■BOMBORI

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■PRAYGROUND/BOMBORI





 カオティック美大として名高い武蔵野美術大学にて結成されたエクスペリメンタルヘヴィサウンドチームBOMBORIの初の全国流通となる2ndアルバム!!
 フランスでの武者修行ツアーやフジロック出演で名前を全国に広げ、その圧巻のライブアクトは各地で話題を呼んでいたが、2014年からプレイされていた今作収録の楽曲は1stの頃のカオスなサイケデリアから更に踏み込み、HEAVINESS(ヘヴィネス)をキーワードに新しいエクスペリメンタルを生み出すに至った。
 レコーディングエンジニアにはex.GAJIとしても有名で、OSRUMやskillkillsやREDSHEERのレコーディングも手掛けた浅草橋ツバメスタジオの君島結氏が担当。最高じゃないワケあるか!!



 今作での大きな変化を先ず挙げるとすると、ツインドラムの片割れであるTPOGalaxyがフロントに立ちボーカルを務めている事だ。まず彼のボーカルが素晴らしく、ヘイトフルであり叙情的な叫びを聴かせている。
 オープニングを飾るタイトル曲「PRAYGROUND」からバンドの変化と進化を発揮。3分半というコンパクトな楽曲でありながら、明確で分かりやすいリフと、複雑さを極めて逆にシンプルでダイナミックになったビート、奥行あり過ぎりな宇宙的音響、そしてTPOGalaxyの叫びが3分半で冥界へと誘う。
 前作にも収録されていた第2曲「Land」も全く別の曲へと変貌を遂げている。元々のトランスでトライヴァルなドラムとmicroKORGの音はそのままに、轟音のヘビィネスとループ感によるミクロとマクロをごった煮にした闇鍋感を下手したらスタイリッシュに、だけど洗練というより超越的に生み出している。
 ブルースやストーナーやドゥームをドカ盛り全部乗せにしてしまった第3曲「Helios」のドープさとマグマすら蒸発させてしまいそうな熱さ。真夏の夜の悪夢の様であり、キャンプファイアーの炎にみんなでクラウドサーフしちまっている感じ。全部ひっくるめて頭がおかしくて最高。
 序盤の3曲だけでも方向性は見事にバラバラではあるけど、共通しているのは徹底してヘビィである事と、メンバーそれぞれのルーツになっている音楽を新旧古今東西問わずに好き嫌い無く全部平らげておかわり君も卒倒するレベルでのおかわりchangな音に対する貪欲さ。食っても食っても表現衝動によって脂肪が燃焼されてしまうフードファイターっぷり。これ最早万年空腹のモンスターだ。
 個人的に後半の4曲が特に好きで、夏の終わりの切なさのクリーントーンをツインドラムで絵日記なんかに出来ずに全部破り捨て、思い出なんか残さない爆音の激昂へとなだれ込む第5曲「Egungun」、micoroKORGとツインドラムの秩序が生み出すダブと民族音楽を起点にしたBOMBORI流EDMな第6曲「VLS」。 
 今作で一番ヘビィな涅槃のサイケデリアを描く第7曲「Black Mountain」のクラウトロックやニューウェイブのバンドが持つあの泥臭さと血流を想起させながら、極限までビルドアップしたリフの応酬が乱反射する黒の輝き!!そして最終曲「Echo」の一抹の刹那の最果てはBOMBORIにしか生み出せなかった名曲であり、この曲が全ての行き着く所だ。



 あらゆる音を食い散らかし、その結果完全に化け物な音を吐き出す永久機関。ジャンルの形容は不可能。単なるアバンギャルドにも走らない。単なる技術主義にも走らない。音自体はキャッチーな余地を残し、リフで圧殺し、轟音でトランスさせる。確かな取っ掛かりがどの曲にも存在しているからこそ余計に引き摺り込まれたなら逃げる事は不可能だ。
 滴り落ちる汗、背筋を走るゾクゾク感、未知の世界に触れそうになる瞬間の覚醒、それらを全てヘビィネスから発信する。これはもう理屈で語る事は到底不可能だろう。
 触れた者全員爆殺確定。完全無欠のモンスターことBOMBORIはこれから更に全てを喰い殺していくだろう。そしてBOMBORIという新たなる王国が生まれた…最高だ!!



スポンサーサイト

■GONG/BOMBORI

gongalbum.jpg



 この音は必然的にサイケデリックであると僕は思う。都内で活動するBOMBORIの2013年リリースの1stを聴いて僕はそう思った。一年前にたまたま彼等のライブを観て、そのダブのヘビィなグルーブも飲み込んだ末に生まれた危険な高揚としてのサイケデリックサウンドに完全に脳髄を粉砕されたのだけど、彼等の記念すべき1stでも、その意識を彼方へと連れ去りながら、ギリギリのラインで窒息しそうな感覚と、そこから解き放たれた時のトランス感覚は健在だ。



 ツインドラム、ダブからサイケデリックからヘビィさを横断するサウンド、microKORGを取り入れている事、彼等のサウンドは一概にこれっていう形容が中々に難しいバンドだと思うのだけれども、彼等はまず本当に卓越した演奏技術を持っているバンドで、ツインドラムの二人とベースに関しては本当に郡を抜いた物を持っていると思うのだけど、彼等の音のキモの一つとしては本当にグルーブという物が大きな物を占めていると思う。ギターやコラージュされた音が自由自在に音の色を変化させながらも、一貫としているのは確かなリズムセクションだ。特にツインドラムだからこそ生まれた緻密かつ複雑でありながらも、聴き手の本能に訴える原始的なリズムの躍動という物をこのバンドから強く感じるし、ダブの緊張感からドゥーミーさまで感じさせる重厚なグルーブとノイジーさが生み出すサイケデリックな高揚、それらを一つの音として纏め上げたバンドだし、やっている事は難しい様でいて、実は非常に分かりやすい形で「ヘビィさとグルーブから生まれる緊張感とサイケデリックとしてのトランスミュージック」を生み出していると思う。
 盤を再生した瞬間に耳に入ってくるmicroKORGの耳を劈く旋律から、ドープに展開される音の濁流。和笛みたいな音と、ツインドラムが織り成す妙にオリエンタルなサウンドが先ず脳髄から離れなくなってしまうけど、第2曲「Kingdom」からは更に不穏さを加速させる上物の音と、確かな地盤を作りながらも、変則的かつダイナミックに展開されるリズムセクション。原始の世界へと聴き手をトリップさせる本能的な音は意識のレベルを確実に一つ上まで上げるし、圧倒的情報量で放出される音を感じる為に、脳の普段はロクに動いてない様な所までフル稼働していく感覚を個人的には覚えた。よりダンサブルになった第3曲「Land」では更にトランスしていく音がまた脳の意識を更に上の次元まで持ち上げてくるし、とにかく不穏な緊張感が充満しているにも関わらず、本当に踊れるのだ。それはまるで体中が冷や汗でタラタラになっていながらも、本能が勝手に自らの肉体を起動させる様な物だし、脳の意識と本能が同時にフル稼働する様な音が生み出す確かなサイケデリックさだ。時にドゥーミーな重低音も放出し、本当に多くの音階を支配しながら、それを解き放たせている。
 特に終盤の楽曲は本当に別次元になっており、第6曲「Summer」は正にダブの方面から、夏の哀愁と狂騒を生み出している楽曲で、一つのメランコリックささえ持ちながらも、持ち前のサウンドは全くブレてなんかいない。終盤ではストーナーなギターフレーズまで飛び出し、多くの側面を持つ音が縦横無尽に駆け巡りながらも、狂騒が生み出す何かが新たなる覚醒を生み出す。そして決まり手は第7曲「Granule」だ。哀愁溢れるギターフレーズから始まりながらも、それらが熱を浴びて、そこから今作屈指の狂騒へとワープする。手数多く叩きつけるツインドラムのビートの散弾銃、大胆不敵にサイケデリックとダブとドゥームを飲み込むギター、そしてそれらの音を加速させる不穏のmicroKORG。最後の最後では全ての音が一つの音塊としてのビッグバンを生み出し、宇宙へと聴き手を突き放しやがる。そして最終曲「Gang Of Six」で聴き手を完全に置き去りにして終わる。



 グルーブとトランスするサウンドが生み出す一大エクスペリメンタルサイケデリックオーケストラであり、46分に渡って新たな次元へと聴き手を放り投げる様なサウンドを見事に展開している。非常階段のJOJO広重氏の「BOMBORIの音楽は向こう側への渡し船」という言葉は非常に的を得ている。そして彼等はライブが本当に音源以上に凄くて、本当に彼岸の更に先まで飛ばされる感覚を覚えるだろう。是非ライブにも足を運んで欲しい。今作はバンドの公式サイトの方で現在通販で入手可能だ。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。