■ネム

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ピカデシカ/ネム





 大阪のサイケデリックロックバンドであるネムの待望の1stアルバム。前作EP「デート盤」ではサイケデリックロックを基調にポストロックなテイストを絶妙に盛り込んだ独自の捻れを展開していたが、今作はよりアプローチを広げてニューウェイヴやジャンクロックなテイストも加わった。
 よりメジャー感溢れるストレートな感触なロックサウンドへとアップデートした快作。だけど幾多のエフェクターを駆使しまくった極彩色の音像もより進化を遂げている、王道ロックな風格を携えながらもより深さを手にしている。



 ネムは難解な振りをする自称サイケとは一線を画すバンドだったが、今作で手にしたメジャー感は大きな武器になると思う。第1曲「The Sun」はそれこそネムが元々持っていたズブズブと沈んでいく内側に迫るロックのダークネスに溢れているし、ざらついた音質で空間的エフェクトとディストーションを配合させた歪んだ時間軸のグルーズに陶酔してしまうけど、よりダイナミックで肉感的な音にもなったのが今作でのネムを進化の一つだろう。
 一方で着色料ゴッソリ使ったファズギターによるジャンクロック・ニューウェイヴな空気の第3曲「SATISFUCTION」は横乗りのグルーブと縦に切り裂くギターフレーズの金属的な音が心地よく共存している。よりノーウェイブになった第4曲「残像」は反復フレーズの機械的なアンプローチも盛り込む。
 「デート盤」にも収録されていた楽曲の再録である第5曲「三千世界」は反響するギターの音色が楽曲の色彩を変えながらも、繰り返されるベースとドラムのグルーブの快楽に沈んでいく名曲だが、より音の輪郭が明確になった事によって、より刺さる音になっているのも大きい。
 ジャンクさとドープさで退廃的空気をより加速させる第6曲「幸福論」、そして終盤の第8曲「SLASHBOY」と第9曲「牛歩」でより刺々しくエロティックなロックを展開し轟音渦巻く全9曲を終える。



 今作で個人的に特に好きな要素はフロントマンの音無氏の歌をより強く感じさせる曲が増えた所だ。時折ロックスター感のあるシャウトもかまし、クールでセクシーで浮世離れしたオーラをそのボーカルからより強く感じる。コアなフリークスだけじゃなくて、世のロック女子をみんな虜にしてしまうだけの声を音無氏は持っているんじゃないかと勝手に思っていたりもする。
 勿論バンドの音の方もより明確で分かりやすいアプローチも増え、ノリやすい曲も増えたけど、それが余計にネムの持つ内側へと堕ちていく感覚を際立たせている。同時に確かに外側に向けてもアプローチをしているし、全方位に向かってサイケデリアを放出している。ロックが持つ非日常的世界をネムは描いている。
 割礼、ゆらゆら帝国、dip、THE NOVEMBERZ、ちゅうぶらんこ辺りのバンドが好きな人にはマストな一枚。その情念に焼き尽くされて中毒になってしまうだろう。



スポンサーサイト
タグ : 日本 サイケ

■デート盤/ネム

nemuCD.jpg



 大阪は本当に面白いバンドばかり存在する特異な磁場が存在する土地だけど、また大阪から独自の音を鳴らすバンドがいた。大阪のサイケデリック・ポストロック3ピースであるネムもそんな大阪のバンドだ。今作はネムの2013年リリースの4曲入EPであり、揺らぎと残響の音色の美しさが響く作品だ。



 サイケといってもネムのサイケはノイジーなポストロックを通過した音であり、独自の捻れを感じさせる音でありながら、バンド自体の音は意外にもシンプルだったりする。変な難解さに逃げる自称サイケは多いけど、ネムのサイケデリックは音楽的基盤をしっかりと築いているから生まれるサイケデリックさだ。地を這うノイズから始まる第1曲「合歓」を聴けば明確だけど、バンドの音その物は本当に削ぎ落としている。音数少ないベースとドラム、ギターの音色自体も決して音数は多くない、ボーカルもギターもそうだけど、バンド全体の音にエフェクターをかけまくり、陶酔のメロディを基調とした今にも止まりそうな心拍数のアンサンブルの余白を残響音とノイジーな音色で埋める、しかし余白は残響音で埋まりながらも、耳には音が常に入り込みながらも、その一つ一つの音の隙間は確かに感じるし、浮遊感溢れる音でありながら、重苦しい窒息感もあり、一筋縄じゃいかない。楽曲の構成自体も必要最低限にしか展開していないからこそ、シンプルなメロディの美しさを感じるし、個人的には割礼が持つスロウで甘いサイケデリックロックの陶酔に、54-71や福島のRedd Templeが持つ引き算の美学が生み出す緊張感と音響系ポストロックの美学が一つになった音だと思ったりもするし、張り詰めた緊張感がノイジーに爆発する瞬間は、硝子の破片が粉々に舞い散りまくる瞬間を見ている様だ。
 第2曲「イキタエナイ」なんて特にドープに沈むサイケデリックロックであり、北海道のGreenAppleQuickStepだったりというバンドと共振するクリーントーン進行でありながら、鬱々しいダウナーなメロディが際立ち、非常に美しい音を奏でている、同時にグルーブの重みを強く感じさせ、それこそ本当に割礼が持つスロウテンポのグルーブの美学を感じたりもする。ポストロックというよりも、本当にサイケデリックロックの要素が色濃く、この退廃的な感覚こそ日本の本当に優れたサイケデリックロックが持つ感覚だ。第3曲「三千世界」では少しばかりBPMを速くし、反復するベースラインの躍動感と妖しさが楽曲を引率し、よりバンドとしてのグルーブの強さを感じる。反響するギターの音色がノイジーになり楽曲の色彩を変えながらも、繰り返されるベースとドラムのグルーブの反復が最高に快楽的でもあり、ズブズブと沈む内側へと向かうロックの魅力が凝縮されている。最終曲「lovecore is dead」は一転して今作で一番攻撃的な楽曲であり、音の情報量を一気に増やし、躍動感溢れるロックサウンドでありながら、叩きつけるドラム、ソリッドに攻めるギターリフの格好良さ、轟音が常に渦巻き、酩酊の世界にズブズブ沈みきった後にこの楽曲はご褒美過ぎるし、ネムのロックバンドとしての強さを確かに感じる。



 作品全体として音の輪郭を明確にしない少し荒いレコーディングが施されているのも本当に好印象だし、ポストロックを通過しながらも、サイケデリックロックの酩酊とざらつき、残響音とノイズギターが交錯する狭間の美しさ、バンドとしてのグルーブの強さ、そのどれもが本当に魅力的だ。サイケデリックロックを現代的な音楽を通過させ、歌心溢れながら、喪失感と郷愁を感じるボーカルもまた良い。ネムというバンドも大阪が生み出した本当の突然変異だし、同時に本物のサイケデリックロックだ。この音はそこらの先人の真似事しかしてねえ形骸を模倣しただけの自称サイケという名の糞には死んでも生み出せない音だ。素晴らし過ぎる。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。