■blue friend

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■I will be your blue friend/blue firend

10499624_1429765307302903_2093704816579979905_o.jpg



 現在の国産激情系ハードコアの中でもかなりの人気を誇り、akutagawaのメンバーも在籍するblue friend。海外バンドの招聘も積極的に行い、その知名度を着実に上げてきた彼等が2014年に満を持して1stアルバムを自主レーベルであるLife Is Perfect Recordsからリリース!!アナログ盤もイギリスのDog Night Productionからリリース予定で、いよいよブルフレの快進撃が始まるだろう。またレコーディングはSeb Robertsの手による物。



 さて、ブルフレは本当に現行のUS激情の最先端の音と強くシンクロしているバンドだと改めて思った。デモを聴いた時の印象はKidcrashやLoma Prietaといったバンドの影響を強く感じたし、今作でもそれらのバンドの影響は大きく感じる。90年代以降の各地の激情系ハードコアの影響と愛を感じさせながらも、それを模倣だとか懐古主義で終わらせてないし、逆にアバンギャルドにも走っていない。それはブルフレ自身が激情系ハードコアの王道を突き進むと言う覚悟があるからだと思うし、デモ音源と比べて明らかに曲の完成度も高くなっており、更には洗練されている。個人的には昨年リリースされたTouche Amoreのアルバムを聴いた時に感じたスタイリッシュかつクリアに突き抜けている感覚を今作を聴いて思い出した。
 実質アルバムのオープニングである第2曲「Midikai」はとんでもないインパクトだった。静謐に鳴らされるギターフレーズと特徴的なスクリームからギアをフルスロットルにして青き疾走が駆け巡り、ツインボーカルでありったけの叫びを繰り出し、ジェットコースターの様にサウンドが展開されていく。目まぐるしい展開を見せながら、一貫しているのはとんでもない疾走感であり、青きビッグバンがオーバードライブするサウンドはとんでもなく格好良いし、目新しさこそ無いかもしれないけど、ブルフレのセンスと実力は嫌という位に分かるだろう。ダークネスの旋律が炸裂し、単に青い疾走感だけで無く、絶妙な深みもアプローチとして展開する第3曲「Warui」、killie以降の国内激情と、現行のUS激情の衝突地点みてえなサウンドを展開するソリッドに切り刻む第4曲「Neri」。曲名はどれもふざけているのに、彼等はどこまでも幅広くありながらも一貫して激情系ハードコアバンドであり続けているし、それは先人達の音をこれからに繋げていくという意思表明なのかもしれない。
 疾走パートこそあれど、動と静の対比を生かし、絶妙な体温を感じる旋律がやたら優しく響く第6曲「Mezura-C」も、ドル沼の様な深淵を垣間見せる展開から終盤で怒涛の展開を見せる第7曲「Kowai」も格好良いけど、デモに収録されていた楽曲の再録である第8曲「Dasai」のベタ過ぎる位に各位激情系に愛を振りまきまくりながら、それを消化したサウンド、第9曲「Saisho」の初期衝動がバーストするサウンド。どちらもデモの時とは比べ物にならない進化を遂げているし、ブルフレが新たなる激情系の新たなる役者として申し分が全く無い事の証明にもなっている。



 斬新さやアバンギャルドさは無いにしても、真直ぐ過ぎる程に激情系ハードコアをして、それで聴き手に何も言わせない説得力を持ち、最先端のUS激情とリンクする音をこの日本で生み出したblue friendはやはり大きな注目を浴びるのは納得だし、今作を聴けば彼らの高い評価は決してハイプとかじゃないって分かるだろう。現在進行形で進化を続けているバンドの生々しいドキュメントであり、まだまだ国内の激情系も全然いけると思える本当に頼もしい作品だ。



スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。