FC2ブログ
■Coffins

■The Fleshland/Coffins


FleshlandFleshland
(2013/07/04)
Coffins

商品詳細を見る




 世界進出も果たしている日本のデス系ドゥームバンドであるCoffinsの2013年リリースの4thアルバム。リリースは数多くの猛者を排出してる世界的極悪レーベルであるRelapse Recordsから。僕自身は今作で初めてCoffinsというバンドにしっかり触れたんだけれど、これがもう極悪な地獄デスドゥームで、とにかく暴走する、音が爆音で迫りくる惨血噴出す作品になっているのだ。



 今作を聴いて思ったのはCoffinsのサウンドは確かにドゥームメタルのそれであるけど、遅いパート中心で攻めるというスタイルでは無いし、ドゥームを機軸にしていながら、同時にデスメタルやスラッジといった要素も色濃く感じさせる作品になっているのだ。遅いパートもしっかり盛り込みながらも、基本はBMP速めで、ドゥームとデスを見事にクロスオーバーさせて、ゴリゴリの極悪激重リフの応酬で攻めに攻めるスタイル。引き摺りながらも超重量級のデスマシーンが全てを押し潰して爆走するという何か矛盾してる気もするけど、速さと重さという点を徹底して極めているだけでなく、遅さも同時に支配し、しかもブルータルさも絶頂と言う、エクストリームミュージックの美味しい所をとにかく喰い尽くしている猛禽絶倫巨根っぷりだ。しかもギターソロなんかは絶妙にロックな要素を取り入れて暴走ブギーな感じにもなっているし、でも持ち前のデスっぷりは殺さず、絶妙なアクセントにしている点もニクい。
 作品全体で言えるのは、とにかく熾烈じゃないパートが全く無いって事だ。徹底してブルータルであるし、殺気と憎悪がグルーブとして充満している。徹底して低域グロウルで攻め立てるボーカル、強靭過ぎるリズム、最早音階すら分からなくなってしまいそうな重苦しさと劣悪さで押しまくりなギターリフ。本当にとんでもないデカさの隕石を至近距離で脳天にブン投げられる様な物だ。第2曲「Hellbringer」なんて見事に暴走しまくりなデスドゥームを展開しており、遅いだけがドゥームでは無く、速くてもドゥーミーさは極められる事を証明している。それだけでなく、ロック要素もしっかり際立っているし、熾烈極まりないのに、取っ付き易さもしっかり作ってくれていたりする。一方で第3曲「The Colossal Hole」は一気にBPMを落としてダウンテンポでビートとリフが展開し、地獄の無限行脚みたいな音になっている。その中で後半のBPMが速くなるパートはこれまでの低域グロウルだけでなく、ハイトーンのシャウトも取り入れて来たり、遅さと速さを楽曲の中で見事なバランスを作っていたりしてる点も見逃せない。また他の楽曲にも言えるけど、Coffinsの音は見事にハードコア要素があったりする。絶妙なソロの入れ方だったり、ドゥームとはまた違うスラッジさもあったりするから、本当にドゥームとかデスって枠では全く収まってくれない。クロスオーバーさせた音を徹底して熾烈で凶悪に進化させる事で、本当に多くのフリークスが脱糞しながら歓喜する音にしているのだ。楽曲の尺も長くて6分台だし、半分近い曲が5分未満になってる点も大きく、本当にエクストリームミュージックの美味しい所を凝縮している証拠だと思う。だから熾烈ながらも聴き手を飽きさせないし、また楽曲の中で絶妙な変化があったりするから尚更だ。全9曲に及ぶ地獄行脚は本当にこの世の全てを粉砕するだけの物になってると断言する。



 今作で初めてしっかりCoffinsを聴いたのだけど、ドゥームを機軸にしながらあらゆるエクストリームミュージックを喰らった音は、正に地獄と言う言葉が一番相応しいと思うし、あらゆる枠を粉砕して、猛威を見せつけまくっている。世界的に評価されるのも納得だし、デスメタラーからドゥーム愛好家からハードコア好きまで、あらゆるエクストリームミュージック好きを飲み込める作品だと僕は思う。チャーチの新作とは方向性こそ全然違うけど、チャーチの新作同様に2013年の国内ドゥームの最重要作品になると僕は思う。



スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ インタビュー マスロック ポストブラックメタル ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ ブラックメタル モダンへビィネス スラッシュメタル エクスペリメンタル ギターポップ インダストリアル イタリア ジャンクロック エレクトロニカ フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ジェント スペイン オーストラリア ノルウェー パワーヴァイオレンス 年間BEST アコースティック ブラッケンドハードコア ミニマル ニューウェイブ フォーク プログレッシブメタル モダンヘビィネス ラーメン ポップス ゴシックメタル ニュースクールハードコア ロシア ノイズ ハードロック メタルコア ファストコア フィンランド トリップホップ 駄盤珍盤紹介 自殺系ブラックメタル ヒップホップ オランダ アブストラクト ゴシックドゥーム ダブ ポジパン ゴシック シンガポール ラトビア ヘビィロック ミクスチャー クラウトロック ノイズコア ノーウェイブ パンク ダブステップ テクノ ヘビィネス インディーロック チェコ メロディックパンク メタル オルタナティブ デンマーク ポーランド スイス メキシコ ブルデス アシッドフォーク ジャズ ドラムンベース ウィッチハウス ヴィジュアル系 アイルランド スクリーモ プリミティブブラック ドリームポップ トラッドフォーク USハードコア シンフォニックブラック 年間ベスト ニューウェイヴ ポルトガル クラストコア フリージャズ カントリー スコットランド モダンクラシカル ソフトロック ギリシャ ハンガリー トルコ イラン レゲエ ファンク アイスランド 台湾 ボイスCD 声優 ガレージ 韓国 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター