせる曲で終わったのもREDSHEER同様に気づきであったのかもしれない。なによりも爆音の高揚感で観る者を昇天させた筈だ。
圧巻の約1時間。鬼神BBのこれまでを総括し、そしてこれから先に待つ進化を期待するしかないライヴだった。



BBとREDSHEERという激音を更新し続ける両者の地獄の2マンはフリークスたちにとって大きな事件としてこれから語り継がれていくだろう。
常に予想と想像の遥か先にある景色を体感させてくれる両者に改めて感服した次第だ。
しかし両者共、今後のライヴでこの日体感した音像を余裕で超えるものを体感させてくれるのも確信している。それは僕だけじゃなく、この地獄の2マンを目撃した人たちも同じだと思う。
スポンサーサイト

■GRAY WORLD Vol.7(2018年9月15日)@東高円寺二万電圧

約1年振りのREDSHEER企画「GRAY WORLD」はele-phantとKowloon Ghost Syndicateを迎えての異色の3マンライヴ。
毎回エクストリームミュージックの猛者を迎えての企画だが、今回の3マンはそれぞれのサウンドの方向性がバラバラで、どんな化学反応が起きるか非常に楽しみであった。



・ele-phant

トップバッターのele-phantはこの日がラストライヴ。思えばREDSHEERの初ライヴはele-phant企画だったり、REDSHEERのレコ発企画に出演したりと色々とREDSHEERとは縁が深いバンド。そのラストライヴがREDSHEER企画というのは何だか感慨深さもある。
ラストライヴではあったが、感傷的な瞬間は全くなく、ele-phantが提示し続けたギターレスによるドゥーム経過型のロックをこの日も鳴らしていただけだった。
ミドルテンポでタイトかつ爆音のドラム、メロディを奏でながらソリッドな重低音を鳴らすベース、そして艶やかなボーカルの三位一体のグルーヴはele-phantの持ち味であるが、それがより研ぎ澄まされ妖艶なる世界が色濃く目の前に広がって行く。
2人時代の楽曲をプレイした以外はラストライヴらしさは本当に無く、以前より更にサイケデリックに花開くサウンドを体感し、今回のライヴで解散という事実は本当に勿体無いと思ってしまった。
従来のドゥームともサイケデリックとも違う新しいロックをele-phantは確かに描いていた。出来れば早々に解散を撤回して頂き、しれっと活動を再開させてしまえば良いと思う。



・Kowloon Ghost Syndicate

二番手のKowloon Ghost Syndicateも今回のライヴで下手ギターの松田氏のラストライヴ。
ボーカルの笠沼氏が「これからは概念として見守ってくれます。」とMCしたのはフフッとなってしまったが、以前よりも更にストレンジなハードコアを鳴らすバンドへとパワーアップしていた。
終始照明は赤のみで照らし続けていたステージの視覚的な効果もあるのかもしれないが、生々しい血飛沫と肉が裂ける様な破壊的なサウンドに終始圧倒されっぱなしになる。
爆音かつフルバーストで突き抜けるだけで無く、楽曲そのものがよりシャープかつファストになった印象も強い。
この日は30分で16曲プレイしていたが、ライヴがほぼノンストップで繰り広げられるだけでなく、極端なまでに短い楽曲の中でそれぞれの音が喧嘩し、全力で殴りつけてくる。無駄を一切無くした楽曲構成だから余計に終始リミッターの振り切れたテンションが炸裂する。今の東京でこれだけのテンションでライヴ出来るバンドは本当に少ない。
少し観ない間により禍々しいバンドへと進化を遂げていた。この途方もないエネルギーは果たしてどこへ向かうのか。これからも楽しみ。



・REDSHEER

トリは主催のREDSHEER。久々にライヴを観るのもあって、新しいハードコアを未来に向けて放つ3ピースが今回の企画ライヴでどのような進化を遂げているか本当に楽しみだった。
今回のライヴのセットは「IN A COMA」以外の楽曲は全て1stアルバム以降に生み出された楽曲だったが、改めて1st以降の楽曲に肌で触れ、益々カテゴライズや◯◯っぽいといった言葉で説明する事が不可能なバンドになったと思う。
そしてREDSHEERは本当に武器が多いバンドだ。ブラッケンドに接近した地獄の轟音、陰鬱なる感情に訴えるメロディアスさ、刻みつけるリフのフック、感情移入をさせない冷徹なクリーントーン、それらが変拍子とテンポチェンジを繰り返しながらドラマティックに展開される楽曲。実に多彩なアイデアが楽曲の中にこれでもかと詰め込まれてる。
それを愚直なまでに全力で解放するライヴは魂の解放だ。知的に練り込まれた音を構築しながら、それを全力で放出するのがREDSHEERのライヴの大きな魅力だろう。
この日披露された新曲もハナから全力で爆音を叩き付けるより殺気立った楽曲であり、更なる地獄を描く。それぞれの楽曲のベクトルが多彩だからこそ、こうした殺気がより際立ち、容赦なく刺し殺していく。
アンコール含め全7曲、赤黒く渦巻く闇のハードコアは更なる高みへと上り詰めていた。



3マンという事もあって、各バンドを中だるみせずにじっくり堪能。3バンドとも僕が大好きなバンドで非常に自分得な今回のブッキングだったが、それぞれが持つオリジナリティと進化の精神はREDSHEER企画だからこそ堪能出来るものだろう。また次回のREDSHEER企画も楽しみだ。
タグ : ライブレポ

■それでも世界が続くなら活動中止ワンマン公演「休戦協定」を目撃して。

今年の頭、それでも世界が続くならという少し変わった屋号を名乗るバンドの活動中止が発表された。
ドラムのクリハラ氏が「燃え尽きた」と言う事で脱退を申し出た事、それを受けての活動中止。解散でも活動休止でもなく活動中止ってのがなんとも彼ららしい。
それから来年の2月11日にバンドがどうなるかの報告の約束がアナウンスされたが、一旦活動中止という事で彼らのホームグラウンドである下北沢QUEにて活動中止ワンマン。チケットが販売された頃はまだまだ寒い季節で、それから季節は巡り9月2日を迎えた。
何処か漠然と活動中止の事実を受け入れつつ、それでも世界が続くならという不器用すぎるバンドと休憩協定を結びに下北沢QUEへと足を運んだ。



実際この文章は活動中止ワンマンから大分日が経ってから綴っているけど、自分の中で色々な感情が何もまとまりきってなんかいない。
僕自身はこのバンドを知って三年程の人間で、決して長くバンドを追えてた人間ではない。
だけど自分なりに可能な限りライヴには足を運び、何度ライヴを体感しても、彼らの鳴らす痛みは理屈を超えた感情にいつも襲われ、バンドと真正面から対峙する闘いだと思い続けていた。
休戦協定なんてタイトルが付けられたライヴであったが、休戦の意味を彼らは本当に分かってるのか疑いたくなってしまう。
これまで何度も目撃したどのライヴよりも、4人はステージの上で全力で闘い、音楽で痛みを鳴らしながら、観る人々をぶん殴る轟音を鳴らしていただけだった。

アンコール含め2時間以上に渡って繰り広げられたライヴは何度も何度も涙が溢れてしまい、正直今でもまともにそれを記録する事が出来る状態じゃない。
MCはほぼ無し、序盤からフルスロットルで襲い来る轟音、メンバー4人が全力で倒れそうになりながらも異様な気迫で繰り広げる演奏。
いつだってこのバンドはボロボロになりながら曲を作り続け、ライヴを続けて来た自他共に認めるライヴバンドでしかない。
器用な演出やステージングも、気の利いたMCも出来やしない不恰好過ぎるバンドだった。
これまで何度も何度も再生し続けた曲達が毎回ハイライトの様に目まぐるしく鼓膜から感情を殴りつけて来る瞬間ばかりで本当にしんどくなって立ってるのも辛くなった瞬間も情けないけどあった。
グルグルと頭の中で色々な過去の記憶がフラッシュバックして、嬉しかったことも忘れてしまいたいことも走馬灯の様に駆け巡りながら、ずっとステージから放たれる轟音に掴まれたまま。

最後の最後に本当に忘れられない瞬間があった。
アンコールの最後にプレイされたのは僕がこのバンドで個人的に一番大好きな「最後の日」だったのだけど、篠塚氏が「アンコールさせねえような演奏しろよ!!」って叫びから曲の頭のリフが弾き倒されたその瞬間、僕の中で張り詰めてた気持ちが一気に解放されていく。
歌詞は殆どアドリブで必死に観る人々にその感情を伝えようと闘う4人の姿は本当に美しくて、立ってるのもやっとでフラフラで無様なのに、その姿に「演奏会」なんか出来やしない本物の「ライブバンド」の姿があった。
最後の言葉は「殺せるもんなら殺してみろ。」やっぱり休戦協定って言葉の意味を間違えてるんじゃないか。



2時間以上に渡るライヴと言う名の闘いは轟音と叫びと共にそれぞれが血を流しながらそれでも生きているという事実を叩きつけるものだった。
ライヴレポなんてとても呼べる文章を今回はいつにも増して書けてない。その瞬間にしがみつくだけで精一杯になってしまった。
でも彼らが鳴らす音楽に確かに心が動く人間でいれて本当に良かった。
カテゴライズされた等身大とか痛みじゃ無い。それぞれが生き続ける上で薄っすらと残してしまった傷跡に直で響き渡る音楽をこのバンドは鳴らし続けていた。
オルタナティブだとかシューゲイザーだとかそんな物じゃなくて、その言葉と音を食らって感じたことが全てな音楽。音楽を聴き始めたばかりの頃の自分はそんな感覚で音楽を聴き続けていたんだなってのをふと思い出した。そしてこの年齢になっても音楽を聴き続けている人間でいれて本当に良かった。



それでも世界が続くならの今後は来年の2月11日まで分からない。それがどんな報告になろうとも、僕は自然とそれを受け入れる事が出来る気がする。
この日のライヴを体感して、このまま休戦するなんて到底思えやしない。例え形は変わってしまったとしても、この4人はまた全力で不器用に血を流しながら音楽を続けてくれるって信じる事が出来る。



この日の休戦協定は死ぬまで忘れる事の出来ない記憶として僕の中に残り続けるだろう。
そんな忘れられない瞬間は音楽を聴き続けて来た僕にとってずっと大切に守り続けていきたいものだ。
そんな瞬間があるなら音楽をこれからも聴く。新しい音楽を探し続ける、自分の痛みと共に生きていく。
そしてそれでも世界が続くならというバンドへの感謝をこのライヴレポ紛いな手紙で記させてもらう。本当にありがとう。
タグ : ライブレポ

■螺旋の旋に問う(2018年8月12日)@東高円寺二万電圧

killie、johann、CxPxSのメンバーにより結成され、昨年突如として登場したドゥーム/ストーナーの異色の3ピースこと老人の仕事。
当初は「老人」名義で活動し、昨年末頃に「老人の仕事」へと改名。そしてリリースされた1stアルバムは瞬く間に話題となり、その名前を広めていった。
今回は昨年末にリリースされた1stアルバムのレコ発企画だが、NoLA、SUNDAY BLOODY SUNDAY、BBと世代もサウンドスタイルも超えた事件性の高い4マンライブ。異端のバンドの記念日に相応しいメンツだ。
全4バンドが45分のロングセットによる未曾有の宴の全容をここに記録する。



・NoLA

この日一番若手のNoLA。今年頭に4人編成となり、現編成でのライヴを観るのは初。
ギタリストが一人減るという一見するとマイナスともなる変化を逆手に取り、よりソリッドかつ無駄の無いサウンドスタイルを手にしていた事にまず驚く。
ハードコア/トラッシュメタル/パワーヴァイオレンスなどの要素を盛り込んだ楽曲はより凶暴さを増し、畳み掛けるように繰り出される楽曲に休まる暇など無い。
余分な贅肉を削ぎ落とし減量したボクサーの如く無駄のない美しいフォルムを暴力とも言える音からも感じさせるのは流石だ。
疾風怒涛のハードコアの暴力に圧倒されるばかりのアクトだった。NoLAはまだまだ進化を続けていくだろう。



・SUNDAY BLOODY SUNDAY

TwolowとのスプリットをリリースしたばかりのSBSはより骨太のグルーヴとリフにより強靭なるオルタナティブロックを展開。
これまでの楽曲もアレンジこそは大きな変化を施していないにも関わらず、より硬派かつファッティなサウンドへと進化を遂げていた。
Twolowとのスプリットに収録されている「Control/Regain」や今後リリースされるだろう新曲も披露したが、滾るエモーションだけでなく、ダークネスや混沌といったワードを想起させる新たなる展開を見せながらも、歌とリフとグルーヴに回帰するSBS節に降伏。
よりレンジを広くしながらも、オルタナティブのスタンダードを貫き通してくれた。
SBSの圧巻のオルタナティブはやはりライヴでこそ真価を発揮する。余計なギミック抜きのバンドの底力を感じさせてくれる。



・BB

BBは常に進化を続けるバンドだ。ライヴを観る度に過去を更新し続け、常に今が最高の状態であり続ける理想的なバンドだと思う。
そしてBBのライヴは最早儀式と言ってしまっても良いのかもしれない。頭からケツまでの45分の中で明確な起承転結が存在し、ハードコア/ヘヴィロックの際の際を攻めた末の異様さとオリジナリティをどこまでも厳格に体現し続ける。
ここ最近披露されている新曲群は特にそれが顕著で、よりダイナミックなロックに接近した物から、10分近くに渡る長尺で混沌の先の光を描くような楽曲までより変幻自在に聴き手を圧倒する。
フロントマンRyujiは常にステージから鋭い眼光で観る者を睨みつけ、決して言葉では語らないが、ダイナミックかつ神秘的なバンドサウンドと共に全身全霊で新世界を見据え叫ぶ。
45分があっという間に終わり、言葉にならない感覚に襲われた。BBはハードコア、いやロックの未来を常に射抜き続ける本物だ。



・老人の仕事

トリは本日の主役の老人の仕事。以前観た時はメンバー全員がボロ布を被っている衣装だったが、マイナーチェンジして毛むくじゃらな衣装に。
そして一発目の音が鳴った瞬間に二万電圧を非日常空間へと変貌させた。
老人の仕事の音楽性はSleepに対する日本からのアンサーなんて言われたりもしているが、ドゥーム/ストーナーへの愛をもっと原始的なロックンロールへと進化させた物だと僕は思う。
太鼓の音を聞いたら踊りたくなると言った人間が持つ原始的な本能に訴える。
各楽器のフレーズそのものが非常にシンプルだからこそ、より肉体が本能のままに踊り飛び跳ねたくなる。
原始から宇宙へと飛び立つ非日常体験。観る者を踊らせ滾らせる至高のグルーヴとリフは常人離れした物だった。



シーンにて強烈なるオリジナリティをそれぞれのやり方で体現する4バンドが一堂に会した今回のレコ発はまさに見逃し厳禁の事件だったと思う。
それぞれサウンドスタイルや目指す先こそ違えど、常に新しい音と価値観で観る者に驚きを与えるという点は共通してブレてない。
オルタナティブとはこういうものであると改めて納得させられた各バンドのアクトはそれぞれ僕に新たなる衝撃を与えてくれた。
そして老人の仕事、アルバムリリース本当におめでとうございます。次なる一手も心より楽しみにしてます。
タグ : ライブレポ

■syrup16g COPY発売16周年記念ツアー「十六夜 <IZAYOI>」【十二夜】(2018年2月23日)@HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3

2014年の再結成以降コンスタントな音源リリースとツアーで精力的に活動を続けるsyrup16g 。
昨年秋から彼らの1stアルバム「COPY」のリリース16周年を記念した計16本のツアーを行なっているが、そのツアーの12本目はフロントマン五十嵐隆の故郷である埼玉県北与野でのライヴ。いわば凱旋ライヴだ。

会場となったHEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3のキャパは350人とシロップの人気を考えたら明らかに小箱。そんな特別なライヴに奇跡的にチケットを取る事が出来、今回埼玉県北与野まで足を運ばせて頂いた。
さいたま新都心駅から徒歩6分ほどで会場に到着。初めて訪れたハコだが、本当に小箱で真後ろでも余裕でステージが見える。こうした環境で大好きなシロップのライヴを体感出来た事が未だに実感が湧かない。
フロアの人々からも期待が空気となって異様に伝わってくる。その時点でこの夜が特別な夜になる事を確信した。



開演の19時から約5分ほど押して客電が落ち、五十嵐隆凱旋ライヴはスタート。キックオフは「クロール」から。
冷徹なギターフレーズとビートのグルーヴが序盤からかなり好調で、フロアの熱をいきなり高める。個人的にシロップ屈指の名曲だと思う「star slave」でメランコリックな空気を生み出しながら、「冴えないコード」のざらつきと「upside down」の切れ味鋭くファンキーなアンサンブルと不穏さでシロップだけの空気を既に形成。
この日は各楽器隊のアンサンブルのキレがかなり好調で、3ピースの美学を凝縮したかの様なアンサンブル、五十嵐自身の気合と気迫が見事に組み合わさり、バンドとしての状態はかなり好調に見えた。
ドラム中畑のMCで「今日はがっちゃんがどうしてもやりたい曲をやる。」との言葉に一気に湧くフロア、五十嵐が何故かスギちゃん風に「やっちゃうよー!」なんて言ってたのも妙に印象深い。
埼玉が生んだバンドでありながら埼玉でのライヴは実は2回目だなんてMCもあったが、五十嵐本人からかなりハッスルしたテンションが伝わってきたのは嬉しかった。

「これで終わり」と「赤いカラス」でセンチメンタリズム全開な空気を生み出しながら、五十嵐の「頭使って行きましょう。」の言葉からの「前頭葉」で加速するギア、印象的な倍音の効いたベースのイントロから雪崩れ込むアンセム「Sonic Disorder」と中盤に差し掛かり、場の熱量が一気に高まる。
「前頭葉」から「Sonic Disorder」の流れはロックバンドとしてのsyrup16gの実力が遺憾無く発揮されてた瞬間でもあった。
五十嵐自身が「今日はライヴハウスのオーデション受けてた頃の気持ちです。皆さんが審査員というかライヴハウスの人って感じで…」といった旨のMCをしていたが、バンド側と客側双方の熱がぶつかり合い確かな化学反応を起こしていた。
厳格な緊張感もあったが、その中にある不思議と暖かい空気、本編後半は特にそうした空気が充満し、そんな中で鳴らされた「翌日」は特別な意味を持っていた。
本編終盤の「落堕」では五十嵐ハンドマイクも飛び出し盛り上がりも最高潮を迎え、「変拍子」、「光なき窓」で本編は終了。

アンコールは再び厳格な緊張感の中で「無効の日」から。まさかやると思わなかった「君のかほり」、「もういいって」と厳格系ファンなら大歓喜なまさかの選曲。
「Drawn the light」「真空」とアンコールラストは必殺のキラーチューンで締めくくり。
「Drawn the light」の時は五十嵐のボーカルも叫ぶ様な切迫感溢れる物になっており、異常なまでのエモーションのままアンコールは突き抜けた。

アンコールを終え客電が点きBGMが流れても全く鳴り止まない二度目のアンコールを求める拍手。それに応え恐らく予定されてなかった二度目のアンコールはこの日の一番のハイライトだった。
まさかまさかの「エビセン」という二度とライヴでやるなんて思ってなかったsyrup16g の裏の大名曲をプレイ。
セミアコの寂しい空気感を纏ったギターの音色と最小限まで絞り込んだシンプルなビート、水色と青紫の照明もあって幻想的な空気感が尋常じゃなかった。
この日全体に言えることでもあるけど、ヘヴンズロック側の照明もこの日は良い空気を生み出しており、小箱のライヴだからこそのリアルな温もり、それに反する時は幻想的な空気感、視覚面もシロップの楽曲と見事にシンクロしていた。
最後の最後はアンセム「生活」で締めくくり。この日一番の盛り上がりで約2時間のライヴは終了。開放感とポジティブなエネルギーに満ちて締めくくられるシロップのライヴはこれまで体感したシロップのライヴの中でも初めてで、それが本当に嬉しかった。



セットリスト

1.クロール
2.star slave
3.冴えないコード
4.upside down
5.これで終わり
6.赤いカラス
7.前頭葉
8.Sonic Disorder
9.夢みたい
10.センチメンタル
11.開けられずじまいの心の窓から
12.翌日
13.落堕
14.変拍子
15.光なき窓

en1.無効の日
en2.君のかほり
en3.もういいって
en4.Drawn the light
en5.真空

en6.エビセン
en7.生活



二度目のアンコールの時の五十嵐のMCで「少しでも良い顔でそこの門をくぐって表に出てもらえたら嬉しいです。」とあったが、これまでになくシロップ自身が聴き手と向き合い、ポジティブなエネルギーを発してた事を象徴する言葉だったと個人的に思う。
五十嵐の故郷でのライヴという特別な事実もあるのかもしれないが、そうした事実を抜きに、シロップとフロアの客が確かにコミュニケーションを取り、双方の熱量が特別な空気を確かに生み出していた。
普段は大してMCをしないバンドなのに、五十嵐がいつになく饒舌にMCをしていた事や曲間に「北与野ー!!」なんて煽りをしていて、これまでライヴと映像で触れ続けたシロップのイメージが大きく変わったりもしたが、それはsyrup16gが今こそバンドとして最高の状態である事の表れなのだろう。

シロップが終わった2008年3月1日の武道館からもうすぐ10年が経つ。
あの日墜落したsyrup16gが奇跡の生還を果たし、過去も今も未来も全てやけっぱちだけど前向きな空気で新たなる足跡を刻み続けている事実。僕はそれが本当に嬉しい。そんな十二夜でした。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。